芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:ニュース > 領土問題


    北方領土(ほっぽうりょうど)、北方四島(ほっぽうよんとう) 北方地域 - 日本の各種の法令において使用される用語で、1959年の「内閣府設置法第四条第一項第十三号に規定する北方地域の範囲を定める政令」(昭和34年政令第33号)では、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島、その他日本国首相が指定する「北方の
    2キロバイト (190 語) - 2019年2月7日 (木) 12:00



    (出典 college.nikkei.co.jp)


    返したらロシアは自国民から反発食うだろうから、4島どころかあの小さい2島ですら返すとは思えない・ω・;

    1 豆次郎 ★ :2019/02/11(月) 07:54:47.76

    Twitterで指摘が上がっている。


    (出典 img.buzzfeed.com)

    左が今年の新聞に掲載されたもの、右が昨年のものだ。

    安倍晋三首相が国会で「わが国(日本)固有の領土」という表現を避けていることが注目される中での変化ともあり、ツイートは2月7日夕現在2800近くリツイートされている。


    (出典 img.buzzfeed.com)

    内閣府


    2月7日は「北方領土の日」。政府広報から、去年あった「わが国固有の領土」という文言が消えているという指摘がTwitterで話題になっている。
    そもそもこの「固有の領土」という表現は、政府の公式見解だ。内閣府のサイトには以下のように記されている。

    北方四島は、歴史的にみても、一度も外国の領土になったことがない我が国固有の領土であり、また、国際的諸取決めからみても、我が国に帰属すべき領土であることは疑う余地もありません。
    北方領土問題とは、先の大戦後、70年以上が経過した今も、なお、ロシアの不法占拠の下に置かれている我が国固有の領土である北方四島の返還を一日も早く実現するという、まさに国家の主権にかかわる重大な課題です。

    また、返還を求める「国際法上の根拠」にも同様の文章が記載されている。

    連合国は、第二次大戦の処理方針として領土不拡大の原則を度々宣言しており、ポツダム宣言にもこの原則は引き継がれている。この原則に照らすならば、我が国固有の領土である北方領土の放棄を求められる筋合いはなく、またそのような法的効果を持つ国際的取決めも存在しない。
    サン・フランシスコ平和条約で我が国は、千島列島に対する領土権を放棄しているが、我が国固有の領土である北方領土はこの千島列島には含まれていない。このことについては、樺太千島交換条約の用語例があるばかりでなく、米国政府も公式に明らかにしている(1956年9月7日付け対日覚書)。

    前者の「不法占拠」という言葉もともに、封印されている。

    ロシアは、北方領土が「第二次世界大戦でロシア領になった」という認識を示していることもあり、平和条約交渉が本格化しているなかで「言葉選び」に慎重になっている可能性がある。

    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/hoppo-ryodo


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【北方領土は・・・】政府広報から消えた『我が国固有の領土』の文言】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    プーチンさんはさすがだわ…あの人が本当に返すときは島自体に価値がないか、経済援助がその価値を上回ったときだけだろうな・ω・

    1 みつを ★ :2019/01/21(月) 07:14:25.02 ID:3fvTF8Tz9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3207267?act=all

    北方領土返還に反対、モスクワで数百人が抗議
    2019年1月21日 5:47 
    発信地:モスクワ/ロシア [ ロシア 日本 アジア・オセアニア ウクライナ ロシア・CIS ]

    【1月21日 AFP】日ロ首脳会談を2日後に控えたロシアの首都モスクワで20日、日本への北方領土返還に反対するデモ集会が開かれ、数百人が参加した。

     国粋主義の政治家数人の呼び掛けによるこの集会は、当局の許可を受けた上で、市中心部に近いスボロフスカヤ広場(Suvorovskaya Square)で開かれ、300~500人が参加して北方四島の引き渡し反対を訴えた。

     先週の日ロ外相会談に続き、安倍晋三(Shinzo Abe)首相は22日、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領と会談し、北方領土問題について話し合う予定だ。

     ロシア政府は、北方領土の主権は交渉材料ではなく、クリール諸島(Kuril Islands、北方領土と千島列島)は今後もロシアの領土となるとしているが、国内では多くの人が政府の公式見解を信用せず、水面下で別の交渉が行われていると疑っている。

     AFP記者によると、参加者の中には「クリール諸島はロシアの領土」「クリール諸島の引き渡しは国家への反逆」などと書かれたプラカードを掲げている人もいた。

     ロシア政府は2014年にウクライナからクリミア(Crimea)を併合して以来、国民の間で高まる愛国意識の波に乗っており、日本との間で領土問題をめぐる妥協案での合意形成を試みれば反発を招く可能性が高い。(c)AFP


    (出典 www3.nhk.or.jp)

    「北海道はロシアの島」と書かれた幕

    (出典 www.digitaljournal.com)


    (出典 www.digitaljournal.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【北海道はロシアの島!】ロシア民『北方領土ではなくクリール諸島だ!』返還に反対の抗議デモ】の続きを読む


    北方領土(ほっぽうりょうど)、北方四島(ほっぽうよんとう) 北方地域 - 日本の各種の法令において使用される用語で、歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島、その他日本国首相が指定する「北方の地域」を指す。なお、郵政民営化まで、国際郵便料金の分野(郵政省の官報告示など)で、「北方諸島」との用語が使用されていた。
    1キロバイト (104 語) - 2018年9月20日 (木) 08:39



    (出典 www.nikkei.com)


    本当に返してくれるの?プーチンさん・ω・

    1 記憶たどり。 ★

    https://www.asahi.com/articles/ASLCG74Z7LCGUTFK01M.html

    安倍晋三首相は14日、訪問先のシンガポールでロシアのプーチン大統領と会談し、
    1956年の日ソ共同宣言を基礎に平和条約交渉を加速させることで合意した。
    56年宣言は平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島、色丹(しこたん)島の2島を引き渡すと明記している。
    日本政府は従来、国後(くなしり)、択捉(えとろふ)の2島も含めた北方四島の一括返還を求めていたが、
    首相は今後の交渉で2島の先行返還を軸に進める方針に転換した。

    日本と旧ソ連が国交を回復した56年宣言は、平和条約締結後に歯舞、色丹の2島を引き渡すと明記。
    2001年のイルクーツク声明ではこの宣言を交渉の出発点とした上で、4島の帰属の問題を解決し、
    平和条約を締結することを確認した。

    今回の合意も56年宣言を基礎としたが、首相は「4島の帰属」については記者団に言及しなかった。
    安倍政権幹部も14日夜、「国後、択捉の2島にはあれだけ人が住んでいるんだから、ロシアが返還するわけはないだろう」
    と述べた。政権としては4島の返還を求める姿勢は堅持しつつも、歯舞、色丹2島を優先することを軸に進める方針に転換した形だ。

    首相は会談後、記者団に対し、「戦後70年以上残されてきた課題を次の世代に先送りすることなく、
    私とプーチン大統領の手で必ずや終止符を打つという強い意志を大統領と完全に共有した」と語った。

    首脳会談の終了後、ロシアのペスコフ大統領報道官は記者団に「プーチン大統領と安倍首相は、1956年の日ソ共同宣言を基礎に、
    平和条約問題の交渉を活性化することで合意した」と話した。

    首脳会談は通算23回目。プーチン氏が9月に前提条件なしで平和条約を締結しようと提案してから初めてで、約1時間半にわたった。
    日本側の説明によると、全体会合が約45分、その後、通訳を交えて約40分話した。首相は記者団に「通訳以外、私と大統領だけで
    平和条約締結問題について相当突っ込んだ議論を行った」と説明。年明けにも首相がロシアを訪問し、プーチン氏と会談を行うことでも一致した。

    会談冒頭、プーチン氏は今月30日~12月1日にアルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議でも
    首相と会談する考えも示した。


    (出典 www.jtuc-rengo.or.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【プーチンさん返して】安倍首相「北方領土 2島先行返還」軸に日露交渉へ】の続きを読む

    このページのトップヘ