芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 貴乃花



    (出典 www.w-1.co.jp)


    貴乃花は支持者多いだろうけど、アンチも多そうだな…

    1

    10/7(日) 11:48配信
     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が7日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。日本相撲協会を1日付で退職した大相撲の元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)が4日に東京・永田町の議員会館を訪れ元文部科学相の馳浩衆院議員(57)と面会したことについて「(相撲協会の)八角さん(理事長)、ビビってるでしょうね」と指摘した。

     松本は「何もなく馳さんと会いますかね」と面会の裏には、元貴乃花親方の政界入りする意思があると推測。落語家の立川志らく(55)が「(貴乃花親方が)政治家の方に行って、一番怖いのは財団法人だから外からメスを入れられてこの協会はダメだっていうふうに言われてしまうのが相撲協会は怖い。それを(元)貴乃花(親方)は考えているんじゃないですか」と話すと、松本は「正直、八角さんはビビってるでしょうね」とうまずき、相撲協会の八角理事長(55=元横綱・北勝海)が元貴乃花親方の政界入りを恐れていると指摘した。

     また、幕内・貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)が元横綱・日馬富士(34)を提訴し約2400万円の損害賠償を求めたことについては「いったん落ち着いたじゃないですか。なんで今わざわざ表立ってやるのか分からない」とし、約2400万円という金額は「ちょっと高いけど法外な値段ではないのかなと思いますね」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000070-spnannex-ent


    【【宣戦布告?】元貴乃花親方 馳議員と面会「八角さん何思う?」】の続きを読む


    池坊 保子(いけのぼう やすこ、1942年〈昭和17年〉4月18日 - )は、日本の元政治家。特定非営利活動法人萌木理事長。公益財団法人日本相撲協会評議員会議長。学校法人いわき明星大学理事。特定非営利活動法人日本伝統文化協会名誉顧問。今上天皇の再従妹に当たる。夫は華道家の池坊専永。
    19キロバイト (2,076 語) - 2018年7月4日 (水) 21:01



    (出典 www.officiallyjd.com)


    この人も、昔、昔のヌード写真まで発掘されて同情しちゃうな…

    1

     日本相撲協会の池坊保子元評議員会議長(76)が2日、TBS系「ゴゴスマ~GoGo!Smile!~」に電話出演し、角界を退職した貴乃花親方(46=元横綱)について語った。

     貴乃花親方と因縁のある池坊氏は、退職について「大変、大変、残念だと思っている」と胸中を吐露。貴乃花親方が会見で協会からの圧力を示唆したことについては、独自調査の結果を報告し「誰も圧力をかけたことなんかないし、対立してたことなんか決してないんですよね」「(貴乃花親方の)勘違いというのは確かにある」と全面的に否定した。

     一方、番組では貴乃花親方の第2の人生について、政治家転身の可能性についても検証した。

     元衆議院議員の池坊氏は「国会議員というのは一人ひとりが何がしたいか明確でないと難しい」と前置きした上で、その資質に言及。「やはり協調性が必要。政治家って1人なんですけど、1人じゃない。改革っていうのは1人じゃなくて、みんなが手を取り合い、みんなの合意を得る努力をしながら法律は作り上げられていく。地味な努力が必要だと思う」と話し、暗に現状の貴乃花親方が目指すには“向いていない”との見方を示した。


    2018年10月02日 16時05分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/sumou/1143424/


    【【貴乃花政界進出?】池坊保子氏 聞かれたから答えただけなのに批判殺到しちゃった】の続きを読む


    藤田 紀子(ふじた のりこ、1947年9月7日 - )は、大分県大分市出身の女優、タレント。本名・旧芸名、藤田 憲子(ふじた のりこ)。 大分県大分市出身。 松竹時代は、映画やドラマでもどこに出ているか確認するのが困難なほどの端役専門の女優であったが、1967年(昭和42年)に『雌が雄を喰い殺す
    11キロバイト (1,388 語) - 2018年10月3日 (水) 11:48



    (出典 myfavoritetopics.net)


    テリー伊藤はあえて悪役みたいなこと買って出て、コメント引き出そうとしてるんだろうけど…
    すごいねテレビマンて・ω・

    1

    大相撲の貴乃花親方(46=元横綱)の母でタレントの藤田紀子(71)が30日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・56)に出演。日本相撲協会に引退届を提出した息子について語った。

     前兆は「まったくありませんでした」という貴乃花親方の突然の引退発表。「私自身も頑固なところがある。決心したことは通せばいい」としつつも、「いままで応援してくださったファンだとか、お世話になった協会の方にしっかり出向いてごあいさつするのが1番良い方法だと思う」と息子に語りかけた。

     「相撲道を通してきた自負があるから許せない部分があったんだと思う。15歳からプロになって土俵で戦い、親方になっても戦い続けている。戦いをやめて、これから初めて社会に出ていろいろな勉強を積んでほしい。最後はきちっとやってけじめだけつければ、また理解者が…」と話す藤田に対し、テリー伊藤は「引退届も弁護士に持っていかせている。どうして自分で行かないんですか」と指摘。藤田は「私は味方でいたい…。言わせないでください」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000088-spnannex-ent


    【藤田紀子✕テリー伊藤 テリー問いただしに「私は味方でいたいので…』】の続きを読む


    1990年代に放送されたTBS制作の大相撲実況中継番組についても扱う。 1992年春場所、同年開始されたAMステレオ放送の普及目的と、折からの『若貴ブーム』を受けて、TBSラジオが20数年振りに初日・中日・千秋楽の17時より1時間枠(千秋楽は1時間半枠)の大相撲実況生中継を再開したが、先に放送権
    6キロバイト (799 語) - 2017年5月11日 (木) 14:21



    (出典 d2dcan0armyq93.cloudfront.net)


    よくまぁ似てるだけで、変なうわさ流すよな…

    1

    角界に大きな衝撃が走った。9月25日、貴乃花親方が日本相撲協会に引退届を提出したと発表したのだ。

    「貴乃花は今年4月に、相撲協会の理事を解任されています。いわゆる“貴の乱”の責任を取らされた形で、2階級も降格。一番下の“年寄”にされる処分でした。正直、貴乃花は協会内で居場所がない孤立無援の状態だったので、退職せざるをえなかったんだと思いますよ」(ベテラン相撲記者)

     かつて角界のヒーローだった貴乃花親方だが、その栄光には暗い話題がつきまとっていたのも事実。

    「宮沢りえとの婚約破棄に始まり、洗脳騒動、そして兄・若乃花との確執……。特に若乃花と10年以上前に絶縁状態になってから、貴乃花は完全におかしくなってしまったようなんです」

     こう語るのは、貴乃花親方の後援会関係者だ。最近の貴乃花親方の言動も、すべて若貴の不仲が“元凶”と見る向きも多い。

    「あの兄弟、もともとは大の仲良しだったんです。貴乃花が15歳で相撲部屋に入ると決意するや、勝(若乃花の本名)は“光司(貴乃花の本名)を一人で行かせられない”と言って自分も入門。その後、2人は身体が小さい分、誰よりも厳しい稽古を積んで、貴乃花が第65代、若乃花が第66代の横綱となり、相撲界初の兄弟横綱まで上りつめたんです。加えて互いを思いやり、切磋琢磨してきた戦友でもありました」(前同)

     そんな“日本一の兄弟”が、なぜ絶縁してしまったのか。

    「そこには、若貴2人だけにしか分からない“深い闇”があるんです……。実は、あの2人が絶縁したのは、“父親が違う種違いの兄弟では……”という話が大きな原因だと聞いています」

     こう重い口を開くのは、若貴の出生の秘密をよく知る元藤島部屋の関係者だ。仮にX氏としよう。

     今回本誌は、このX氏から、若貴兄弟の間に渦巻く、兄弟仲を引き裂いた“新事実”を取材することに成功した。まずX氏の激白前に、角界では以前から囁かれていた“若貴は父親が違う”という説の概要を説明したい。

    「まったく……誰も裏が取りようのない、信じ難い“異父兄弟説”が相撲界で今も飛び交っているんだけどね。中でも、まず最初に言われたのが、“兄の若乃花は、初代若乃花である花田勝治氏(故人)と、実母・藤田紀子さんとの間にデキた子”という、耳を疑うような話だね」

     こう語るのは角界関係者。ご存じ、若貴の母親は元女優の藤田紀子だ。その夫は、元大関の初代・貴ノ花の花田満氏(故人)。初代・若乃花は、満氏の実兄だ。

    「つまり、この噂でいくと、“紀子さんは夫の兄である勝治氏と密かに通じあっていて、そこに生まれたのが勝氏”ということになる。当事者である若乃花の耳にも、この話は入っているようです。本人はどう思っているんでしょうか」(前同)

    「輪島との間にできた子」という噂も
     にわかには信じ難い若乃花の噂だが、角界では以前から、悪意のある、さも“本当の話”のように語り継がれてきたのだという。だが、それだけではない。

    「“弟の貴乃花は、紀子さんと元横綱の輪島の間にできた子ども”という噂もある。確かに紀子さんと輪島は昔から親しく、紀子さんと満氏、そして輪島は一時、一緒に住んでいたほど仲が良かったと言います。また、貴乃花の身体つきが輪島に似て肩幅がガッチリとしていたことから、“貴の父親は輪島だ”という説が、一気に信じられるようになってしまったんです」(同)

     当然、こうした噂話を耳にすれば、貴乃花が心を痛めるのがよく分かる。ここから兄弟仲は狂い始める。兄弟の不仲が表面化したのは、2005年。父であり、親方である花田満氏が55歳の若さで“口腔底癌”で亡くなったときだ。

    「満氏が亡くなる直前、病院で闘病中の際、貴乃花は若乃花に対して病室への出入りを禁止。お見舞いもさせないようにしていたそうです。満氏が死去すると、遺体のある霊安室で罵り合う兄弟喧嘩をしたとも報じられました。以来、2人は一切、口をきかず、“絶縁関係”になったといいますよ」(病院スタッフ

    つづく

    日刊大衆2018年9月30日06時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_61259/

    写真
    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    1 Egg ★ 2018/10/01(月) 06:25:16.39
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1538342716/


    【貴乃花親方『異父兄弟説』の真相は…? “若貴絶縁”の謎は深まる】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    まさに『この親にしてこの子あり』だな

    1

    貴乃花親方の長男で靴職人の花田優一氏がブログで父について「無職になる親父 最高にかっこいい」とつづった。

    花田氏は9月29日に20日ぶりにブログを更新。
    父である貴乃花親方が日本相撲協会からの電撃退職を表明してから初めての更新は「引退」というタイトル。
    父の現役引退となる断髪式で、自身がまげにハサミを入れた写真をアップすると「46歳。無職になる親父 最高にかっこいい」とわずか3行だったが、息子として心情のこもった言葉をつぶやいた。

    最後に、相撲協会を“引退”する会見での父親の写真も投稿。
    2回の“引退”を写真で紐解いた。

    ファンからも「貴乃花親方、お疲れ様でした」「たとえ引退されても、相撲界に刻んだ偉大な功績は、消えません」「応援しています」など労いの言葉が届けられていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000087-dal-ent


    【【靴職人】『貴乃花』は長男・優一氏にとっていつでも“誇りの親父”】の続きを読む

    このページのトップヘ