芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: コメンテーター


    三浦 瑠麗(みうら るり、英語:Lully Miura 、1980年10月3日 - )は、日本の国際政治学者。株式会社山猫総合研究所代表。 神奈川県茅ヶ崎市出身。父親は心理学者の濱村良久。幼少期に神奈川県平塚市に移住。平塚市立金旭中学校卒業。1999年(平成11年)3月に神奈川県立湘南高等学校を卒
    46キロバイト (6,793 語) - 2019年6月12日 (水) 18:02



    (出典 unicorntomo.com)


    そんなことあったら一生トラウマだろうに・ω・;

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/13(木) 06:37:09.51 ID:UY4oB1Qj9.net

    ◆ 14歳の帰り道、車でさらわれた。あれが「魂の殺人」だと、今の私は思わない

    国際政治学者の三浦瑠麗さんが、過去に受けた性暴力や長女の死産の経験を綴った自伝を出版した。孤独だったこと、傷ついたこと、それが自分の人生にどんな意味を持ってきたのかということ。【BuzzFeed Japan /小林明子】
    こんなに種類があるなんて…。実際に起きた痴漢や迷惑行為を見てほしい。

    女性は、女性に生まれたというだけで、さまざまな偏見や不遇にさらされることがある。さまざまな幸せな体験もある。
    国際政治学者の三浦瑠麗さんが、近著『孤独の意味も、女であることの味わいも』で、長女を死産したことや、学校で孤立していたことなどを綴った。初めての自伝だ。
    そのうちの1章、「初めての経験」で、14歳のときに受けた集団性的暴行の被害について書いている。

    ■ 性的被害について書いた本ではない

    私のもとには、ミソジニー(女性嫌悪)からくるバッシングが日々、数えきれないほど届きます。そういう「目立って叩かれやすい三浦瑠麗が、どうやって嫌がらせや生きづらさを克服してきたのかを書いてほしい」というのが編集者からのオーダーでした。
    誰にでも通用する解決策やハウツーなんて存在しないから、そのオーダーに正面から深く応えるには、自伝という形を取るしかありませんでした。半年ほどその依頼を放置していた後、そのことに気がつきました。

    10日間、昼間は机に向かい、寝て起き出してはまた書いてを繰り返し、頭の中にあった幼少期の記憶を思い出して、一つずつのシーンとして書きとめていきました。
    孤独だったときの記憶。女であることの意味に気づいたり、気づかなかったりしたときの記憶。“そのとき“の自分の思いをしっかり捕まえながら、書いていく作業でした。

    だからこの本は、性的被害をテーマにした本ではないんです。書く作業の中で出てきた体験の一つに過ぎません。ただ、自分の人生の中で、どのような体験として位置付けてきたのかを、どうやったら読者の方々に伝えられるかについては、よく考えました。
    多くの人がそういうことを実は経験しているのではないか。表に出るのは氷山の一角だったり、特定の傾向のある事件だったりするだけで。

    自分の体が侵害されたり、精神的に無視されたりしたことを、その後の人生でどのように扱っていくのか、ひとりで苦しんでいる人がいるのではないか。
    そのことで深く悩み、自分を見つめ続けてきた人間が、四半世紀たってどのように振り返るにいたったか。それを伝えることに、意味があるのではないかと考えました。

    当時の私は何をわかってなかったのか。周りの人間はどう反応したのか。どういう悩みかたをしたか。
    その一方で、その体験によっていまの私という存在が定義されていないのはなぜなのか。

    そうした被害によって私の人生の行く末が決まってしまうという人びとの見方にどう抗ってきたか。
    そんなことを書いたつもりです。

    ■ 被害を乗り越えようとするときに

    私は、事件の後、恐怖を感じていました。田舎の一本道をひとりで学校に行かざるを得ませんでした。授業中に気分が悪くなると保健室に行きました。
    男性を遠ざけたくなったこともありました。自分が女性であるということを憎んだこともあります。

    けれども、そうした事件に巻き込まれる前から、女であることの生きづらさや孤独は、私自身を少しずつ蝕んでいました。
    女であることの生きづらさから逃れようとして、自ら殻を作って相手を信用しないとか、擬態を身にまとって相手に好かれようとするとか、若かったうちはいろいろな方法で自分を守ろうとしたものです。

    そうした行動は生存本能からくるものですが、同時に社会との関わりで私が他人の反応から影響を受けてしまったからでもあるのでしょう。
    私は、自我を育む重要な思春期にこのような事件に巻き込まれました。被害を受けた自分が、単なる生存本能に頼るだけでない、自我を確立するうえで、社会の空気や周囲の反応は、まるで手助けになりませんでした。
    性的被害に対する社会的な見方は、被害を乗り越えようとする過程で大きく影響してしまうのだということを実感しました。

    ※続きは下記のソースでご覧ください

    BuzzFeed Japan 2019/6/11(火) 18:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010003-bfj-soci&p=1

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ■前スレ(1が立った日時:2019/06/12(水) 06:53:53.51)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560318980/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【告白】三浦瑠麗さんが自伝を出版…14歳の時、集団レイプ被害に遭っていた】の続きを読む


    中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本の女性バラエティアイドル、マルチタレント。ワタナベエンターテインメント所属。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し、2006年に歌手デビュー。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。
    129キロバイト (14,210 語) - 2019年5月3日 (金) 16:05



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ここんとこまた活躍してるね・ω・

    1 ひかり ★

    中川翔子@shoko55mmts
    今日はめっちゃくちゃに、
    びっくりなほど、理不尽なショックなことが!
    まさか、運使ってしまったからとかそんなのないよね?!

    はあ。。びっくりだよ
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125756748986368000

    中川翔子@shoko55mmts
    映画館って、席がうっすら揺れるときあります?
    わたしの席、揺れるときあったんだけど、地震かな?または近くの劇場で4d的な?って思ったんですけど
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125757560772907009

    中川翔子@shoko55mmts
    普通に座って映画を観ていたら、うっすら揺れることがあって、地震かな?または近くの劇場で4d的ななにかかな?て思ってたら上映中に前の席の人が振り向いて、足やめろ!揺れてんだよ!て、
    いきなり私ににジュースをかけた。え?て、あまりのことに呆然。まだ上映中だし足を前にぶつけたり一切してない
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125760261346906112

    中川翔子@shoko55mmts
    あまりにもびっくりしたけど、上映中だし黙ってそのまま映画みてましたがショックで内容が頭に入らなかった。。
    終わったらその人たちはサッとすぐに出ていったけど、
    全く意味不明すぎる出来事

    こんなおかしな事が、ないように。席が揺れることがあるとしたら、注意書きしておいてほしいです😢
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125760951251230721

    中川翔子@shoko55mmts
    かなしい。
    ちゃんとお金を払ってマナーを守って映画を観に行ってる人が、
    満足できる平和な世界になりますように。
    内容が頭に入ってこなかったから、違う映画館でもう一回みたいと思います。
    ジュースで足と服がベタベタしてる、泣けてきたわ、、、なんという
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125761461341450241

    中川翔子@shoko55mmts
    悪いことがあったぶんきっとなにかいいことが起きるんだろうと無理矢理思うことにします

    人にはジュースをかけてはいけません😢
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125762620781260800

    中川翔子@shoko55mmts
    すごい怖い。
    https://twitter.com/shoko55mmts/status/1125766064053211138

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557240926/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【恐怖と怒り】中川翔子さん映画館で突然ジュースをぶっかけられる…】の続きを読む


    浄土真宗の僧侶・高須院長「キリストを七福神に入れたら?」 NEWSポストセブン 2013.12.07 07:00 ^ a b 緊急!!来春1月22日(日)高須クリニック・高須克弥院長が、僧侶「釈克念」の名で出家。大パーティーを六本木で開催! ^ 剃髪|高須克弥オフィシャルブログ「YES高須クリニック!
    91キロバイト (13,345 語) - 2019年4月6日 (土) 16:14



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    え…ちょっと信じられない・ω・;

    1 破壊神ビルス ★ :2019/04/10(水) 18:41:42.17 ID:S/85B2EZ9.net

    ◆ 「全身がん」公表の高須院長が「入院なう」報告…心配の声集まる

    「全身がん」を公表した高須クリニックの高須克弥院長(74)が10日、自身のツイッターを更新し、入院したことを報告した。

    この日、朝に「見える癌は全て取り除き免疫力を高めて癌を退治中。
    癌細胞の増殖を抑え弱らせる分子標的薬と癌細胞を直接攻撃するナチュラルキラー細胞の大量攻撃で癌細胞制圧しつつある」と闘病の経過を報告していた高須院長。

    「昨日癌友の会の麻雀、空前の大勝利だった」としたが「熱が出てきて勝ち逃げした」と発熱を明かし、「今朝から咳が止まらん。昼からの癌友の会の麻雀中止」とこの日も体調が悪いことを示唆していた。
    さらに、この日昼過ぎに「入院なう」とつぶやき、病床での写真を投稿。

    チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が胸の痛みで検査を受けたことを報じたネット記事を貼り付けた上で「ダライ・ラマ法王と同じ」とつぶやいた。
    高須院長は昨年9月に「全身がん」であることを公表している。

    フォロワーからは「先生大丈夫ですか?」「お大事になさってください」「一日も早く元気になってください」「病気に必ずや打ち勝ってください」など心配する声やエールが集まっている。

    スポーツ報知 2019/4/10(水) 13:09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000106-sph-ent


    (出典 android.ascii.jp)


    【【緊急入院】高須院長「全身がん」公表…心配の声集まる】の続きを読む


    カンニング竹山〜拝啓テレビ局様チャンネル - 公式YouTubeチャンネル サンミュージックプロダクション公式YouTubeチャンネル(カンニング竹山の「タケちゃんねる」を始め複数動画が投稿されている) カンニング竹山単独ライブ放送禁止2011期間限定ブログ カンニング 竹山隆範 現代日本への警鐘 カンニング竹山 - NHK人物録
    43キロバイト (5,241 語) - 2019年2月16日 (土) 16:19



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    一番近くで見てきた人だから…そのへんは本当に詳しいんでしょう…

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/13(水) 18:43:54.52

     お笑いタレントのカンニング竹山(47)が13日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に出演。白血病を公表した競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)に言及した。

     竹山は相方の中島忠幸さんを白血病により35歳で亡くしている。

     世間では難病のイメージが強いが、闘病生活を見届けた竹山は「現実はドラマとは全然違う」と指摘。「治るんですよね。ヤバイって感じするけど、治った人もいっぱいいる。子供で闘っている人もいっぱいいる」と訴えた。

     中島さんの場合、当初は「風邪だろうと思った」という。睡眠不足が続き、多忙を極めていた時期だった。それでも、我慢を重ねていると「ある日、ロケバスから立てなくなって」。異変は突然やってきた。

     竹山にとってはまさに悪夢だった。相方の無念を背負い、生きてきた。「ボクの人生において『白血病』という3文字は憎らしくしてしょうがない」と振り返った。
     
     年間の発症数は1万4000人。患者一人ひとりが日々闘っている。「なかなか厳しい治療になると思う。ボクも相方の時、ずっと横で見てましたから」

     周囲にできることは限られている。竹山は「何をすればいいかと言ったら『絶対治る』と信じるしかない。それだけ考えることが応援につながる」と力を込めた。

    2019年02月13日 15時38分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1279270/


    【【白血病への偏見】カンニング竹山が語る『現実とドラマは全く違う』】の続きを読む


    古市 寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、日本の作家、社会学者(学位は修士)。東京都出身。 埼玉県立越谷北高等学校卒業 2003年、慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。 2005年、ノルウェーのオスロ大学に交換留学(- 2006年)。
    15キロバイト (1,846 語) - 2019年1月16日 (水) 22:21



    (出典 www.cinra.net)


    ひょうひょうとしてるかと思いきや意外と悔しがっていた事に驚き・ω・

    1 ひろし ★ :2019/01/16(水) 22:12:25.59

    1/16(水) 22:09配信

    第160回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞には上田岳弘氏の「ニムロッド」と町屋良平氏の「1R1分34秒」の作品が選ばれた。

    平成最後の芥川賞の候補作になり、話題を呼んだ古市憲寿氏の「平成くん、さようなら」は安楽死が法制化されている社会を舞台に、平成最後の年を迎える男女を描く。

    選考委員の奥泉光氏は「どこまで批評性を持ち得るかだったが、『ほとんど批評性がない』という意見が大勢だった。時代の先端をいくアイテムが出てくる割には小説としては古い」と論評した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00449140-nksports-soci


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【芥川賞候補】古市憲寿氏作品は「小説としては古い」と選考委論評】の続きを読む

    このページのトップヘ