芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 貴乃花



    (出典 %E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97.com)


    もうこの人に対するいい記事は松田区見なくなったね・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/29(火) 08:01:49.74

    「靴の製作代金を受け取りながら納品が大幅に遅れ、顧客から苦情が殺到。昨年11月、当時の所属事務所が『これ以上は、もう面倒見きれない』と優一さんは契約解除になりました。実は、この背景には昨夏のイベント出展をめぐる“金銭トラブル”もあったと聞いています」(花田家の知人)

    お騒がせ二世・花田優一(23)に、また新たな“トラブル”が浮上した。

    「昨年6月、彼はイタリア・フィレンツェで開催されたメンズファッションイベント『PITTI IMAGINE UOMO』に日本人の職人として初めて出展しました。しかし、この費用は基本的に前事務所が負担しているそうです。優一さんが前事務所に頼み込んで出展にこぎつけましたが、度重なるトラブルから“解雇”同然の退社に。渡航費や人件費、出展費用など総額2千万円近くが事実上“水の泡”となり、前事務所も憤慨しているそうです」(前出・知人)

    『PITTI~』は毎年1月と6月に開かれる世界最大のメンズファッションの祭典。世界中のブランドが翌年の新作を発表し、世界中のバイヤーが買い付けに参集する。
    来場するファッション関係者は3万人を超えるという、ビッグイベントだ。昨年8月24日放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)でも、出展した優一に密着。
    「ただ単に“いい靴を作りたい”という思いで作っていたものが、“『PITTI』に出展するために作ろう”に変わっていったのは事実」と、
    自らの意志で出展したことをアピールしていたのだが……。優一の出展したブースを見たファッション関係者はこう語る。

    「他のシューズブランドはブースに数十足が展示されていたんですが、優一さんのブースにはたった2足。ショートブーツとローファーだけしか展示されておらず、驚いた記憶があります。
    優一さんは『2足に絞ったのは、今の僕にできる“最高”を提示するのにベストだと考えたから』と主張していたそうです。そんな少ない作品で勝負するブースは他に一切なかったので、かなり異質な空間でした」

    前出の知人は続ける。

    「本来なら、優一さんのように“まだ実績のない靴職人”が出展できるようなイベントではありません。しかし、彼が『絶対、話題になる。出展費用は返します!』と前事務所を必死に口説いたそうです」

    前事務所は“彼の肩書に箔が付くなら……”とあらゆるツテを頼って、やっとのことで出展にこぎつけたという。

    「もともと、母・景子さんの紹介もあってこの事務所に所属することになり、景子さんもこの出展に強く賛成していたそうです。
    『息子の将来のために何卒』と前事務所に頭を下げたと聞いています。前事務所は優一さんを全面的に信用して、覚書は交わさなかったようです。
    契約解除後、優一さんからこの件についておわびはなく、出展費用も返済されていない“不義理”が続いているそうです」(前出・知人)

    この“金銭トラブル”について前所属事務所に確認したところ、「社内で協議した結果、弊社としてはこの件についてはお答えできません」との回答だった。

    優一はなんと答えるか。1月下旬の午後1時ごろ、本誌は自宅から現れた優一を直撃した。
    黒のダウンジャケットにキャップをかぶり、トレードマークの丸メガネ。耳にはイヤホンを着けている。こちらの姿を確認すると、避けるように踵を返して歩き始めた。

    ――昨年6月のフィレンツェのイベントについてお聞きしたいのですが。

    「……」

    ――その出展には2千万円の費用がかかったと聞いています。

    「いま、忙しいので」

    ――優一さんが、ご自身の活動の宣伝になると前事務所に提案されて出展したのでは。

    「急いでいるので」

    ――前事務所は契約解除したことで採算がとれませんが、費用の一部でも返済する意思はあるのでしょうか。

    「名刺、もらえますか?」

    記者が名刺を渡すと、こちらの顔をのぞきこみ舌打ちする。その後は何を聞いても沈黙し続ける優一は、足早に去って行った。

    「優一さんを溺愛する景子さんはいまやもう優一さんの“靴職人”という仕事に固執していないようです。
    親しい関係者を通じて各テレビ局にタレントとして彼を売り込み、加えて自分も本格的なテレビ復帰ができるように働きかけています」(前出・テレビ局関係者)

    優一のトラブルが続けば、話題母子のメディア行脚は“靴ずれ”を起こしかねない。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12268-175830/
    2019年01月29日 00時00分 女性自身


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【自称靴職人】花田優一氏に2000万円もの金銭トラブルが発覚 前所属事務所と海外出展巡り】の続きを読む



    (出典 www.alfaromeo-jp.com)


    人を必要以上に貶めたりしないもんな…さすがはさんまさん・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/14(月) 00:12:49.86

    明石家さんまが、13日放送の『行列のできる法律相談所3時間SP』(日本テレビ系)に出演。元貴乃花親方・花田光司氏の長男で靴職人の花田優一さんを絶賛する一幕があった。

    この日は、優一さんの母・河野景子がゲストで登場。夫の花田氏はもともと、息子には「別の世界に行け」と、相撲の道に進ませない意向だったなど秘話を明かした。

    そんな優一さんは靴職人として2016年10月オンエアの特番『明石家さんまの転職DE天職』(同系)に出た際にさんまから靴作りの依頼を受け、
    翌17年4月の同特番内でオーダーメイドの靴をプレゼント。さんまから「オシャレ!合格」と高い評価を受けていた。

    東野幸治がその件について改めて質問。河野に対し「息子さんが、さんまさんの靴作ってましたよね?」と振り返ると、
    彼女は「ありがとうございました」と、お世話になったことに謝意を述べた。

    するとさんまは、「靴の腕はイイよね」と優一さんの職人としての腕前を評価。満足げに「オレ、今でも履いてるもん」と以前作ってもらった靴を愛用していることを告白。
    さらに、さんまが右足に重心をかけることから「右足(の靴底)を厚くしてくれた」と、歩く癖を見極めて優一さんが作ってくれたと語っていた

    http://news.livedoor.com/article/detail/15868558/
    2019年1月13日 23時7分 RBB TODAY


    (出典 mata-ashita.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【絶賛】靴職人・花田優一の靴『明石家さんまが今でも履き続ける理由』】の続きを読む



    (出典 nehohaho.com)


    それより自分のことを心配しなさいって言われそう・ω・

    1 豆次郎 ★

    1/2(水) 21:15配信

     元貴乃花親方の花田光司氏(46)が2日、日本テレビで放送された「新春しゃべくり007超最強ゲスト初夢共演SP」に出演。女優・宮沢りえ(45)との婚約について語った。

     作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんとのインタビューで明かした。関脇・貴花田時代の92年、りえと婚約し、2ショットで会見もしたが、翌93年1月に破局を発表した。

     花田氏は寂聴さんから「はっきり覚えてますよ。りえちゃんと婚約した時ね」と直球で質問をぶつけられ、「は…はい」と少し苦笑いを浮かべ、うなずいた。

     りえと親しい寂聴さんは「今は(再婚して)幸せよ」と語ると、花田氏は笑顔を浮かべ「安心しました…それを聞くと勝手に…。実はずっと(心配していたんです)」と心の内を明かしていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000090-dal-ent


    (出典 www.cyzowoman.com)


    【【元貴乃花親方】実は『宮沢りえ』のことをずっと心配していた…】の続きを読む


    河野 景子(こうの けいこ、本名同じ、1964年11月12日 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、元フジテレビのアナウンサー。 元夫は元大相撲力士の第65代横綱・貴乃花光司で、婚姻中は花田 景子(はなだ けいこ)として活動。 一般社団法人日本漢字習熟度検定協会・名誉会長、日本ペンクラブ会員。
    18キロバイト (2,283 語) - 2018年12月26日 (水) 12:32



    (出典 cdn.narinari.com)


    離婚するのってどちらか一方だけの責任ではないケースが多いと思うけど、とかく外野は『善側』と『悪側』とに分別したがるよね・ω・

    1 湛然 ★

    12/24(月) 5:00 サンケイスポーツ
    河野景子さん、涙の激白!離婚の真相「一つではなく積み重ね」

     大相撲・元貴乃花親方(元横綱)の花田光司氏(46)の元妻で元フジテレビアナウンサー、河野景子さん(54)が、28日放送の同局系「バイキング・ザ・ゴールデン」(後6・0)に出演することが23日、分かった。
    先月26日の離婚発覚後、初のメディア出演で、離婚理由を「一つではなく、積み重ね」と告白。23年間の結婚生活や長男でタレント活動も行う靴職人、花田優一(23)への思いまで赤裸々に語り尽くした。

     花田氏と10月25日に離婚したことが先月に発覚してから1カ月。さまざまな憶測が飛んだ離婚の真相について、花田氏、優一に続き、河野さんもついに口を開いた。

     河野さんは、今月中旬に“古巣”フジテレビの4時間特番「バイキング・ザ・ゴールデン」のインタビューに対応。聞き手となった司会の俳優、坂上忍(51)に対し、1時間以上にわたって胸の内を激白した。

     結婚生活に終止符を打った理由を聞かれると、「一つではなく、積み重ねだと思います」と複雑な心境を吐露。「(原因については)これからゆっくり考えていこうと思います」と、しみじみと振り返った。

     元夫と暮らした23年間については「つらいことも悲しいことも悔しいことも、たくさんありました。でも、それ以上に喜びとかうれしいこととか感動したこともありました」と涙を浮かべながら回想。
    花田氏の「円満な夫婦なら離婚なんてしません」というコメントに対する思い、2016年に河野さんが設立したイベント企画会社や長男のタレント活動に対する認識の違いが離婚の一因とする報道にも、本音で答えた。

     他にも、結婚前のデート事情や横綱の妻としての苦労、1998年の花田氏の洗脳騒動、2010年に花田氏が理事選へ出馬した「貴の乱」について言及。
    昨年起こった弟子の元幕内貴ノ岩に対する元横綱日馬富士の暴行事件や、その後の花田氏の行動に対する思い、「こんなにつらいんだったら辞めていいんじゃない」と語りかけた河野さんに花田氏が返した言葉も明らかに。
    元夫を支え続けてきた河野さんが、その舞台裏を語り尽くした。

     坂上は「予想以上のお答えでびっくり」とインタビューを振り返り、花田氏と河野さんの関係性を「むしろ同志。離婚されてもその部分は変わっていない」と分析。2人しか分からない思いを解釈していた。


    坂上の質問に対し、真摯に答えた河野さん

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000509-sanspo-ent


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【激白】河野景子さん 元貴乃花親方との離婚に至るまでの胸中を語る「一つではなく積み重ね」】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    まだ若いんだからいろいろやってみるのもいいか・ω・

    1 鉄チーズ烏 ★

     元貴乃花親方の花田光司氏と元フジテレビアナウンサーの河野景子さんの長男で、靴職人でタレントとしても活動する花田優一(23)が24日、読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演。納期をめぐるトラブルについて「作るのに時間がかかるもの。『時間がかかるなら返金してください』というお客様にはご説明して対応させていただいている」などと説明した。

     タレント業との二足のわらじについては「僕、正直あまんまりテレビに出演多くなくて、タレント業だけで僕の生計成り立たないんで。そこはちょっと誤解はあると思うんですけど。靴を作るだけでなく、靴を売るまでが仕事なんで」とあくまで軸足は靴職人であることを強調した。

     また、ベストドレッサー授賞式当日に納車されたばかりの推定700万円の新車のバンに乗っていたことを週刊誌で報じられ、「靴の材料を運ぶのに(車が必要)」と説明し、代金については「もちろん自分で払わせていただいてますので」と、親に援助してもらったとの説を否定した。


    2018.12.24.
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/12/24/0011930941.shtml


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【自称靴職人】『花田優一』ミヤネ屋で生告白「タレント業だけで生計成り立たない」】の続きを読む

    このページのトップヘ