芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:フィギュア > 羽生結弦


    羽生 (はにゅう ゆづる、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 全日本空輸 (ANA) 所属。早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)在学中。 主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック
    230キロバイト (22,896 語) - 2018年11月18日 (日) 23:43



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    あんな靴はいて、硬い氷の上でジャンプしたり着地したりするんだから、足首痛めたってなんの不思議もないスポーツ・ω・;

    1 砂漠のマスカレード ★

    ◇フィギュアスケートGPシリーズ第5戦・ロシア杯最終日(2018年11月17日 モスクワ)

    羽生結弦(ANA)がアクシデントを乗り越えて、日本男子最多となるGP通算10勝目を挙げた。
    男子フリーで167・89点をマークし、合計278・42点で優勝。この日午前の公式練習で4回転ループで転倒して右足首を痛めたが、最後まで演じきってファイナル(12月6~8日、バンクーバー)進出も決めた。

    ―苦しみながらやりきった。

    「構成落としているんで、体力自体はもっていたけど、最後ふわふわしちゃいました」

    ―コンビネーションで痛みがでたか?

    「痛みというか、感覚のなさが出ちゃった」

    ―滑り終えた時は。

    「“頑張った”って思った。とりあえず3クワド入れたんで良かったかなと」

    ―痛み止めの薬は?

    「そうですね、はい」

    ―どんな感じだった?

    「ちょっと感覚はない」

    ―構成を変えようと思ったのは。

    「転倒した際に“いっちゃったな”とすぐに分かったので、確認作業をちょっとしてここで何をやろうか考えながら、
    あの時には組み立てていた。ただ、やったことがないものが多々あったので、難しかったなとは思う」

    ―痛みは?

    「まだ痛み止めの錠剤は効いているし、まだいいのかもしれないけど、明日もたぶん厳しいと思うし、ちょっとファイナルについては考えなきゃいけないかなと思う。
    本当に申し訳ないんですけど、自分でも悔しいなとすごく思うのは、去年のNHK杯以降、より弱かった右足首がさらにゆるくなってしまっている。
    ほんのちょっとの衝撃でも、すぐ捻挫になってしまうというのは、本当に悔しい。自分の中としては、それも羽生結弦だから、
    そういうこけかたをするようじゃまだまだ技術不足という悔しさがあるし、もろさも含めて強い演技を積み重ねて、強い演技をできるようにしないといけない」

    ―転んだ時は?

    「回転が足りなくてこけてしまったので。ちょっとでも回転が足りなくて横にパタっと折れちゃうと、靱帯だったり骨だったり。
    切れる靱帯もないくらいなので、すぐに骨が当たっちゃったり、無理したところの靱帯が切れたりすぐにするので。まあ、弱いというかもろいというか、それも羽生結弦です」


    http://news.livedoor.com/article/detail/15611470/
    2018年11月17日 22時15分 スポニチアネックス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    前スレ                       2018/11/17(土) 22:36
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542506941/


    【【フィギュア】羽生 診断は3週間安静「弱さも、もろさも含め、それも羽生結弦」】の続きを読む


    羽生 (はにゅう ゆづる、1994年(平成6年)12月7日 - )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。 全日本空輸 (ANA) 所属。早稲田大学人間科学部(通信教育課程 eスクール)在学中。 主要な戦績として、2014年ソチオリンピック・2018年平昌オリンピック
    220キロバイト (21,831 語) - 2018年10月18日 (木) 03:26



    (出典 portal.st-img.jp)


    羽生に宇野に高橋大輔…男子フィギュアの未来は明るい・ω・✱

    1 悪魔のいけにえ ★

    平昌五輪・フィギュアスケート覇者の羽生結弦(23)=ANA=の写真集「YUZURU II 羽生結弦写真集」、「羽生結弦 魂のプログラム」が19日発表の最新オリコン週間BOOKランキングで6位、10位に初登場した。

     ジャンル別「スポーツ関連」では1位、2位独占、「写真集」では1位、3位にランクインした。

     同一人物写真集の同時TOP10入りは、2011年4月11日付で「AKB48 友撮 THE BLUE ALBUM」と「~THE RED ALBUM」が獲得して以来7年6か月ぶりとなる。

     「YUZURU II 羽生結弦写真集」は、2014年のソチ五輪後から今年の平昌五輪までの4年間を迫力ある競技写真や貴重なオフショットで構成した公式写真集。また10万人以上のファンがつめかけた仙台での凱旋パレードや、練習の拠点としているカナダ、トロントでの練習風景、ポートレイトなど、競技以外の写真も充実している。

     一方の「羽生結弦 魂のプログラム」は、羽生がこれまでに披露してきたプログラムの数々を厳選写真と作品解説で綴るオフィシャル写真集。羽生からの直筆メッセージも付いている。(オリコン調べ 10月22日付:集計期間:10月8~14日)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000183-sph-spo


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【フィギュア】『羽生結弦』写真集2作同時トップ10入り アイドルを超えたアイドル】の続きを読む

    このページのトップヘ