芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:お笑い芸人 > 女芸人



    (出典 pbs.twimg.com)


    それが仕事とは言えブス弄りされるのは精神的に苦痛は感してると思う…一般の人を女芸人のように弄るのは間違いだよな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    2018年12月、ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』が『人生が楽しくなる幸せの法則』としてタイトルを改めることが発表された。
    ドラマ化が発表された際、SNSで「ちょうどいいブスとは何事か」と炎上した同作。今、テレビ業界において「ブス」という言葉の認識が変わり始めている。

    SHELLYがMCを務める 『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース』(AbemaTV/アベマTV※毎週土曜23時から放送中)
    では「ブスという呪い」をテーマにリアルな経験をした女性たちが胸の内を語った。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    芸人の八幡カオルは「私は、同じ芸人から『ブスって言いやすい』って言われる。ブスって言ってもいいブス、みたいな」と話す。
    それを聞いた、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子は「わかる。いじっていいブスと、いじっちゃいけないブスがある」と同意。

    いじっていいブスとそうじゃない人の違いについて、白鳥は「おそらく、女の子自身に“ブスの自覚”があるかないか。
    あと、本当にブスすぎるといじめになるから言えないっていうラインがあるみたい。
    芸人の中では、そのあたりをちゃんと線引きしてやっているけれど、これが一般社会や学校で同じことをされると、傷つく子が増える。
    同じことじゃないんだよって思ってほしい」と語った。

    ひとりの女性が“ブスいじり”を引き受けることで、その場の空気が和やかになるというゲストの話に、番組MCのSHELLYは「それは、ものすごくコミュニケーション能力が低い。
    ひとり傷つく人間を作らないと、みんなで楽しくできない場って……」と戸惑いを隠せない。

    「結果的に(ブスいじりを)請け負い慣れてしまって、開き直ってくれているからみんなが笑顔っぽくなっているだけ。でも、最初は絶対笑顔じゃない。
    だって、もらったもの(容姿)で生きているだけ。『この人は(ブスだと)いじっていい』『いじっちゃいけない』って、誰が決めているの?」と熱く訴えるSHELLY。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    さらに、SHELLYは「ブスいじりだけじゃなくて、デブいじりだったり、こういう女性はバカみたいな価値観だったり、
    女性に対するたくさんの偏見が受け入れられてしまった結果、『いじってもOK』みたいな空気になってしまった。
    受け入れない女性が『空気が読めない』みたいになってしまっている」と分析。
    SHELLYの話を白鳥は「そっかぁ、洗脳されすぎちゃって……」と真剣な表情で聞く。


    http://news.livedoor.com/article/detail/16168754/


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【女芸人の本音】バラエティー番組の“ブスいじり”「もし芸人じゃなかったら…」】の続きを読む



    (出典 www.officiallyjd.com)


    突然のご報告にびっくり…おめでとう・ω・✱

    1 豆次郎 ★ :2019/02/05(火) 12:13:10.44

    2/5(火) 12:11配信
    スポーツ報知
    柳原可奈子が結婚発表

     タレントの柳原可奈子が5日のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に生出演した。

     4日に結婚したことを発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000078-sph-ent


    【【祝】柳原可奈子が結婚発表!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    男女差別してるわけじゃないんだけどね…全体的に見ると面白さに欠けて見えてしまう・ω・

    1 Egg ★

    注目されたことで、女芸人の実力にひときわ関心が高まっている。しかし、全体的にその評価はあまり芳しくないようだ。

    上沼については、ダウンタウンの松本人志(55)が「上沼さんがどれだけすごい芸人なのかわかっていない」と発言したことで、その実力のほどを改めて知らしめることになった。

    「M-1」を立ち上げた元芸人の島田紳助氏(62)も「週刊新潮」に、上沼がかつて海原千里・万里で漫才をやっていたときのことに触れ、「高校生であんなんできるなんて、天才です」と語っているほどだ。

    「関東の人にはなじみが薄いでしょうが、関西では視聴率女王。しかし今回の騒動で関東でも、その存在を知らしめることになった」と在阪放送関係者。

    女芸人としての貫禄をみせた上沼だが、それに追随できるだけの若手の女性芸人はどれだけいるのだろうか。先日開催された女性芸人の頂点を決める「THE W」だが、その実力のほどが垣間見える結果となった。

    「テレビで人気の女性芸人の多くが参加しなかったこともあるが、1対1の対戦を勝ち上がった5組が決勝でネタ見せを終えた時点で、副音声で解説していた松本は『申し訳ないですけど消去法ですよね』と発言するほど。

    決勝というには厳しいレベルでした」と先の放送関係者。

    他にも厳しい声が相次いだ。有吉弘行(44)は、ラジオ番組でM-1グランプリとTHE Wの賞金がともに1000万円ということに「ちょっと釣り合ってないよ。THE Wの賞金は100万にしなきゃだめだよ」と発言。

    ナイツの塙宣之(40)もラジオ番組で「やっぱりネタはネタで、ちゃんと作ったほうがいい」と苦言を呈したほどだった。

    「今の女性芸人で単独でしっかりと笑いがとれるタイプは少なく、中堅から若手では友近ぐらいでしょう。あとは集団芸のような形になってしまう。

    先日、大勢の女性芸人と明石家さんまが旅に出る特番が放送されましたが、あれもそれぞれにきちんと笑いを振り分けるさんまさんでないと成立しない内容でした」と演芸関係者も辛い目線だ。

    テレビだけが、芸人の腕を試す場ではないし、実力のある女性芸人も多数いるのは確かだ。それでもテレビで力を出せなければ、世に出ることは難しい。

    12/22(土) 16:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000000-ykf-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【女芸人NO1】「THE W」で垣間見た…松本、有吉、塙も苦言する女芸人の“実力限界値”】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    確かに面白さとは比例してないよな

    1 muffin ★

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812170000270.html
    2018年12月17日9時49分

    お笑い芸人の有吉弘行(44)が、笑いの女王を決める「女芸人No.1決定戦 THE W」の優勝賞金が「M-1グランプリ」と同額の1000万円であることに「釣り合ってないよ」と異議を唱えた。

    有吉は16日放送のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で、10日に行われた「THE W」の賞金額について「M-1グランプリの賞金1000万で、THE Wの賞金1000万って、ちょっと釣り合ってないよ。THE Wの賞金は100万にしなきゃだめだよ、マジで、来年から」とチクリ。同コンテストで芸人たちが披露したネタの質については語らなかったが、「いや、本当に…」とあきれたようにつぶやいた。

    優勝した阿佐ヶ谷姉妹については「阿佐ヶ谷姉妹が面白いことは知ってるよ、前からね。それは知ってるけどね、もちろん」としたが、「だけどほかにもいろいろとね」と、そのほかの出場者に対する不満をにじませた。


    (出典 img.cinematoday.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【女芸人NO1】THE Wの賞金がM1と同額って…「Wの賞金は100万でいいだろ」】の続きを読む



    (出典 jyn-com.blog.so-net.ne.jp)


    ナイツ塙も大御所感出てきたなw

    1 Egg ★

    お笑いコンビのナイツ・塙宣之は、先日のラジオ番組で『女芸人No.1決定戦 THE W』の最終決戦に残った“あぁ~しらき”のネタについて「久々に放送事故を見た」と妙な感心をしていた。そもそも彼女だけでなく、ネット上には『THE W』自体が面白くなかった―という声も少なくない。ナイツの2人は、芸達者で面白い女芸人は「たくさんいる」と認めつつも同大会への出場者へ苦言を呈した。

    15日放送のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(TBS)内でエッセイストの能町みね子が、10日に放送された『THE W』について「率直に言って厳しい、面白くなかった」とバッサリ切り捨てた。出場条件は女性のみ、プロアマ不問、所属事務所・芸歴・人数・芸風も制限無しなのだが、能町は「みんなが知ってるような有名な面白い芸人さんは、ことごとく出てない」と指摘。さらに『M-1』にも挑戦しているDr.ハインリッヒやAマッソといった若手有望株の女性コンビも参加していないことから、「この辺の人たちが昨年の感じとかを見て、“(今年は)出ても得じゃないんじゃないか”と思ったのでは?」と持論を展開した。

    この「『THE W』自体が面白くない」という意見に対し、ナイツはまず予選の段階から「“女性のこと”をネタにする人が多すぎる」と話す。さらに塙宣之は「女性の“彼氏がいなくて…”といった内容は、バラエティ番組のひな壇でやって欲しい」「やっぱりネタはネタで、ちゃんと作った方がいい」とアドバイスした。ただし土屋伸之は、今回の出場者の中で阿佐ヶ谷姉妹とニッチェのネタが面白かったと話していた。

    能町も“ブスだから”“モテなくて”みたいなネタではなく、「独特のネタをちゃんと仕上げてくる人たちが見たい」と願っているようだ。

    2018年12月16日 18時30
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15748646/


    (出典 www.jprime.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【女性芸人NO1】『THE W』出場者へ「ネタはちゃんと作って」ナイツ塙が苦言】の続きを読む

    このページのトップヘ