芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 石原さとみ


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    67キロバイト (8,099 語) - 2019年9月2日 (月) 16:18



    (出典 pbs.twimg.com)


    このご時世、このくらいの視聴率なら合格なんじゃないかな・ω・

    1 Egg ★

    女優石原さとみ(32)が主演するTBS系ドラマ「HEAVEN?~ご苦楽レストラン~」(火曜午後10時)の最終話が10日に放送され平均視聴率が8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

    同ドラマは、フレンチレストランを舞台にしたコメディー作品。石原は風変わりなオーナー・黒須仮名子を演じる。お店を繁盛させる気など毛頭なく「自分が心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい」という欲求をかなえるためだけに開いた“超変わり者”。墓地の中に建つお店を舞台に、風変わりなオーナーと個性あふれる従業員たちが巻き起こす“至極のフレンチレストランコメディー”。

    第1話からの視聴率は10・8%、9・2%、8・7%、10・0%、7・8%、7・5%、8・1%、7・5%、8・5%だった。

    最終話の内容は、指揮者の日比野(井上順)と親しくなった伊賀(福士蒼汰)は、日比野からコンサートに招待され仮名子(石原さとみ)と共に会場へと向かう。その後もたびたびコンサートに誘われることになり、客との距離感に戸惑った伊賀は、仮名子に苦言を呈される。

    仮名子のひと言で、自分が成長できていないことに気付いた伊賀は、家族の転勤先であるジンバブエに行くことを決意。

    そんな中、謎の3人組が「ロワン・ディシー」にやって来る…。

    9/11(水) 13:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-09110159-nksports-ent


    (出典 images.metropolitana.tokyo)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【最終回】<石原さとみ>ドラマ「HEAVEN?」視聴率8・7%】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    66キロバイト (8,046 語) - 2019年8月3日 (土) 13:31



    (出典 www.crank-in.net)


    もっと底辺の男と結婚して夢を与えてください・ω・#

    1 砂漠のマスカレード ★

    女優の石原さとみとの破局が報じられた前田裕二氏が社長を務めるネット配信サービス会社『SHOWROOM』 を巡り、ネット上が騒がしくなっている。
    前田氏は8月12日に放送されたバラエティー番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演し、著書をPRした。
    しかし最近、同社の経営難を指摘する記事や、それに反論する記事が出ていることもあり、視聴者からはさまざまな声が飛び交っている。

    前田氏は昨年末に『メモの魔力』を出版すると、15刷37万部の大ヒットを記録。『しゃべくりーー』では、同書で紹介しているメモの取り方を紹介。
    日常生活で頻繁にメモを取っているという前田氏は、過去に放送された同番組を見て取ったというメモを披露、その重要性を説いていった。

    前田氏の「人柄」には絶賛の声も…
    一方で同月9日には、経済メディア がSHOWROOMの官報をもとに、会計士が同社の経営状況を分析する記事をアップ。
    同社が4期連続赤字で「経営難」であると論じたが、別の会計士は「憶測の域を出ない」と反論するブログ記事 を出すなど、ネット上では同社の経営状況に関し、さまざまな声が噴出。
    そして一部週刊誌では、前田氏の〝仕事中毒〟が、石原との破局の原因になったとの記事も出た。

    同番組放送中には前田氏に対し、辛らつな声が続出。その多くは〝本業〟についての声だった。

    《経営に集中しないのかな》
    《(経営難でも)メンタル強いな》
    《前田出てるけどさ、なんか胡散くさい。メモで世界が変わるならみんな変わってる》

    しかし、一般の視聴者からは前田氏を絶賛する声が続出。破局が報じられてはいるものの、石原と交際するのも納得がいくとの声が多数寄せられた。

    《こりゃ石原さとみとも付き合うわ…》
    《前田さんメモ魔で字がきれいでイケメンってそろい過ぎ》
    《イケメンで本も出してて元カノが石原さとみってハイスペック過ぎやろ》
    《ありゃ完璧過ぎて神の領域だな!? そりゃ石原さとみも捕まえられるわ》
    《人間味あふれて好感でしかないな》

    石原との破局が本当だったとしても、前田氏の未来が破れるようなことはなさそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1962367/
    2019.08.13 11:00 まいじつ


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【朗報】石原さとみが破局💔!? SHOWROOM・前田氏に“経営難”のウワサも…!】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    66キロバイト (8,033 語) - 2019年7月27日 (土) 08:10



    (出典 i.ytimg.com)


    見かけによらず運動神経抜群よな・ω・#

    1 ひかり ★

     「サントリードリームマッチ」(29日、東京ドーム)

     女優・石原さとみ(32)が、始球式を務めた。
     6年連続の大役を務め、「6年連続びっくりです。本当にうれしいです。いいスタート切れるようにがんばります」と
    意気込んでマウンドへ。前巨人監督の高橋由伸氏が打席に入り、岡島秀樹氏をまねた“ノールック投法”を披露した。豪快な投球フォームから、ノーバウンドで
    捕手を務めた古田敦也氏のミットに届いた。
     毎年、ものまねをするのが恒例となっており、過去にはトルネードやアンダースロー、昨年はDeNA・三浦大輔投手コーチの投球フォームを参考に、
    2段モーションを披露した。

    デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/29/0012560528.shtml

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【見事ノーバン!】石原さとみ 恒例 始球式で岡島式“ノールック投法”を披露】の続きを読む


    佐久間 由衣(さくま ゆい、1995年3月10日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。愛称は、さくちゃん。 神奈川県横須賀市出身。プラチナムプロダクション所属。 スカウトされ芸能界入り。2013年、ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルオーディションにマネージャーの薦めで応募。同年9月28日、Girls
    18キロバイト (2,228 語) - 2019年7月3日 (水) 10:00



    (出典 s-media-cache-ak0.pinimg.com)


    今後要注目ですな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    ドラマ『時空探偵おゆう 大江戸科学捜査』(カンテレほか、木曜深夜0:25)第2話が11日深夜に放送された。
    『このミステリーがすごい!』大賞ドラマシリーズの主演を務めるのは女優の佐久間由衣だ。

    佐久間は、朝ドラ『ひよっこ』(NHK総合)で有村架純演じる主人公の同級生役を演じて注目されると、ドラマ『チア☆ダン』(TBS)や
    公開中の『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』など話題作に出演し、存在感を放ってきた。
    ショートカットが似合うナチュラルで独特のたたずまいの佐久間には女性ファンも多く、170cmの身長を生かしてモデルとしても活躍している。

    『時空探偵おゆう』で佐久間が演じるのは不動産会社に務める関口優佳役。
    平凡なOLの主人公が、ひょんなことから自宅の押し入れから江戸時代にタイムスリップし、奉行所の同心・鵜飼伝三郎(竹財輝之助)たちと事件解決に向けて奔走するというストーリーだ。
    祖母が用意した着物を身にまとい、かんざしを差して江戸の娘に扮する佐久間の変身ぶりも見どころのひとつで、過去と現代を行き来しながら、科学の力を駆使して真犯人を突き止める。

    第2話を終えて、『このミス』大賞ドラマシリーズの公式twitterなどにも感想が集まっている。
    佐久間に対しては、「演技が上手くて表情が印象的」、「着物姿が素敵」と称賛するコメントのほか、
    「タイムスリップものだけど、登場人物の生活まで描いていておもしろい」、「我が家の押し入れも江戸につながっていたら」などの感想が寄せられた。

    和装からカジュアルウェアからまで、自在に着こなす佐久間のもうひとつのチャームポイントが唇。
    ぷっくりとした存在感のあるリップにはSNS上でも「唇がかわいすぎる」、
    「ずっと見ちゃう」、「唇が厚いのは美人の証明」などトリコになる人が続出。そんな唇に見惚れて江戸の街にも恋の予感が…。

    唇美人といえば、「ウイスキーが、お好きでしょ」のテーマ曲で知られるサントリー角ハイボールCMの井川遥や、
    童顔にタラコ唇という必殺ウェポンを備えた石原さとみなど、各年代を代表する女優が名を連ねている。
    涼やかな目元とは対照的な色っぽい唇の持ち主である由衣は、新たな「唇女優」のポジションを確立できるのか?

    口は目ほどにものを言う。物語の展開とともに、その口元にも注目だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1924617/
    2019.07.15 19:00 リアルライブ


    (出典 beef-6.jp)


    (出典 mykneecap.com)


    (出典 mykneecap.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【第二の石原さとみ?】 色っぽい唇で着物も似合う、注目若手女優登場!】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。本名は非公開。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    66キロバイト (8,040 語) - 2019年7月9日 (火) 13:39



    (出典 infotreasure.net)


    ちょっと性格的に難のあるキャラばかりやらされるイメージ・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    石原さとみ主演の新ドラマ『Heaven?~お苦楽レストラン~』(TBS系)が7月9日にスタートした。今回、石原はフレンチレストランのオーナーを演じる。視聴者は、自由気ままな役柄が、『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』『高嶺の花』(ともに日本テレビ系)など、最近の石原主演作と類似していると指摘。「石原のこのキャラは嫌い」と否定的に見る意見が相次いだ。

    石原演じる黒須は、近く開店させるフレンチレストランの男性従業員として伊賀(福士蒼汰)、川合(志尊淳)、堤(勝村政信)らをスカウト。伊賀以外は、フレンチレストラン未経験者。開店準備を始めていたところ、「DM(ダイレクトメッセージ)を出しちゃった。オープニングパーティーは4日後」と黒須がいきなり告げ、スタッフらを大慌てさせた。

    黒須はその後も、従業員に無理難題を次々と押し付けていく。ドラマ終盤ではオープンしたレストランで、故障していたクーラーからほこりが一斉に飛び出す災難も。トラブル続きだったが、無事レストランのオープンにこぎ着けた。

    「強いキャラのドラマが多過ぎ」ファンがっかり
    初回を終えて、視聴者は石原の役回りが『高嶺の花』『地味にーー』と類似していると指摘。男性に強気に接する石原の演技に違和感を示していた。

    《heaven? のオーナーはあんなキラキラしてないんだよなー。高嶺の花のときと一緒に見えた》
    《高嶺の花と石原さとみのキャラが少しかぶってるような》
    《校閲ガールの河野悦子と高嶺の花の月島ももを足したような感じ》
    《こういうドラマは石原さとみがもったいない》
    《石原さとみって強いキャラ多いような気がする》

    など、最近演じる強気な役どころは、石原の魅力を引き出せていないとの指摘が相次いでいた。さらに、

    《アンナチュラルや失恋ショコラティエは良かったなあ》
    《ショコラティエのサエコがどハマりだったのに》

    といった、他の作品を懐かしむ声も。

    初回の視聴率はかろうじて10%を超えたようだが、評価はやや低調気味。2話目以降でばん回なるか。



    http://dailynewsonline.jp/article/1916642/
    2019.07.10 11:00 まいじつ


    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    【【何をやっても石原さとみ】新ドラマ『Heaven?』に酷評続出「また強気キャラ…」】の続きを読む

    このページのトップヘ