芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:女優 > のん


    のん(19937月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈うねん れな)で活動、20167月より独立しのん芸名で活動する。
    93キロバイト (11,923 語) - 2019年6月13日 (木) 14:37



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    あれだけの逸材が使われないんだから、何らかの圧力があるとしか思えない・ω・

    1 鉄チーズ烏 ★

     ジャニーズ事務所が、かつての所属タレントである『新しい地図』の3人をテレビ出演させないよう、一部民放テレビ局に圧力をかけていた“疑い”があるとして、公正取引委員会から注意を受けていた一件。これに関連し、『のん』こと能年玲奈のマネジメント会社代表取締役社長・福田淳氏が、7月18日に公式サイトで声明を発表したのだが、見事に声はかき消されてしまった。

     のんが前事務所から現在のマネジメント会社へ移ったのは2016年7月。しかし、声明によると移籍後は謎の力によって芸能活動を封じられることがあったようで、
    《テレビ局の若い編成マンから本当にたくさんの素晴らしい企画、脚本などオファーをいただきました。しかし、お話が進むうちに、上司や担当役員によって突然つぶされてしまうことが繰り返されてきました》
    《その状態が3年も続いております》
    《現場からの熱烈なオファーもある、のんが3年間テレビ局で1つのドラマにも出演がかなわないことは、あまりにも異常ではないでしょうか?》
    《素晴らしいクリエーティブを作る人々が、忖度なく、正々堂々と切磋琢磨する中で、世の中の人々を楽しませ、感動させられるそんな産業になっていくことを切に祈ります》
     などと、現在まで続く悲痛なまでの窮状が訴えられている。

     しかし、各マスコミが“発端”となったジャニーズ事務所と公取委の問題を報じる一方、のんの不当な扱いを告発した福田氏を報じるメディアはほぼゼロ。多くの人気女優や人気タレントを抱えるのんの前事務所に忖度してか、“ジャニーズたたき”に隠れて言及すらしないという闇の深さを見せている。

     また、告発の直後には宮迫博之・田村亮による“闇営業問題”の釈明会見が開かれ、これに伴う『吉本興業』の事務所体質が芸能ニュースを独占する事態に。不運にも、のんの窮状はかき消されることとなってしまい、このままでは忘れ去られることが濃厚とみられている。

     大手である前事務所に怯むことなく、業界の現実を自らの言葉で訴えた福田氏。この勇気ある告発は決して無駄にしてはならないが、残念ながらこれ以上話題なることはないかもしれない…。

    2019年07月24日 21時15分
    https://wjn.jp/article/detail/2083241/

    (出典 wjn.jp)



    (出典 wezz-y.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【闇】“のん”能年玲奈への圧力告発も、テレビ業界完全スルーの様相…】の続きを読む


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    93キロバイト (11,923 語) - 2019年6月13日 (木) 14:37



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    どうか能年ちゃんにも早く日の目を・ω・

    1 れいおφ ★

    2016年末に電撃解散したアイドルグループ「SMAP」の元メンバー、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾。

    解散後にそれまで所属していたジャニーズ事務所から独立した3人を巡り、ジャニーズ事務所が在京の民放テレビ局に対し、
    3人を出演させないようにと圧力をかけていた疑いがあるとして、公正取引委員会(公取委)が独占禁止法違反につながる恐れがあると注意したというのである。

    (中略)

    それにしても、どうも腑に落ちない、納得できないのは公取委の行動である。

    確かに、SMAPの解散劇や、その後の動きは社会的な出来事になってきた。
    それは理解できるし、時代の流れに則して芸能界も変わっていかなければならないと思うが、
    こういった問題で公取委が動くことができるのなら、まずは、女優の「のん(能年玲奈)」でも動いても良かったんじゃないか?

    まさか、有識者検討会がSMAPファンの集まりだったとは言いたくないが、のんについての話題が出てこないのは、ちょっと納得ができない。

    のんは、NHK「あまちゃん」で国民的人気となったが、その後、所属事務所のレプロエンタテインメントと契約上の問題が起こり、独立した。

    もちろん、事務所には事務所の言い分があるだろうし、のんにものんとしての言い分があるだろう。し
    かし、だからといって本名の「能年玲奈」を使わせないとか、個人の芸能活動を阻害するのは大きな問題だろうと思う。一つの才能を潰すことにもなりかねない。

    前述したように、公取委が独占禁止法について「芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして
    不当に妨害する行為を禁じている」というのであれば、まさに、のんの問題はSMAPと並んでタイムリーな「対象事案」だったはずである。
    しかも、事務所とのんは裁判でも争ってきたわけだから。

    そう考えると、今回の公取委の「ジャニーズ注意」は、もちろんそれなりの衝撃度はあったかもしれないが、
    冷静に見たら単なる世論に対する、ちょっとしたパフォーマンスだったようにしか思えない。

    いずれにしても、テレビ局を含めた業界全体の問題を、プロダクションだけの責任として押し付けるようなやり方は
    吉本興業の闇営業問題にも共通する部分がある。実に無責任な手法であって、何も変わらない。

    (以下ソース)
    https://news.livedoor.com/topics/detail/16790206/


    (出典 haru-journal.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【動かない公取委】「のん(能年玲奈)」も救って! …元SMAPを挙げるなら「のん」の独立問題も!】の続きを読む


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    93キロバイト (11,923 語) - 2019年6月13日 (木) 14:37



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    どんどん美人になってくなこの子…そろそろドラマのヒロインに抜擢してあげて・ω・

    1 湛然 ★

    さらば青春の光・森田「のんの透明感ハンパない」
    2019年7月3日 13時25分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20190703-OHT1T50095.html

     女優・のん(25)とお笑いコンビ「さらば青春の光」の森田哲矢(37)、東ブクロ(33)が3日、都内で「マルコメ プラス糀 糀甘酒」の新CM発表会に出席した。

     「自然素材にこだわったノンシュガー、ノンアルコールの商品イメージにぴったり」としてCM起用された、のんは「糀甘酒はおいしくて体にもいいので、毎日飲んで体調を整えたい」。
    森田が「僕らもCMに出たかった」とボヤくと「(CMキャラクターを)取られないようにしないと…」と冗談交じりに笑わせた。

     初対面の、のんについて森田は「ただただ、かわいい。透明感がハンパない」と語り、東ブクロも「隣にいるだけで癒やされます」と目尻を下げた。

    (おわり)


    左からマルコメくん、のん、さらば青春の光。

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    マルコメ プラス糀 糀甘酒 魚沼の水篇 ロングバージョン

    (出典 Youtube)



    (出典 cdn.narinari.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【元・能年玲奈】のんの新CM発表会…ハンパない透明感に一同驚愕】の続きを読む


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    90キロバイト (11,692 語) - 2019年5月28日 (火) 12:15



    (出典 buzz-plus.com)


    観たい人は多いはずなんだけど…本人も問題ある人なのかな…ここまで長引くとなんかね・ω・

    1 Egg ★ :2019/05/28(火) 22:03:17.98 ID:gTCbR1qx9.net

    NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインだったのん(能年玲奈)の〝芸能界復帰〟が、大きく遠のいてしまったようだ。

    2015年4月、『週刊文春』がのんの経済的苦境を記事として掲載。のんの元所属事務所はこのとき、「事実に反する」として、発行元の文藝春秋と当時の同誌編集長に約1億3千万円の損害賠償を求め名誉棄損で提訴した。

    そして今年4月19日、その一審判決があり、東京地裁は文春側に合計660万円の支払いを命じ、文春側は即日控訴した。

    「1億円の名誉棄損トラブルなどはよくあることで、その額自体は驚くものではありません。名誉棄損はだいたいが高くても50~200万円が相場。500万円というのは相当に高額の部類です」(司法ライター)

    文春は、まるで奴隷契約のようだとしていた。「給料は5万円」「お金がなくパンツも買えなかった」などと報道。

    「確かに最初は月給5万円でしたが、『あまちゃん』の放送が始まった13年夏には20万円に増額。夏と冬合わせて200万円以上のボーナスも支給されているはずです」(元所属事務所関係者)

    当時、彼女は20歳前後だ。

    「翌年は20万円の固定給で、夏冬合わせて800万円ほどのボーナスが支給されています。年収は1100万円に欠ける程度だったような気がします」(同・関係者)

    少なくとも『あまちゃん』が放送されたあとは「パンツが買えない」状況ではなかったようだ。しかし、一方的に契約終了を宣言し、独立。女性振付師の滝沢充子氏と行動をともにし始め、どんどん方向がズレていく。

    「のんは個人事務所を設立。代表取締役はのんで、滝沢さんは取締役と報じられたあたりから、いよいよワケが分からなくなりました」(芸能ライター)



    ファン不在の泥仕合
    個人事務所を設立した後は、東京を離れ、岩手県の銀行などをスポンサーに付け東北地方を中心に活躍。映画の声優もこなし、復活が期待された。

    「昨年、一部写真誌が元事務所との和解を報じたところ、元事務所側はその詳細さに怒り、逆に態度を硬化。再びドロ沼になり、今回の判決となったのです」(前出の司法ライター)

    ここで勘違いしてはいけないのは、今回の裁判、あくまで文春と元事務所の法廷闘争である。

    「ただ文春は、裁判で情報源はのんと情報開示しています。のんに許可を取ったともいわれ、彼女自身も文春の力を借り、今後も戦うつもりでしょう。状況からいって控訴審も厳しい。のんの復活は、和解以外ないと思いますよ」(同・ライター)

    視聴率が低迷しているNHK大河『いだてん』は、のんの〝サプライズ出演〟に期待していたフシもあったといわれているが、その可能性はほぼゼロ…。今も昔もテレビの内側では、視聴者の楽しみなど二の次のドロドロが繰り広げられているのである

    2019.05.27 10:31 まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/84394

    写真

    (出典 myjitsu.jp)


    1 Egg ★ 2019/05/27(月) 12:26:59.27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558927619/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【和解至らず】<のん=能年玲奈>の“芸能界復帰”は絶望寸前…根深い確執】の続きを読む


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    90キロバイト (11,684 語) - 2019年5月19日 (日) 01:00



    (出典 image.news.livedoor.com)


    もたもたしてると、女優としても女としても旬が過ぎちまうよ・ω・

    1 ひかり ★ :2019/05/21(火) 07:51:51.03 ID:5xtRQCW+9.net

     シャボン玉が舞うなか、歌い踊る自分の姿に、輝いていたあの頃を重ねていたのかもしれない。5月中旬、埼玉県内でおこなわれたのは、
    2020年公開予定の映画『星屑の町』の撮影だ。ヒロインを務める女優・のん(25)にとって、約5年ぶりの映画出演となる。

     ラサール石井(63)らベテラン陣をバックに従えて演じるのは、歌手デビューを夢見る田舎娘役。カメラが止まっても、熱心に振付を確認する姿は、
    朝ドラで主演を務めて日本の朝を照らした、6年前を思い起こさせる。

     共演するオジサンたちと談笑しながら、平穏に撮影に臨むのんだが、この笑顔の陰で、先月、彼女が渦中にある裁判の判決が下されていた。

     発端は、『週刊文春』が2015年4月に掲載した記事だ。のん(当時、能年玲奈)が表舞台から姿を消した理由は、のんが当時所属していた芸能事務所・
    レプロエンタテインメントの待遇にあると報じた。

     記事では、2013年以降、のんが置かれていた状況を、「『あまちゃん』時代の月給は5万円」「お金がなく、パンツも買えなかった」
    「現場マネージャーが次々に替わった」などと詳報。証言者は明らかにされていないが、当事者に「ごく近い人物」を取材したと思われる
    具体的な内容だった。

     記事に対し、レプロおよび同社社長は「事実に反する」として、2015年6月、発行元の文藝春秋と、当時の同誌編集長を名誉棄損で提訴。
    その判決が、2019年4月19日に下されたのである。
    判決で、東京地裁は文春側に合計660万円の損害賠償の支払いを命じたが、
    文春側は即日控訴した。

     本名の「能年玲奈」で活動していた若手女優は、2013年、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、一躍脚光を浴びた。
    人気女優の仲間入りを果たしたかに思われたが、2015年初めごろから、開店休業状態に。

     のんとレプロの確執は、さまざまなトラブルに発展し、現在も和解はしていない。

     一般的に、記事が「事実無根」であるかを争って、裁判に発展することはままある。だが今回の裁判には、異例の事実があった。
    以下は4月19日、判決、また即日控訴を受けて、『週刊文春」編集部がホームページ上に公開した弁。

    《本件記事は、能年玲奈さんご自身の告発に基づき、掲載されたものであることを、裁判の場で明らかにしています》

     なんと、記事の「ネタ元」の一人は、のん本人だったのだ。

    「本人の了承なしに、『文春』が情報源を開示したとは考えにくい。『告発したい』という、のん自身の強い気持ちの表われではないか。
    これほどの有名人が、匿名で週刊誌に告発し、後からそれが明るみに出るのは前代未聞だ」(芸能プロ関係者)

     名前を明かした理由について、文藝春秋法務・広報部は「取材及び裁判の過程については、お答えしておりません」と回答。のんの現在の
    所属事務所からは、期日までに回答はなかった。

     のんが心から笑顔を見せる日は、まだ来ない。

    (週刊FLASH 2019年6月4日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00010000-flash-ent

    (出典 data.smart-flash.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【裁判トラブル】のん、復帰見通し立たず…】の続きを読む

    このページのトップヘ