芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:テレビ > ワイドショー


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    27キロバイト (3,515 語) - 2019年11月18日 (月) 11:22



    (出典 www.dailyshincho.com)


    木下優樹菜も馬鹿したよな。
    奢りというか、自分は人気者だから何しても許されるだろうという慢心。

    1 鉄チーズ烏 ★

     19日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)では、「タピオカ店どう喝騒動」を起こし、ネットで大炎上したタレントの
    木下優樹菜(31)が無期限で芸能活動を自粛することを報じた。

     この騒動は実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店でオーナー夫妻との間でトラブルが勃発し、木下が店長へ「いい年こいたばばあ」「弁護士たてて、法的処理、
    いくらでもできるから(原文ママ)」と暴言メッセージを送信。店長の知り合いがSNSに投稿し、騒動が発覚した。

     番組では独自の情報として、木下が10月9日に自身のインスタグラムに謝罪のメッセージを投稿した同じ日に、DMでタピオカ店の店長にもメッセージを送っていたことを
    明かし、“口止め”を要求した全文を放送した。

     メッセージの全文は以下の通り。

     先日は、突然のDMで失礼なことを申し上げてしまい、大変申し訳ございませんでした。

     姉から事情を聞き、一時非常に感情的になってしまい、突発的にメッセージをおおくりしてしまいました。事務所と相談し、冷静になって先日のメッセージを読み返して
    みたところ、●様に対し非常に失礼な表現がございました。深く反省しております。

     お店のことについては、●様と姉との間で少し行き違いがあったものと伺っております。姉にも言い分があるようですが、一方で姉も経営のことに関しては知識がなく、
    ●様に任せきりになっていた部分があると思います。その意味では、姉も含め、円満に本件を解決したいと思っております。

     ●●●親同士ですので、今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにもよくないと思います。私の至らないメッセージがあった中恐縮ですが、
    今回の件については、お店のことも含め「お互いに、誹謗中傷をしない」、「お互いに、第三者に話をしない」ということで解決させていただけないでしょうか。
    私も、インスタの記事は全て削除しましたし、今後一切お店や●様に関することは掲載しません。

     あらためまして、私のメッセージについては大変申し訳ございませんでした。今後とも、姉をよろしくお願い申し上げます。

     木下 優樹菜

    報知新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-11190121-sph-ent

    ★1が立った日時:2019/11/19(火) 15:33:27.84

    前スレ
    木下優樹菜、タピオカ店オーナーに“口止め”要求か「『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決」「グッディ!」独自取材 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574150185/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【独自取材】「グッディ!」木下優樹菜、タピオカ店オーナーに“口止め”要求か「『お互いに、第三者に話をしない』】の続きを読む


    加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、司会者、ニュースキャスター、お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当である。 北海道小樽市出身。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約という形で在籍。所属は個人事務所、有限会社加藤タクシー。
    49キロバイト (7,132 語) - 2019年11月13日 (水) 08:39



    (出典 xn--o9j0bk9502af6a074bi40d7kf59d.com)


    あのメールの文面見て『表裏がない』はちょっといただけないかな。
    普段から恫喝まがいなことしてるって意味なら納するけど・ω・

    1 ひかり ★

    「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が19日、日本テレビ系「スッキリ」で、前日に活動自粛を発表したタレント・木下優樹菜(31)の復帰を呼びかけた。

     木下は実姉が勤務し、トラブルになっているタピオカ店の経営者に対し、恫喝まがいのダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明し、ネットで炎上。10月9日には自身のインスタグラムに謝罪文を掲載したが、騒動は収まらなかった。
    18日に所属するプラチナムプロダクションが公式サイトで木下の活動自粛を発表。木下は「この度は、私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。自らの言動を深く反省し、
    当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました。改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」との謝罪コメントを掲載した。

     加藤は「木下優樹菜さんとは若いころから仕事を何度もさせてもらってますけど、本人は全く裏表のない、本当に素直な子だなという印象がずっとあります。藤本くんと結婚した後も、同じような印象しかないです」とコメント。今回の騒動に
    「オーナーさんと木下は話をしていない。お姉さんが間に入っている。お姉さんから話を聞いて、身内がそういう思いをしているのなら、納得いかないという怒りの部分とか(あったのではないか)。『事務所総出で』という言葉を使ってしまったのは
    問題があるんだけど、まあ感情的になった部分が強かったのなという印象がある」と話した。

     共演経験があり、プライベートでも食事する仲だという「ハリセンボン」の近藤春菜(36)は「家族に対する思いは人一倍あるので、お姉さんが直接かかわっていることで、感情をそのままぶつけてしまったと思うんです。
    でも、大人として問題があったときに、冷静になって話し合わなければいけないですし、冷静になってメールを送るにしても、こういう形で文章を送ると、いろいろ思われてしまう」と恫喝まがいの行動を残念がる。
    そして「自粛の間は相手の方に真摯に向き合って、和解できるように謝罪していくしかないのかなって思います」と続けた。

     木下と姉、オーナー側のもつれから木下の“恫喝DM”がネットに公開され炎上、活動自粛に追い込まれた。加藤は「今回の事案が訴訟になるのか分かりませんけど、しっかり解決して真摯な態度で木下が向き合って、オーナーの方と
    和解できたんだったら、活動自粛というのを戻して、新たに仕事を頑張ってほしいと思いますね」と復帰を願った。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00000004-tospoweb-ent


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【活動自粛】木下優樹菜へ加藤浩次の思い「全く裏表のない、本当に素直な子」「和解して新たに仕事を頑張ってほしい」】の続きを読む


    カズレーザー(1984年7月4日 - )は、日本のお笑いタレント。メイプル超合金のボケ担当。埼玉県加須市出身。本名は金子 和令(かねこ かずのり)。クイズを得意としており、芸人たちからはカズと呼ばれることが多い。サンミュージックプロダクション所属。 赤い服に金髪がトレードマーク。兄と妹がいる。実家はイチゴ農家。
    25キロバイト (3,475 語) - 2019年11月11日 (月) 11:36



    (出典 one-search.net)


    とくダネのコメンテーターの言ってたことが一番スッキリしたな。

    ただもうこの件については扱わなそうだけどね・ω・

    1 シャチ ★

     19日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)では、「タピオカ店どう喝騒動」を起こし、ネットで大炎上したタレントの木下優樹菜(31)が無期限で芸能活動を自粛することを報じた。

     この騒動は実姉がアルバイトとして働いたタピオカ店でオーナー夫妻との間でトラブルが勃発し、木下が店長へ「いい年こいたばばあ」「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるから(原文ママ)」と暴言メッセージを送信。店長の知り合いがSNSに投稿し、騒動が発覚した。

     スペシャルキャスターの「メイプル超合金」のカズレーザー(35)は「1対1でDMを送る時はああいう言葉遣いなのに、公の文書になるとああいう言葉遣いになると、それは信じてもらえないですよね。響きはしないですよね、もう」と見解を語った。



    11/19(火) 9:31配信スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-11190055-sph-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【タピオカ店恫喝】木下優樹菜に正論をぶつけてくれた『とくダネ!』カズレーザーに賞賛の嵐】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    32キロバイト (4,065 語) - 2019年11月9日 (土) 01:52



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    さすがは天下の松本人志・ω・

    1 ひかり ★

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が10日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。所属タレントが不祥事などを起こした際の
    吉本興業の姿勢を評価する一幕があった。

     この日は、7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを東京国税局から指摘され、活動を自粛している「チュートリアル」の徳井義実(44)について取り上げ、
    事務所の対応を「会社の処置がダラダラしている」「見事に裏をかいていく」などと批判していた松本。エンディングでも再び吉本について触れた。

     「1個だけほめるとするなら、なんだかんだ言うけど、大きい会社だしそれなりに力もある。変なニュースがあったときに、それを抑えない。そこはちょっとほめてあげたい」。

     世間では「当たり前だと言うかもしれないけれど」としつつ「意外と、“こんなニュース扱うな”ってやる事務所はありますから」と指摘。
    「吉本は、そこはなってこなかった器用さはあるのかな。吉本だけが逃げずに、事件やニュースを扱っていく。コメンテーターにボロクソに言われる。
    所属芸人からボロクソ言われる事務所があってもいいのかな」とし、「僕くらいが最後フォローを込めて言っておきます」と吉本愛をのぞかせた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000175-spnannex-ent


    (出典 grapee.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【吉本は逃げない】松本人志「“こんなニュース扱うな”っていう事務所はありますから」】の続きを読む


    玉川 (たまかわ とおる、1963年 - )は、テレビ朝日報道局の局員で、『羽鳥慎一モーニングショー』のレギュラーコメンテーター。かつては、後述する前身番組でリポーターやディレクターを務めていた。 宮城県の出身で、京都大学農学部農業工学科から京都大学大学院農学研究科修士課程へ進学。高校時代まではバ
    11キロバイト (1,278 語) - 2019年10月19日 (土) 14:07



    (出典 snjpn.net)


    玉川さんと付き合うの…大変じゃないのいのかな・ω・;

    1 影のたけし軍団ρ ★

    「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日)でコメンテーターを務める玉川徹氏(56)が、
    美容外科の女医Xさんと交際していることが「週刊文春」の取材で分かった。Xさんは40代で、女優の吉田羊似の美女だ。

    「Xさんはシミ取りのスペシャリスト。大学病院の附属施設や都内のクリニックを掛け持ちで診療しています。
    本人もとても綺麗な肌の持ち主で、40代とは思えないほど若く見えます」(Xさんの知人)

    この美容外科の“ドクターX”が、玉川氏宅からクリニックに出勤する姿や、玉川氏と一緒に帰宅する姿を小誌は確認。二人は同棲状態にあるようだ。

    さらに別の日には、玉川氏の自宅からポルシェに乗って出てきたXさんが、「モーニングショー」の出演を終えた玉川氏をテレ朝の前でピックアップ。
    その後、横須賀市の佐島マリーナでランチデートする姿を目撃した。

    玉川氏を直撃すると、Xさんとの交際を認め、こう語った。

    ――もう長いんですか?

    「もう一年……には満たないか」

    ――ご結婚は?

    「だから(笑)。それ今、微妙なところですから。わかるでしょう」

    ――どんな感じでお知り合いに?

    「病院ですよ。僕、足のイボ取りに行って」

    ――どの辺がマッチする?

    「まぁ優しいんですよ、すごく。一人でずっと生きてきたので、優しさに飢えて」

    11月7日(木)発売の「週刊文春」では、玉川氏のテレ朝内での評判や、
    Xさんとの交際の様子、さらに20代女性との“パパ活”疑惑を直撃された際の玉川氏の回答などについて詳報する。
    https://bunshun.jp/articles/-/15240


    (出典 www.nikkansports.com)



    (出典 seijichishin.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【週刊文春】 「優しさに飢えて」 テレ朝・玉川徹氏に熱愛! お相手は“美人外科女医”】の続きを読む

    このページのトップヘ