芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:女優 > 土屋太鳳


    百田 菜子(ももた かなこ、1994年7月12日 - )は、ももいろクローバーZのリーダー、女優である。グループでのイメージカラーは赤で、ボーカル・ギター担当。 2016〜2017年放送のNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に“すっぴん”で出演していることが話題となり、「目の演技」など実力を評価す
    37キロバイト (4,876 語) - 2018年12月18日 (火) 07:03



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    なかなか楽しみな企画ですな・ω・

    1 きのこ記者φ ★

    女優の土屋太鳳(23)が、来年春に放送される読売テレビ開局60年スペシャルドラマ
    『約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~』に主演することがわかった。

    現代と70年代を舞台に、歌手になることを夢見るヒロインの奮闘と成長を描いた物語で、
    劇中では初共演のアイドルグループ・ももいろクローバーZの百田夏菜子(24)とともにユニットを結成。

    2人が70年代当時をイメージした衣装に身を包み名曲を熱唱するシーンは、大きな見どころとなる。

    土屋演じる主人公の小沢翼は2019年、東北の港町で歌手を目指しながらもどうせ無理だとその夢を諦めかけていた。
    しかし、ひょんなことから1975年の東京にタイムスリップ。困惑する翼を救ったのは、歌手になるために上京してきたという大空つばさ(百田)だった。

    名前も年齢も、抱く夢も同じで、運命的に出会った2人。
    落ちぶれた元歌手の男に騙されそうになるものの、2人の純粋さが彼の心に歌への情熱をよみがえらせる。
    彼の協力を得て翼とつばさはユニットを組むことに(中略)。

    土屋は「私は音楽が本業ではないので、自分が足を踏み入れていいのかと思ったのですが、
    ずっと音楽からパワーをもらってきた側の人間として、音楽への感謝や尊敬を持っているからこそできる表現を心がけたいです」
    と意気込み。

    百田は「最初に脚本を読んだ時は『やばい、歌の上手い役をやるんだ!』と思いました(笑)。
    私も歌の世界にいさせていただいているんですけど、偉大な先輩方が生き抜いてきた1970年代の歌を
    このドラマで歌えるのはありがたいことで、より頑張らないといけないなと思っています」と気を引き締めている。

    ■キャストコメント
    土屋太鳳
    「私が自分の節目としている映画『日輪の遺産』という作品で佐々部清監督と出会って以来、
    このドラマでまた佐々部監督とご一緒できるのが本当にうれしいと思いました。
    今回はドラマの中で1970年代の歌を歌います。戦争が終わってから30年ぐらいしか経っていない70年代の歌は、
    聴く人のために歌っている歌でもあり、時代のために歌っている歌でもあるような気がします。

    私は音楽が本業ではないので、自分が足を踏み入れていいのかと思ったのですが、
    ずっと音楽からパワーをもらってきた側の人間として、音楽への感謝や尊敬を持っているからこそできる表現を心がけたいです。

    百田さんとは、初めての共演です。高校の文化祭では必ずももクロが流れていましたし、私が元気をもらっていた方々のリーダーとご一緒するので、すごくドキドキしています(笑)。
    私が演じる小沢翼は、歌手になるという夢を持ちながら、自分の殻に閉じこもってしまっています。
    そこからいろんな人と関わって、どんどん心が開いて解き放たれていく翼の姿を、歌を通して伝えていきたいです」

    百田夏菜子
    「最初に脚本を読んだ時は『やばい、歌の上手い役をやるんだ!』と思いました(笑)。
    私も歌の世界にいさせていただいているんですけど、
    偉大な先輩方が生き抜いてきた1970年代の歌をこのドラマで歌えるのはありがたいことで、より頑張らないといけないなと思っています。
    土屋太鳳さんとは同い年で、普段は違う場所で活躍されている方とこういう形でご一緒できるのがすごくうれしいです。
    ドラマで歌の楽しさとか素晴らしさを、自分も楽しみながら、しっかり伝えられたらと思います(以下略)」。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00000310-oric-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【SPドラマ】『土屋太鳳』と ももクロ『百田夏菜子』のユニット結成!読売テレビ60周年SP限定】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)


    オヤジたちに好まれるタイプだな・ω・✱

    20 名無し募集中。。。

    >>1
    普通に可愛いのだが


    (出典 www.dailyshincho.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【最近の土屋太鳳ちゃんがムチムチしてきてなかなかイイ感じ♡】の続きを読む


    土屋 (つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。血液型はO型。 2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション
    69キロバイト (8,869 語) - 2018年9月23日 (日) 14:54



    (出典 news.walkerplus.com)


    あんな純粋な子が“狙い”とか計算高いことできるはずかない…と思いたい・ω・;

    1 shake it off ★ :2018/10/13(土) 17:41:05.30 ID:CAP_USER9.net

    女優の土屋太鳳が、7日放送の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系/毎週日曜22時)にゲスト出演し、尊敬する人としてお笑い芸人の出川哲朗の名を挙げ、その理由を語った。

     14日スタートの日曜劇場『下町ロケット』(同系/毎週日曜21時)の番宣のためゲスト出演した土屋。この日はドラマ『中学聖日記』(同系/毎週火曜22時)に主演する有村架純、『大恋愛~僕を忘れる君と』(同系/毎週金曜22時)に主演する戸田恵梨香と共に登場し、同じ質問に対する3人の答えから、考え方や価値観の違いを浮き彫りにする企画に臨んだ。

     この企画で、土屋のユニークな一面が明らかに。「感銘を受けた本は?」という質問には、有村が唯川恵の小説『雨心中』(講談社)、戸田がエッセイストの森下典子による『日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮社)を挙げる中、土屋は『コリと痛みの地図帳 プロが教えるマッサージの処方箋72』(池田書店)という実用書を紹介し、スタジオの面々を驚かせた。

     さらに「尊敬する人は?」という質問で、戸田が往年の名女優オードリー・ヘップバーン、有村が母親と答えたのに対し、土屋は出川と回答。司会の千原ジュニアが「え、太鳳ちゃん…これ…」と絶句する中、
    土屋は出川を尊敬する理由として、あるテレビ番組で出川が放った「カメラは映るものじゃなくて、(自ら)映りに行くものなんだ」という言葉に感動したからだと明かす。土屋はこの言葉に「なるほど」と納得したそうで「そこからずっと心の師匠です」と語った。ジュニアは「もしそれをドラマでやったら、『カット! 何やってんだ!』って(監督に言われるけど)」とツッコんでいた。

     SNS上ではファンから「え!?太鳳ちゃん出川さんを尊敬してるの!?」と驚きの声が。さらには「太鳳ちゃんの感銘を受けた本がツボの本って面白い」といった反響もあった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00059617-crankinn-ent


    【【土屋太鳳】“心の師匠” は出川哲朗 ネットでは“高感度狙い”だと…】の続きを読む

    このページのトップヘ