芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: YouTuber



    (出典 i.ytimg.com)


    やっぱり手遅れだったのか…もったいない死に方したな…ご冥福を・人・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/12(金) 12:18:15.38 ID:g9UyyZKe9.net

    ツイッターで息子が報告

    空ハート

    @highcrimehigh11

    +
    息子です
    平成31年4月10日午後6時20分に病院で息を引き取りました。
    心配してくださった方々ありがとうございます母ちゃんも幸せだと思います。
    お葬式の件ですが叔母といろいろ相談した結果身内だけでやることにしました。

    空ハート

    @highcrimehigh11

    +
    また今の家ですが引っ越さなければならないので迷惑行為は辞めてもらえると助かります。

    今までのYouTubeの動画は最後の動画以外消すつもりはないので思い出したときにでも見ていただけると喜ぶと思います。

    いつか皆様が完治できることをお祈りしています。


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://matomame.jp/user/yonepo665/76720963e1f2afa0815c
    2019年04月11日更新


    (出典 Youtube)



    (出典 koku-byakunews.com)


    (出典 mediaberth.com)


    (出典 cdn2.ettoday.net)


    前スレ 2019/04/11(木) 20:42
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554991678/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【訃報】赤飯一気食いyoutuber「sola Channel」さん…ツイッターで息子が死亡報告】の続きを読む



    (出典 odl.abc-cooking.co.jp)


    ネタがなくなって内容がだんだん過激になっていくのは避けられないかな・ω・

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/10(水) 07:52:31.36

    2019/4/9 09:26 ■ 最終更新■
    https://breaking-news.jp/2019/04/09/048006

    (出典 breaking-news.jp)


    YouTuber(ユーチューバー)の女性が生配信中に赤飯を喉に詰まらせ意識不明になる放送事故が発生しました。
    放送事故となったのは、YouTuber・sola Channelさんが生放送中に赤飯のおにぎりを一気食いし喉に詰まらせ、意識不明の状態になったということです。

    生放送を見ていた視聴者の方が消防局に119番通報、駆けつけた救急隊らが赤飯を喉に詰まらせた女性を病院に救急搬送しました。

    以下は、放送事故の動画です。
    【閲覧注意】
    女性YouTuber、赤飯を喉に詰まらせ救急車が駆けつける事態に。

    (出典 Youtube)


    動画からは、女性が大きな赤飯のおにぎり一口で頬張っており、その後、後ろに倒れこみ動かなくなっている様子や口から泡を吹いている様子が確認できます。
    この生放送を見ていた視聴者が119番通報をしたということですが、救急隊らは女性が倒れてから約20分後に到着。

    駆けつけた救急隊らが「わかります?」と呼び掛けても女性は反応せず、救急隊は女性の顔を見て「ダメだ」と言い応急処置の準備をしています。
    その後、女性は病院に救急搬送されたということですが、安否については不明。

    窒息で意識不明の状態になってから約20分以上も経過していることなどから、インターネット上では「20分経過は死んでもおかしくない」「こんだけ時間経つと助からないと思う」という声が多数ありました。
    ★1: 2019/04/09(火) 23:03:04.06

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554829247/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【閲覧注意】生配信中の“美人YouTuber”sola Channelさんが赤飯を喉に詰まらせ窒息、意識不明で放送事故】の続きを読む


    長谷川 (はせがわ ゆたか、1975年8月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。奈良県奈良市出身。 洛星中学校を経て、1992年日生学園第一高等学校(現・桜丘高等学校)に進学し、1995年4月に立命館大学産業社会学部(情報・メディアコース メディアリテラシー専攻)に進学する。立命館大学放送局
    26キロバイト (3,663 語) - 2019年4月6日 (土) 16:35



    (出典 mukai16.com)


    まぁ注目を浴びたいのかもしれないけど、それはちょっとね・ω・

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/01(月) 11:55:21.38 ID:mscVDWGX9.net

    2019年03月31日 10:59
    https://lite.blogos.com/article/367673/

    (出典 biz--journal-jp.cdn.ampproject.org)



    かつて「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と書いて批判された、元局アナの長谷川豊氏が、今度は自らがYouTubeにアップしている公式動画の中で「覚醒剤の場合、用法用量を守ったら中毒はほぼ出ません」と発言して批判されている。(*1)

    該当発言のある動画は長谷川氏が自ら非公開にしていることから現在は視聴できず、その発言内容はTABLOの記事(*1)の描き下ろし部分に頼ることになる。
    なおこのTABLOは、今回の件を取り上げ、長谷川氏とツイッター上で論争(*2)をした久田将義氏が編集長を務めるメディアであるということは、公平性のために記しておく。

    長谷川氏はピエール瀧氏のニュースに触れて、そこから「覚醒剤の場合、用法用量を守ったら中毒はほぼ出ません」と、発言をしている。
    確かに覚醒剤に「用法用量がないか」と問われれば「ある」とは言える。ただしそれは医療用覚醒剤の場合である。
    日本における覚醒剤の代名詞でもある「ヒロポン」は医療用医薬品として認可されている。そして医療用医薬品としての用法用量が記載されている。(*3)

    しかし、これはあくまでも治療のための用法用量だ。個人が私的に使うための用法用量ではない。少なくともピエール瀧氏の事件からの文脈で「用法用量を守れば中毒は出ない」という発言は適切であるとは言えない。
    また、そもそもの問題として、長谷川氏の発言にある「中毒」とは何なのだろうか?

    依存することを「中毒」と呼ぶことがあるから依存性のことだと考えてもこれも不適切なのである。
    なぜなら違法行為であるにも関わらず、それを続けている事自体が依存性を明確に示す症状だからである。報道によればピエール瀧氏は20代の頃から薬物を使用していたと供述しているという。

    若くて不安定なときに薬物に一時的に走ったならまだしも、50を超えて社会的にも十分な評価を得ていても違法薬物をやめられなかったのだからそれは明確に「依存症」である。
    (略)
    (3月31日追記)
    長谷川豊氏よりツイッター上で記事に対する言及があり「「覚醒剤は用法用量を守れば中毒にならない」は主張ではないので書き換えてほしい」という趣旨の打診がありました。(*4)
    検討した結果、置き換えたとしてもこの記事の本質に影響がないことを確認した上で、要請を受け入れ「主張」の部分を「発言」に置き換えました。

    *1:長谷川豊さんがYouTubeでまたもぶっ飛び発言(TABLO)「用法用量を守れば覚醒剤は中毒にならない」 http://tablo.jp/discover/news004694.html
    *2:覚醒剤の話を指摘したはずが頓珍漢の展開に。久田氏VS長谷川氏(Togetter)https://togetter.com/li/1332665
    *3:医療用医薬品 : ヒロポン(KEGG MEDICUS)https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00006946
    *4:こんにちは。そうですね。私も言い間違えがありますし、概ね反論はありません。ただ、当該放送内で「覚醒剤は用法用量を守れば中毒にならない」が「主張」ではないですよね?それは流石に同意されるかと。そこだけ「とも発言している」くらいに書き換えませんか?(長谷川豊 Twitter)https://twitter.com/y___hasegawa/status/1112218952241799169
    ※ 全文は記事で
    ★1: 2019/03/31(日) 20:03:54.47

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554030234/
    (deleted an unsolicited ad)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【YouTuber】元フジ局アナ長谷川豊氏、「覚せい剤は、用法用量を守れば… 」と発言し猛批判】の続きを読む


    HIKAKIN (ヒカキンからのリダイレクト)
    HIKAKIN(ヒカキン、1989年4月21日 - )は、日本のYouTuber、ヒューマンビートボクサーである。UUUMファウンダー、最高顧問。 1989年4月21日、新潟県新井市(現:妙高市)で次男として生まれる。小さい頃は、教室のすみっこにいるちょっと変わった少年だったという。雪の多い上越地方
    37キロバイト (4,266 語) - 2019年2月6日 (水) 00:23



    (出典 geinouzin.net)


    金持ってるなら使ってくれたほうが世のためになる。じゃんじゃん使え・ω・

    1 muffin ★ :2019/02/07(木) 14:14:40.17

    https://npn.co.jp/article/detail/02163535/
    2019年02月07日 13時10分

     2月6日、メインチャンネルの登録者数が700万人を突破した、人気YouTuberのヒカキンが3年ぶりとなる引っ越しを終え、新居の紹介動画を公開した。退去直前には想像を絶する量の荷物が散乱している様子が動画で紹介されていた。

     それまで住んでいた住居では、動画のネタになりそうなアイテムを買い集めるうち、部屋はダンボールに埋め尽くされ、足の踏み場にも困る状態に。そんな中、「ずっと住みたいなと見上げていたマンション」をチェックしていたところ、たまたま隣り合った2つの部屋に空きが出ており、その2部屋を借りることにしたのだという。

     新居は、「3LDKの部屋が2つなので、間取りは“6LLDDKK”になる」という、前の家と比べて広さは2倍になったが、家賃は3倍に。これまで3年間住んでいた家も、一人暮らしとしては十分すぎる広さだったが今度はさらに広い超豪邸に引っ越すこととなった。

     しかも、2つの部屋を同時に借りたため、敷金・礼金・仲介手数料や初月の家賃などで約15か月分の家賃を支払ったという。その引っ越し費用は「ランボルギーニが余裕で買えるくらい」かかったと語っている。

     新居の場所を特定されるといけないので、窓からの風景を見せられないのが残念だとヒカキンは語った。本人いわく、東京が一望でき、東京タワーとスカイツリーが同時に見えるという。ベッドルームは電気を消しても、東京タワーのライトアップで明るさを感じるほどだと語っていた。
    (続きはソースをご覧下さい)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【成功者】YouTuberヒカキンさんの新居がなんと“9億円の豪邸”ですと!?】の続きを読む


    人気YouTuberラファエルさんアカウント停止。エロや過激な動画がBANの原因か(篠原修司) - Yahoo!ニュース - Yahoo!ニュース
    チャンネル登録者数が200万人以上の人気YouTuberラファエルさんが、『YouTube』のコミュニティガイドライン違反を理由に1月22日付でアカウントを停止(BAN)されまし ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    行役員の辞任、無期限活動休止を発表した。 11月18日 - ハワイにて活動を再開する。 2018年 1月23日 - 同じ事務所に所属するYouTuberラファエルと共同のファンクラブ『諭吉党』を立ち上げる。 2月1日 - チャンネル「ヒカル2ndチャンネル」を開設。メインチャンネルとは違い、お金を
    12キロバイト (1,376 語) - 2019年1月13日 (日) 00:02



    (出典 youtubernews.net)


    もっともっと規制したほうがいいよ…子供に見せたくない・ω・;

    1 名無しさん@実況で競馬板アウト :2019/01/22(火) 21:31:15.99 ID:yABzTWnd0.net

    されたみたい


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【仮面You Tuber】ラファエルさんのアカウントが“BAN“される(アカウント停止)】の続きを読む

    このページのトップヘ