芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:サッカー > 日本代表


    森保 (もりやす はじめ、1968年8月23日 - )は、日本の元サッカー選手(MF)、指導者(JFA 公認S級コーチ)。長崎県長崎市出身。元サッカー日本代表。日本A代表兼日本オリンピック代表監督(現サッカー日本代表監督)はフィリップ・トルシエに次ぐ史上2人目(日本人監督としては初)。
    37キロバイト (3,467 語) - 2020年1月12日 (日) 15:27



    (出典 www.jiji.com)


    誰が監督やっても勝てない試合が勝てるようになるとは思えない・ω・

    1 ゴアマガラ ★

    日本サッカー協会の田島会長が、2連敗で1次リーグ敗退が決まったU-23シリア戦後に取材に応じ、A代表と五輪代表を兼任する中で結果を出せない森保監督について言及した。

     「もちろん今は兼任すること、いろいろなチームでトライしていることはわかっている。だからと言って、負けていいとは思っていないから、
    そこはしっかりと森保と話をしたい」と敗退の原因を指揮官と話し合う機会を作ることを明言。解任の可能性を考えるかについては「仮定の話はしない。
    基本、すべてに勝っていくのは難しいとわかっている。だけど、負けていいわけではない」と話した。
    試合後、田島会長は森保監督、選手たちを前に「最後までもう1試合、胸を張って戦ってほしい。下を向いちゃいけない」と伝えたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-01130024-sph-socc


    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【日本サッカー協会】 田島会長、森保監督解任の可能性「仮定の話はしない」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、公益財団法人日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本サッカーの年齢制限のないナショナルチーム。 FIFAワールドカップには6度出場しており、最高成績はベスト16。AFCアジアカップでは最多となる4度の優勝を記録している。
    153キロバイト (9,510 語) - 2019年11月19日 (火) 13:36



    (出典 www.dailyshincho.com)


    まぁ、使えるとこ使えないとここういう試合でいろいろ試せて収穫あったんじゃないかな・ω・

    1 ぜかきゆ ★

    ベネズエラ戦、なんとも恥ずかしい敗戦。主役はロンドン、守備陣の評価は最悪に【日本代表どこよりも早い採点】

    日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦して1-4で敗北。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

    守備崩壊。散々な内容で完敗

    【日本 1-4 ベネズエラ キリンチャレンジカップ2019】

    川島永嗣 3.5 失点シーンはすべて対応が難しかったとはいえ、枠内に飛んできたシュートがほとんど入るのは痛い
    植田直通 3 この日はDFリーダーとして期待されるも、統率できず4失点。自身もビルドアップの部分で正確性を欠いていた
    畠中槙之輔 3 縦パスを入れる意識は高かったが、守備では何も対応できず。ロンドンを見失い、エース一人に3点をプレゼント
    室屋成 3 攻撃面では一度良いクロスを入れたが、パスミスが散見されサイドを何度か突破されるなど守備では後手を踏んでいた
    佐々木翔 2.5 DFとしてやってはいけない横パスのミスで相手にチャンスをプレゼント。さらに失点シーンではロンドンに何もできず。散々な内容
    橋本拳人 3 中盤で相手を見失い、プレスを外されてはボールを奪うことができなかった。ベネズエラの切り替えの早さにも苦戦
    柴崎岳 3 この日も守備に追われ、自身が果たすべき役割は果たすことができず。日本代表のキャプテンマークも虚しい
    原口元気 3.5 攻撃でも守備でも目立ったシーンはとくになし。運動量は豊富であったがサイドで沈黙していた印象
    浅野拓磨 3.5 裏のスペースへ抜け出す動きはあったが、良かったのはそこまで。ボールを受けてからの怖さはあまり感じられず
    中島翔哉 4.5 持ち味であるドリブルは何度か発揮したが、それほど効果的とはいえず。この日は守備にも追われるなど、苦戦
    鈴木武蔵 3.5 前線でボールを受けようと動くもチャンスシーンはほとんどなし。相手DFのフィジカルにも苦戦し、何もできず

    三浦弦太 6 後半頭から投入。守備では大きなブレがなく、最終ラインから声を出して味方を鼓舞した
    古橋亨梧 5.5 ポジショニングは良かったが、ボールを受けた時にもう少し怖さを出したかった
    永井謙佑 6 持ち味のスピードを生かし前線から果敢にプレス。相手を困らせた
    山口蛍 6 良い形で試合に入り、意地を見せる1点を決めた。攻守のバランスもしっかり整える
    井手口陽介 - 出場時間短く採点不可

    森保一 2 試合中の修正力が皆無で前半だけで4失点。新たな選手もあまり起用することもなく、何がしたいのかわからない采配に

    フットボールチャンネル編集部 11/19(火) 21:17配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191119-00348855-footballc-socc


    (出典 i.ytimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【サッカー】ベネズエラに大敗…ロンドンのハットトリック含む前半4失点…日本守備陣に最低評価】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    最近は野球もそうたけど、シンプルなデザインじゃもうネタが尽きてきてるんたろうな・ω・

    1 Egg ★

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    サッカー日本代表のユニフォームは2年ごとに刷新されている。だが、まもなく発表されるユニフォームの画像が流出。それが大ブーイングを浴びている。

    「製作販売を請け負っているのはアディダスです」

     と日本サッカー協会関係者が明かす。

    「アディダスは協会の公式サプライヤーで、年間約30億円を協会に拠出している。彼らはそれをユニフォーム販売の収益によって回収しているわけですが……」

     現在ネットに流布している“新ユニフォーム”はいわゆる“迷彩柄”である。これに対して、

    「“戦争を想起させる”“子供に着せられない”といった批判がネット上で噴出しているんです」

     アディダスは、

    〈当社の発表に基づくものではございません〉

     との声明を発表し、火消しに躍起である。

     庇うわけではないが、迷彩柄ユニフォームは、伊セリアA・ユベントスなどで先例がある。現在の代表ユニフォームも、武士の防具である鎖帷子(くさりかたびら)のように見えるし、そもそも代表の愛称からして“サムライ・ブルー”である。反戦運動は結構だが、たかが“柄”に目くじら立てるのもいかがなものか。もっとも、

    「協会にも苦情が多数寄せられて困っています。アディダスは大口スポンサーなので、“別のデザインにしてくれ”なんて注文はできませんし……。とりあえず、発表の際には“迷彩柄”という表現は使わないようにしないと。いま、代わりの言い回しをいろいろ考えているところです」

     たとえば“にじみ柄”とか? “印象派柄”なんてのもお上品な感じでアリなのでは? ご検討あれ。

    11/10(日) 5:56配信 ディリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00591715-shincho-socc

    【サッカー】<日本代表の“斬新”な新ユニフォーム>海外メディアも反応!「非常に独創的」「ミリタリーカラーだ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573086354/

    【サッカー】<韓国メディア>日本代表“新ユニフォーム”のデザインに反応!「パッと見れば(迷彩柄の)軍服を連想させる」と指摘
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573099755/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【画像流出】<サッカー日本代表「迷彩柄」新ユニフォーム>にブーイングの嵐!「“戦争を想起させる”“子供に着せられない”」】の続きを読む


    1部および2部リーグの愛称はなでしこリーグ、3部リーグの愛称はチャレンジリーグ。 日本女子サッカーリーグは1989年に創設された女子の全国リーグで、日本女子サッカーのトップリーグに位置している。現在は3部制を導入しており、なでしこリーグ1部(10チーム)、なでしこ
    100キロバイト (5,433 語) - 2019年6月9日 (日) 15:58



    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    まぁそれくらいの実力差あったわな・ω・

    1 豆次郎 ★

    6/26(水) 5:53配信
    なでしこ、2大会ぶりの女王ならずベスト16敗退…試合終盤に痛恨のPK献上

     FIFA女子ワールドカップ フランス2019の決勝トーナメント1回戦が26日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)はオランダ女子代表と対戦した。

     17分、オランダはコーナーキックを獲得すると、ニアに走り込んだリーケ・マルテンスが右足で合わせて先制点を奪った。

     対するなでしこは43分、岩渕真奈のスルーパスに長谷川唯が抜け出すと、飛び出してきたGKをループシュートでかわして、同点ゴールをマークした。

     後半に入ると一進一退の攻防が繰り広げられるも、互いにゴールは奪えないまま試合は終盤に突入。迎えた89分、シュートをブロックした際、熊谷紗希にハンドがあったとして、オランダにPKを献上。これをリーケ・マルテンスが決めてオランダが勝ち越した。

     試合はこのまま1-2で終了。2年ぶりの世界女王を目指したなでしこの戦いはベスト16敗退という結果に終わった。

    【スコア】
    なでしこジャパン 1-2 オランダ女子代表

    【得点者】
    0-1 17分 リーケ・マルテンス(オランダ)
    1-1 43分 長谷川唯(なでしこジャパン)
    1-2 89分 リーケ・マルテンス(オランダ)

    【スターティングメンバー】
    なでしこジャパン(4-4-2)
    山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩;三浦成美、中島依美(72分 籾木結花)、杉田妃和、長谷川唯;岩渕真奈(91分 宝田沙織)、菅澤優衣香

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00951964-soccerk-socc

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1がたった時間:2019/06/26(水) 05:53:48.79
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561496028/


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大誤審⁉】サッカー なでしこJAPAN、決勝T オランダに敗れW杯敗退 女子ワールドカップ】の続きを読む


    セルジオ越後(セルジオ えちご、Sergio Echigo、1945年7月28日 - )は、ブラジルサンパウロ出身の元プロサッカー選手。現在は、サッカー評論家・指導者。日系ブラジル人(二世)。現役時代のポジションは右ウイング。 株式会社栃木ユナイテッド(HC日光アイスバックスの運営会社)代表取締役 兼
    16キロバイト (1,792 語) - 2019年2月13日 (水) 03:01



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    まぁ毒を吐くのがセルジオさんのお仕事みたいなとこあるけどね・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/13(水) 10:13:06.84

    何の前触れもなく再び始まった「乾貴士 vs セルジオ越後」。

    概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと
    「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。

    このサッカーファンを賑わせそうな“場外乱闘戦”に、岡崎慎司も参戦した。

    何の前触れもなく再び始まった「乾貴士 vs セルジオ越後」。

    概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。

    このサッカーファンを賑わせそうな“場外乱闘戦”に、岡崎慎司も参戦した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16012722/
    2019年2月13日 7時10分 Qoly


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【乾vsセルジオ】岡崎慎司参戦!乾を援護射撃『セルジオさんは立場を…』】の続きを読む

    このページのトップヘ