芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:女優 > 松岡茉優


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,003 語) - 2019年10月3日 (木) 15:47



    (出典 d17egyts7igch8.cloudfront.net)


    ちょっと歯を白くしすぎたの失敗じゃないか?

    清原みたい…

    1 鉄チーズ烏 ★

     直木賞と本屋大賞をダブル受賞した小説を映画化した「蜜蜂と遠雷」(監督石川慶、4日公開)の試写会が2日、都内で行われ、皇嗣秋篠宮妃紀子さまが観賞された。

     出演の松岡茉優(24)森崎ウィン(29)鈴鹿央士(19)石川監督が出迎え一緒に観賞。上映後、松岡は「ピアノコンクールの演奏シーンについて、会場にいるような臨場感でしたとおっしゃっていただき、音楽映画として胸を張れます」と感激の面持ち。事務所の先輩の多部未華子(30)が結婚を発表したが、「祝福の気持ちでいっぱい。素敵で優しく、穏やかな家庭を築かれることを祈っています」と祝った。


    2019年10月03日 05:30芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/03/kiji/20191002s00041000466000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【胸を張れ】松岡茉優 紀子さまからの高評価に感激!】の続きを読む


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,005 語) - 2019年9月13日 (金) 16:50



    (出典 tokushu.eiga-log.com)


    それもここまで売れて、のし上がれたから言えることだけどな。


    かわいい・ω・#

    1 muffin ★

    https://www.rbbtoday.com/article/2019/09/25/173360.html
    2019年9月25日

    松岡茉優が、24日放送の『おかべろ』(フジテレビ系)に出演。不遇の子役時代を振り返った。

    「若手女優の中では遅咲きだと思う」という松岡。あらゆるオーディションを受けては「500ぐらいは落ちてる」とも述べた。

    続いて彼女は、子役のときに衝撃を受けたエピソードを披露。約30人が集められたオーディション部屋で、監督が何人かの頭をポン、ポン、ポン、と軽く叩いたという。松岡自身は頭を触られなかったので不思議に思っていると、スタッフから「今、頭を触られた子以外はお帰りください」と言われたそう。

    さらには別のオーディションでは、「それこそゴミ子役が集まって部屋で待っていた」と自虐的に述懐。部屋には50人ぐらいがいたそうだが、いつまで経っても全く呼ばれないため母親と待っていると、部屋の向こうから「ワーッ!」と声が聞こえたそう。

    「何だろうと思ったら、当時爆裂に売れていらした美山加恋ちゃんが到着して、スタッフさんが来て『すみません、美山さんがいらしたんでオーディション大丈夫です、お疲れさまでした』」と、終了を告げたという。

    松岡によれば、美山の到着が間に合わなかった場合、50人の中から配役を選ばなければいけなかったようだが、結局美山が来たため全員帰らされることになったのだとか。ナインティナイン岡村隆史が「(美山さんは)VIP的な感じ?」と聞くと、松岡は「もうココと、ココですよね」と両手を縦に広げ、当時の待遇が雲泥の差であることを表現していた。


    (出典 www.rbbtoday.com)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【女優】松岡茉優、不遇の子役時代を回顧 美山加恋とは雲泥の差だった…「それこそゴミ子役が…」】の続きを読む


    松岡 (まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつ
    60キロバイト (7,571 語) - 2019年3月4日 (月) 11:21



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    いや、あの生意気なガキのイメージからよくここまでナチュラルに綺麗になったと思う・ω・#

    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【激カワ】松岡茉優というルックス、性格、演技、オ○パイ全てパーフェクトな女優】の続きを読む


    松岡 (まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつ
    60キロバイト (7,499 語) - 2019年1月30日 (水) 03:46



    (出典 img.cinematoday.jp)


    とりあえず芸能人が事故したら、世間一般に公表して関係なくても国民に謝罪会見するのが今の風潮だもね・ω・

    1 豆次郎 ★ :2019/02/05(火) 17:09:50.91

    2/5(火) 16:59配信
    デイリー新潮
    「松岡茉優」が追突事故を起こしていた 事務所公表せず

     ドラマや舞台、そしてCMにと幅広い活躍を見せる松岡茉優(23)。映画では、カンヌでパルムドールを受賞した『万引き家族』に出演したことが記憶に新しい。だが、そんな彼女が、今後の芸能活動に影を落としかねない追突事故を起こしていた。

     ***

     事故は昨年11月12日、東京・虎ノ門で起きた。松岡がプライベートで運転していた車が、交差点で信号待ちをしていた前の車両に突っ込んだのだ。

     芸能人の自動車事故の例でいえば、元モーニング娘。の吉澤ひとみの場合は刑事事件に発展した。松岡のケースは幸いにも飲酒運転ではなかったが、事務所が蒼ざめたのは間違いない。なにせ松岡は“新CM女王”と称されるほど、多くの広告に起用されているからだ。

    「事故が起きたことは、事務所から広告代理店を通じてクライアントに報告がありました。ただ、今回の事故は完全に彼女の過失。被害者もいるので、代理店やキャスティング会社の面々は固唾を呑んで成り行きを見守っていた」(広告業界関係者)

     保険会社のCMにも出ていたから、イメージダウンは必至――だが事務所からその後の連絡はなく、事故の件は音沙汰なくなったという。

     松岡の事務所は事故を起こしたことを認めた上で、

    「示談ではなく通常の保険処理で済んだため発表は控えていた」

     と説明するが……。2月6日発売の週刊新潮で詳しく報じる。

    「週刊新潮」2019年2月14日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00556380-shincho-ent


    (出典 news.walkerplus.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【隠蔽】「松岡茉優」が起こした“追突事故“事務所は公表せず】の続きを読む



    (出典 www.vivi.tv)


    どんなときも。のカバーってのがなかなかシュール・ω・

    1 湛然 ★

    2018/11/15
    松岡茉優、槇原敬之『どんなときも。』をカバー!1番と2番の歌い方の違いで失恋から立ち直る女性の心情を表現

     女優・松岡茉優(23)が出演するファッションブランド「ROPE PICNIC(ロペピクニック)」(株式会社ジュン)のWEB動画「どんなときも。 song by 松岡茉優」が、11月15日より公開された。

     松岡と歌唱といえば、ブレイクのきっかけとなったNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)にアイドルグループ『GMT』のリーダー役として出演。同年12月31日の『第64回 NHK紅白歌合戦』にも出演。また、アイドル好きで、特に熱烈な『モーニング娘。』のファンで、自身の主演ドラマのスペシャル企画として、2016年3月20日に開催された「Hello! Project ひなフェス 2016」に、モーニング娘。’16のセンター“まゆまゆ”としてサプライズ出演するなど、映画やドラマ、CMなどでも耳にするが、けっこう上手い。

     同動画では、松岡が槇原敬之の名曲『どんなときも。』をカバー。スローなピアノの伴奏にのせ、1番目は、失恋した直後の女性らしく、ピアノのメロディもとぎれとぎれになる中、自分自身に言い聞かせるように、声量を落として囁くように歌う。逆に、2番目では、吹っ切れて前を向く女性の心情に合わせ、弾んだ明るいトーンで、笑顔になりながら歌っているのが想像できるような歌い方で元気さをアピール。

     もちろん、本業の演技も、歌詞にのせて彼との別れを経験した女性が少しずつ自分と向き合い、前に進んでいく姿を演じており、こちらも歌唱同様に、塞ぎ込んだり、迷ったり、前向きな気持ちになったりと、松岡の繊細な演技が見どころとなっている。

     また、同動画内で松岡が着こなす、「ロペピクニック」の新作アイテムやコーディネートにも注目。

     同日には、撮影現場での様子を捉えたメイキング動画と、撮影の裏話や松岡さんのプライベートなどについて伺ったインタビュー動画も公開いたします。

     <WEB動画「どんなときも。 song by 松岡茉優」>

    [ropepicnicmovie]

    (出典 Youtube)


    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    ※その他の動画は引用元サイトにてご確認ください。
    http://www.edgeline-tokyo.com/entertainment/23311


    【〈松岡茉優〉槇原敬之『どんなときも。』をカバー! 持ち前の演技力と色気を歌に込める】の続きを読む

    このページのトップヘ