芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:女優 > のん


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    90キロバイト (11,692 語) - 2019年5月28日 (火) 12:15



    (出典 buzz-plus.com)


    観たい人は多いはずなんだけど…本人も問題ある人なのかな…ここまで長引くとなんかね・ω・

    1 Egg ★ :2019/05/28(火) 22:03:17.98 ID:gTCbR1qx9.net

    NHK連続テレビ小説『あまちゃん』のヒロインだったのん(能年玲奈)の〝芸能界復帰〟が、大きく遠のいてしまったようだ。

    2015年4月、『週刊文春』がのんの経済的苦境を記事として掲載。のんの元所属事務所はこのとき、「事実に反する」として、発行元の文藝春秋と当時の同誌編集長に約1億3千万円の損害賠償を求め名誉棄損で提訴した。

    そして今年4月19日、その一審判決があり、東京地裁は文春側に合計660万円の支払いを命じ、文春側は即日控訴した。

    「1億円の名誉棄損トラブルなどはよくあることで、その額自体は驚くものではありません。名誉棄損はだいたいが高くても50~200万円が相場。500万円というのは相当に高額の部類です」(司法ライター)

    文春は、まるで奴隷契約のようだとしていた。「給料は5万円」「お金がなくパンツも買えなかった」などと報道。

    「確かに最初は月給5万円でしたが、『あまちゃん』の放送が始まった13年夏には20万円に増額。夏と冬合わせて200万円以上のボーナスも支給されているはずです」(元所属事務所関係者)

    当時、彼女は20歳前後だ。

    「翌年は20万円の固定給で、夏冬合わせて800万円ほどのボーナスが支給されています。年収は1100万円に欠ける程度だったような気がします」(同・関係者)

    少なくとも『あまちゃん』が放送されたあとは「パンツが買えない」状況ではなかったようだ。しかし、一方的に契約終了を宣言し、独立。女性振付師の滝沢充子氏と行動をともにし始め、どんどん方向がズレていく。

    「のんは個人事務所を設立。代表取締役はのんで、滝沢さんは取締役と報じられたあたりから、いよいよワケが分からなくなりました」(芸能ライター)



    ファン不在の泥仕合
    個人事務所を設立した後は、東京を離れ、岩手県の銀行などをスポンサーに付け東北地方を中心に活躍。映画の声優もこなし、復活が期待された。

    「昨年、一部写真誌が元事務所との和解を報じたところ、元事務所側はその詳細さに怒り、逆に態度を硬化。再びドロ沼になり、今回の判決となったのです」(前出の司法ライター)

    ここで勘違いしてはいけないのは、今回の裁判、あくまで文春と元事務所の法廷闘争である。

    「ただ文春は、裁判で情報源はのんと情報開示しています。のんに許可を取ったともいわれ、彼女自身も文春の力を借り、今後も戦うつもりでしょう。状況からいって控訴審も厳しい。のんの復活は、和解以外ないと思いますよ」(同・ライター)

    視聴率が低迷しているNHK大河『いだてん』は、のんの〝サプライズ出演〟に期待していたフシもあったといわれているが、その可能性はほぼゼロ…。今も昔もテレビの内側では、視聴者の楽しみなど二の次のドロドロが繰り広げられているのである

    2019.05.27 10:31 まいじつ
    https://myjitsu.jp/archives/84394

    写真

    (出典 myjitsu.jp)


    1 Egg ★ 2019/05/27(月) 12:26:59.27
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558927619/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【和解至らず】<のん=能年玲奈>の“芸能界復帰”は絶望寸前…根深い確執】の続きを読む


    のん (女優) (能年玲奈からのリダイレクト)
    のん(19937月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 現在の兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、20167月より独立しのんの芸名で活動する。
    90キロバイト (11,684 語) - 2019年5月19日 (日) 01:00



    (出典 image.news.livedoor.com)


    もたもたしてると、女優としても女としても旬が過ぎちまうよ・ω・

    1 ひかり ★ :2019/05/21(火) 07:51:51.03 ID:5xtRQCW+9.net

     シャボン玉が舞うなか、歌い踊る自分の姿に、輝いていたあの頃を重ねていたのかもしれない。5月中旬、埼玉県内でおこなわれたのは、
    2020年公開予定の映画『星屑の町』の撮影だ。ヒロインを務める女優・のん(25)にとって、約5年ぶりの映画出演となる。

     ラサール石井(63)らベテラン陣をバックに従えて演じるのは、歌手デビューを夢見る田舎娘役。カメラが止まっても、熱心に振付を確認する姿は、
    朝ドラで主演を務めて日本の朝を照らした、6年前を思い起こさせる。

     共演するオジサンたちと談笑しながら、平穏に撮影に臨むのんだが、この笑顔の陰で、先月、彼女が渦中にある裁判の判決が下されていた。

     発端は、『週刊文春』が2015年4月に掲載した記事だ。のん(当時、能年玲奈)が表舞台から姿を消した理由は、のんが当時所属していた芸能事務所・
    レプロエンタテインメントの待遇にあると報じた。

     記事では、2013年以降、のんが置かれていた状況を、「『あまちゃん』時代の月給は5万円」「お金がなく、パンツも買えなかった」
    「現場マネージャーが次々に替わった」などと詳報。証言者は明らかにされていないが、当事者に「ごく近い人物」を取材したと思われる
    具体的な内容だった。

     記事に対し、レプロおよび同社社長は「事実に反する」として、2015年6月、発行元の文藝春秋と、当時の同誌編集長を名誉棄損で提訴。
    その判決が、2019年4月19日に下されたのである。
    判決で、東京地裁は文春側に合計660万円の損害賠償の支払いを命じたが、
    文春側は即日控訴した。

     本名の「能年玲奈」で活動していた若手女優は、2013年、ヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で、一躍脚光を浴びた。
    人気女優の仲間入りを果たしたかに思われたが、2015年初めごろから、開店休業状態に。

     のんとレプロの確執は、さまざまなトラブルに発展し、現在も和解はしていない。

     一般的に、記事が「事実無根」であるかを争って、裁判に発展することはままある。だが今回の裁判には、異例の事実があった。
    以下は4月19日、判決、また即日控訴を受けて、『週刊文春」編集部がホームページ上に公開した弁。

    《本件記事は、能年玲奈さんご自身の告発に基づき、掲載されたものであることを、裁判の場で明らかにしています》

     なんと、記事の「ネタ元」の一人は、のん本人だったのだ。

    「本人の了承なしに、『文春』が情報源を開示したとは考えにくい。『告発したい』という、のん自身の強い気持ちの表われではないか。
    これほどの有名人が、匿名で週刊誌に告発し、後からそれが明るみに出るのは前代未聞だ」(芸能プロ関係者)

     名前を明かした理由について、文藝春秋法務・広報部は「取材及び裁判の過程については、お答えしておりません」と回答。のんの現在の
    所属事務所からは、期日までに回答はなかった。

     のんが心から笑顔を見せる日は、まだ来ない。

    (週刊FLASH 2019年6月4日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190521-00010000-flash-ent

    (出典 data.smart-flash.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【裁判トラブル】のん、復帰見通し立たず…】の続きを読む


    のん(19937月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈うねん れな)で活動、20167月より独立しのん芸名で活動する。
    90キロバイト (11,696 語) - 2019年5月4日 (土) 06:16



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    もったいないよねホント・ω・

    1 Egg ★ :2019/05/08(水) 23:51:28.22 ID:05udtIij9.net

    令和の時代を迎えるにあたり、多くのメディアで平成を振り返る企画が相次いだ。そんな中、過去の映像が出るたびに地上波復帰の期待が高まるのが女優、のん(25)。しかし、その道はかなり厳しいと言わざるを得ない。

     NHKが4月29日に放送した「総決算!平成紅白歌合戦」で、のんと橋本愛(23)が歌う朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」が流された。当然、SNSでも歓喜の書き込みが相次いだ。

     「現在放送中の大河ドラマ『いだてん』は脚本が宮藤官九郎が担当するなど『あまちゃん』スタッフが多くかかわっているので、のんの起用も期待されましたが、出番はなさそうです」とテレビ誌編集者はささやく。

     のんは所属事務所からの独立トラブルが響き、「テレビ局側が敬遠しています。地上波の番組に登場することはなく、主戦場は舞台や音楽、アーティスト活動などです」とある芸能事務所マネジャーは指摘する。

     そんな中、現在放送中の朝ドラ「なつぞら」に期待が集まった。朝ドラ100作目とあって、松嶋菜々子(45)や小林綾子(46)、比嘉愛未(32)、岩崎ひろみ(42)といった歴代ヒロインが次々と登場しているのだ。

     「もちろん『あまちゃん』も近年の朝ドラ人気に貢献した作品なので、のんの起用も取り沙汰されたそうです。彼女が出るとなると、かなりの話題になりますし。しかし現状ではそれもかなり厳しいようです」と先のテレビ誌編集者。

     先月、東京地裁であった民事訴訟の判決が影響しているという。2015年に「週刊文春」が掲載した記事に対し、名誉毀損を認め、賠償を命じたのだ。記事では、「あまちゃん」の撮影時、所属事務所が、下着も買えないほどの経済状況でのんを働かせていたなどと報じた。

     「判決では、こうした内容について『真実と認められない』との判断を示しました。文春側は控訴しましたが、のんのダメージは大きい。やっと緩やかになっていた、のんへの風当たりが再びきつくなったのです。昨年末には事務所側と和解の動きもありましたが、情報が漏れて決裂しました。このままでは、やはりのんは使いづらいですよね」と先の芸能事務所マネジャー。

     20年公開予定の映画「星屑の町」でヒロインを務めることになった。活動先は中国にまで及んでいるが、テレビの画面に戻ってくる日はまだまだ遠いようだ

    2019年5月8日 17時13分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16428017/


    (出典 news.mynavi.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【もやもや】『のん』が未だに地上波復帰できないワケ… 】の続きを読む


    のん(1993年7月13日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈(のうねん れな)。 兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名の能年 玲奈(のうねん れな)で活動、2016年7月より独立しのんの芸名で活動する。
    80キロバイト (9,922 語) - 2018年10月6日 (土) 15:35



    (出典 warotanikki.com)


    才能あるんだから、変な意地だけは張らないでほしい…

    1 ひかり ★

     所属事務所との独立騒動で芸名を「能年玲奈」から改名した女優のん(25)が、元所属先のレプロエンタテインメントに騒動の謝罪をした上で、
    再びマネジメントをしてくれるよう依頼していたことが18日、分かった。

     レプロによると、今月上旬にのん自ら都内の事務所を訪問。「過去についての謝罪と、マネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、
    本人との面会に至った」という。

     のんは2013年のNHK「あまちゃん」に主演して大ブレークしたが、15年4月に独立騒動が勃発。「月給は5万円でパンツも買えなかった」
    などとレプロを激しく批判しながら、16年6月に独立を強行しただけに、わずか2年での突然の翻意に「正直、戸惑っている」(関係者)という。

     そして、この“極秘面会”直後の様子を19日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じていることが、さらなる疑念を生んでいる。レプロは
    「当事者しか知り得ないはずの情報が外部に漏れ、このような記事が出たことについては、大変不可解であり、誠に遺憾であります」とコメントし、
    面会情報が事前に漏れていたことへの不信感をあらわにしている。

     また、同誌で「和解」と報じられていることにも
    「あくまで申し入れを受けただけで、何ら解決には至っておりません」と否定。来年のNHK大河ドラマ「いだてん」に、のんが出演するために
    事務所との和解を図ったとの見方について、NHK関係者は「全くない話」としている。

     一方的な独立劇を引き起こしながら、なぜ突然翻意したのか。「仕事は行き詰まっていた。今のスタッフのままでは今後も展望が見えない」
    (関係者)との“本音”も聞こえてくるが、果たして本心は何なのか。今後の動向に注目だ。

     ▼のんの独立騒動 15年1月に個人事務所を設立。その後、レプロとの対立が表面化。のんが公私にわたって付き合いのあった演出家を
    慕っていたことから“洗脳騒動”と報じられることもあった。16年6月にレプロを離れ、翌7月に芸名を本名でもある「能年玲奈」から「のん」に
    改めて活動を開始していた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000110-spnannex-ent


    【『のん』独立2年で限界みえた⁉ 元所属先と和解したい…突然翻意のワケは?】の続きを読む



    (出典 d1ria4tdk2qda0.cloudfront.net)


    徐々に“のん”として知名度を取り戻せ!

    1 湛然 ★ :2018/10/14(日) 13:58:56.66 ID:CAP_USER9.net

    「まるで農家のヴィーナス」 のん、岩手県産米CMで今度は“金髪ロングの女神”と化す
    麗しい……。
    2018年10月14日 13時05分 公開

     女優、歌手として活動中ののんさんが10月13日、白いツーピースに金髪ロングヘアをなびかせた写真をInstagramで公開しました。1年ぶりに出演した岩手県産の最高級品種米「金色の風」をPRするCMでの衣装で、前回の金髪ショートカットに続き美しい姿を披露しています。うーん眼福。

     「なんと、金色のあの子が一年経って髪が伸びた! 今年もどうぞよろしくです」と元気よく伝えたのんさん。2017年に公開されたCMと同じシフォンがエアリーなフリルのブラウスとスカートを着て、広大な岩手の自然の中で腰に手を当ててスタイリッシュにポーズをキメています。CMは、普段の黒髪ボブののんさんが、お米を食べると滑らかな金髪ロングに変身するというもの。金髪を風になびかせ、女神のように包み込むような笑顔でお米が入ったお茶碗をこちらへ差し出す姿も収められています。

     のんさんは2013年に岩手県の架空の町を舞台にしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演したことをきっかけに、2017年1月、「純情産地いわて宣伝本部長」に就任。同年8月には「JA全農いわて」のCMに出演し、10月には「金色の風」のCMでお米の良さをアピールしていました。初の金髪が衝撃的だった。

     普段とはガラリと違った雰囲気ののんさんにファンからは「全く誰だか分からなかった!」と驚くコメントとともに、「まるで農家のヴィーナス」「フランス人形みたい」「まるでアニメーションの女主人公のような感じだ」とかわいらしさにときめくコメントも寄せられています。普段の黒髪ボブもいいけど、金髪ロングの大人っぽい雰囲気もキュンとくる。


    [non_kamo_ne]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)

    | のん 公式サイト

    (出典 d1ria4tdk2qda0.cloudfront.net)


    岩手県産米の最高級品種「金色の風」(H30) [岩手県公式動画チャンネル]

    (出典 Youtube)


    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/14/news012.html


    【【農家の女神】“金髪のん” 目指すは再び全国制覇! まずは岩手から…】の続きを読む

    このページのトップヘ