芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 住まい


    NON STYLE (ノンスタイルからのリダイレクト)
    NON STYLE(ノンスタイル)は、石田明と井上裕介による日本のお笑いコンビである。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社所属。2000年5月14日に結成。出囃子はKEMURIの『Prayer』。 爆笑オンエアバトル第9代目チャンピオン。2008年M-1グランプリ王者。 石田
    75キロバイト (11,653 語) - 2019年6月25日 (火) 12:58



    (出典 japarazzi.jp)


    また謹慎したいのか?・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    いくら七夕の夜とはいえ、耐え難い“騒音”だったようだ──。
    7月7日の深夜1時過ぎ、閑静なはずの東京の高級住宅街に、男女の騒がしい声が響き渡ってい
    やがて数人の警察官が駆けつけ、彼らの姿を見た周辺住民は安堵の表情を浮かべたという。

    「あの部屋は、窓を開けっ放しで大騒ぎしていることがあるんです。それも決まって深夜0時を回ってから。
    七夕の夜もダンスミュージックを流しながら複数の男女が大騒ぎしていて、うるさくてとてもじゃないけど眠れない。
    耐えかねた近所の住民が警察に通報し、注意してもらったようです」(近隣住民)

    この部屋の住人は、“闇営業”騒動で揺れる吉本興業所属のNON STYLE・井上裕介(39才)だった。

    井上といえば、2016年12月にタクシーへの“当て逃げ”で約3か月半にわたる謹慎生活を送った過去がある。復帰の際に開いた“号泣謝罪会見”には賛否の声が上がった。

    7月7日には単独ライブツアーの告知で、闇営業騒動について報道陣に問われた井上は、

    「宮迫さん、亮さんが矢面に立つ勇気が必要だと思います。記者会見をするのがいちばんなのかな」

    と自身の“経験”をふまえつつアドバイスしたが、冒頭の警察官出動騒ぎを起こしたのはまさにその日の深夜のことだった。
    近隣住民が通報するのは、よっぽどのこと。何をそんなに騒いでいたのか。

    本人を直撃した。

    ──7日は自宅でずいぶん大騒ぎしていたそうですね。

    「え? 7月7日? あぁ、あの夜は後輩とご飯食べてました」

    ──警察官が来たとか。

    「…はいはい。普通にカードゲームとかして、騒ぎすぎちゃいました」

    ──女性もいたそうですが、合コンですか?

    「いやいや、合コンとかじゃないですよ。詳しく言いますと、ふるさと納税で和牛がたくさん届いたので、自宅で焼肉をしようと。
    焼肉するなら、人数が多い方がいいじゃないですか? だから後輩も呼んで、女友達も呼ん
    焼肉したら煙が出るから、窓を開けて、そのまま騒いでしまって。
    警察のかたが来られて“ご近所迷惑になってます”と言われたので、スミマセンと、すぐにお開きにしました」

    女性セブンが近隣住民に取材したところ、これまでも警察に注意されたことがあったという。

    ──今回が初めてではないと聞きましたが?

    「…以前も、はい。前の時も窓を開けた状態で騒いでしまって。今後は、窓を開けてはしゃがないようにします」

    とポジティブ笑顔を見せたが、今後は気を引き締めて、窓も閉めてほしいところだ。

    ※女性セブン2019年8月1日号

    https://news.livedoor.com/article/detail/16789922/
    2019年7月18日 7時0分 NEWSポストセブン


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【近隣トラブル】ノンスタ井上「深夜の大騒ぎ」に苦情…警察も出動】の続きを読む


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村pos="0">菅田将暉
    菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 - )は、日本の俳優、歌手。大阪府箕面市出身。トップコート所属。 2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが、落選する。 2008年、第21回ジュノン・スーパーボー
    91キロバイト (11,329 語) - 2019年7月16日 (火) 19:52



    (出典 img.hmv.co.jp)


    まぁ見たまんまそんな感じかな・ω・

    1 豆次郎 ★

    7/17(水) 6:01配信
    菅田将暉、独身暮らしで足の踏み場もない「汚部屋」住まい

     俳優の菅田将暉と柄本佑が、7月15日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した。


     プライベートで「えもたす」「菅田氏」と呼び合うほど仲がいい菅田と柄本。番組では、もう1人の親友である若手俳優・奥野瑛太と一緒に、菅田の自宅に遊びに行ったときの話題に。

     柄本は「奥野氏も僕も妻と子供がいる。菅田氏の部屋を開けたら男の夢ですよ。足の踏み場もない」と、自由気ままな独身暮らしが羨ましかったのか、独特な言い回しで証言。当然、共演者からは「別に夢じゃないわ」とのツッコミが入る。

     ここで共演者から「何がそんなに散らかっているのか」と聞かれ、柄本は「ゴミもそうですし、シンクの中に食器がバーっと(重なっていて)。台所の脇にでっかいゴミ袋が2つ。(片方)開きっぱなしのがあって、飲みかけのコンビニのアイスコーヒーがバンッと捨ててあった」と明かす。

     いわゆる汚部屋状態だったが、菅田はそのまま柄本たちに対して「じゃあ、そこどけて座ってください」と案内。柄本と奥野は、彼らの生活とは正反対である独身・菅田の部屋に、自然とテンションが上がっていたという。

     このほか柄本は、菅田の部屋のトイレットペーパーが「ちゃんとピッて切ってあるんじゃなくて、ビリビリでだるんだるん」だったと説明。

     そんな状態であれば、普通は友人を自宅に招くのをためらうところだが、菅田本人は「なんか、見て欲しい感じもした。『ありのままの僕を見て欲しい。覚えといて』と」話していた。

     菅田は、1月26日付けの「Numero TOKYO」のインタビューでも、自身の子供っぽいところを聞かれ、「部屋が汚い」と明かしている。

     また、4月に行われたイベントでは「この春、ゼロから始めたいこと」を質問され、「インテリア」と回答。自宅について「部屋がいままでずっとおざなりで、物置みたいな感じっだったから」とその理由を語る。さらに、同席していた俳優の間宮祥太朗からは「真冬に遊びに行ったとき、海水浴の浮き輪が膨らんだままあって。季節感の壊れた(部屋だった)」と暴露されていた。

     オシャレな私服姿から、若者の圧倒的支持を受ける菅田だが、自分の部屋の快適さには関心がないのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00010001-flash-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 umaezougui.com)


    【【汚部屋の住人】菅田将暉、独身暮らしで足の踏み場もない模様…】の続きを読む


    三船 美佳(みふね みか、1982年9月12日 - )は、日本のタレント、女優である。スタッフ・アップ 所属。横浜インターナショナルスクール卒。 1982年9月12日、父・三船敏郎と、敏郎の愛人(内縁関係)であった母・喜多川美佳の長女として生まれ、母の芸名と同じく「美佳
    12キロバイト (1,389 語) - 2019年4月6日 (土) 02:56



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    お嬢様が家賃15万では今は良くても、長続きほしないんじゃないか?・ω・

    1 ひかり ★ :2019/06/18(火) 00:09:08.13 ID:B7eDh0+C9.net

    6月中旬の午前9時ごろ、大阪市内のマンションから一組の男女が仲よく出てきた。キャップを目深に被っている女性は、三船美佳(36)だ。そして隣を歩く男性は、
    美容室経営者の夫・Tさん(40)。三船が今年4月に再婚を発表して以降、初の夫婦ショットとなる。美容室へと出勤するTさんを送りだすため、三船はしばらく並んで
    歩いていく。その表情には、幸せに満ちた明るい笑みが浮かんでいた――。

    三船は98年、16歳という若さで高橋ジョージ(60)と結婚。24歳も年の離れた“おしどり夫婦”として、注目を集めていた。そんな結婚生活に陰りが見えたのが、13年12月。
    三船は長女(14)と母を連れて大阪へ逃亡し、別居生活がスタートしたのだ。

    「15年1月にそうした夫婦の亀裂が発覚すると、3月に離婚裁判が勃発。原因は高橋さんの“モラハラ”と報じられ、話題を呼びました。裁判は泥沼化しましたが、
    1年後の16年3月に離婚が成立。長女の親権は、三船さんが獲得することになりました」(芸能関係者)

    母娘と2人きりで生きていく。そう決意した三船の前に現れたのが、Tさんだった。

    「当初は戸惑う気持ちもあったそうです。背中を押したのは、三船さんの娘さんでした。娘さんは三船さんと高橋さんとの離婚騒動を近くで見てきました。
    高橋さんとは会いたくないと言っていると報じられたこともありましたが、そんな彼女がTさんには心を許したのです。それが決め手となり、三船さんは再婚を決断したのです」
    (前出・芸能関係者)

    そんな彼女が選んだ新居は意外なところだった。

    「三船さんが住んでいるのは、大阪市内でも下町といっていい場所。セレブが住むような高級住宅街ではなく、古い戸建てやアパートが立ち並ぶ庶民的なエリアです。
    住んでいるマンションもごくごく普通。新築ではありますが、ファミリータイプの3LDKで家賃は月15万円ほどでしょう」(不動産関係者)

    高橋と結婚していたころ、三船は“合計3億円”ともいわれる豪邸に住んでいた。直撃の際に高橋が乗っていたのも、高級輸入車。誰もがうらやむほどの“セレブ生活”だった。

    「大阪に引っ越した後も、三船さんが娘と暮らしていたのは超高級マンション。ファミリータイプだと家賃40万円ほどで、浴室にはミストサウナも完備。
    コンシェルジュサービスまであるという、ホテル並みの豪華さでした」(前出・芸能関係者)

    そうしたころと比べると、かなり質素な生活。だが彼女は心から幸せそうだという。笑顔の裏には再婚した夫・Tさんの影響があった。Tさんの知人は言う。

    「彼は著名人を担当するようなカリスマ美容師ではなく、いわゆる“町の美容師さん”。Tさんはもともとついていたお客さんを大切にし、古くなったお店も自分で直す。
    人柄もよく、いつも笑顔であいさつする。そうした姿勢が評判となり、『あのお店はいいよ』という声が増えてきています。三船さんは、そうした堅実でまじめな彼のことが
    大好きなんです。だからこそ新居もあえて普通の賃貸マンションがいいとTさんに伝えたそうです」

    実際、Tさんと暮らし始めたことで三船は変わったようだ。近所の住民はこう語る。

    「三船さんを近くにある大衆的なスーパーでよくお見かけします。芸能人なのに気取って顔を隠したりせず、普通に買い物をしていますね。それに芸能人って、
    高級なジムに通っているイメージがあるじゃないですか。でも彼女は普通の主婦と同じように、近所をジョギングしています。だから『あの子、本当に質素だしいいコよね』と
    噂しているんですよ」

    “モラハラ夫”から逃亡して5年、笑顔を取り戻した三船。長女や夫・Tさんとの“ささやかな暮らし”が、彼女にとってなによりの“宝物”となっているようだ。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190618-00010002-jisin-ent

    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 montblancs-media.jp)


    【【モラハラよりマシ】三船美佳さん 家賃15万円の新居も、3億円豪邸時代よりいい笑顔】の続きを読む

    このページのトップヘ