芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 悩み



    1 サーバル ★

    Amazonには絶対負けないと思ってるんだけどなぁ…もしかして、もうこういうの求められてないの?読んでみたいって、心を動かされないの…?

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://twitter.com/honyanohomma/status/1216666569805221888
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【本屋の悩み】「Amazonには絶対負けないと思ってるんだけどなぁ…」(画像あり)】の続きを読む


    十一代目 市川 海老蔵(いちかわ えびぞう、1977年12月6日 - )は、日本の歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。 本名は堀越 寶世(ほりこし たかとし)。旧名は堀越 孝俊(読み同じ)。愛称に「海老さま」、「海老ちゃん」がある。身長176cm。
    40キロバイト (5,315 語) - 2020年1月8日 (水) 06:21



    (出典 www.news-postseven.com)


    ゲームやってる時間って本当に人生の中で、無駄な時間以外の何ものでもない…

    と、分かっていても止められない・ω・;

    1 ひかり ★

     歌舞伎俳優の市川海老蔵が16日、ブログを更新し、「お客様から任天堂スイッチを頂戴しました」と報告。2人の子供にはあまりゲームをさせていないため、
    やらせるべきか「悩みます」とつづった。

     海老蔵は「なやむなー」のタイトルでブログを更新。「我が家の子供達はあまりゲームをさせずに育ててます」と育児方針を明かすと、この日、客から
    ゲーム機をもらったことを報告した。

     これに「やらせるべきか どうか悩みます」と親としての素直な気持ちを吐露。「二人はその器具があることを知っているので私に懇願してきます」と
    麗禾ちゃん、勸玄君はやはりゲームがしたい様子。「はてさてどうしらた良いと思いますか?」とファンに問いかけていた。

     これには960件を超えるコメントが殺到。自身の体験として、時間などの条件を決め、その中でやらせているという人や「理由もなくやらせてもらえない方が
    後々納得できないのでは」などの声がある一方、「ゲームを覚えてしまうとお稽古への集中力低下しちゃうと思うのですが。睡眠時間も減る」など、反対の声もあった。

     それから一夜明け、17日に更新したブログでは「たくさんのコメントありがとうございます。時間を決めたり曜日を決めたりして、やらせてあげようかなーと思います」と
    報告していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00000086-dal-ent


    (出典 grapee.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【海老蔵 悩む】 ゲーム機入手も2人の子供に「やらせるべきか」でコメント殺到】の続きを読む


    永野 芽郁(ながの めい、1999年9月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。スターダストプロモーション制作1部所属。 小学校3年の時、東京・吉祥寺のサンロード付近で買い物中にスカウトされ、芸能界入り。 子役として2009年公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー
    53キロバイト (6,871 語) - 2020年1月7日 (火) 07:17



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    整いすぎより少し「あれっ?」て部分もあったほうがチャームポイントになっていいと思うけど・ω・

    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【コンプレックス】永野芽郁さんの自撮り…アレのデカさを実は本人も気にしていた⁉】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川
    135キロバイト (14,850 語) - 2019年12月31日 (火) 05:03



    (出典 www.rbbtoday.com)


    どんな強がってる人間も一人になったらやっぱり精神的に病むと思う・ω・

    1 牛丼 ★

    「思春期には30歳くらいの先生が、別の惑星の生き物に見えた」。そう話すのは、中学時代にいじめを経験した歌手で女優の中川翔子さんです。2019年の夏には、自身の体験などを『*んじゃねーぞ!!』(文藝春秋)としてまとめ、いじめ問題の深刻さを訴えてきました。

    大人になった今、中川さんはいじめられていた「あの頃」をどう見ているのでしょうか? また、現代のいじめをどのようにとらえているのでしょうか。また、今、学校で「ひとり」になっている人たちになんと声をかけてあげればいいのでしょうか。話を聞きました。

    「授業のあいだの10分がすごく長かった」

    ーー『*んじゃねーぞ!!』は、大人でも共感できる部分が多いですね。

    中川:思った以上にいじめを受けたことがあって、その傷がまだ癒えてない人、いじめ問題に心を痛めている大人がものすごく多いってことですよね。だから、発信し続けなければいけないんだなってすごく思いました。

    いじめは人間の本能としてわきあがってしまうかもしれませんが、理性があるのも人間なので、それをどう見て、未然に防いだり、被害者を守るかということは、大人がしっかり考えなければいけませんよね。

    ーー本では自身のいじめ体験についてもマンガや文章で記していますが、当時をあらためて振り返るつらさはなかったのですか?

    中川:もう20年近く時が経っているので。だけどあの頃って、学校にいる時間全部が空気を読まなければいけなかったり、誰かに言われたことを何度も反芻しちゃったり。「あの時こうすればよかった」ってずっと考える長い日々。授業のあいだの10分休みとか先生がいないときにトラブルが起きるから、その10分がすごく長かったんです。学校でも家でも悩んでいたから、切り替える方法も知らなかったんですよね。経験値としてわからない。

    そういう「すごくしんどかったな」、「重苦しい空気だったな」っていうのはおぼえていたので、そういう景色を絵にしていきました。

     一部略

    ーー大人として当時の自分に声をかけられるとしたら、なんと言いますか?

    中川:30代になって子供たちと接しているなかで角度が変わったというか、「生きててよかった」って思える風が吹く日って、急に来るんですよね。あの頃って将来のことなんて考えたくもなかったし、考える余裕もなかった。「どうせ私は」とか「なんで私がこんな目に」とか「どうせ私の悪口言ってるんでしょ」とか「どうせ私は」っていう心の口癖がついちゃって。

    高校で環境が変わって、直接的に何かされることはなくなったんですけど、それでもやっぱり引きずって。ちょっといやなことがあると、「ああ、やっぱり死にたい」とか、そういうことばかり考えて。実際に何度か*うとまでして。

    でも、本当に生きていてよかったなって今一番思っているので、当時の自分には「しんどいかもしれないけど、このままネットやゲームや本、夢中になることに没頭してなんとか生き延びて」って伝えたいかな。

    続きまーす
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010001-danro-life


    (出典 www.nhk.or.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【あの頃…】中川翔子さん、いじめを経験「ひとりぼっち、死ぬことばかり考えていた」】の続きを読む


    鈴木 紗理奈(すずき さりな、本名:宗廣 華奈子〈むねひろ かなこ〉、1977年7月13日 - )は、日本のタレント、女優、歌手、元グラビアアイドル。所属事務所はオスカープロモーション(1992年 - )⇒アーティストハウス・ピラミッド(1994年 - )。 大阪府摂津市出身。2003年より、MUN
    25キロバイト (3,289 語) - 2020年1月7日 (火) 13:02



    (出典 eiga.k-img.com)


    シングルマザーって言っても、芸能人らはお金の面では困らないだろうからまだいい方だとは思う・ω・

    1 牛丼 ★

    9日放送『直撃! シンソウ坂上』(フジテレビ系)は、芸能人の海外移住について特集。一斉を風靡した芸能人・有名人の第二の人生を鑑賞し、シングルマザーとなった鈴木紗理奈が現状の本音を漏らした。

    ◼シンママの先輩

    1984年デビュー、月9ドラマなどに出演し活躍した女優・田中律子。2012年に離婚、一人娘を育てるシングルマザーとして再出発する場所に沖縄・恩納村を選んだ。

    現在、娘は上京中、4階建ての1軒家で悠々自適な一人暮らしを満喫しているという田中。「1人で寂しくないかと聞かれるが仲間がいるから寂しくない」と、沖縄で多くの友人達に囲まれて、ヨガインストラクターとしても充実した日々を過ごしていると明かした。

    ◼鈴木の現状

    田中の大ファンという鈴木。芸能界の先輩というだけでなく、シングルマザーの先輩でもあるという田中と自分の姿を重ねて語り始める。

    9歳になった息子がイギリスに留学したため、田中と同じように「数ヶ月前から一人になってしまった」と現状を報告。新たな生活が始まったが「寂しすぎて地獄」と本音を吐露する。

    「夜は酒におぼれて…」と夜な夜な酒で寂しさを紛らわせていると明*と、ルームシェアをしているスピードワゴン・小沢一敬から「ウチくる?」との誘いが。そのアプローチに鈴木は、息子も行っていいか尋ねるなど前のめりだった。

    https://sirabee.com/2020/01/10/20162233867/


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【シンママ】鈴木紗理奈、酒に溺れる日々を明かす 毎日が「地獄」】の続きを読む

    このページのトップヘ