芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 漫画


    富野 由悠季(とみの よしゆき、1941年11月5日 - )は、日本のアニメ監督、演出家、脚本家、作詞家、小説家。本人は演出家・原案提供者としている。日本初の30分テレビアニメシリーズ『鉄腕アトム』の制作に携わるなど、日本のテレビアニメ界をその創世期から知る人物。代表作は『機動戦士ガンダム』などの
    97キロバイト (14,497 語) - 2019年11月30日 (土) 01:55



    (出典 anibu.jp)


    確かにガンダムの作者って名前すらあまり浸透してないよな・ω・

    1 muffin ★ :2019/11/30(土) 20:05:19.51

    https://friday.kodansha.co.jp/article/81980
    2019年11月29日


    アニメファンに限らずエンタメに少しでも関心があれば、「富野由悠季」の名前を知らない人はいないだろう。『機動戦士ガンダム』をはじめとするいくつもの「ガンダム」シリーズや、『海のトリトン』、『伝説巨神イデオン』など数々の傑作アニメを世に送り出してきた。

    しかしその業績は高畑勲や宮﨑駿、あるいはもっと若い世代の原恵一(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』ほか)、細田守(『サマーウォーズ』ほか)といった監督と較べても十分評価されてきたと言い難い。これだけ名前が知られる富野由悠季だが、かたちとなった評価は展覧会に限らず驚くほど少ない。

    たとえば映画賞である。近年は、世界の映画祭、あるいは米国アカデミー賞といったアワードで日本のアニメ作品がたびたびノミネーションされる。受賞することも少なくない。

    宮﨑駿はベルリン国際映画祭(『千と千尋の神隠し』)、アヌシー国際アニメーション映画祭(『紅の豚』)でグランプリ、米国アカデミー賞長編アニメーション賞(『千と千尋の神隠し』)、同・名誉賞、ヴェネツィア国際映画祭栄誉賞……。さらに国内映画賞の受賞は数え切れない。

    原恵一はアヌシー国際映画祭での3度の受賞をはじめ、毎日映画コンクール、文化庁メディア芸術祭など、こちらも受賞数を把握するのが大変なぐらいだ。直近では細田守が『未来のミライ』でアニー賞を受賞、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。

    ところが富野由悠季は、映画祭の受賞とは無縁だ。海外だけでなく、日本アカデミー賞や毎日映画コンクール、文化庁メディア芸術祭など、国内の主要な映画賞のアニメ部門にも作品や名前を見ることがない。その圧倒的な知名度の高さを考えると、「無冠の巨匠」と言っていいだろう。

    全文はソースでご覧ください


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 sm.ign.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ガンダムの生みの親】無冠の巨匠・富野由悠季の評価が低い理由】の続きを読む


    『週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。 2018年7月に創刊50年を迎えた。
    114キロバイト (12,993 語) - 2019年11月25日 (月) 13:40



    (出典 img.doujin-night.com)


    少年たちにとって、エロは正義・ω・

    1 アンドロメダ ★ :2019/11/29(金) 19:57:14.55

    先日、ヒストリーチャンネルでアメコミヒーローの歴史に関するドキュメンタリーを見た。その番組では、マーベルやDCが時代に合わせて変化してきた歴史を描いていた。

    1960年代には公民権運動が広がるアメリカに、黒人のヒーローであるブラックパンサーやファルコンを誕生させた。

    1970年代には『X-MEN』初の黒人かつ女性のリーダー、ストームを誕生させた。彼女の登場は「リーダーは白人の男性」という古い常識を覆した。

    またかつては「職場の花」的なお飾りキャラだったジーン・グレイを、フェニックスという最強の女性ヒーローに進化させた。「女と男は対等に仕事をする同志である」と世に示したのだ。

    そして21世紀に入ると、9.11以降、イスラム系の人々に対する差別やヘイトが拡大する中、新時代のヒーローを誕生させた。16歳のパキスタン系アメリカ人の少女、ミズ・マーベルだ。

    初のイスラム系ヒーローの物語は全世代の男女に支持されて、ベストセラーになる。

    サンフランシスコのバスに貼られたヘイト広告を、市民が「言論の自由を差別に利用するな」というメッセージと共に、ミズ・マーベルの絵で隠すというニュースもあった。

    こうして彼女は差別やヘイトと戦う人々の象徴になった。

    ……という番組を視聴して、JJは感極まって貝を吹いた。これが大人の責任だろう、ジャンプもがんばってくれよな! ブオオーー!!

    拙者は幼少期からジャンプを読んで育った者として、編集部の皆さんに聞きたい。

    エロを出せば売れるって、そもそも読者を舐めてませんか? エロがなきゃ売れないのか、ちゃんと検証したことはあるんですか?

    アンケアンケと言うけれど、ハガキを書いて投函する読者って全体の何割なんですか? その人たちが事業の売上を支えてるって、本気で思ってますか?

    私が小学生の時から亀仙人のぱふぱふやブルマのポロリとかあったけど、「あれがあったからドラゴンボールは売れた」とか言ったら鳥山先生も怒りませんか?「クリリンのことかー!!!」ってなりません? それって作者にも失礼じゃないですか?

    あとこれが一番聞きたいんですけど、「ジャンプは少年のための雑誌」というけど、本気で少年たちのこと考えてます?

    私の大学時代も「修学旅行で女湯を覗いた」とか笑い話にしてる男子がいて、性犯罪を娯楽として消費する文化があったけど、現実に男子学生が女湯を覗いて逮捕されて退学になったりしてますよね?

    少年も少女も守ること、被害者にも加害者にもならないようにすること、それが大人の責任じゃないんですか?

    「少年たちのため」と言ってるけど、本音は自分たちが変わりたくないだけ、自分たちの立場や権力を守りたいだけなんじゃないですか?

    誤解しないでくださいね、私は「規制しろ」ではなく「本気で考えてほしい」と言ってます。これはメディアの規制ではなく、メディアの責任の話です。

    思考停止した方が楽だし、変わるのは勇気がいるでしょう。でも人間讃歌は勇気の讃歌。諦めたらそこで試合終了だってばよ。

    私は古い常識を覆すような作品、新時代のヒーロー、アップデートしたジャンプを見たいです。

    以上をアンケートハガキに書いて送ったら、編集者は読んでくれるだろうか? 読まずにシュレッダー行きだろうか。集英社の社長宛てに送った方がいいのかな。

    前回のコラムを読んだ友人からメールをもらって、その流れで飲みに行った。

    彼女は「私はジャンプ漫画大好きなオタクだから、最近の炎上を見てると複雑でつらいです」と言って、しばらく黙ってから話し始めた。

    「小学生の時に『まいっちんぐマチコ先生』の再放送をやってて、男子の間でスカートめくりが流行ってたんですよ。スカートをめくられて泣いてる女子もいて、私は友達を守らなきゃと思って、男子と戦ってたんですね」

    「そしたらある日、6人の男子に組み伏せられて、両手両足を押さえられて、下着までずり下ろされたんです。もがけばもがくほど『見える、見えるー!』とはやし立てられて。私は恐怖で泣くことしかできませんでした」

    ■ プロフィール 
    アルテイシア(あるていしあ)
    神戸生まれ。現在の夫であるオタク格闘家との出会いから結婚までを綴った『59番目のプロポーズ』で作家デビュー。

    ▽一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
    https://blogos.com/article/420517/?p=1


    (出典 pya.tokyo)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【漫画】フェミ作家「亀仙人のぱふぱふやブルマのポロリ。性犯罪を助長する少年ジャンプ。エロがなければ売れないのか」】の続きを読む


    角川書店(角川コミックス・エース:機動戦士Vガンダム外伝とカップリング収録) 1995年 / 角川書店(角川コミックス・エース「機動戦士Vガンダム プロジェクト・エグソダス」機動戦士Vガンダム外伝とカップリング収録(新装版)) 2012年 アウターガンダム 漫画 松浦まさふみ バンダイ(PCコミックス) 1992年
    55キロバイト (7,789 語) - 2019年11月19日 (火) 02:42



    (出典 i.ytimg.com)


    シャアの存在に早く気づいて然るべき対処してれば…
    後々アムロが覚醒することもなかったかもだし、そもそもルウムでレビル将軍を逃さなかったかもしれないな・ω・

    1 ばーど ★ :2019/11/25(月) 20:44:55.58

    『機動戦士ガンダム』という名作アニメを知らない者などいないはずだが、本作を何度も観返してみると、敵方のジオン公国軍の選択ミスが目立つ。

    地球連邦軍とジオン公国軍は、単純な戦力差だけ見ると圧倒的に連邦に軍配が上がっている。しかしジオンはその状況を人型機動兵器”モビルスーツ”の開発によって覆し、以降は連戦連勝。一時は連邦軍のレビル将軍を捕虜にさえしている。

    ところが戦争が長引くと(と言っても一年だけど)次第にジオンには綻びが生じてしまい、最終的には宇宙要塞ア・バオア・クーまで連邦艦隊が押し寄せる結果となった。ジオンはなぜ、負けたのか。(文:松本ミゾレ)

    ■キシリアがギレンを殺さなければジオンは勝てた?

    先日、おーぷん2ちゃんねるに「ジオンはどうすれば勝てたのか」というスレが立っていた。ここでは実にさまざまな意見が挙がっていて、秀逸な声もあるのでいくつか紹介したい。

    「最後キシリアがギレンを撃たなければジオン勝てた」
    「サイド7をコロニー落としに使っていれば……」
    「ギレンは地球圏を制圧したいとか、スペースノイドの自治を確立したいとか本気で思ってたのかね? デギンが言うように、周りをみんな駒にして独裁者ごっこがしたかっただけのような気がするなぁ」

    キシリアが恨みに恨んだギレンを、よりによって最終決戦の場で暗殺したことは、これこそ返す返すジオンの直接的な敗北の原因だと個人的にも考えている。まあ、あそこまで連邦の侵入を許している時点でもはや……という気がしないでもないけど、宇宙空間って従来の地政学的な見地では測れない部分もあるだろう。

    実際、ギレンが撃たれた直後からその指揮系統に乱れが生じたことは事実だった。調略に長けたキシリアの、あれこそ最大の失敗であったことは間違いない。

    また、サイド7をコロニー落としに使っていれば良かったという意見もある。面白い意見だと思う。あそこでは秘密裏に連邦がガンダムを開発していたし、アムロも住んでいた。仮にコロニー落としの標的に選定されていれば、連邦のモビルスーツ実戦投入時期はさらに遅れていたことだろうし、そうなるともう連邦はジオンの地球侵攻作戦にも対応できず、詰み確定だったはずだ。

    それからギレンがそもそも本気で宇宙に住む人類の自治権獲得のために戦っていたか疑問視する声もある。これについては僕の考えを後述したい。

    ■結局ジオンは縛りプレイ好きなギレンを大将とした時点で負けていた

    ギレンは天才的な頭脳を持ち、底知れない指導力を持つまさにカリスマだ。地球へのコロニー落としやジオンの本格的かつ徹底的な地球圏への侵攻作戦の、ほぼ全権を掌握していた人物でもある。

    しかしながら彼は、実の妹にして最大の政敵であるキシリアの暗躍を把握しつつ、直接的にその行動を咎めず終いであった。これって普通なら考えられないことである。

    さらには弟のドズルが駐留しているソロモンに連邦の一大反抗作戦が展開される情報を知っていても、試作モビルアーマーのビグ・ザムぐらいしか物資をよこしていない。「戦いは数だよ!」とモニター越しに怒鳴るドズルに対しても涼しい顔でやり過ごした。

    結局ドズルは部下を逃がすための囮となって奮戦ののち戦死。連邦軍のティアンム艦隊旗艦タイタンを沈める大戦果を挙げたものの、これでは良くて痛み分けだ。

    自分に殺意を抱く妹を生かし、戦争屋を取りまとめる弟を死なす。挙句には父親のデギンと連邦のレビル将軍の和平交渉を邪魔すべく、まとめてソーラ・レイで焼き払って事実上ジオン公国に退路がない状態にしてもなお、うすら笑う。

    そもそも父の公王デギンは、元来の出自はどうあれ劇中では既に穏健的な性質になっている。ギレンらの急進的な挙動には憂慮を見せることも少なくなかった。

    そんなデギンが一年戦争において着地点と認識していたのが、ジオン公国の名実揃った主権確立であって、それを連邦に認めさせることである。だがその願望も、ギレンによってないがしろにされた。ギレンはあくまでも連邦軍を叩きのめし、地球圏全域にも強い影響力を持つことこそがジオン公国の理想と提示している。

    暗殺の少し前に、ギレンは父デギンに対し「地球連邦の絶対民主性が何を残しましたか? 情実の世を生み、資源を浪費するしか能がない大衆を育てただけです」と発言してのけた。連邦の統治する世でジオン公国の主権を認めさせても、大した価値はない、とギレンは考えていてもおかしくない。


    以下ソース先で

    2019.11.25
    https://news.careerconnection.jp/?p=82866

    (出典 news.careerconnection.jp)



    (出典 img6.futabalog.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ガンダム考察】ジオン公国が一年戦争で連邦軍に勝利するには…】の続きを読む


    キャプテン翼』(キャプテンつばさ)は、高橋陽一による日本のサッカー漫画。および、それを原作にした派生作品。サッカーに打ち込む少年達の姿を描き、連載時に日本国内でサッカーブームを起こすと、後にプロサッカー選手となる多くの選手達に影響を与えた。略称は「キャプ」(キャプつば)、「C」。
    150キロバイト (18,842 語) - 2019年11月4日 (月) 10:58



    (出典 grandjump.shueisha.co.jp)


    キャプテン翼とかキン肉マンとか、売れなくても書き続ける精神がすごい・ω・;

    1 バグダッドの夜食 ★

     
    詳細はリンク先をご覧ください。

    【悲報】キャプテン翼、試合中に打ち切られてしまう
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1574292489/
    【悲報】キャプテン翼、試合中なのに事実上連載終了にwwwww
    http://blog.livedoor.jp/rock1963roll/archives/5123397.html
    (なんJ PRIDE)


    ★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

    【CB】悪質スレッド報告とCAP★停止
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574003498/
    ・悪意のあるスレッド
    ・誤解を招くスレッド
    ・ほぼ同じ話題の重複スレッド
    ・政治や災害それ自体のスレッド
    など、お気軽にご報告ください。
    スレッド検索にこちらもご活用ください。
    http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%A9+%E9%AB%98%E9%BD%A2%E8%80%85%E5%90%91%E3%81%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【サッカー日本代表・漫画】キャプテン翼、試合中にまさかの連載終了⁉】の続きを読む


    そんなところ問題にしても、今やネットでいくらでも見れちゃうけどな・ω・

    1 ニライカナイφ ★

    今週の週刊少年ジャンプに掲載された『ゆらぎ荘の幽奈さん』に露骨なポルノ描写があるとして海外で問題視されている。

    『ゆらぎ荘の幽奈さん』センターカラー表紙で全裸女性キャラが描かれている。

    そのページの真裏に“ピンク色のタピオカ”が描かれており、それを光で透かせてみると、隠れていた○首が描写される仕掛けになっていた。

    ドイツ人と日本人のハーフで翻訳者のサチコ・イシカワさんは「いつもこの国には失望させられる」と英語ツイートで批判を展開。彼女の投稿はリツイート1万件に迫っており、海外で大きな注目を集めている。


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    以下、イシカワさんの主張を要約

    ・子供向けの少年誌でポルノを掲載するのは不適切だ。女性への配慮はなく女性キャラクターを“性的なモノ”として描いている

    ・コンビニでは入口横に成人向け雑誌コーナーがあり、男性らは恥じることもなく立ち止まり読んでいる。女性は自分たちが”性的なモノ“化されているのを目撃し、子供たちもそれを見て学ぶのだ

    ・日本は病的なほどに女子供を性の対象としてみている。もううんざりだ。「ただの漫画だ」と私を罵る人もいるだろうが、女性を描いているのは事実だ。「これはフィクションで現実ではない」とも言えない、彼らは作り話がどこから来ると思っているのだろうか?

    ・日本という国は少年誌を通して、このようなことを子供たちに学ばせている。この国の人口減少も悪い気はしない

    http://yurukuyaru.com/archives/81362092.html


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【漫画】世が日本に失望… 今週の『週刊少年ジャンプ』に露骨なポルノ表現が見つかり海外で大問題】の続きを読む

    このページのトップヘ