芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: koki


    が生後1ヶ月の時にポートレートを撮影しており「(Kōki,が)モデルの仕事をすることがあったらファーストショットは自分が撮る」と決めていたという。Koki,はモデルの仕事に5歳のときから憧れていたが、15歳でデビューしようと決めていたわけではなく、「自分の心が“今だ”と言ったから。遅いとも早いとも思
    14キロバイト (1,821 語) - 2019年6月19日 (水) 01:45



    (出典 news.nifty.com)


    若いうちから叩かれておけば、そのうち慣れっこになるな…悪ささえしなければ大きくなれるんじゃないか?・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/17(月) 19:21:36.89 ID:rFJqPKuh9.net

    俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,が、6月16日の「父の日」に自身のインスタグラムを更新。
    紫のアジサイの写真に「Happy father’s day」のメッセージとピンクのハートマークを2つ添えて拓哉パパに感謝を表した。

    これに対するネット民の反応は「インスタに載せてないで直接お礼言えばいいと思う」「家でやるなり、LINEで贈るなりしなよ。 
    父の日祝ってますアピールはいらない」「この親子は直接対話しないの?わざわざ世の中に向けて必要ないよね」「家族売りがしんどい」
    「SMAP時代は家族のニオイは出さなかったのに」「結局こうやって父親の存在を利用してるんだなと思う」
    「こういう家族アピールって好感度の高い家族がやるなら微笑ましいんだけど、好感度底辺一家がやってもイラッとするだけ」など、アンチ“木村家”からの厳しい意見が相次いでしまった。

    また、「ジャニーズなのに、キムタクだけ家族アピール許しているのはなぜ?」と疑問を投げかけるネット民もいる。

    芸能ジャーナリストは「木村は、Koki,の芸能界デビューに反対だった」と話す。

    「ジャニーズ事務所の方針として、結婚しても具体的に家族の話をするのは、慎むのが暗黙の了解。けれども、工藤は自身のディナーショーで“家族ネタ”を披露するのが半ば恒例になっています。
    Koki,がデビューしてからは、さらに増長。それが、木村ファンから嫌がれようとお構いなしで、むしろそれを楽しんでいるのではないかと思えるほどです」

    工藤にとって、夫の木村拓哉や娘のKoki,の存在感をアピールすることがごく自然な芸能活動なのだとすれば、Koki,がその背中を見て同様の行為をしてしまうのも無理がない。
    少なくとも、父を思う娘の気持ちだけは確かなようで、なによりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1879862/
    2019.06.17 18:14 アサジョ


    (出典 www.chunichi.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【キムタクの娘】Koki,に批判殺到 “父の日インスタ”に…『家で直接言えば?』】の続きを読む



    (出典 masato18resolution.com)


    ファッションリーダーになって、また昔のファッションを流行らせようと目論んでるんかな・ω・

    1 Egg ★ :2019/05/25(土) 08:38:08.86 ID:p+oKVx069.net

    木村拓哉と工藤静香の次女でモデルのKōki,が5月23日、新スマートフォン『Galaxy S10』のPRイベントに参加。今回も、もはや定番化している〝身体のラインが出る黒の衣装〟で登場したKōki,に、ネットでは「いよいよ工藤静香と似てきた」「バブル時代の工藤静香を彷彿とさせる」と話題になっている。

    今回、Kōki,がイメージキャラクターに就任した新スマートフォン「Galaxy S10」は、従来のカメラ機能をさらに充実させたことがウリのよう。〝鮮やかな色使い〟で有名な写真家・蜷川実花氏とのコラボレーションが実現した。

    蜷川氏についてKōki,は《実花さんの世界観や鮮やかな色がすごく大好き。動画の中で繰り広げられる実花さんの世界が大好きです》と、あらためてラブコール。また蜷川氏からKōki,へのメッセージも紹介され、《Koki,さんを撮影していて感じたのは圧倒的なオーラ。すでに世界レベルの存在感で素晴らしかった》と好評価を受けると、Kōki,は《すごくうれしいです。実花さんからいただいた言葉のような存在になれるようこれからも頑張りたいです》と、感謝の気持ちを述べるのだった。

    「蜷川さんの優れた感性は、演出家で映画監督の蜷川幸雄さんから少なからず譲り受けたもの。いわばKōki,さんと同じ〝二世〟なので、蜷川さんはたとえ思うところがあったとしても、『世界レベルの存在感』なんて適当に褒めるしかできないんです。しかし、形式だけでも褒めれば褒めるほど世間との温度差は大きくなる一方ですから、Kōki,さんには同情さえします」(女性誌ライター)

    実際にネット上でも、

    《まず世界レベルの定義を教えてくれw》
    《特に褒めるところがない人を褒めないといけない状況だと、〝オーラ〟と〝存在感〟はとても便利な言葉》

    などと、うがった見方をする声がついて回っているようだ。

    10代なのに昭和っぽい

    さらに、メディア露出の際かなりの確率で〝身体のラインが出る黒の衣装〟で登場するKōki,に対し、「工藤静香の指示なのでは?」と疑う声も続出。

    《なんで10代の子にこんな露出させるんだろ やっぱりママの指示なのかな》
    《全体的に工藤静香だね》
    《バブル時代の工藤静香を彷彿とさせるいでたちなんだけど》
    《いつも高級そうに見えるブラック、かつセクシーなタイトなミニ丈、シースルー。昭和くさいんだよなぁ》

    などといった指摘を受けている。

    「Kōki,が露出度の高い黒色のミニ丈を着用するのは、工藤の指示が入っている可能性も十分に考えられます。アイドル全盛期の工藤のウリといえば、〝ロングヘアで色っぽい〟ということ。Kōki,は顔はキムタクにそっくりですが、〝ロングヘア〟や衣装は当時の工藤そのもの。いわば2人の作品のようなもので、工藤はKōki,に日々、自己投影しているんでしょうね」(アイドル雑誌編集者)

    新スマートフォンを使って、《これからインスタグラムモードを使ってインスタをやりたい》と笑顔を見せたKōki,。投稿を楽しみにしているファンも多いはずだ。

    2019.05.25 07:32
    https://myjitsu.jp/archives/84407
    https://www.instagram.com/p/Bx0mmeygZ0-/?utm_source=ig_embed&ig_mid=XOh_zgABAAHrR2Ly5nMduCj7P5xo
    写真


    (出典 pinfluencer.net)


    【【工藤静香化?】Kōkiさんのファッションセンスが「昭和くさい」と揶揄される】の続きを読む


    工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。80年代アイドル。本名、木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤)。二科会絵画部会友。夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。父親は青森市出身。 東京都立板橋高等学校
    52キロバイト (4,137 語) - 2019年4月13日 (土) 23:58



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    そのうち家族揃って仲良く共演したり、THE・芸能人一家みたいになりそうだな・ω・;

    1 ひかり ★ :2019/04/14(日) 12:37:48.14 ID:1F/IUpIz9.net

     モデルのKoki,(oの上には-)さんが4月14日、母親の工藤静香さんの誕生日をInstagramで祝福。愛のこもったメッセージを贈り、
    幼少期の親子ショットなどを公開しています。

     同日に49歳の誕生日を迎えた工藤さんを、「誕生日おめでとうママ。愛する家族のもとに生まれ、すばらしいママを持てたことは、
    とてもありがたく幸運なことだよ」と全文英語で祝福したKoki,さん。「ママが誰になんと言われようと、誰になんと思われようと、
    たくさんの愛と希望で私を育ててくれたことに感謝してるよ」と親子愛を感じさせるメッセージを贈り、「いつも私を支えてくれてありがとう」と
    感謝もつづっていました。

     また日常生活についても、「家族のために毎日おいしい料理を作ってくれてありがとう。ママと結婚できたパパは誰よりも幸せな男性だと思うよ」
    と父親の木村拓哉さんにも触れながら、その後も“Thank you”の文字を多く並べて言葉で表現しきれない感謝の思いを伝えたKoki,さん。
    「愛してるよママ!」と愛の言葉で締められた同投稿には、工藤さんが幼少期のKoki,さんを抱いた親子ショットが添えられており、
    投稿から約1時間で10万いいねを超えるなど大反響を呼んでいます。

     Koki,さんは、木村さんの誕生日である2018年11月13日にもInstagramを更新しており、「ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて
    本当に良かった 沢山の愛を込めて」と感謝の言葉とともに祝福。2人の男女が寄り添った逆光の写真をアップしており、
    木村さんとの親子ショットなのではと大きな話題になっていました。

    ねとらぼ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000021-it_nlab-ent
    幼少期の親子ショット

    (出典 image.itmedia.co.jp)

    工藤さん&Koki,さんの親子ショット



    (出典 image.itmedia.co.jp)



    (出典 img.jisin.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【Koki,、母・工藤静香へ誕生日に『愛してるよママ!』のメッセージ 幼少期の親子ショットに大反響】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    すごい才能あふれる子なんだね…おみそれしました・ω・

    1 湛然 ★ :2019/04/10(水) 05:05:04.33 ID:fEqahxPi9.net

    4/10(水) 5:00 オリコン
    Koki, 三浦大知に楽曲提供 水曜ドラマ『白衣の戦士!』挿入歌に決定

     木村拓哉・工藤静香夫妻の次女でKoki,が、自身の作曲した楽曲「片隅」を歌手・三浦大知に提供していることがわかった。10日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『白衣の戦士!』(毎週水曜 後10:00)の挿入歌に決定。モデル業とともに、母・工藤にも楽曲提供するなど作曲家としても活動するKoki,が三浦と初コラボレーションを果たす。

     同ドラマは「命と戦う場所」である病院を舞台に白衣の天使ならぬ“白衣の戦士”の奮闘を描く。主人公は、明るく破天荒な元ヤン新米ナース・立花はるか(中条あやみ)と、34歳婚活中のがけっぷちナース・三原夏美(水川あさみ)。2人が仕事に恋に悪戦苦闘し、病院という「命の現場」で、笑って、泣いて、成長する、痛快ナースコメディー。

     完成した楽曲を聴き、三浦は「美しく、繊細で、深い切なさと大きな愛を感じるメロディーだなと思いました」と感想を語り、「Koki,ちゃんは真っ直ぐで芯があってとてもすてきで、今回一緒に音楽を作る事ができてすごくうれしかったです」と歓喜。

     一方、Koki,は「この度は楽曲を選んでくださり、大変感激しています。この楽曲はハイトーンボイスで実力のあるアーティストの方に歌っていただけるのを熱望して書いていた曲でしたので、三浦大知さんに歌っていただけて本当にうれしいです」とコメント。「三浦大知さんの声がとても好きなので、自分の曲に息を入れて頂き光栄です」とうれしさをにじませている。

     なお、同楽曲は三浦の25枚目のシングル「片隅/Corner」として6月12日に発売される。


    三浦大知がKoki,と初コラボ 新水曜ドラマ『白衣の戦士!』挿入歌に決定

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000304-oric-ent


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【多芸多才】Koki, 楽曲提供開始! 手始めに三浦大知…水曜ドラマ『白衣の戦士!』挿入歌】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    芸能活動するって時点で人から妬みの目で見られるからな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/27(水) 20:58:25.40 ID:Jbu0pPXf9.net

    木村拓哉(46)・工藤静香(48)夫妻の次女でモデルのKoki,(16)が3月15日、自身のインスタグラムで、高級ブランドのシャネルが日本で開催するダンスオーディションの新PV動画をアップした。
    動画では、ぱっつん前髪にシャネルの赤いベレー帽をかぶったKoki,が、流暢なフランス語で「ダンスは好き?」と問いかけるところから始まる。それだけなく「あなたのダンスシューズを忘れずに」
    「必ずオンラインでオーディションの予約をすること」とも話し、普段からフランス語を話していることもうかがえる。この動画を見たファッション業界関係者は語る。

    「シャネルは洗礼された大人のためのブランド、というイメージがあったのですが、Koki,は年齢的にもビジュアル的にもまだシャネルのアイテムを身にまとうのには、幼いと思います。
    可愛いことは確かなのですが、着せられている感が否めません。少なくても、シャネルとKoki,双方にとって、イメージダウンにつながるのではないでしょうか」

    Koki,はブルガリのアンバサダーも務めており、競合ブランドの仕事をすることは業界的にご法度のため、シャネルでは大きな役割を果たすポジションではないとみられている。
    通常アンバサダーとなれば、出演するCMやビジュアルが公に流れるものだが、シャネル関連でKoki,が出演するものはなく、今回のダンスオーディションも日本国内だけで行われるもののようだ。

    「今回のKoki,の起用は、親である木村と工藤の力による部分が強いと思いますが、シャネルは3年前にもウィル・スミスの娘ウィロー・スミスをアンバサダーにしています。
    でもウィローの場合は、シャネルのコレクションを鑑賞していたときに、デザイナーのカール・ラガーフェルドの目に留まり同ブランドの顔になることが決まったという経緯があり、Koki,とは格が違います。
    デザイナーに才能を見いだされアンバサダーになったウィローはその翌年、シャネルの公式インスタグラムに登場。
    さらにその動画は東京が舞台で、規模の違いを感じてしまいます」(同)

    そんなKoki,の売り出し方に世間が抱く違和感について、週刊誌記者は語る。

    「有名人の子供がファッション業界で活躍することは過去にも多くあり、むしろ“あるある”とすらいえますが、世間のKoki,への拒絶感は本人ではなく、木村と工藤へ向けられたものでしょう。
    突然に有名雑誌の表紙を飾り華々しいデビューをさせるというやり方も、人々の反感を買ってしまう原因になりました。
    こうした“特別扱い”が、長い目でみたときに果たしてKoki,のためになるのかは疑問でしょう」

    Koki,のさらなる飛躍を願いたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1748756/
    2019.03.27 19:00 ビジネスジャーナル


    (出典 hacky777.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【親の七光】Kokiに嫌悪感…シャネル動画出演に業界内では失笑】の続きを読む

    このページのトップヘ