芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:サッカー > 日本代表


    1部および2部リーグの愛称はなでしこリーグ、3部リーグの愛称はチャレンジリーグ。 日本女子サッカーリーグは1989年に創設された女子の全国リーグで、日本女子サッカーのトップリーグに位置している。現在は3部制を導入しており、なでしこリーグ1部(10チーム)、なでしこ
    100キロバイト (5,433 語) - 2019年6月9日 (日) 15:58



    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    まぁそれくらいの実力差あったわな・ω・

    1 豆次郎 ★

    6/26(水) 5:53配信
    なでしこ、2大会ぶりの女王ならずベスト16敗退…試合終盤に痛恨のPK献上

     FIFA女子ワールドカップ フランス2019の決勝トーナメント1回戦が26日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)はオランダ女子代表と対戦した。

     17分、オランダはコーナーキックを獲得すると、ニアに走り込んだリーケ・マルテンスが右足で合わせて先制点を奪った。

     対するなでしこは43分、岩渕真奈のスルーパスに長谷川唯が抜け出すと、飛び出してきたGKをループシュートでかわして、同点ゴールをマークした。

     後半に入ると一進一退の攻防が繰り広げられるも、互いにゴールは奪えないまま試合は終盤に突入。迎えた89分、シュートをブロックした際、熊谷紗希にハンドがあったとして、オランダにPKを献上。これをリーケ・マルテンスが決めてオランダが勝ち越した。

     試合はこのまま1-2で終了。2年ぶりの世界女王を目指したなでしこの戦いはベスト16敗退という結果に終わった。

    【スコア】
    なでしこジャパン 1-2 オランダ女子代表

    【得点者】
    0-1 17分 リーケ・マルテンス(オランダ)
    1-1 43分 長谷川唯(なでしこジャパン)
    1-2 89分 リーケ・マルテンス(オランダ)

    【スターティングメンバー】
    なでしこジャパン(4-4-2)
    山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩;三浦成美、中島依美(72分 籾木結花)、杉田妃和、長谷川唯;岩渕真奈(91分 宝田沙織)、菅澤優衣香

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00951964-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2019/06/26(水) 05:53:48.79
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561496028/


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大誤審⁉】サッカー なでしこJAPAN、決勝T オランダに敗れW杯敗退 女子ワールドカップ】の続きを読む


    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元プロサッカー選手。現在は、サッカー評論家・指導者。日系ブラジル人(二世)。現役時代のポジションは右ウイング。 株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役 兼
    16キロバイト (1,792 語) - 2019年2月13日 (水) 03:01



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    まぁ毒を吐くのがセルジオさんのお仕事みたいなとこあるけどね・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/13(水) 10:13:06.84

    何の前触れもなく再び始まった「乾貴士 vs セルジオ越後」。

    概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと
    「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。

    このサッカーファンを賑わせそうな“場外乱闘戦”に、岡崎慎司も参戦した。

    何の前触れもなく再び始まった「乾貴士 vs セルジオ越後」。

    概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。

    このサッカーファンを賑わせそうな“場外乱闘戦”に、岡崎慎司も参戦した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16012722/
    2019年2月13日 7時10分 Qoly


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【乾vsセルジオ】岡崎慎司参戦!乾を援護射撃『セルジオさんは立場を…』】の続きを読む


    吉田 (よしだ まや、1988年8月24日 - )は、長崎県長崎市出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・サウサンプトンFC所属。ポジションはディフェンダー(センターバック)。日本代表。 「麻のように揉まれれば揉まれるほど強い男になってほしい」という両親の想いで「麻也」と名付けられる。小学校2
    38キロバイト (3,658 語) - 2019年2月1日 (金) 16:24



    (出典 www.soccer-king.jp)


    試合前は勝っても当たり前くらいなこと言われてたからな…不安は落胆だな・ω・

    1 Egg ★ :2019/02/02(土) 07:03:56.60

    ■吉田はハンドでPKを献上


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【警告】日本=柴崎(20分)、吉田(82分)、酒井(86分) カタール=アフィフ(83分)、コレイア(90+3分)【退場】なし【MAN OF THE MATCH】アクラム・アフィフ(カタール)

    [アジアカップ・決勝]日本 1-3 カタール/2月1日/ザイード・スポーツシティ・スタジアム
     
    【日本代表・総評】5

    遠藤不在の影響か、この日は中盤のバランスが悪く27分までに2失点。攻撃もどこかチグハグで、68分には1点を返したものの、83分にPKで突き放されて力尽きた。
     
    【個人採点・寸評】

    GK

    12 権田修一 5.5
    12分には左手を精一杯伸ばしたが、アリのシュートを弾き出せず。27分には相手のコントロールショットの前に2点目を失う。83分のPKも止められなかった。
     
    DF

    5 長友佑都 5.5
    前半に何度か原口との連係で左サイドから崩しにかかるが奏功せず。守備でもスピードのある相手のアタッカー陣に手を焼いた。

    16 冨安健洋 5.5
    準決勝のイラン戦は出色の出来だったが、カタールの勢いに押されたか。この日は対応が遅れる場面があった。
     
    19 酒井宏樹 5
    イラン戦で右足を痛めた影響か、ボールコントロールが乱れた。攻め上がった際のクロスの質も高くなかった。
     
    22 吉田麻也 4
    12分に相手のエース・アリへの対応が甘くなり、オーバーヘッドでゴールを決められると、25分にも目の前でシュートを放たれて失点。不運だったとはいえ、81分にはVARでハンドを取られ、PKを与えてしまった。

    ■柴崎は守備で後手に回る


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    MF

    7 柴崎 岳 4.5
    中盤でのボールロストが多く、相手にカウンターのチャンスを許す。守備でも後手を踏み、バイタルエリアを空けてしまった。53分の南野へのパスは素晴らしかったが……。
     
    8 原口元気 5(61分OUT)
    21分には得意のドリブルで相手を抜いてクロスを上げるも味方に合わず。サイドに張るだけでなく中央でプレーをしようと試みたが、周囲と息が合わなかった。
     
    18 塩谷 司 5.5(83分OUT)
    遠藤の負傷を受けてスタメンで出場。ボランチとして相手のカウンターに備えたが、マッチアップしたアフィフの動きに翻弄され気味だった。69分には南野のゴールを演出した。

    21 堂安 律 5
    前に仕掛ける意識は評価したい。だが、5バックで守る相手の最終ラインを越えられずに最後まで決定機を生み出せなかった。

    FW

    9 南野拓実 6(88分OUT)
    前半は前線でボールを受けても打開できず。それでも中盤の左サイドに回った後半は68分に待望の今大会初ゴールを決めた。
     
    15 大迫勇也 5.5
    ゴール前でパスを引き出すも、カタールのディフェンス陣に撥ね返された。ただ68分の南野のゴールに絡んだ。

    ■森保監督は大きく流れを変えられず


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    交代出場

    FW
    13 武藤嘉紀 5(61分 IN)
    2点のビハインドを負っているチームを救うためピッチへ。ただ63分、65分、72分のヘッドは枠を外し、チームを勢いに乗せられなかった。
     
    MF
    14 伊東純也 ―(83分 IN)
    3点目を決められた直後に投入される。スピードを活かしたかったが、スペースがなかった。

    MF
    10 乾 貴士 ―(88分 IN)
    短い時間ながらドリブルで局面を打開しようと試みたが、カタールの牙城を崩せず。
     
    監督

    森保 一 5

    イラン戦のスタメンからの変更は、怪我の遠藤に代えて塩谷を起用したのみ。従来のメンバーを信頼して送り出したが、早い時間に2失点。後半途中には南野を中盤に回して1点を奪ったが、大きく流れを変える策を提示できたとは言い難い。
     
    ※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
    ※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
    ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

    2/2(土) 1:13配信  サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190202-00053712-sdigestw-socc

    1 Egg ★ 2019/02/02(土) 01:25:32.56
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549038332/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【吉田またハンド】<日本1−3カタール>誤算は大黒柱の吉田? 遠藤不在の影響も】の続きを読む



    (出典 www.football-zone.net)


    甘く見てたんじゃないかい?日本代表は・ω・

    1 豆次郎 ★ :2019/02/02(土) 04:08:30.23

    2/2(土) 0:52配信
    日本、悲願のアジア王者奪還ならず…カタールが歴史的なアジアカップ初優勝

    日本代表は1日、アジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れ、優勝を逃した。

    準決勝で強敵イランを3-0で破った日本代表と、ここまで16得点無失点という圧巻のパフォーマンスでファイナルに勝ち進んだカタールが、アジア王者の座を懸けて激突。森保一監督は、イラン戦から負傷の遠藤航に代えて塩谷司を起用する先発1点を変更した。

    2大会ぶり最多5度目の優勝を期する日本と、初優勝を狙うカタールの一戦。試合は開始序盤に日本が失点を喫する。12分、右サイドからクロスを入れられると、正面のアルモエズ・アリにトラップからバイシクルシュートを放たれる。これがゴール右に吸い込まれ、アジアカップ記録となる今大会9ゴール目を決めたアリのスーパーゴールで日本が先手を取られる。

    リードを許した日本は焦らずボールをつないで反撃に出ようとするが、統制のとれたカタールの守備を崩せない。すると27分、厳しい2失点目を喫する。バイタルエリアでアブデルアジズ・ハティムに時間を与えてしまうと、カットインから左足でシュートを放たれる。これがゴール左に突き刺さり、日本が2点のビハインドを背負った。

    そのままリズムを掴めず、0-2で前半を終えた日本は迎えた後半、立ち上がりから積極的に前へ出る。しかし、やや重心を下げたカタールの守備を前に決定機を創出できず、逆に縦に早いカウンターから脅威を与えられる。

    流れを変えたい森保監督は、62分に原口元気を下げて武藤嘉紀を投入する。すると、この交代から、カタールの疲れも見え始めて流れが一変。66分には左CKにニアサイドの武藤がヘディング。しかし、これは枠に飛ばない。それでも69分、塩谷の縦パスを正面で受けた南野拓実が素早いターンから、飛び出してきたGKをいなすチップキックでゴール。南野の今大会初得点で日本が1点差に詰め寄る。

    しかし、逆に82分には日本が3失点目。アブデルカリム・ハサンのヘディングシュートが吉田麻也の手に当たると、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)での検証の結果、カタールのPKに。これをアクラム・アフィフに決められ、再び2点差とされる。

    その後、日本は塩谷に代えて伊東純也を投入し、リスクを冒して攻めるも、そのまま敗戦。過去最高記録がベスト8だったカタールが、今大会19得点1失点という圧巻の内容で初戴冠を果たした一方、日本は惜しくもアジア王者奪還に失敗した。

    ■試合結果
    日本代表 1-3 カタール代表

    ■得点者
    日本:南野拓実(69分)
    カタール:アルモエズ・アリ(12分)、アブデルアジズ・ハティム(27分)、アクラム・アフィフ(83分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00010002-goal-socc

    ★1がたった時間:2019/02/02(土) 00:52:03.96
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549044755/


    (出典 www.asahicom.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【アジア杯】日本代表 アジア王者奪還ならず!! 頂点はカタール 同国史上初の栄誉!】の続きを読む


    検証 松木安太郎氏「いいボールだ!」は本当にいいボールか?
    検証 松木安太郎氏「いいボールだ!」は本当にいいボールか?
    …松木安太郎氏と中山雅史氏が務める。 松木氏の解説でよく耳にするのが「いいボールだ!」という言葉だろう。だが、松木氏のいう「いいボールだ!」は本当に「い…
    (出典:スポーツ総合(NEWS ポストセブン))


    松木 安太郎(まつき やすたろう、1957年11月28日 - )は、日本のサッカー選手・指導者・解説者。元日本代表。日本体育大学体育学部体育学科卒業。従弟は、築地市場場内のマグロ仲卸の生田與克。祖父は大相撲力士の葵竜(最高位は十両)。 実家は東京都中央区日本橋にある明治2年創業の老舗のうなぎ屋「近三
    20キロバイト (1,839 語) - 2018年12月29日 (土) 13:29



    (出典 www.soccer-king.jp)


    ここへ来て松木人気がグッと高まってきてるな・ω・

    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【松木愛深まる】松木安太郎『いいボールだ!』…本当にいいボールか検証してみたw】の続きを読む

    このページのトップヘ