芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: コメンテーター


    橋下 (はしもと とおる、1969年(昭和44年)6月29日 - )は、日本のタレント、弁護士(大阪弁護士会所属 登録番号25196)、元政治家。大阪維新の会法律顧問。豊中市在住。身長171cm。 大阪府知事(公選第17代)、大阪市長(第19代)、総務省顧問(鳩山由紀夫内閣)、大阪維新の会代表(初
    247キロバイト (36,947 語) - 2019年8月11日 (日) 11:48



    (出典 i.daily.jp)


    最初『1議席取ったくらいで…』って思ってたけど、じわじわNHKが追い詰められつつあるように見える・ω・

    1 アブナイおっさん ★

    元大阪府知事の橋下徹氏が11日放送のフジテレビ系「日曜報道THE PRIME」(日曜・前7時半)に生出演。
    参院選で1議席を獲得した「NHKから国民を守る党(N国)」について言及した。

    橋下氏は「最初に組織も何もなくて票を集めようと思ったらバァーンとメッセージ出さないといけないんですよ。
    大騒動を起こさないといけなくてね。NHKをぶっ壊すって、ボクも霞ヶ関をぶっ壊すとか大阪市役所をぶっ壊すとか言っていたんで。
    その後に有権者のみなさんが聞く耳を持ってくれた時に何を伝えるかです」と示した。

    その上で「もともと野党なんて何も実行できない存在なんですから、こうやって地上波にのって1議席ですよ、これだけ地上波にのってね。
    何かNHKに問題あるのかなって多くの国民がこうやって関心を持つこれだけで大成功です。
    あとはいかにまじめに政策を語っていくかっていうことです」と提言していた。

    https://hochi.news/articles/20190811-OHT1T50070.html


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【橋下徹氏、N国に「NHKに問題あるのかなって多くの国民が関心を持つこれだけで大成功」】の続きを読む


    韓国国内で工作員や自国シンパにさせたが韓国人に効果が無かった。そのことから、新たな対韓戦略として韓国に国民的な反日運動を起こして反日感情を反韓国政府運動に誘導して、日本との関係を悪化させることで国際社会における韓国を孤立させて吸収統一に導くことを命令されたと暴露している。 黒田勝弘記者は韓国反日
    39キロバイト (6,039 語) - 2019年8月2日 (金) 02:59



    (出典 jbpress.ismcdn.jp)


    ちょっと怖くて韓国なんか行けない・ω・;

    1 影のたけし軍団ρ ★

    テレビ朝日の玉川徹氏が8日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。悪化している日韓関係について言及した。

    玉川氏は「政府は支持率も含めて思惑を持って動きますよ。だけど、国民同士ってことで考えると、国民もいろいろあるんですけどね、
    僕も韓国の人たちは日本のことが嫌いなんだろうなって思ってました。

    だから本当にそうなのかと思って実際に取材に行ったんですよ。そうしたら全然そんなことなかったんです」と指摘。
    その上で「どうしても歴史問題があってトゲのようなものは引っかかっているけれども、
    日本のことが好きな人ばっかりですよ、というふうな話を聞くし、実際にいろんな話を聞いてもそうでした」と自らの取材を基にした私見を述べた。

    そして「国と国ってことになるとこういう感じになっちゃうんだけど、人と人だったらそんなことないわけですよ。
    例えば、僕が韓国に行っていろいろ取材した時にもそういうふうに感じるっていうふうなことを考えると、逆もまた同じことなんだろうなって。

    だから実際に韓国に行って韓国の人と直接話をしたりすれば全く印象変わりますよ。
    だけど、日本の中でもそれこそ反日だ、韓国反日だとか言ってる人は韓国に行ったことあるんだろうかと。
    韓国の人と直接に触れあったことがあるんだろうかと僕は思いますね」と話した。

    羽鳥慎一アナウンサー(48)も「そうですね。不買運動しましょうという旗を、
    いやいやそれを降ろした方がいいよって言ったのが韓国市民なわけですから」と同調した。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/08/kiji/20190808s00041000152000c.html


    (出典 img.recordchina.co.jp)



    (出典 netacheck.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【モーニングショー】 玉川徹氏 「韓国が反日だとか言ってる人は韓国に行ったことあるんだろうか」 】の続きを読む


    株式会社京都アニメーション(きょうとアニメーション、英: Kyoto Animation Co., Ltd.)は、日本のアニメ制作会社。略称は京アニ(きょうアニ)。主にテレビや劇場用アニメーション作品の企画・制作(元請け)、他社作品の制作協力を行っている他、出版事業やマーチャンダイジング事業なども
    52キロバイト (5,371 語) - 2019年7月26日 (金) 14:23



    (出典 chamer1960.com)


    被害者側からしたら、ホントそれしかない。犯人に怒りしかないのが普通の感覚・ω・

    1 muffin ★

    https://hochi.news/articles/20190727-OHT1T50057.html
    2019年7月27日 8時37分スポーツ報知

    元大阪府知事の橋下徹氏が27日放送の日本テレビ系報道番組「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)に生出演した。

    番組では、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火事件を特集した。青葉真司容疑者(41)全身にやけどを負って救急搬送され、意識不明となっている。今回の事件について橋下氏は「正直言ってどうすべきがわからないですし、責任能力の問題もあるし、裁判にもなっていないので確定したことはこの容疑者には言えないですけど」とした上で「一般論として、悩んでいる人をしっかり支える社会システムを必要なのは当たり前のことです。誰もが言いますけど、でも本当にやむを得ず自暴自棄になってどうしようもないっていった時には、僕は一人で死んでほしいですよ」とコメントした。

    さらに「一人で死ねっていうことが批判的に言われましたけど、社会で支えるいろんなシステムを作るのは当たり前なんですけど、最後にどうしてもっていうときには、自分の命は人に迷惑かけずに自分で絶てっていうことは、教育でやったからってこの犯人が止まるとは思いませんよ。でも、社会でこういうことは言い続けるべきだと思います」と訴えた。

    この意見にスタジオでコメンテーターとして出演した三輪記子弁護士は「一人で死ねっていう先生の発言にはまったく賛同はできなくて、今回の被疑者がそういう風に思っていたのか、まだわからないですし」と反論した。これに橋下氏は「一般論としてっていう意味で言っているんでね。まだこの容疑者に対して裁判も確定していないけども、じゃぁ一人で死ななければどうするんですか?他人を犠牲にしていいんですか?」と問いかけた。

    三輪氏は「他人を犠牲にしていいとは一言も言ってないですけど」と返したが「じゃぁ他人を犠牲にするなっていうことは一人で死ねっていうことじゃないですか?そこをごまかしちゃダメですよ。社会はそういう規範意識を醸成して、自分の命を絶つときは絶対に人に迷惑をかけるなっていうことを社会がそういう風にしていかないと、きれいごとばかり言ってもダメですよ」と橋下氏は持論を展開していた。


    (出典 i.ytimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【京アニ放火】橋下徹氏、青葉容疑者へ「一人で死んで欲しい。他人を犠牲にしていいのか?」】の続きを読む


    三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura 、1980年10月3日 - )は、日本の国際政治学者。株式会社山猫総合研究所代表。 神奈川県茅ヶ崎市出身。父親は心理学者の濱村良久。幼少期に神奈川県平塚市に移住。平塚市立金旭中学校卒業。1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒
    46キロバイト (6,793 語) - 2019年6月12日 (水) 18:02



    (出典 unicorntomo.com)


    そんなことあったら一生トラウマだろうに・ω・;

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/13(木) 06:37:09.51 ID:UY4oB1Qj9.net

    ◆ 14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが「魂の殺人」だと、今の私は思わない

    国際政治学者の三浦瑠麗さんが、過去に受けた性暴力や長女の死産の経験を綴った自伝を出版した。孤独だったこと、傷ついたこと、それが自分の人生にどんな意味を持ってきたのかということ。【BuzzFeed Japan /小林明子】
    こんなに種類があるなんて…。実際に起きた痴漢や迷惑行為を見てほしい。

    女性は、女性に生まれたというだけで、さまざまな偏見や不遇にさらされることがある。さまざまな幸せな体験もある。
    国際政治学者の三浦瑠麗さんが、近著『孤独の意味も、女であることの味わいも』で、長女を死産したことや、学校で孤立していたことなどを綴った。初めての自伝だ。
    そのうちの1章、「初めての経験」で、14歳のときに受けた集団性的暴行の被害について書いている。

    ■ 性的被害について書いた本ではない

    私のもとには、ミソジニー(女性嫌悪)からくるバッシングが日々、数えきれないほど届きます。そういう「目立って叩かれやすい三浦瑠麗が、どうやって嫌がらせや生きづらさを克服してきたのかを書いてほしい」というのが編集者からのオーダーでした。
    誰にでも通用する解決策やハウツーなんて存在しないから、そのオーダーに正面から深く応えるには、自伝という形を取るしかありませんでした。半年ほどその依頼を放置していた後、そのことに気がつきました。

    10日間、昼間は机に向かい、寝て起き出してはまた書いてを繰り返し、頭の中にあった幼少期の記憶を思い出して、一つずつのシーンとして書きとめていきました。
    孤独だったときの記憶。女であることの意味に気づいたり、気づかなかったりしたときの記憶。“そのとき“の自分の思いをしっかり捕まえながら、書いていく作業でした。

    だからこの本は、性的被害をテーマにした本ではないんです。書く作業の中で出てきた体験の一つに過ぎません。ただ、自分の人生の中で、どのような体験として位置付けてきたのかを、どうやったら読者の方々に伝えられるかについては、よく考えました。
    多くの人がそういうことを実は経験しているのではないか。表に出るのは氷山の一角だったり、特定の傾向のある事件だったりするだけで。

    自分の体が侵害されたり、精神的に無視されたりしたことを、その後の人生でどのように扱っていくのか、ひとりで苦しんでいる人がいるのではないか。
    そのことで深く悩み、自分を見つめ続けてきた人間が、四半世紀たってどのように振り返るにいたったか。それを伝えることに、意味があるのではないかと考えました。

    当時の私は何をわかってなかったのか。周りの人間はどう反応したのか。どういう悩みかたをしたか。
    その一方で、その体験によっていまの私という存在が定義されていないのはなぜなのか。

    そうした被害によって私の人生の行く末が決まってしまうという人びとの見方にどう抗ってきたか。
    そんなことを書いたつもりです。

    ■ 被害を乗り越えようとするときに

    私は、事件の後、恐怖を感じていました。田舎の一本道をひとりで学校に行かざるを得ませんでした。授業中に気分が悪くなると保健室に行きました。
    男性を遠ざけたくなったこともありました。自分が女性であるということを憎んだこともあります。

    けれども、そうした事件に巻き込まれる前から、女であることの生きづらさや孤独は、私自身を少しずつ蝕んでいました。
    女であることの生きづらさから逃れようとして、自ら殻を作って相手を信用しないとか、擬態を身にまとって相手に好かれようとするとか、若かったうちはいろいろな方法で自分を守ろうとしたものです。

    そうした行動は生存本能からくるものですが、同時に社会との関わりで私が他人の反応から影響を受けてしまったからでもあるのでしょう。
    私は、自我を育む重要な思春期にこのような事件に巻き込まれました。被害を受けた自分が、単なる生存本能に頼るだけでない、自我を確立するうえで、社会の空気や周囲の反応は、まるで手助けになりませんでした。
    性的被害に対する社会的な見方は、被害を乗り越えようとする過程で大きく影響してしまうのだということを実感しました。

    ※続きは下記のソースでご覧ください

    BuzzFeed Japan 2019/6/11(火) 18:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010003-bfj-soci&p=1

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ■前スレ(1が立った日時:2019/06/12(水) 06:53:53.51)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560318980/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【告白】三浦瑠麗さんが自伝を出版…14歳の時、集団レイプ被害に遭っていた】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    129キロバイト (14,210 語) - 2019年5月3日 (金) 16:05



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ここんとこまた活躍してるね・ω・

    1 ひかり ★

    中川翔子@shoko55mmts
    今日はめっちゃくちゃに、
    びっくりなほど、理不尽なショックなことが!
    まさか、運使ってしまったからとかそんなのないよね?!

    はあ。。びっくりだよ
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125756748986368000

    中川翔子@shoko55mmts
    映画館って、席がうっすら揺れるときあります?
    わたしの席、揺れるときあったんだけど、地震かな?または近くの劇場で4d的な?って思ったんですけど
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125757560772907009

    中川翔子@shoko55mmts
    普通に座って映画を観ていたら、うっすら揺れることがあって、地震かな?または近くの劇場で4d的ななにかかな?て思ってたら上映中に前の席の人が振り向いて、足やめろ!揺れてんだよ!て、
    いきなり私ににジュースをかけた。え?て、あまりのことに呆然。まだ上映中だし足を前にぶつけたり一切してない
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125760261346906112

    中川翔子@shoko55mmts
    あまりにもびっくりしたけど、上映中だし黙ってそのまま映画みてましたがショックで内容が頭に入らなかった。。
    終わったらその人たちはサッとすぐに出ていったけど、
    全く意味不明すぎる出来事

    こんなおかしな事が、ないように。席が揺れることがあるとしたら、注意書きしておいてほしいです😢
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125760951251230721

    中川翔子@shoko55mmts
    かなしい。
    ちゃんとお金を払ってマナーを守って映画を観に行ってる人が、
    満足できる平和な世界になりますように。
    内容が頭に入ってこなかったから、違う映画館でもう一回みたいと思います。
    ジュースで足と服がベタベタしてる、泣けてきたわ、、、なんという
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125761461341450241

    中川翔子@shoko55mmts
    悪いことがあったぶんきっとなにかいいことが起きるんだろうと無理矢理思うことにします

    人にはジュースをかけてはいけません😢
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125762620781260800

    中川翔子@shoko55mmts
    すごい怖い。
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125766064053211138

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557240926/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【恐怖と怒り】中川翔子さん映画館で突然ジュースをぶっかけられる…】の続きを読む

    このページのトップヘ