坊むらく)の門で志らくとなった。落語の演目「徳ちゃん」はこの人がモデルになっている。本名、中村徳太郎。 立川志らく - 1963年生まれ。本名、新間一弘。落語立川流。本記事で詳述。 立川 らく(たてかわ しらく、本名・新間 一弘〈しんま かずひろ〉、男性、1963年8月16日 -
23キロバイト (2,954 語) - 2019年1月23日 (水) 16:41



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


立川志らくくらいビッグになったれ・ω・!

1 シャチ ★ :2019/02/01(金) 20:33:52.13

 落語家の立川志らく(55)が31日、自身のツイッターを更新。お笑い芸人のキートン(45)がピン芸人日本一決定戦「R?1ぐらんぷり」の運営サイドや審査員を批判したことについて、自らの見解をつづった。
 キートンは30日に更新したツイッターで、同ぐらんぷりの3回戦で落選したことを明かし「私は意図的に落とされたと思っている」などと投稿した。

 志らくは「私も若い頃、落語の賞レースですさまじいウケ方をしたのに賞にかすりもしなかった事がある。怒って二度と参加しなかった。だがこんな事もある。浅草キッドと決勝に出てキッドの方がウケた。でも私が優勝。理由は大人の芸だったから」と自らの経験を明かした。

 その上で、昨年のM―1グランプリで審査員を務めている志らくは「芸の審査は難しい。ウケの量で判断するか内容で判断するか。それを審査基準に明記しておくしかない」とし、「キートン、悔しいだろうが売れて見返すしかない。M1のミキや和牛も志らくのやつ、絶対売れて見返してやると思っているはず。ダウンタウンだってやすしさんにそんなの漫才じゃないと言われたんだから」とメッセージを送っていた。

ソース スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/31/kiji/20190131s00041000196000c.html


(出典 img.asagei.com)



(出典 weblio.hs.llnwd.net)


にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 【【助言】立川志らく「R―1」批判したキートンに「悔しいだろうが売れて見返すしかない」】の続きを読む