芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:お笑い芸人 > 女芸人


    「つぶつぶ」を解散し、ピンで活動。従来の「西岡すみこ」から「にしおかすみこ」に改名。 2006年 - フジテレビ『くるくるドカン』のさざなみ芸人コーナー出演をきっかけに、次第にブレイク。 2009年 - 8月、落語家春風亭小朝に入門。「春風えむ」。ちなみに「えむ」という名前の由来は、師匠の小朝の""と、ドMの"えむ"を取って付けられた。
    20キロバイト (2,643 語) - 2019年8月29日 (木) 20:58



    (出典 yukawanet.com)


    女芸人は太ってないとほぼ生き残れない世界・ω・

    1 湛然 ★

    にしおかすみこ、清楚なショートヘアが好評 「もうムチは使えない」の声も
    2019/8/29 16:20 Techinsight
    http://japan.techinsight.jp/2019/08/miyabi0829046.html

    にしおかすみこが“芸人の雰囲気”無くなった!?(画像は『にしおかすみこ 2019年8月27日付Instagram「#車内 #休憩中」』のスクリーンショット)

    (出典 japan.techinsight.jp)



    にしおかすみこが“芸人の雰囲気”無くなった!?(画像は『にしおかすみこ 2019年8月27日付Instagram「#車内 #休憩中」』のスクリーンショット)

    十数年ぶりに髪型をショートカットにしたお笑いタレントのにしおかすみこ(44)。女王様キャラで彼女が一世を風靡したのは2007年、女性らしいロングヘアとSM風のボンテージファッションがトレードマークだった。そんな彼女が23日、髪をバッサリ切ったことをインスタグラムに報告しており、フォロワーからは「可愛い!」と好評のようだ。

    にしおかすみこはテレビ番組の企画で2008年の東京マラソンに挑戦し、4時間45分35秒で完走。その後本格的にマラソンを始め、数多くのレースに参加している。今年の勝田全国マラソンで3時間05分03秒と、自己ベストを更新。フルマラソンだけでなく100kmのウルトラマラソンも走破するなど、彼女は40代になってもまだまだパワフルだ。また走ることで肌荒れや腰痛が改善されたり、眠りが深くなり、忙しくても短時間で体力が回復できるようになるなど良い変化が実感できるようになったという。

    いつも走るときはポニーテールが定番だったにしおかが、23日の『にしおかすみこ nishioka_sumiko Instagram』で「軽い~~」とショートヘアを披露。「初夏辺りだったかな、さっぱりしたい願望はあったのだがなかなか思い切れず。やっと」と満足そうだ。コメント欄には、「とってもキュート ショートカットお似合いです!」「ショートの方が断然いい もうムチは使えないけど笑」「芸人の雰囲気無くなったなぁ」「すごい可愛ええー」と絶賛の声が相次いでいる。

    フォロワーからの声にもあるように、最近はレポーターなど芸人というよりタレント活動が多くなったにしおか。お笑いライブのステージに立つことも無くなった。運動神経が良いことからボルタリングなど、新たなスポーツに挑戦する仕事も増えている。2017年には「YouTube『SM全力坂』始めました」とボンテージファッションで全速力する動画を公開したこともあったが、そんな女王キャラに別れを告げたにしおかすみこは今後、スポーツ系バラエティ番組での活躍も期待できそうだ。


    (TechinsightJapan編集部 みやび)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【再起】にしおかすみこ、清楚なショートヘアが好評 「もうムチに頼らない」】の続きを読む


    友近(ともちか、1973年8月2日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、女優。本名、友近 由紀子(ともちか ゆきこ)。 愛媛県松山市市坪北出身。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社(東京吉本)所属。 松山市立石井小学校、 松山市立椿中学校、松山東雲高等学校、松山
    46キロバイト (5,717 語) - 2019年8月21日 (水) 02:57



    (出典 usaponn.com)


    友近自身から大御所感出てきてるもんな最近・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    またまた、吉本興業に激震か。お笑いタレント・友近のパワハラ疑惑を、8月21日発売の「週刊新潮」が報じた。

    事の発端は、友近のマネージャーが吉本興業幹部に宛てた、2通の嘆願書。それには〈こんなできへんやつ初めて見たわ〉〈向いてないから辞めろ〉などの友近の暴言が記されてあったという。
    また、説教は深夜に及ぶことも珍しくなく、夜中のメールに返信しないと何度も電話があり、マネージャーは疲れ果てたようだ。

    同誌は友近を直撃。本人はマネージャーにキツく当たることがあると認めたものの、パワハラは否定。
    あくまでも仕事をうまく回すため、正義感から発言していると釈明している。ただ友近の言動は過去、マネージャー以外に対しても問題となっていた。

    「2017年12月19日配信の『日刊ゲンダイDIGITAL』が、友近にブーイングの声が上がっていることを伝えています。
    仕事に関しては、真面目で几帳面でストイックらしいのですが、要望が細かすぎて、少しでも段取りが違うとキレて収録やロケをやめてしまうことがあると、テレビ局のADが困り果てていたそうです。
    ADに対してもこうですから、身近にいるマネージャーにはもっと強く当たっていても不思議ではありません」(芸能記者)

    マネージャーやADだけでなく、芸能界の大御所・黒柳徹子を怒らせてしまったこともあった。

    「16年1月18日に放送されたトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に友近が出演したときのことでした。
    番組後半、友近は衣装を着替え、“芸歴50年”と称する架空のベテラン演歌歌手・水谷千重子として再登場。
    台本通りだったとはいえ、黒柳は友近が演じる架空のキャラと話すのが嫌だったのか、『面白くないものをお目にかけて皆様に申し訳ない』と言ったり、
    トークを続ける水谷に『もういいです』と突き放したりと拒絶状態でした。このときから、友近と黒柳に“共演NG”の噂が出ています」(前出・芸能記者)

    仕事熱心は大事だが、周囲ともうまくやってほしいものだ

    http://dailynewsonline.jp/article/1974740/
    2019.08.22 18:00 Asagei Biz


    (出典 usaponn.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【<友近>芸能界の大御所をもキレさせた“パワハラ報道”とは】の続きを読む


    友近(ともちか、1973年8月2日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、女優。本名、友近 由紀子(ともちか ゆきこ)。 愛媛県松山市市坪北出身。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社(東京吉本)所属。 松山市立石井小学校、 松山市立椿中学校、松山東雲高等学校、松山
    46キロバイト (5,717 語) - 2019年8月21日 (水) 02:57



    (出典 news.mynavi.jp)


    マネージャー20人交代て、『このハゲー』の人なみのパワハラ系?・ω・;

    1 かばほ~るφ ★

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方
    公開日:2019/08/23 06:00 更新日:2019/08/23 11:35

    闇営業問題から端を発したお家騒動がようやく収束しそうな吉本興業だが、またまた問題が発覚。
    女ピン芸人の友近(46)にパワハラ疑惑が浮上したのだ。

    「週刊新潮」によると、友近のマネジャー2人が今年に入ってから
    同社の幹部宛てに友近のパワハラを訴える嘆願書を提出。

    嘆願書には友近の常軌を逸したイジメについて書かれているというが、
    「向いてないから辞めろ」といった罵詈雑言を浴びせられたり、深夜まで説教されたことが訴えられているのだ。

    友近は同誌に対し、一部事実関係を認めたうえで反論。とはいえ、
    過去10年ほどで友近のマネジャーは20人近く代わっているというからシャレにならない。

    「最近の若いマネジャーは打たれ弱いので、友近さんの言うことも一理ありますが、
    以前からそういううわさがあったので、共演する後輩芸人たちはすっかり怯えてしまっています」(テレビ関係者)
    友近は現在、「ゴゴスマ」(TBS系)、「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など8
    本のレギュラーを持つ売れっ子だが、問題がこじれるようなら、その座は安泰ではない。

    「コメンテーターを務める『ゴゴスマ』などではパワハラ問題を扱うが、自分が“当事者”なのにどうコメントするのか。
    テレビ各局のコンプライアンスでパワハラはNGですから」(前出のテレビ関係者)

    仕事に対する厳しさで知られる友近。ふがいないマネジャーや後輩に腹が立つこともあるだろうが、キレてはいけなかった。

    日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/260673

    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【パワハラ疑惑】マネジャー20人交代していた友近さん…今後】の続きを読む


    渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、ピン芸人、司会者、女優、歌手である。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京吉本)所属。東京NSC12期生。現在ニューヨーク在住。 父母姉本人の4人家族(元々1人っ子とプロフィール公開していたが、後に訂正した
    38キロバイト (5,013 語) - 2019年6月28日 (金) 08:49



    (出典 melby.jp)


    この人、吉本ってイメージあまりないな…下手にシャベル必要全くない・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/29(月) 12:35:16.98 ID:25Gjeq469.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    吉本興業所属のタレント・渡辺直美(31)が29日、都内で行われた「い・ろ・は・す 天然水」10周年記念イベントに土屋太鳳(24)と参加し、所属事務所の騒動に無言を貫いた。

    イベント終了後、渡辺にむけ、報道陣から「吉本について一言お願いします」など質問が飛び交ったが、大音量のBGMとスタッフの声で制止。渡辺は報道陣の方へ笑顔で一礼し、降壇し、騒動について触れることはなかった。

    超売れっ子の渡辺は、昨年末にアメリカで3年間仕事ができるアーティストビザを取得し、今年4月から本格的にニューヨーク生活をスタート。一連の吉本興業の騒動中も日本とアメリカを行き来する多忙の生活を送っている。

    「い・ろ・は・す 天然水」は10周年を記念し、パッケージを刷新。採水地も新たに熊本・阿蘇が加わり、全国7か所となった。
    渡辺と土屋はイベントで、アクアソムリエマイスター・鶴田雅人さんの講義を受けながら、採水地別に異なる同商品の味を堪能。
    渡辺は、「どこの採水地か今まで気にしていなかったけど、これからは意識していきたい。お水がより身近に感じられた」とコメント。
    土屋もボトル裏に採水地が記載されていることに触れ、「水は体のベースになる。理解することでよりおいしくいただけると思います。新しい7つの採水地を覚えていただき、ボトルの裏を見てワクワクしてほしい」と呼びかけた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16846956/
    2019年7月29日 11時49分 スポーツ報知


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ナオミ流】渡辺直美、吉本騒動に無言貫く…大音量BGMで質問をシャットアウト】の続きを読む


    友近(ともちか、1973年8月2日 - )は、日本のお笑いタレント、ものまねタレント、女優。本名、友近 由紀子(ともちか ゆきこ)。 愛媛県松山市市坪北出身。吉本興業(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)東京本社(東京吉本)所属。 松山市立石井小学校、 松山市立椿中学校、松山東雲高等学校、松山
    46キロバイト (5,726 語) - 2019年7月26日 (金) 20:29



    (出典 news.nifty.com)


    吉本は、ファミリーファミリー言ってるけど、ファミリーってどんな意味で使ってるんだろか・ω・

    1 muffin ★

    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/23/0012541484.shtml
    2019.07.23

    お笑いタレントの友近が23日、TBS・CBC系「ゴゴスマ~GoGo Smile」で、吉本興業のギャラの配分について言及。いくらのギャラなのかを社員に聞いても「それは絶対に言ってはいけないことになってます」と言われることを明かし、麻木久仁子ら出演者を驚かせた。

    番組では生出演した友近が岡本昭彦社長の会見などについて持論を展開。その中で、加藤浩次が、経営陣が刷新されなければ退社も辞さない姿勢を見せたことに「その気持ちはすごくよく分かります」と同意。「上が変わらないと会社は変わらないと思ってます」「早く変わったぞというのを見せて欲しい。私達に話してくれてないことが多いので」とも語った。

    “話してくれないこと”の一例として、友近はギャラについて言及。会見で岡本社長は「5対5、6対4」などと語っていたが「私達はまだ(芸人対会社の割合が)1対9、2対8、3対7という認識。でも55と聞いてええ?そんなことないでしょうと」と、会社側と芸人側の実感が違いすぎると指摘。

    「でも100パー(違う)とは言えないんです。なぜなら局からいくらもらってというのを(明細で)見ていないから」ともコメントし「他の事務所みたいに、会社にこれだけタレントにこれだけというのは通達してくれない。聞いても絶対に言ってはいけないことになっています(と言われる)」と明かし、麻木久仁子は「えっ?私の場合はイベントだったら幾らもらいました、税金はいくら、取り決め配分あるのでうちはいくら、貴方はいくらって毎月びっしりきます」と驚きの声を上げた。

    友近は「いくらもらったかは書いてないし、聞いても言っちゃいけないことになってますと」と繰り返すと麻木は「他の事務所はいいのにどうして言っちゃいけないの」と苦笑。友近も「そこが謎なんで、5対5と言われても納得できないよと。そういうことを明らかにしてもらえたらやっと向き合ってもらえたと思う」とも語っていた。


    (出典 taishu.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【吉本ギャラ事情】友近さん、詳細を社員に聞くも「絶対言ってはいけないことになっている」】の続きを読む

    このページのトップヘ