芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: グラビア


    馬場 ふみか(ばば ふみか、1995年6月21日 - )は、日本のファッションモデル、グラビアモデル、女優である。 新潟県新潟市出身。ネイムマネジメント(旧エリートジャパン)東京本社所属。 10歳の時にキッズ劇団「APRICOT」に所属し、15歳までレッスンを受けていた。14歳の時、地元である新潟
    30キロバイト (3,992 語) - 2019年11月13日 (水) 10:42



    (出典 img.avinfolie.net)


    ジワジワ人気上昇中↗
    美人すぎないところも女性ウケにつながってるのかもね・ω・

    1 マロン派 ★ :2019/11/17(日) 21:31:42.22

    馬場ふみか、水着は女子目線で「オシャレで攻めたキラキラ」 初紀行本の撮影振り返る

    モデルで女優の馬場ふみかが17日、都内で“女子旅”をテーマとした紀行本「ばばたび」(集英社)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

    総収録写真260点以上を誇る同作では、オーストラリアのケアンズとメルボルンの2都市を訪れた「ゆる旅」に密着。プライベート感あふれる写真と、彼女が出会った現地の美しい風景、食事などもテキスト付きで網羅した。

    激しい船酔いに耐えてたどり着いた絶海の孤島や、思いのほか寒かった早朝のホテルのプールでは圧巻の水着姿も披露。全男子が待望し、全女子が憧れる“神の造形”は、さらにスケールアップして健在している。

    【馬場ふみか、紀行本にしたワケは?】
    今回、“紀行本”という銘打った理由を問われた馬場は「基本的にグラビアの撮影だったり、ドラマや映画の撮影もそうですけど、お仕事で旅をすることが多くて、グラビアもいつも旅をしているので、旅をメインに作りたいなと思いました」と紹介。さらに「前回の写真集『色っぽょ』を21歳のときに出したんですけど、そのイメージとはまた全然違った本が作れたらいいなというのがあって、自然体で友だちと旅をしているような本が作れたらなと思って紀行本にしました」と説明した。

    また、旅先にオーストラリアを選んだことついては「オーストラリアに行った理由は、とにかくコアラを抱きたかったというのが1つと、最近、私の友だちがメルボルンに行って、メルボルンの話をたくさん聞いていて、私も行ってみたいなと思っていたタイミングでの、この本のお話だったので、せっかくだしオーストラリアに行きたいなと思いました」とのこと。

    実際に行ってみた感想を尋ねられると「すごく広いので、今回はケアンズのメルボルンに行ったんですけど、全然違う景色で、ケアンズは自然が多いですし、メルボルンは都会でいろんなお店がたくさんあって、1つの国でもたくさんの景色が見られて楽しかったです」とニッコリ。実際にコアラを抱いたそうで「赤ちゃんみたいでした。思ったより毛が柔らかくて、温かくて、重みも赤ちゃんを抱いているような感じでした」と目を細めた。<中略>

    【馬場ふみか、水着選びにもこだわり】
    同作では、全体的にオシャレな水着を着用しているといい「今回は“女子旅”というのをテーマにしていたので、実際に男の子と一緒に海とかプールに行くんだったらこれは着ないなとかあるじゃないですか。かわいくて見られるものって。でも女の子だったらよりオシャレな、女の子に『それかわいいね』って言ってもらえるような水着が着られるかなと思って、オシャレで攻めたキラキラがあったり、そういうものを選びました」と作品に込めた思いを吐露。

    自己採点を求められると「80点!自分が今、作りたかった1番いい形で発売できたなと思うんですけど、これからもお仕事でいろんなところに旅に行くでしょうし、それをこれからも形にしてもっともっといいものが作れたらいいなという期待を込めてマイナス20点で80点にします」と前向きコメントをした。(modelpress編集部)

    https://mdpr.jp/news/detail/1896479

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    (出典 img.bakufu.jp)



    (出典 img.geinoueroch.com)



    (出典 i.pinimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【紀行本】馬場ふみか、総収録写真260枚超! もちろん男子待望の圧巻Bodyの水着姿も披露】の続きを読む


    熊田 曜子(くまだ ようこ、1982年5月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。 関市立関商工高等学校商業科に在学中の高校3年生当時、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。最終選考まで残ったものの、母親の猛烈な反対により辞退させられた。その後看護学校へ進学するが、芸能
    25キロバイト (3,582 語) - 2019年11月7日 (木) 01:10



    (出典 intervalues2.com)


    たまにいるけど、結婚してて財布が別とか意味わからないやな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/29(金) 14:44:45

    タレントの熊田曜子(37)が29日放送のフジテレビ「ノンストップ」(月~金曜前9・50)に出演。
    自身が知らない間に夫が仕事を辞め、転職していたことを明かした。

    この日、番組では「夫婦の報・連・相バトル 徹底討論」と題して、夫婦間による「報告」「連絡」「相談」のホウレンソウ問題についてトークを展開。

    熊田は「仕事を知らない間に辞めるっていうのを経験した」と告白した。
    結婚した当初はサラリーマンだったいう熊田の夫。
    「こういう仕事をやりたいという話は(昔から)聞いていたけど、いつの間にか(仕事を)辞めていて、新しい仕事を始めていた」と振り返った。

    その後の詳細についても「(前の仕事を)いつ辞めたとか(新しい仕事が)いつから始まっているとか全く知らない」とキッパリ。
    続けて、共演者から金銭事情について聞かれると「家計的には別々の財布。
    私が働いた分は私が使える」と説明し、夫の年収についても「全く知らないです」と話していた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17452992/
    2019年11月29日 12時7分 スポニチアネックス


    (出典 erosoku.net)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【識らない間に夫が…】熊田曜子「いつの間にか転職して…」、家計事情は「別々の財布」】の続きを読む


    生田 絵梨花(いくた えりか、1997年1月22日 - )は、日本のアイドル、女優であり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである。ドイツ・デュッセルドルフ生まれ、東京都出身。身長160 cm。血液型はA型。愛称は、いくちゃん。 1997年1月22日、ドイツのデュッセルドルフで誕生し、5歳から
    81キロバイト (10,551 語) - 2019年11月26日 (火) 08:14



    (出典 antenna.eroimg.net)


    乃木坂勢は写真集激売れだね・ω・#

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/28(木) 06:34:16.50


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    人気アイドルグループ・乃木坂46の生田絵梨花(22)の2nd写真集『インターミッション』(講談社)が、
    28日に発表された「オリコン年間BOOKランキンク? 2019」の「写真集」ジャンルで1位を獲得した。
    年間売上は29.1万部で、女性ソロ写真集としては2017年に『白石麻衣写真集 ハ?スホ?ート』か?記録した22.9万部を上回り、歴代1位の大記録を達成した。

    本作は、乃木坂46イチの“お嬢様”と称される生田をアメリカ・ニューヨークを舞台に撮り下ろし。
    ミュージカル女優としても活躍する生田の希望で、ブロードウェイでも撮影を行ったほか、初めてのラジェリーショットにも挑戦した意欲作となっている。

    生田は1位獲得に「1年前に撮影した作品が、多くの方に受け入れてもらえてとても光栄です。
    この作品をきっかけに、いろんなイメージを持っていただけたらうれしいなと思います」と喜びのコメントを寄せた。

    ◆オリコン年間BOOKランキンク? シ?ャンル別「写真集」女性ソロ作品歴代売上TOP5
    1位 29.1万部 生田絵梨花写真集『インターミッション』(2019年1月22日発売/講談社)
    2位 22.9万部 白石麻衣写真集『ハ?スホ?ート』(2017年2月6日発売/講談社)
    3位 19.7万部 ベッキー『ヘ?ッキーの♪心のとひ?ら』(2009年2月27日発売/幻冬舎)
    4位 19.1万部 ?濱ねる1st写真集『ここから』(2017年12月19日発売/講談社)
    5位 16.9万部 石田ゆり子『Lily-日々のカケラ-』(2018年1月30日発売/文藝春秋)

    https://news.livedoor.com/article/detail/17446009/
    2019年11月28日 6時0分 オリコン


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【新・写真集女王】生田絵梨花、歴代最高記録! 快挙達成に「とても光栄です」】の続きを読む


    沢口 愛華(さわぐち あいか、2003年2月24日 - )は、名古屋のアイドルユニット『dela』のメンバー(5期生)で、タレント、女優である。愛知県名古屋市出身で、名古屋美少女ファクトリーに所属している。 2017年8月27日に、松坂屋名古屋店本館北側の特設ステージ「さくらパンダ広場」で行われた『SAKAE
    12キロバイト (1,181 語) - 2019年11月6日 (水) 07:12



    (出典 www.zaikei.co.jp)


    16歳でこれは、親だったらちょっと心配。どこにでも付いて回らないと、一人でなんてとても外歩かせられないな・ω・

    1 朝一から閉店までφ ★

    2019年11月11日 芸能
    「週刊プレイボーイ」47号に登場した沢口愛華さん (C)YOROKOBI/週刊プレイボーイ

    (出典 storage.mantan-web.jp)


     グラビアアイドルのコンテスト「ミスマガジン2018」グランプリの沢口愛華さんが、11月11日発売の週刊誌「週刊プレイボーイ」(集英社)47号の巻頭グラビアに登場した。

     沢口さんは2003年2月24日生まれ、愛知県出身の16歳で、名古屋を中心に活動するアイドルユニット「dela(デラ)」のメンバー。「令和の新グラビア女王」などと呼ばれ、今号では水色の水着姿を披露した。

     そのほか今号には、女優でモデルの馬場ふみかさんや、 アイドルグループ「NMB48」の元メンバー、矢倉楓子さんらが登場。創刊53周年企画「NIPPONグラドル53人」の裏側を撮影し、収録したDVDが付属する。

    https://mantan-web.jp/article/20191111dog00m200041000c.html


    (出典 pbs.twimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【天然乳】 沢口愛華:16歳“令和の新グラビア女王” 「週プレ」で水色の水着姿】の続きを読む



    (出典 d1jo5b1m9v3ic.cloudfront.net)


    19歳でこれは、この先が思いやられるな・ω・♡

    1 ストラト ★

    注目の19歳・十味(とーみ)が、11日発売の「週刊ヤングジャンプ」45号の表紙&巻頭グラビアに登場した。

    「ヤングジャンプが見つけた平成最後の奇跡の原石」として初登場した前回のグラビアが好評だったため、異例のスピードで初表紙に抜擢された十味。
    今回は、南国・宮古島で王道爽やかグラビアに挑戦した。

    誰もが認める美少女フェイスの十味はまだ19歳の現役大学生。
    ドキドキする豊満なバストにくびれたウエストという最高ボディを披露した。

    新人女優・清水綾乃、グラマラスボディ披露
    そのほか今号では巻末グラビアに新人女優の清水綾乃が登場。
    同誌初登場でグラマラスボディを披露した。

    http://mdpr.jp/news/detail/1797548

    「週刊ヤングジャンプ」45号 十味(とーみ)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 blog-imgs-101.fc2.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【十代最後】「平成最後の奇跡の原石」十味(19)豊満バスト&くびれたウエストの最高ボディ披露】の続きを読む

    このページのトップヘ