芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 国会議員


    NHKから国民を守る党 (Nからのリダイレクト)
    NHKから国民を守る党(エヌエイチケイからこくみんをまもるとう)は、日本の政党である。 2013年に発足。第25回参院選において届け出た略称はN党(エヌこくとう)で、この他報道においてはNの略称も用いられる。第25回参院選の全国比例で党首の立花孝志が当選し国政に進出した。
    63キロバイト (9,390 語) - 2019年11月1日 (金) 00:55



    (出典 girlshour.net)


    嫌われ所を叩いて噛みついて、世間を味方につけるやり方バレて通用しなくなってきてるかな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    タレントのマツコ・デラックス(47)とTOKYO MXがいよいよ窮地に追い込まれそうだ。

    マツコといえば、7月にTOKYO MXのレギュラー番組「5時に夢中!」での「NHKから国民を守る党(N国党)」を揶揄するようなの発言を巡り、同党の立花孝志党首(52)が同局に乗り込んで抗議活動を行うなどしていたが、ここ最近は目立った動きはなかった。

    そんな中、立花氏は11日の夜にYouTubeで動画を公開公開。自身が出馬し10日に投開票が行われた神奈川・海老名市長選落選、同党党員に海老名市議選当選を報告し、さらには選挙戦にボランティアで協力してくれた人々に感謝した。

    その後、以前から予告していた、原告1万人を集めたマツコとMXへのへの集団訴訟について言及。これまで双方から謝罪がない場合に訴訟に踏み切ることを宣言し、すにで訴訟準備を整え、自身の代理人弁護士が双方に対して謝罪を求める最後の謝罪要求を求めた内容証明を送付するをことを明かした。

    「いまだに怒りが収まっておりませ」、「お金がほしいからじゃない。マツコさんの政治的な(発言の)ことですよね」と胸中を明かし、「放送内容が間違ったと認めてくれれば裁判はいたしません」と、事実上の“最後通告”を突きつけたのだ。?「どう考えても立花氏は正論なので、MXとマツコは謝罪せざるを得ないのでは。それでもダンマリを決め込むようであれば、集団訴訟を抱えることになりそうだ」(芸能記者)

    問題をここまで放置していたのがアダになってしまったようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2074704/
    2019.11.12 21:15 週刊実話


    (出典 naturaleight.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【N国】立花党首の“最後通告”へのリアクションに注目…マツコ・デラックスとTOKYO MX】の続きを読む


    山本 太郎(やまもと たろう、1974年(昭和49年)11月24日 - )は、日本の政治家、元タレント、元俳優。れいわ新選組代表、前参議院議員(1期)。自由党共同代表兼政策審議会長を務めた。兵庫県宝塚市出身。 1990年、箕面自由学園高等学校1年生の時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入り。
    99キロバイト (12,565 語) - 2019年9月21日 (土) 12:51



    (出典 www.sankei.com)


    未来の総理大臣…あるな・ω・

    1 ばーど ★

    ※夜の政治

    7月の参院選で木村英子議員と難病のALSを患う舩後靖彦議員を当選させた「れいわ新選組」。中心となる山本太郎代表は落選したものの、その動きは選挙前から大いに注目されてきた。

    そもそも山本代表が政治の道に進むきっかけは原発問題で、かつてはこれに関する主張ばかりが目立った。しかし最近では立憲民主党など統一会派で活動する馬渕澄夫衆院議員と減税を目指す勉強会を立ち上げるなど、原発から経済へと軸足が移っているようにも見える。「山本太郎、そしてれいわ新選組は一体何がやりたいのか。20年以上続くデフレ、このデフレにより、日本経済は完全に衰退しています」と、選挙で熱心に訴えたのも経済政策だった。
    .
    こうした疑問に山本代表がインタビューで直接答え、話題となっているのが「山本太郎現象」と題した『Newsweek日本版』(11月5日号)の特集だ。雑誌名よりも山本代表を押し出した表紙で、通常の1.5倍の売上を記録しているという。同誌の長岡義博編集長は「雑誌のリニューアル号だったので、強いネタを持っていきたかった。やはり彼は参院選以降ずっと政治の中心にいたし、男性向けライフスタイル誌『GQ』も同じタイミングで山本代表をカバーに持ってきた。日本の大衆の中で受け入れられる素地ができていると思う。Newsweek日本版は普段は高齢者の男性の方に買って頂いているが、今回はいつもより明らかに若く、40~50代が中心で、特徴的なのは女性に買って頂いている」と話す。
    .
    ノンフィクションライターの石戸諭氏によるインタビューで、経済政策を重点的に訴えていることについて訊かれた山本代表は、「人に政治の話を聞いてもらおうというときに、原発や被曝だとどうしても入り口が狭くなりますよね。原発問題に関心を持ってもらうためにも、最初は入り口を広げておくんです」と回答。「思いだけが先走っていた」とかつてを振り返り、訴え続けてきた原発や貧困の問題をまず国民に聞いてもらうため、結果的に全ての政策に繋がる財源に光を当てる時間が長くなったと説明した。

    この点について長岡編集長は「財政政策で彼が唱えているのはMMT理論だが、財源が本当にあるのかという問題がある。そこがしっかりしていなければ政策的には極端なものになってしまう可能性があるし、財源的な裏付けが無いまま、彼が言うところの“こぼれ落ちた人たち”へのバラマキをしはじめると、いずれベネズエラのように国が破綻するリスクもある」と指摘。

    また、今後目指す“野党共闘”について山本代表は「共通政策として消費税を5%に減税することを掲げて戦った方が、人々の生活にプラスになるはずです。今の私たちには伸びしろしかない。もし連携できないなら、与党であろうが野党であろうが関係ない。仁義なき戦いを仕掛けていくことになる」と主張。さらに「山本太郎にも右派的な要素があるのかと思われるかもしれないが、今の上皇様には、お父さんのような感じを抱いている」「私は右派でも左派でもなくフリースタイル」という発言もあった。

    取材を終え、石戸氏は「山本代表はすでに一政治家ではない。典型的なポピュリストであり、存在感、カリスマ性はどの野党政治家よりも上。次の衆院選では間違いなくキーパーソンになる。議席数が少ないからと舐めてかかると、ポピュリズムの風に吹き飛ばされる。今後も継続的にウォッチしていく必要がある」と指摘。

    長岡編集長も「こうした言葉が象徴していると思うが、良く言えば“空っぽ”で、右も左もどんどん入る。悪く言えばブラックホール的で、どんなものも吸い込んでしまう。俳優出身なので、何でも演じることが出来る人でもあるし、風を読むのが上手い。ワーディングで大衆の心を掴む力がある。また、消費税5%でもいいと言っているのは、自分の理念だけを純粋に追求してクラッシュするのではなく、妥協することも知っている、長期的な戦略も持っているということ。野党を飲み込んでしまいかねない、あなどれない存在になると思う」とコメントしていた。(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    11/7(木) 10:38
    AbemaTIMES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00010001-abema-pol&p=1


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    【【山本総理!】“山本太郎特集“で売れ行きが1.5倍!Newsweek編集長「山本代表が野党を飲み込んでしまう可能性もある」】の続きを読む


    山本 太郎(やまもと たろう、1974年(昭和49年)11月24日 - )は、日本の政治家、元タレント、元俳優。れいわ新選組代表、前参議院議員(1期)。自由党共同代表兼政策審議会長を務めた。兵庫県宝塚市出身。 1990年、箕面自由学園高等学校1年生の時に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」に出場し、芸能界入り。
    99キロバイト (12,565 語) - 2019年9月21日 (土) 12:51



    (出典 www.sankei.com)


    山本の太郎ちゃんも話題作りしていかないと、置いてけぼりくっちゃうからな・ω・;

    1 ばーど ★

    ※週末政治

    参院選で国政政党になった山本太郎代表率いる「れいわ新選組」と、立花孝志党首率いる「NHKから国民を守る党」が30日、国会内で“初遭遇”した。山本氏がN国党に露骨な拒絶反応を示して、N国党議員が会合から閉め出される事態となった。

     れいわとN国党は異色の選挙戦とネット戦略、トップがともに議員バッジをつけていないなど共通項が多い。今後の選挙では、浮動票を争うライバル同士でもあるが、参院選後に両党が交流する機会はなかった。

    “事件”が起きたのは、国会内で開かれた山本氏と無所属の馬淵澄夫元国交相が主宰する「消費税減税研究会」の設立総会の席だ。消費税率5%への引き下げ政策で、野党共闘の旗印にする狙いで、立憲民主党や国民民主党、無所属の議員らが参加した中に、アポなしで飛び込んできたのが、N国党の上杉隆幹事長と浜田聡参院議員の2人だ。

     上杉氏が面識のある馬淵氏と山本氏に新人の浜田氏を紹介し、名刺交換するところまではスムーズに進んだが、報道陣が求めた浜田氏とのツーショットは山本氏が拒否。

     勉強会が始まってから20分後には「出ていけ!」と室内から怒号が飛び交い、上杉氏と浜田氏が会場から退出させられたのだ。

     N国党は先の参院埼玉補選で消費税5%への減税を掲げており、勉強会の趣旨に賛同し、出席を望んだワケだが、減税研究会の事務局側は「事前に参加申請していないと無理。そもそもN国には案内を出していない」と通告し、両者は廊下で押し問答となった。

     山本氏はその後、神奈川・海老名駅前で街頭記者会見を開催。海老名市では市長選と市議選が11月3日に告示を控え、現職の女性市議を応援するために行われたものだが、同市長選に立花氏が立候補を表明しており、意識しないハズがない。

     山本氏が演説最中にふと使用した「ぶっ壊す」のワードについて「『ぶっ壊す』はなんか(立花氏を)想像しちゃうので、使いません」とNGワードに指定。N国党に言及することはなかった。

     クセの強過ぎる両党はやはり交わることはないのか。

    2019年10月31日 16時00分 東スポ
    https://www.tokyo-sports.co.jp/social/politics/1604937/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【れいわ】山本太郎代表『出て行け!』国会での勉強会で“N国党議員“を排除…】の続きを読む


    立花 孝志(たちばな たかし、1967年8月15日 - )は、日本の政治家、パチプロ、YouTuber。NHKから国民を守る党党首(元代表)。立花孝志ひとり放送局代表取締役。千葉県船橋市議会議員(1期)、東京都葛飾区議会議員(1期)、参議院議員(1期)などを務めた。元NHK職員、元パチプロ、元フリ
    35キロバイト (4,103 語) - 2019年10月28日 (月) 05:04



    (出典 i.daily.jp)


    立花フィーバーも一瞬で終わったか・ω・

    1 ばーど ★

     NHKは28日までに、受信料の支払いを求めて、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏を東京地裁に提訴した。

    2019年10月28日15時16分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102800767&g=soc


    (出典 www.sankei.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【NHKの反撃】N国・立花党首を提訴=受信料支払い求め(4,560円)】の続きを読む


    立花 孝志(たちばな たかし、1967年8月15日 - )は、日本の政治家、パチプロ、YouTuber。NHKから国民を守る党党首(元代表)。立花孝志ひとり放送局代表取締役。千葉県船橋市議会議員(1期)、東京都葛飾区議会議員(1期)、参議院議員(1期)などを務めた。元NHK職員、元パチプロ、元フリ
    35キロバイト (4,103 語) - 2019年10月27日 (日) 15:49



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    埼玉県民は安堵・ω・

    1 ばーど ★

    参院埼玉補選 前埼玉県知事の上田清司氏が当選確実

    ことし7月の参議院選挙のあと初めての国政選挙となった参議院埼玉選挙区の補欠選挙は27日投票が行われ、前の埼玉県知事の上田清司氏(71)が初めての当選を確実にしました。

    参議院埼玉選挙区の補欠選挙の投票は午後8時に締め切られました。

    NHKの事前の情勢取材や、投票を済ませた有権者を対象にした出口調査などでは、上田氏がNHKから国民を守る党の党首で、前の参議院議員の立花孝志氏を大きく引き離して極めて優勢で、今後、順調に得票を伸ばすと見込まれることから、上田氏の初めての当選が確実となりました。

    上田氏は福岡県出身の71歳。旧民主党などで衆議院議員を3期務めたあと、ことし8月まで、埼玉県知事を4期16年務めました。

    選挙戦で上田氏は知事としての経験や実績を強調するとともに、地方を重視する政治を実現することや、行財政改革の推進、それに将来にわたって安心できる社会保障制度を確立するための議論を深めていくと訴えました。

    上田氏は政党の推薦は受けませんでしたが、立憲民主党と国民民主党の地方組織が実質的に支援したほか、党派を超えて国会議員が応援に入り支持を呼びかけました。

    その結果、立憲民主党や国民民主党の支持層のだけでなく、自民党の支持層や、支持する政党を持たない無党派層からも支持を集めました。

    2019年10月27日 20時02分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191027/k10012152651000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    関連スレ
    【参院埼玉補選の投票率を見守るスレ】上田氏一当確 19時投票率14.3%(前回30%) 前回確定投票率は46.27% ★4
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572175373/
    【参院埼玉補選】投票率は20.81% ※元年7月は46.48%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572181584/

    ★1が立った時間 2019/10/27(日) 20:00:29.29
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572180508/


    (出典 hochi.news)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【朗報】参院埼玉補選 N国・立花党首敗れる】の続きを読む

    このページのトップヘ