芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 悩み


    浜辺 美波(はまべ みなみ、2000年8月29日 - )は、日本の女優(元子役)。 石川県出身。東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。 2011年、第7回『東宝シンデレラオーディション』に応募、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。東宝芸能のシンデレラルーム所属となる。同年公開の映画『アリと恋文』主演で女優デビュー。
    74キロバイト (9,408 語) - 2019年9月22日 (日) 12:50



    (出典 i.ytimg.com)


    同性からは敬遠されるタイプかな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    人気若手女優の浜辺美波がバラエティー番組で明かした「友だちがいない」発言が、物議を醸している。ネット上では「たぶん本当だろう」と、納得の声が大勢を占めた。

    「若手女優は自分の清潔さ出すために、あえて〝友だちいない発言〟するのは常套手段。その理由は、交際相手はもちろん、同性にさえ感化されていないというイメージを作りたいからです。でも浜辺の場合、本当にいない雰囲気がアリアリ。彼女、どこかアブナイ系の雰囲気がありますからね」(芸能ライター)

    浜辺は9月17日放送のバラエティー番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。若者の間で流行しているフレーズを答えるクイズで回答できず、「友だちがいないんで、情報が入ってこないです」と返答した。

    「もちろん、誇張はあると思います。でも彼女は石川県の中学時代にオーディションに合格後、高校からすでに親元を離れて東京で生活。基本的には事務所管理の中で暮らしています。事務所としては仕事さえ取れれば、別に友人などいらない。しかも高校は芸能人の御用達高校で、出席もうるさくなかった。同年代に関わりがなくても不思議はないんです」(同・ライター)

    全然目が笑ってない
    2011年、『東宝シンデレラオーディション』で〝ニュージェネレーション賞〟を受賞。17年、大ヒット映画『君の膵臓をたべたい』に主演。続けてドラマ『賭ケグルイ』(毎日放送)の主演も張った。

    「映画のヒットで注目されながら、なぜかくすぶり続けています。大型ドラマの主演もなく、突き抜けた感はないですね」(テレビ雑誌編集者)

    本サイトでも、これまで何度か浜辺について触れてきたが、明るい話題は極めて少ない。

    「華奢で〝Aカップ美乳〟といえば聞こえはいいのですが、裏を返せば神経質な激ヤセ系と見る向きは多い。一見かわいらしいアイドルテイストなのですが、全然目が笑っていません。だからコワイとかイッていると見られるわけです」(同・編集者)

    友だちがいるかどうかについても、

    「発言の真偽より、友だちがいるようには思えない。そのため最近では〝陰キャ〟なんてレッテルも貼られています。本人は『緊張を通り越すと、ボーッとしちゃうんです』と言っていますが…」(前出の芸能ライター)

    もしこれらが〝演技〟だとしたら、もっとブレークできるはず? 何はともあれガンバってほしいものだ。


    http://dailynewsonline.jp/article/2013877/
    2019.09.23 10:32 まいじつ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【納得】浜辺美波さん「友だちいない」発言に… 国民『やっぱりね』】の続きを読む


    少子化(しょうしか)とは、 出生数が減少すること 出生率の水準が特に人口置換水準以下にまで低下すること(故に、単なる出生率の低下とは異なるとされる) (高齢化の対義語として)子どもの割合が低下すること 子どもの数が減少すること を指し、いずれの意味であるかは文脈にもよる。
    68キロバイト (9,802 語) - 2019年9月7日 (土) 14:32



    (出典 www.pref.fukushima.lg.jp)


    ネットである程度、社会と繋がれるようになってしまったからね。

    人間関係に煩わしさを感じる人は、人と接することを避けても生きていけるようになってしまった…・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    https://www.fnn.jp/image/program/000000020_000045126?n=1&s=12_l

    プレスリリース配信元:べースメントアップス株式会社

    ベースメントアップス株式会社が、「社会人の恋人についての調査」を実施しました。

    【調査概要:仕事に関する意識調査】
    ■調査日   :2019年7月30日 ~2019年8月6日 ■調査方法 :インターネット調査 ■調査人数 : 116名 ■調査対象 :社会人

    ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、
    「社会人になってから恋人はいますか?」について調査しました。

    日本では「少子高齢化」が大きな社会問題となっています。そして、少子高齢化によって年金問題、労働人口の低下など様々な問題が引き起こされています。
    この少子高齢化の原因として未婚率の増加が挙げられます。日本の未婚率は1970年代から右肩上がりとなっていて、20代の未婚率に関しては、男性で約70%、女性で約60%と、かなり高値となっています。

    なぜ、日本の未婚率はそれほどまでに高いのでしょうか?

    仮説として、「社会人になってから恋人を作るのが難しい、恋人との関係を保つのが難しい」ことが考えられます。
    例えば、日本の会社員は労働時間が長く、プライベートの時間を使って恋愛をしたいと思える人が少ないのかもしれません。
    また、恋人がいたとしても、仕事の疲れで恋人と過ごす時間を疎かにしてしまい関係が悪化する場合も少なくありません。

    そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、恋人がいる人の割合を確かめるため、社会人を対象に「社会人になってから恋人はいますか?」とアンケート調査を行いました。

    まずは、アンケート結果をご覧ください。


    (出典 prtimes.jp)


    社会人を対象に、「社会人になってから恋人はいますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

    一度もいない: 40%
    いる:34%
    1年以上いない:17%
    1年以内にいた:9%

    一度もいない: 40%

    社会人になってから恋人が一度もいないと回答した人が最多の40%となりました。やはり、社会人になると仕事の関係上、「異性との出会い」がなくなってしまうのでしょうか。
    恋人がいない期間が長引けば、どんどん恋愛をすることが億劫になってしまいます。
    将来、結婚することを考えている人は仕事とプライベートをうまく両立させて素敵な出会いを見つけたいものです。

    いる:34%

    現在、恋人がいると回答した人が34%で2番目に多い回答となりました。社会人として働きながら恋人を作ることができている人は、プライベートの時間を有効活用して恋人を作る、
    社内恋愛をして恋人を作るなど、上手く出会いの場を創出していることがわかります。

    1年以上いない:17%

    17%の人が1年以上恋人がいないと回答しました。前回の恋人に未練が残り引きずっているなど人それぞれの理由があるかと思いますが、1年間恋人がいない期間ができると、
    「恋愛の仕方を忘れた」と思う人が増えるように恋愛に対して少し苦手意識が芽生えてしまうことがあるそうです。将来、結婚を考えている人は精力的に「出会い」の場を探したいものです。

    https://www.fnn.jp/posts/000000020_000045126/201908091420_PRT_PRT
    2019年8月9日 金曜 午後2:20


    (出典 comps.canstockphoto.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【調査】社会人の66%は恋人がいない!? 上がり続ける未婚率…少子高齢化に拍車】の続きを読む



    (出典 stamprack.me)


    子供の前で激昂したり、他人を激しく罵るような親を見ると、それこそ日本の未来が心配になる・ω・

    1 ひぃぃ ★

    言葉遣いにはその人の人間性が出るといわれる。そのためか、大人が若者言葉を使っていると奇異に思う人もいるようだ。

    ガールズちゃんねるに8月22日、「いい大人の若者言葉」というトピックが立った。現在トピ主の41歳の夫は、会社の後輩と通話しながらオンライゲームをやるのが日課のようだが、その発言を聞いてみると

    「『ワンチャン』とか『鬼のように○○~』などとても40過ぎの大人とは思えぬ言葉遣いで会話をしています」

    という様子だったという。その上、夫のそうした発言を小さい娘が真似するようになってしまった。夫にそのことを指摘してもブチ切れられてしまい辟易していると綴った。(文:石川祐介)

    ■「同僚のアラフォー女性が、『ちょ、おま』みたいなネット用語をよく使う」

    トピック内にはトピ主に共感する声が多く寄せられた。

     「職場で、『~じゃね?』『秒で~』『ガチで~』とか言ってる人がいます。『大人としても社会人としてもないわ』と思ってしまいます」
     「ツイッターで40超えた男が『今日は』を『今日ゎ』って呟いてるのがキモイ」

    大人の若者言葉に違和感が持つ理由については、「若ぶってる感じがするのは嫌。若いつもりで言ってるのも嫌。無意識で使っているのは一番嫌」「自分もまだまだ若いぜ」という声が寄せられた。自分の年齢を受け入れられてない感じがするのだろう。

    また、「同僚のアラフォーの女の人が、『ちょ、おま』みたいなネット用語をよく使うけど、聞いてて恥ずかしくなる」とネット用語を平気で使う人が気になるという人も。インターネットが身近になったことで、「オワコン」「マジレス」などのネットスラングを日常的に使う人が増えたが、現実社会では控えたほうがよさそうだ。

     「若者言葉ではないけど『食べれる』とか『来れる』とかのら抜き言葉を使ってるいい大人見ると『なんかなぁ』ってなる」

    他にも、"ら抜き言葉"を使う人を見ると、残念な気持ちになってしまうという声も見られた。「無意識に自分も乱れた言葉を使っている」というコメントは多く寄せられている。

    ■子どもの影響で若者言葉が伝染ってしまうケースも

     「子どもが大きくなると、どうしても喋り方の癖が家庭内でうつることもあります。恥ずかしい話ですが『マジか』とか『ウザっ』とか使ってしまう40代です」

    ただ、いい大人が若者言葉を使ってしまうのは、子どもの影響があるのかもしれない。「方言は伝染する」と聞くように、言葉は環境による影響を受けやすい。ら抜き言葉やネット用語に不快感を示す人も、若者言葉に関してはその人の家庭環境を考慮してほしい。

    とは言え、言葉遣い一つで、印象は大きく左右させてしまう。公私を混同せずに言葉遣いのオンオフを意識して生活することを心がける必要がありそうだ。

    2019年8月29日 16時4分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17000787/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2019/08/30(金) 10:10:09.95
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567130924/


    (出典 people-illustration.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【妻の悩み】41歳 夫の言葉遣い『ワンチャン』『鬼のように…』など、いい大人なのに恥ずかしい】の続きを読む

    このページのトップヘ