芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:ジャニーズ > タッキー


    滝沢 秀明(たきざわ ひであき、1982年3月29日 - )は、日本の演出家、実業家。2019年1月1日に芸能活動を引退する前は歌手、俳優、タレントとして活動しており、男性アイドルデュオ・タッキー&翼の全活動期(2002年 - 2018年)のメンバー。愛称は「タッキー」。
    64キロバイト (8,266 語) - 2020年1月16日 (木) 16:22



    (出典 banbi-eye.com)


    え…それでタッキーの逆鱗に触れたわけだ・ω・;

    1 牛丼 ★

    《僕達MADEは、2020年1月31日をもちまして、解散いたしますことをご報告申し上げます。(中略)秋山は、2020年1月31日に退所することになりました》

    ジャニーズJr.(ジュニア)内のグループとして12年間活動したMADE(メイド)が、1月いっぱいでの解散を発表した。デビュー前ユニットの解散劇にここまで注目が集まったのは、退所することになったメンバーの秋山大河が‘19年12月5日に神田沙也加との不倫疑惑が報じられたからだ。

    「事務所が発表したコメントの中には、メンバー内で昨年春ごろから解散について話し合ってきたとありますが、額面通りには受け取れないですよ。というのも、秋山を含めMADEのメンバーは4月に『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE~ Episode.1~』という舞台出演が決まっており、昨年11月にはキャストを含めて発表されていましたからね」(スポーツ紙記者)

    解散と秋山の退所が発表になるとほぼ同時に舞台の公式ホームページが更新され、秋山の代役には『ふぉ~ゆ~』の松崎祐介が抜擢。1月6日からチケットの一般販売が予定されていたが、12月26日に急遽、発売延期が発表されるなど、ファンの間では不穏な空気を感じた人もいたようだ。

    「MADEは嵐のバックダンサーを務めていました。12月6~8日のヤフオク!ドームと12月13日~15日のナゴヤドームには姿があったんです。ですが、DVDの撮影が入る12月24日~25日の東京ドームコンサートでは、4人の姿はありませんでした。また、12月2日以降は秋山くんがジャニーズJr.の動画サイト『ISLAND TV』にも登場しなくなっていましたから、心配していたのですが……」(ジャニーズファン)

    神田との不倫疑惑報道があった直後、ジャニーズ事務所としては秋山に処分が下されることは無かった。だが、こうなることは予想できたと、女性誌記者は話す。

    「不倫疑惑を報じられた直後、神田はすぐに俳優の村田充との離婚を発表しました。そして、秋山との関係を“仲良くさせていただいている”とコメントしたため、ジャニーズもごまかしきれなくなってしまったんです。アイドルにとって“不倫”は疑惑でもNGなんです。だから、事務所はスポーツ紙などが不倫疑惑を報じることを、特に止めることはありませんでしたね」

    そんな中、特に激怒したというのが、ジュニアの育成を担当しているタッキーこと滝沢秀明副社長だ。

    「昨年9月にはジュニア内の5人組グループ“HiHi Jets”(ハイハイジェッツ)の橋本涼と作間龍斗が、女性ファンとのベット写真がネットに流出し謹慎処分になりました。ジャニーズはスキャンダルをもみ消すことに長けており、タレントを守ってきた。それを逆手にとり、ここ数年ジュニア内の風紀は乱れ、滝沢氏は非常に頭を痛めていた。秋山も女遊びが激しいことは事務所内では噂になっていたし、現在も神田と交際しているという話もある。滝沢氏が見せしめ的にクビにしたのも仕方ないでしょうね」(芸能プロ関係者)

    ジャニーズを去ることになった28歳のカレに対し、神田は何を思うのだろうか……。
    https://friday.kodansha.co.jp/article/90646




    (出典 wadai-log.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【タッキー激怒】神田沙也加と不倫報道のジャニーズJr.クビの真相】の続きを読む


    滝沢 秀明(たきざわ ひであき、1982年3月29日 - )は、日本の演出家、実業家。芸能活動を引退する前は歌手、俳優、タレントとして活動しており、男性アイドルデュオ・タッキー&翼の全活動期(2002年 - 2018年)のメンバー。愛称は「タッキー」。 東京都八王子市出身。ジャニーズ事務所に所属し
    63キロバイト (8,202 語) - 2019年6月27日 (木) 10:43



    (出典 entamega.com)


    今後のジャニーズの動向に要注目・ω・

    1 影のたけし軍団ρ ★

    ジャニー喜多川社長(87)のXデーがささやかれるなか、ジャニーズ事務所内の新体制作りが、急ピッチで進められている。

    「事務所の経営は今後もメリー副社長、ジュリー副社長であることに変わりはありません。
    ただジュリー副社長は社長に昇格し、完全に経営実験を握るものと思われます。なにしろメリー氏は92歳。
    いまだ現場主義ですが、そろそろ会長職に退く時期でしょう」(ジャニーズライター)

    しかし、事務所運営とタレント管轄はまた別な話だ。現在、子会社である「ジャニーズアイランド」代表の滝沢秀明氏(37)も一気に内部昇格するものと思われる。

    「ジャニーズ本体の常務か、一気に副社長に昇格する可能性もあります。現在の担当は事務所の営業、演出、Jr.の育成……ということになっていますが、
    タレント部門の人事部長も兼任すると見られます。現実、いまの彼の本業は営業と不要人物のクビ切りだとか。
    役職名はつけなくても、内部的に人事兼任になるでしょう」(前出・ジャニーズライター)

    では、今後の事務所のタレント序列はどうなるのか。

    「1位・滝沢氏、2位・東山紀之、3位・松本潤、4位・亀梨和也、5位・二宮和也、山下智久でしょう。
    1位だった“マッチ”こと近藤真彦はクビか、他事務所への移籍容認。木村拓哉はジュリー派なので、なんらかの役職をつけ残す。
    『TOKIO』は貢献度が高いので、系列会社にして城島茂を社長にして活動していくはず」(前出・ジャニーズライター)

    ここで、とくに気になるのがマッチだ。序列1位のマッチをなぜ追い出すのか。

    「滝沢氏がタレントを廃業する際、“年越しライブ”にマッチを登場。滝沢氏に目線を合わせず握手した。
    あの態度に滝沢氏は激怒。レースしかしないマッチに腹を決めたといいます。ヒガシについては少年隊時代からのファンも多いため重用したいようです」(女性誌記者)

    さらに注目なのが、中居正広の名前だ。いまだ稲垣吾郎ら『新しい地図』入りを書く週刊誌もある。

    「稲垣らとの合流は絶対ない。マジメな草彅剛が『裏切り者』と呼び、会う気すらない。中居もいまさら土下座もできないし、陰でこっそり“就活”。
    ジャニーズに対抗できる大手プロに2社の“内諾”と取ったといいます。滝沢氏は、独立の首謀者・中居が自ら出て行ってくれればせいせいする。
    野球好きで、五輪まで粘ろうとするなら、来年6月の契約月に“契約解消”を通告するかもしれません」(前出・女性誌記者)

    さらなるディープ情報を、近くお届けしよう。
    https://k-knuckles.jp/1/8006/2/


    (出典 d10tw3woq6mt3i.cloudfront.net)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【独占入手】 ジャニーズ事務所 “内部事情”・・・これが『ジャニーズ新序列』だ!】の続きを読む



    (出典 wezz-y.com)


    滝沢とか若すぎる気が・ω・

    1 名無しさん@涙目です。


    (出典 img.5ch.net)

    「滝沢が真っ先につぶしたいのは中居正広。“滝沢嫌い”を公言しているし、
    独立を企てながら平然と事務所に残っている。早く追放したくてしょうがない。
    でも長瀬も目の上のタンコブ。年長な上に自分より社歴が長く、貢献度も抜群」(ジャニーズライター)

    『SMAP』がない以上、『TOKIO』は今、ジャニーズ事務所の最年長の看板グループでもある。
    しかも、その中にあって長瀬は中心的な人気を誇っている。
    「今でこそオヤジになりましたけれど、昔は本当にかわいい顔でアイドル性抜群でした。
    だから『TOKIO』に入った前後など、グループと並行してソロでもよくグラビアに出ていたんです。
    その後はグループの顔としてボーカルとギターも担当。実はエリートなんです」(同・ライター)

    長瀬といえば、その昔、歌手の浜崎あゆみと交際。ペアのタトゥーを入れていることでも話題になった。
    「浜崎とイチャついているところを写真誌に撮られるなど、ジャニーズに似合わない奔放さも有名。
    しかも交際を認めるなどマスコミ対応もよく、態度が悪いジャニーズにあって稀有な存在といえます」(女性誌記者)

    しかも長瀬は、滝沢とは違った方向で幹部の評判もいいようだ。
    「交際といいタトゥーといい、彼はバイクに乗って突如、盛り場に現れたりもするのですが、
    ハメを外さない。しかも『TOKIO』では最年少で決してエラぶらない。
    ワイルドなのに常識人で、事務所内でもシンパが多い」(同・記者)

    ただし、今回の滝沢の大出世は長瀬もオモシロくないようだ。
    「木村拓哉が没落、中居は裏切り者だし、年功序列の事務所体質からいうと
    『TOKIO』メンバーが出世するのが当たり前。リーダーの城島茂はもちろんですが、
    やはり長瀬。ところが結局は年下でさして実績もない滝沢が上になった。
    長瀬だけでなく、グループ全員が納得していないみたいです」(同)

    最近、一部報道では事務所が分裂するのではないかという見方も出ている。
    「長瀬が中心となって『TOKIO』は別会社でやりたいと、メリー副社長、ジュリー副社長に
    新会社設立を願い出ているそうです。みんな滝沢が嫌いなんです。
    ジャニーズ分裂となったら、ひょっとしてキーマンは長瀬かもしれません」(前出のジャニーズライター)
    https://myjitsu.jp/archives/63541


    【【新ジャニーズ】滝沢体制に反発するTOKIOはどこへ…分裂も】の続きを読む

    このページのトップヘ