芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:女優 > 松岡茉優


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村or:#cccccc; width:90%">
    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,106 語) - 2019年10月10日 (木) 01:59



    (出典 antenna.eroimg.net)


    松岡茉優は計算高そうだから、土屋太鳳みたいの見るとイライラするんだろうな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    女優・松岡茉優が10月7日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演。土屋太鳳の天然エピソードを暴露している。

    番組MCのくりぃむしちゅーの上田晋也から「同期ぐらいの人にライバル心みたいなものはないの?」と聞かれた松岡は「土屋太鳳と同じオーディションで最後の二人まで残って、負けたことが4回あります」と告白。

    続けて、「私が負けた作品(の撮影)中に(土屋から)電話がかかってきて、『今ね、何々の仕事してるんだけど、誰々さんが茉優のことを褒めてたんだよ!じゃあね』って切られて」と土屋とのエピソードを明かしたうえで、「この子には妬み嫉みが備わってないんだなって。悪気がないんですよ。本当にあの子は見たまんまの“い・ろ・は・す”!って感じの子なので」と、土屋がいかに純粋な性格であるかを説明している。

    松岡の立場であれば、土屋のデリカシーに欠ける行動にイラっと来てしまうことも理解できる。そのため、視聴者からは土屋の人柄を批判する声が見受けられているが、それ以上に松岡に対する否定的な意見が目立っており、「松岡の『私、バラエティでもやれます感』が受け付けない」「確かに太鳳は配慮ができないね。でも、これを暴露する松岡も無理だな」「太鳳が嫌われてるの絶対分かってるよね…嫌味な人」「要するに性悪女同士の闘いってことね」など、今回のエピソード告白で好感度を大きく落としてしまったようだ。

    「松岡は9月21日放送の『おかべろ』(関西テレビ)では、某先輩女優から『この役どういう風にとらえてる?』『なんかもっとやってくれると思ってたから、ちょっと残念』と嫌味を浴びせられるも、その先輩女優のことは尊敬してなかったこともあり、『あなたに言われることはない』と反発したエピソードを明かしていました。こちらもテレビで明かすべきではないエピソードだと判断され、株を落としていました。土屋の好感度が低いことを知ったうえでの暴露だったのかはわかりませんが、より土屋が叩かれるようなネタを提供することは、“天然”ではない松岡が潰しにいっているようにも思えてしまいますから、その狡猾さに、今回は自分にブーメランが返ってくる展開となってしまいましたね」(エンタメ誌ライター)

    松岡は「おかべろ」出演の際、バラエティ番組出演が多いことから、「番宣女優と呼んでください」と笑顔で語っていたが、バラエティ番組でのサービス精神が旺盛すぎるのも問題アリかもしれない?

    http://dailynewsonline.jp/article/2037850/
    2019.10.13 10:14 アサジョ


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【純粋『土屋太鳳』にイライラ⁉ 『松岡茉優』に大ブーイングが発生】の続きを読む


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,003 語) - 2019年10月7日 (月) 13:54



    (出典 erodera.net)


    松岡茉優は性格的に一歩も引かなそうだな・ω・

    1 コピペ鑑定士分隊(アサン) ★

    松岡茉優VS有村架純 「佐藤健」争奪“肉弾戦”

    「蒼井優さんが(山里を)好きになるよりも先に私の方が好きだった」と、女優・松岡茉優(24)が9月25日放送の『おかべろ』(フジテレビ)で仰天発言をした。なんともエキセントリックな女優だ。

    そんなぶっ飛び松岡が、有村架純(26)との間に「巨チン争奪戦」を勃発させたという。本誌独走の深層スクープをお届けする!
    「松岡は9月15日、インスタグラムに、モテ男・佐藤健(30)とのツーショットをアップ。10月4日公開の主演映画『蜜蜂と遠雷』の試写会に佐藤が来たことを明かし“すっごい長い感想メール下さった”と親密ぶりを強調。“こんな顔綺麗な人”とイケメンぶりを絶賛したのです」(芸能記者)

    松岡は、11月公開の映画『ひとよ』で、主演の佐藤と兄妹役で共演し親密になったようだが、とにかく写真が恋人モードなのだ。

    「松岡は佐藤にしなだれかかるようにトロンとした目をし、佐藤は松岡の後頭部に腕を回し“抱擁”するかのように立ち、まるで彼氏と彼女なのです」(同)

    松岡は2013年、NHK朝ドラ『あまちゃん』で注目され、2018年6月公開のカンヌ映画祭最高賞受賞映画『万引き家族』では、「JK見学店」で働く女性という過激役もこなしブレークした。今回のラブラブ写真では、同じ『あまちゃん』出身のライバル・有村架純にケンカを売ったと見られている。

    「ともに『あまちゃん』で人気となった上、顔が似ていることで比較されてきたため、険悪な関係とされています。なのに、有村も佐藤を狙っている。8月公開のアニメ映画『ドラゴンクエストユア・ストーリー』で共演し、佐藤にゾッコン。7月の舞台挨拶で有村は、佐藤から助言を受けたことを強く感謝し“素直にうれしかった”と恋する女の顔で話したのです。そうした状況の中での松岡によるツーショット公開は、有村をけん制する宣言にほかなりません」(芸能プロ社員)

    松岡は昨年12月、ジャニーズの『Hey!Say!JUMP』有岡大貴との熱愛が報じられた。

    「有岡とはジャニーズの力で強制破局させられたため、次に松岡が狙うのが俳優界屈指の巨チンの佐藤なのです。しかし、有村も2013年、同じ『Hey!Say!JUMP』岡本圭人とのキスプリクラが流出し強制破局させられており、ここでもそっくりな境遇。互いに一歩も譲らぬ争奪バトルが勃発中なのです。焦った有村が肉弾戦を仕掛けた場合、もともと“脚本がよければ脱ぐ”と公言している松岡がヌード攻撃で迎撃する事態もありますよ」(芸能関係者)
    女性には手が早い佐藤だけに、どちらが先に巨チンをゲットするかの勝負になりつつあるようだ。

    https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_20350/


    (出典 img.eropasture.com)



    (出典 i0.wp.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ライバル】松岡茉優 vs 有村架純 「佐藤健」争奪“肉弾戦” 共にジャニーズとの交際歴ありの似た境遇の2人】の続きを読む


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,003 語) - 2019年10月3日 (木) 21:01



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    昔から性格には難のある子だったからな・ω・

    1 ボルジア ★

    女優の松岡茉優が自身のInstagramを更新し、映画完成披露イベントの前の貴重なショットを投稿した。

     松岡は出演している映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)のPRのため、期間限定でInstagramを開設中だが、「今日は完成披露の前に取材をして頂いてます」というコメントとともに、ストールに包まった自身の写真を投稿。16日に行われた完成披露イベントの前の写真と思われ、「お洋服はまだ内緒」と綴り、「#お昼食べるから」「#汚さないように」「#タオル巻く」とハッシュタグで伝えていた。

     これを受け、ネット上では「めっちゃ可愛い」と松岡を称賛する人がいる一方で、「あざとい」「なんか好きになれない」「松岡茉優みたいな我が強そうなタイプ苦手」などと、批判する人も多く見受けられた。松岡のInstagramに対しては、あまり良く思っていない人も多いようだ。

     「松岡さんは、この投稿の前に俳優の佐藤健さんとのツーショット写真を投稿していて、こちらにも『なんかイラッとする』『自然体ではないわざとらしさが目立つ』『妙にわざとらしいぶりっ子な表情をする人』などの批判が女性と思われる人から多く寄せられていました。佐藤さんと松岡さんは別の映画『ひとよ』(11月8日公開)で共演。その縁で親しいのだと思いますが、何枚か2人の距離が近い写真を掲載していて、そういった投稿も女性を刺激してしまったのでしょう。佐藤さんが壁ドンをする仕草をしているような写真もあったのですが、わざわざハッシュタグで、『#ところでこれって』『#壁ドンでしょうか』と綴っていました。そういったあたりも嫌われる原因でしょうね」(芸能記者)

     こういった松岡の“出過ぎる”部分は、以前からアンチを刺激している。

     「松岡さんはモーニング娘。のファンとしても知られていますが、バラエティ番組でモー娘。のことを振られると、止められない勢いで話します。視聴者が置いてきぼりになることもあり、その度にネットでは『自分が自分がの人』『気が強そう』といった声が挙がっていますよ。8歳から芸能界にいて、芸歴が長いのでその分、図々しくもあるのかもしれませんが、図々しさがテレビを通じて伝わるのか、アンチを増やしているようです」(前出・同)

     松岡はInstagramに手を出したことで、アンチを増やしてしまったようだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/29163044/


    (出典 blog-imgs-89.fc2.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【新あざと女】 女優 松岡茉優にアンチ急増中⁉】の続きを読む


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,003 語) - 2019年10月3日 (木) 15:47



    (出典 d17egyts7igch8.cloudfront.net)


    ちょっと歯を白くしすぎたの失敗じゃないか?

    清原みたい…

    1 鉄チーズ烏 ★

     直木賞と本屋大賞をダブル受賞した小説を映画化した「蜜蜂と遠雷」(監督石川慶、4日公開)の試写会が2日、都内で行われ、皇嗣秋篠宮妃紀子さまが観賞された。

     出演の松岡茉優(24)森崎ウィン(29)鈴鹿央士(19)石川監督が出迎え一緒に観賞。上映後、松岡は「ピアノコンクールの演奏シーンについて、会場にいるような臨場感でしたとおっしゃっていただき、音楽映画として胸を張れます」と感激の面持ち。事務所の先輩の多部未華子(30)が結婚を発表したが、「祝福の気持ちでいっぱい。素敵で優しく、穏やかな家庭を築かれることを祈っています」と祝った。


    2019年10月03日 05:30芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/03/kiji/20191002s00041000466000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【胸を張れ】松岡茉優 紀子さまからの高評価に感激!】の続きを読む


    松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、当時3歳の妹、松岡日菜がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹のつい
    62キロバイト (8,005 語) - 2019年9月13日 (金) 16:50



    (出典 tokushu.eiga-log.com)


    それもここまで売れて、のし上がれたから言えることだけどな。


    かわいい・ω・#

    1 muffin ★

    https://www.rbbtoday.com/article/2019/09/25/173360.html
    2019年9月25日

    松岡茉優が、24日放送の『おかべろ』(フジテレビ系)に出演。不遇の子役時代を振り返った。

    「若手女優の中では遅咲きだと思う」という松岡。あらゆるオーディションを受けては「500ぐらいは落ちてる」とも述べた。

    続いて彼女は、子役のときに衝撃を受けたエピソードを披露。約30人が集められたオーディション部屋で、監督が何人かの頭をポン、ポン、ポン、と軽く叩いたという。松岡自身は頭を触られなかったので不思議に思っていると、スタッフから「今、頭を触られた子以外はお帰りください」と言われたそう。

    さらには別のオーディションでは、「それこそゴミ子役が集まって部屋で待っていた」と自虐的に述懐。部屋には50人ぐらいがいたそうだが、いつまで経っても全く呼ばれないため母親と待っていると、部屋の向こうから「ワーッ!」と声が聞こえたそう。

    「何だろうと思ったら、当時爆裂に売れていらした美山加恋ちゃんが到着して、スタッフさんが来て『すみません、美山さんがいらしたんでオーディション大丈夫です、お疲れさまでした』」と、終了を告げたという。

    松岡によれば、美山の到着が間に合わなかった場合、50人の中から配役を選ばなければいけなかったようだが、結局美山が来たため全員帰らされることになったのだとか。ナインティナイン岡村隆史が「(美山さんは)VIP的な感じ?」と聞くと、松岡は「もうココと、ココですよね」と両手を縦に広げ、当時の待遇が雲泥の差であることを表現していた。


    (出典 www.rbbtoday.com)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【女優】松岡茉優、不遇の子役時代を回顧 美山加恋とは雲泥の差だった…「それこそゴミ子役が…」】の続きを読む

    このページのトップヘ