芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:女優 > 吉岡里帆


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    80キロバイト (10,820 語) - 2020年1月20日 (月) 08:41



    (出典 blog-imgs-73.fc2.com)


    女性は化粧でいくらでも変わるからな。
    まぁどっちにしろカワイイし身体はエロくて最高です・ω・#

    1 砂漠のマスカレード ★


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    女優の吉岡里帆(27)のマネジャーが運営するインスタグラムに29日、着物姿の写真が披露され話題を呼んでいる。

    吉岡といえば今月4日に、2020年の干支である子年にちなみ、頬に髭を書いたネズミ姿の自身の写真を公開。
    とてもキュートな姿にファンからは「全銀河一かわいいネズミがおる」「うわ、ヤバかわ」などの絶賛の声が寄せられていたのだが、その一方で一部ネット上では
    「可愛いって言って欲しくて仕方がないんだろうなwww」などの冷たい声が上がってしまう結果となった。

    今回の投稿には「りほぽが出演した『恋する、夢二』がKBS京都さんにて明日放送されるそうです!夢二にもゆかりの深い京都、しかもりほぽの地元!うれしいです」
    などのマネージャーのコメントとともに、赤やピンク、紫色が配色された上品な着物に身を包んだ吉岡の写真を公開した。

    この投稿に対してインスタグラム上には「可愛すぎ!!」「んがー!かわいいい」「可愛すぎる!!!!!天使!!!!」などの絶賛コメントが寄せられているのだが、
    一方でネット上では「こんな顔だったっけ?」「加工無しなのかな?女芸人に見えた」などの驚きの声で騒然となっている。

    ネット上ではあまり反応が良くなかったようだが、ファンの間では着物姿の吉岡に魅了された人が多くいたようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2175317/
    2020.02.03 18:00 デイリーニュースオンライン


    (出典 imgc.eroyakuba.com)



    (出典 idol-gazoum.net)



    (出典 image-bankingf25.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【着物姿を披露した吉岡里帆さん…なぜか”顔が変わり過ぎて”騒然「こんな顔だったっけ?」】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    80キロバイト (10,820 語) - 2020年1月20日 (月) 08:41



    (出典 blog-imgs-99.fc2.com)


    もっと豊かな膨らみの部分まであらわにしていただきたかった・ω・#

    1 湛然 ★

    吉岡里帆、デコルテチラ見せ 美肌輝く
    2020.01.29 00:00
    https://mdpr.jp/news/detail/1949790

    吉岡里帆/「週刊少年マガジン」9号より(画像提供:講談社)

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)



    女優の吉岡里帆が、29日発売の「週刊少年マガジン」9号の表紙・巻頭グラビアを飾った。

    ◆吉岡里帆、美デコルテチラリ

    舞台『FORTUNE 』では、若く知的なヒロイン・マギー役を演じる吉岡。

    今号では、輝くデコルテがチラリと覗くショットなどを披露している。(modelpress編集部)

    撮影/HIROKAZU
    ヘアメイク/美舟
    スタイリスト/ちばひろみ
    デザイン/坂上和也(banjo)

    (おわり)


    『週刊少年マガジン』9号

    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【セクシー鎖骨】吉岡里帆、デコルテチラ見せ 美肌輝く 「週刊少年マガジン」表紙】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    78キロバイト (10,695 語) - 2019年12月12日 (木) 05:01



    (出典 i.ytimg.com)


    これで露出多めなら、もっと良かったのに・ω・#

    1 砂漠のマスカレード ★

    日清『どん兵衛』の公式サイトが、女優の吉岡里帆を?全力推し?している。吉岡が「どんぎつね」に扮した?どんぎつねファースト写真集『ぼくのそばにきみがいる』?を開設。

    この吉岡の魅力満載の写真集に、ファンからは、

    《マジ吉岡里帆かわい過ぎ! 今からどん兵衛買ってくるわ》
    《このサイトの担当者って間違いなく吉岡ファンだろ。間違いないわw》
    《このまま本当の写真集にして発売してほしい。絶対買うわ》
    《応募券付けて写真集をプレゼントしてくれないかなー。どん兵衛ダースで買うぞ》
    《どんぎつねの寝顔がマジやばい。惚れてまうやろー》

    など、歓喜の声にあふれた。

    アンチも黙らせる吉岡どんぎつね
    「吉岡の写真集サイトは、大みそかにどんぎつねに扮した吉岡が家にやってくるというストーリーで、吉岡の魅力満載の構成になっています。
    終盤、吉岡が『大みそかが終わったら、さよならしなきゃいけないんです。さよなら』とつぶやくと『え、なんで…え? 嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ(中略)嫌だ嫌だ嫌だ(以下続く)』と、悲しみの声が上がります。
    担当者の並々ならぬ?吉岡愛?を感じますね(笑)。
    『あざとい』と嫌われ女優の代表のようにいわれている吉岡ですが、どんぎつねだけは『確かにかわいい』とアンチを黙らせています。広告担当者も一番に推したかった部分でしょう」(広告代理店関係者)

    ネット上では、「ファースト写真集ということは、続きがあるかも」と、早くもセカンド写真集を期待する声が上がっている。
    また、オタク目線全開の構成に、「コミケでこのまま発売できる」という声も。

    「吉岡と星野源のどん兵衛のCMがスタートしたのは2017年。開始直後は、星野ファンの女性から『吉岡めちゃイラつく』と大ブーイングが起きましたが、
    星野の人気が一段落した現在は、あらためて吉岡の魅力に気付く人が増えています。
    実際、どん兵衛の売り上げも右肩上がりで、以前はライバルの『赤いきつね』の後塵を拝していましたが、最近は逆転しています。吉岡のCMもまだまだ続くでしょうね」(エンタメ誌記者)

    アンチを黙らせるほどの?どんぎつね?効果。たたかれ続けてきた吉岡も、ほっと一安心に違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2153007/
    2020.01.13 07:31 まいじつ


    (出典 www.donbei.jp)


    (出典 mikan-incomplete.com)


    (出典 www.m-on-music.jp)


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    (出典 smlycdn.akamaized.net)


    (出典 smlycdn.akamaized.net)


    (出典 i2.wp.com)



    (出典 fanblogs.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大絶賛】吉岡里帆“どんぎつね”ファースト写真集「かわい過ぎる」】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    78キロバイト (10,695 語) - 2019年12月12日 (木) 05:01



    (出典 img.eropasture.com)


    そんな風には全く見えないのにな…
    何故か嫌われてる娘・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    女優として売れに売れている吉岡里帆(26)にもテレビでは見せない素顔があった。ドラマスタッフが語る。

    「彼女は業界内の大御所に次々と気に入られ、『大物オヤジ殺し』の異名を持つほどなんですが、彼女自身による関係者のランク付けが態度で丸分かりだと話題になっています」

    どうにも、厳密なランク分けがなされているというが、

    「我々側からすれば彼女の反応によって『自分がどのランクに入っているか』がハッキリ見て取れる。あまりに露骨なので、最高の『Aランク』から末端の『Fランク』まで、スタッフ間で定義づけられているんです」(ドラマスタッフ)

    吉岡が最も好意的な態度を示すAランクに属するのは、人気映画監督や有名プロデューサーといった有力者だそうだ。

    「彼らの大しておもしろくない話に目をキラキラさせて聞き入り、ちょっとした冗談にも手を叩いて大笑い。隙あらば腕組みを仕掛けるなど、露骨な色仕掛けもいとわないサービス満点のふるまいを見せるんです。将来有望な若手スタッフや人気構成作家らが該当する『Bランク』でも、オススメの店を聞いて『今度連れていってください』というお決まりの鉄板パターンを仕掛けています」(ドラマスタッフ)

    完落ち必至の色仕掛けだが、先のドラマスタッフはボヤく。

    「でも、ADや照明といった我々『Fランク』は人間扱いされていない。集団の中で我々がしゃべっていても完全にうわのそら。目も合わせてくれず“幽霊扱い”なんです。もっとも『無視されていたADの実兄が有名な構成作家と知るや、急にLINEの連絡先を聞いてきた』ということもあり、昇格の可能性は与えられているのですが‥‥」

    そんな格付けのスタッフたちとの酒席では、吉岡のホンネが飛び出す。

    「打ち上げの場で酔いが回ったとたん、ぶっちゃけキャラに変貌します。『売れても思ったより儲からない』と言ったかと思えば『もっとアップのカットを使ってほしい』なんて、正直に思いを伝えてくるんです」(民放局関係者)

    人によって表情を変えられるのは、ある意味、女優のカガミかもしれない

    http://dailynewsonline.jp/article/2142792/
    2020.01.04 17:57 アサ芸プラス


    (出典 i.pinimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【格付け】吉岡里帆 態度で丸分かりの「スタッフランク付け」】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    78キロバイト (10,682 語) - 2019年11月23日 (土) 22:39



    (出典 geitopi.com)


    若干キャラが被り気味な気がしないでもない・ω・

    1 湛然 ★ :2019/12/09(月) 12:05:15.41

    2019.12.09
    のん×吉岡里帆がラジオで対談!「デビュー前から同年代であるのんのことが気になっていた」(吉岡里帆)
    Reiko_Tsuzura廿楽玲子
    https://www.m-on-music.jp/0000382083/


    (出典 www.m-on-music.jp)



    ■「怒りをポジティブなパワーに変えてる」(のん)

    女優の吉岡里帆がナビゲートするJ-WAVE(81.3FM)のプログラム『UR LIFESTYLE COLLEGE』(毎週日曜 18時~18時54分)。

    12月15日の放送には、ゲストに女優・創作あーちすとの、のんが登場する。

    自身のデビュー前から同年代であるのんのことが気になっていたという吉岡。 女優・映画監督・音楽活動と幅広く活躍するのんのパワーの源、 ライフスタイルに吉岡が迫る。

    「怒りをポジティブなパワーに変えてる」(のん)などの発言も!

    12月15日18時からの放送をお聴き逃しなく。



    番組情報

    J-WAVE(81.3FM)『UR LIFESTYLE COLLEGE』
    12/15(日)18:00~18:54
    ナビゲーター:吉岡里帆
    ゲスト:のん

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ラジオ】のん × 吉岡里帆の対談が実現!「デビュー前から同年代であるのんのことが気になっていた」(吉岡里帆)】の続きを読む

    このページのトップヘ