芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 漫画


    尾田 栄一郎(おだ えいいちろう、本名同じ、1975年1月1日 - )は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。九州東海大学中退。血液型はA型。妻は元モデルの稲葉ちあき。愛称は尾田っち。 1997年より、『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』を連載中。同作の国内累計発行部数は2017年10月の時点で
    43キロバイト (5,963 語) - 2019年1月10日 (木) 08:45



    (出典 tmbi-joho.com)


    ヒ~ハ~・◇・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/10(木) 21:07:58.83

    9日に放送されたフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演したブラックマヨネーズ・小杉竜一が過去に噂されたことを明かした。

    番組では、大人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏のアトリエと自宅に明石家さんまら出演者が訪問し、様々なトークを展開した。

    その中で、尾田氏が「小杉さんと話したいことが…ありません?」
    「ずっと言いたかった。本当に」と切り出すと、気付いた小杉は「ヒーハー!」と自身のギャグを披露し、『ONE PEICE』の中にも「ヒーハー」が口癖のキャラクターがいるという話題になった。

    そのキャラクター・イワンコフの登場と小杉が「ヒーハー」と言い出したのがほぼ同時期だとして、尾田氏は「普段テレビを見ないから、向こう(小杉)がもしかして先にやってたのかな?と思ったんですよ」
    「『ヒーハー』っていうセリフを書いて、数週間後にテレビで観てしまった」として「でも多分収録だから、ずっと前に録ってるはずだから知ってるはずないし、絶対向こうがマネしたわけでもないし、こっちも絶対マネしてないし」と振り返った。

    これに小杉は「同時期です」と答え、「いろんな人に『勝手にイワンコフのヒーハー言わんといてください』っていうのを言われました」と話し、「変な時期に言い出してすんません」と頭を下げた。

    さらに「尾田先生に同時期に言って不思議な感じですねって言ってもらったことが本当助かります」と言うと、尾田氏も「僕もパクったと思われてるんで」
    「それくらい同時期だったんです」と逆に小杉のギャグをマネしたと思っている人もいると明かし、小杉は「本当に今、歴史的和解というか」と笑いを誘った。

    漫画『ONE PIECE』は1997年の連載開始から、瞬く間に人気を博し、国内外含めての累計発行部数は、4億4000万部に到達し、ギネス記録にも認定されている世界中で人気の大ヒット漫画。
    アニメがフジテレビで放送されるようになって今年で20周年を迎えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15855598/
    2019年1月10日 20時10分 E-TALENTBANK


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ONE PIECE】作者 尾田栄一郎はブラマヨ小杉から本等に“アレ”をパクったのか? 問い詰めた結果…】の続きを読む


    尾田 栄一郎(おだ えいいちろう、本名同じ、1975年1月1日 - )は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。九州東海大学中退。血液型はA型。妻は元モデルの稲葉ちあき。愛称は尾田っち。 1997年より、『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』を連載中。同作の国内累計発行部数は2017年10月の時点で
    43キロバイト (5,963 語) - 2019年1月10日 (木) 08:45



    (出典 dokodemoj.net)


    どっちもファンも多いけど、アンチも多いよな・ω・

    1 muffin ★ :2019/01/10(木) 11:31:37.02

    https://mdpr.jp/news/detail/1815009
    2019.01.10 09:40

    俳優の木村拓哉が、9日放送のフジテレビ系バラエティー番組「ホンマでっか!?TVSP」(よる9時~)に出演。「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎氏との交流を明かした

    この日の放送では、明石家さんま、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズらが、テレビ初公開となる尾田氏の自宅を訪問。パーティールームでおもてなしを受けることとなった一行が、尾田氏が用意した特別な肉を焼いているというベランダに向かうと、そこには肉を焼いている木村の姿があった。

    「何してんねん!ほんまに引っかかったわ」と驚くさんまに、木村は「尾田っちの家でさんまさんに肉を出したいって連絡がきたので、じゃあ俺焼くわって…」と尾田氏と直接連絡をとり、今回のサプライズが実現したことを明かした。

    実は木村は、さんまにもかなり昔に「ONE PIECE」を勧めたという、「ONE PIECE」ファン。尾田氏とは、2011年に雑誌「メンズノンノ」の表紙を木村とルフィの2ショットが飾り、尾田氏の自宅で対談したことがきっかけで知り合ったのだという。

    そして、木村と尾田氏の交流について語られる中、尾田氏は「(木村に)感謝してる経緯があって…」と話を切り出し、「漫画の世界で人気になるっていうことがまず一段階あって、木村さんが、この世に出るきっかけを作ってくれた。あの木村拓哉が『ONE PIECE』読んでるっていうことで、当時、今までに読者としていなかった層が読んでくれた」と「ONE PIECE」が世の中で人気になるきっかけが木村だったことに「本当にありがたい」と感謝した。(modelpress編集部)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【尾田栄一郎】「ONE PIECE」人気のキッカケを作ってくれたのは木村拓哉】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    この寒さで肌露出とかはキツイな・ω・

    1 シャチ ★

     日本最大の同人誌即売会で、平成最後の「コミックマーケット(コミケ)」となるコミケ95が29日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。気象庁が発表した同日の東京都内の最低気温は-0.5度(午前6時)という寒さだったが、早朝から多くの人が列を作っていた。

     コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。2017年冬(コミケ93)は3日間で約55万人、18年夏(コミケ94)は約53万人を集めた。2020年の東京五輪を前に大規模イベントの警備強化を図る警察の要請を受け、2015年冬のコミケ89から7回連続で手荷物検査を実施する。

     一般の参加サークルは、「角」「壁」「シャッター前」などと呼ばれる場所に配置される。列整理のしやすいシャッター前は、プロとしても活躍するマンガ家やイラストレーターらが出展することもある。人気のサークルになると、開幕と当時に長い列ができ、昼前には売り切れるという。

     企業ブースは、アニプレックスや小学館などのエンタメ系企業に加え、カネボウのメークアップブランド「KATE(ケイト)」、名古屋港水族館などのエンタメ系以外の企業も出展する。31日まで。 

    ソース まんたんウェブ
    https://mantan-web.jp/article/20181229dog00m200004000c.html
    画像

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【平成最後】コミケ開幕! 氷点下の寒さでも長蛇の列! 東京ビックサイト】の続きを読む


    尾田 栄一郎(おだ えいいちろう、本名同じ、1975年1月1日 - )は、日本の漫画家。熊本県熊本市出身。九州東海大学中退。血液型はA型。妻は元モデルの稲葉ちあき。愛称は尾田っち。 1997年より、『週刊少年ジャンプ』で『ONE PIECE』を連載中。同作の国内累計発行部数は2017年10月の時点で
    43キロバイト (5,876 語) - 2018年12月20日 (木) 23:51



    (出典 d30yt6r5lzp6w0.cloudfront.net)


    どんな凄い豪邸なんだろか楽しみだな・ω・

    1 muffin ★

    https://natalie.mu/comic/news/314269
    2018年12月28日 16:20

    尾田栄一郎が、2019年1月9日21時よりフジテレビ・関西テレビ系で放送される「ホンマでっか!?TV」に登場する。

    明石家さんまが司会を務める「ホンマでっか!?TV」。この日は「ホンマでっか!?TV ワンピース作者 尾田栄一郎自宅大公開&木村拓哉乱入SP」と題した2時間スペシャルがオンエアされ、「ONE PIECE」が大好きだというさんまらが、尾田の自宅を訪問する様子が届けられる。なお番組では「2019年大予想発表会」と題した企画も行われる。

    「ホンマでっか!?TV ワンピース作者 尾田栄一郎自宅大公開&木村拓哉乱入SP」
    放送日時:2019年1月9日(水)21:00~22:48
    放送局:フジテレビ・関西テレビ系
    出演者:明石家さんま、加藤綾子、ブラックマヨネーズ、武田邦彦、植木理恵、澤口俊之


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【自宅公開】『ワンピース』尾田栄一郎の自宅に明石家さんまが訪問 「ホンマでっか!?TV」2時間スペシャルで】の続きを読む


    ドカベン』は、水島新司の日本の野球漫画、およびそれを原作としたアニメ・映画・ゲーム作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1972年から1981年まで連載された。 神奈川県の明訓高校野球部に所属する主人公の「ドカベン」こと山田太郎と、同級生でチームメイトの岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三
    45キロバイト (3,239 語) - 2018年9月7日 (金) 10:17



    (出典 www.nippon-animation.co.jp)


    野球漫画といえば…の代表格だよね。ちょっと寂しい・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    【激動2018 政治社会(10)】
    水島新司氏(79)の野球漫画「ドカベン ドリームトーナメント編」が6月に最終回を迎え、1972年(昭47)に始まった「ドカベン」シリーズが完結した。
     

    最終回を掲載した週刊少年チャンピオン(秋田書店)は品切れ店が続出。70?80年代に山田や岩鬼ら明訓ナインの戦いに夢中になり、長く漫画を離れていたオヤジ読者も同誌を手に取った。
    新聞やテレビも大きく取り上げ、NHKクローズアップ現代+は緊急のドカベン企画を放送。8月には最後の単行本が発売、シリーズ通算ながら累計巻数は日本漫画最多となる205巻に達した。

    2012年からの「ドリームトーナメント編」は当初から「最終章」との触れ込みで、ファンは予感していた“Xデー”だった。

    「グラゼニ」「プレイボール2」など野球漫画を数多く手掛けるコージィ城倉氏は、作風の変化を指摘する。
    「プロ野球編」(95?04年)以降のドカベンは「日本の野球史を記録したような漫画」。
    実在のプロ選手が登場し、毎年ペナントレースの結果を反映。
    「水島氏は大の野球好きで、選手はドカベン好き。兄貴分的な距離感で取材し、それがリアルに描かれているのが分かった」という。

    だが「スーパースターズ編」(04?12年)以降、実在選手の登場が減少していく。
    その理由を城倉氏は「水島先生といえど、選手との年齢差が開いていく難しさを感じたのではないか」と推察する。
    明訓ナインを架空の球団スーパースターズに集結させ、球道や一球ら他作品を含む水島キャラの“オールスター戦”として締めくくった「ドリームトーナメント編」は、ドカベンの“終活”だったと読むこともできる。

    44年続いた「浮浪雲」などに続く長寿漫画の終了は、作者と読者の高齢化が要因。
    出版関係者は「日本漫画は団塊世代が社会に出た60年代後半?70年代前半に大人向け市場が成熟し、当時から続く漫画が終わりを迎えている」と分析。
    この流れは始まったばかりで、今後は長寿漫画の“完結ドミノ”も予想されるという。

    水島氏の盟友で「あしたのジョー」のちばてつや氏(79)は、ドカベンの最終回を「彼らしい良い終わり方。年齢や体力を考えての決断でしょう。
    漫画家は、読者の心に物語が美しく残るよう終わらせたいもの」と心中を察した。

    一方で「いつでも再開できそうな終わり方」ともみる。年齢を重ねた漫画家は描線が弱く、話の勢いがなくなるのが普通だが「水島さんにその衰えはない」。
    作家として大きな区切りは付けたが「意外とドカベンの続きや、似た話を描くんじゃないかとも思える」と語る。
    ドカベン最後のコマには、スケッチブックを持った水島氏らしき人物が描かれ、これを画業継続への意欲とみる声もある。

    水島氏は今後について語っていないが、チャンピオン編集部は「引退はない」としている。 (特別取材班)

    ≪肉体的負担大きい長期連載…終了後新たな世界描く作家も≫長寿漫画終了後のベテラン作家では、「こち亀」の秋本治氏が16年9月に40年間の連載を終え、直後に隔週誌などでの4作同時連載を発表。
    「週刊連載を持ちながら、別の作品を描くのは難しかった」と話すように、終了後に新たな世界を描く作家も多い。
    長期連載は肉体的負担が大きく、「三丁目の夕日」の西岸良平氏は13年以降、体調問題が理由で月1回連載に。
    ちば氏は網膜剥離などを患い「のたり松太郎」(73?98年)以降は短編中心に描いてきたが、16年から4ページの「ひねもすのたり日記」を月2回連載している。

    ≪盟友のちばてつや氏「人生そのもの」≫ちば氏は漫画史に残る「あしたのジョー」の最終回を「青春の終わりの時期に、自分がどう生きているのか?どう生きたいか?など、いろんな思いを重ねた」と回想。
    その上でドカベンを「水島氏にとっては人生そのもの」と指摘。ジョーと連載が重なる時期もあり「まだ続いてたのは本当に凄い」と称えた。
    長寿漫画の生まれる背景を「魅力あるキャラがたくさん作れて、日記を描くような感覚になると続くのではないか。
    もちろん人気がないとダメだけどね」と分析している。

    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/12/27/kiji/20181227s00042000017000c.html
    2018年12月27日 05:30


    (出典 img.hmv.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【野球漫画】「ドカベン」シリーズついに完結…作者『水島新司』(79) 高齢化に伴い】の続きを読む

    このページのトップヘ