芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:ニュース > 麻薬、覚醒剤


    高樹 沙耶(たかぎ さや、1963年8月21日 - )は、日本の元女優、元作詞家。本名は益戸 育江(ますど いくえ)。静岡県浜松市出身。 浜松開誠館高等学校を中退後、東京都立青山高等学校に編入・卒業[要出典]。 高校時代に原田真二のコンサートを観て「私もたくさんの人を幸せに出来る仕事をしたい」と思
    22キロバイト (2,689 語) - 2018年10月30日 (火) 14:46



    (出典 amanakuni.net)


    そんなに大麻を広めたいの ?この人は・ω・;

    1 砂漠のマスカレード ★

    元女優の高樹沙耶のツイートが話題になっている。

    2016年に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていた高樹。しかし、今年5月のブログエントリーで自身の逮捕について
    「大麻というものでここまで社会性を奪われ、健康のために使用する道すら開かれないこの国の状況が少しでもよくなるように願わずにいられません」とつづり、「反省してない」と批判を浴びていた。

    そんな高樹だが、18日にツイッターを更新し、「神よ何故あなたは地上に大麻草をお与えになったのでしょうか!」とツイート。
    さらに、「私達をエロス、狂乱、錯覚、怠惰に陥らせるためなのでしょうか?植物を育て、分かち合い、それを手にすることが如何なる罪か教え給え!」とつづっていた。

    高樹はその後、19日までにツイートを削除しているものの、これに対し、ネットからは「ええ…怖すぎる」「身体を張った反面教師?」
    「デメリットがでかいって分かっててなんで推奨しようとするの?」といった声が殺到している。

    実は高樹、13日にもドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の中で話題になった“シャブ山シャブ子”の薬物依存描写の事実性を否定する記事を引用し、
    「ドラマや映画はあくまでフィクションなので誇張を悪として俳優や製作者を責めるのもどうかと思いますが」と前置きしつつ、
    「情報番組や“ダメ絶対だめキャンペーン”での大麻についての報道は、病に苦しみ大麻の真実を知った人からしたら大罪だ」とツイート。さらに、「日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」と批判していた。

    また、先月にはカナダが先進国としては初めて嗜好品として大麻の所持・使用を合法化したニュースを受け、
    「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」ともツイート。ネットからは物議を醸していた。

    今回もネットユーザーからは呆れ声が多く集まっている模様。高樹の行動の数々は逆に人々の大麻への不信感を生んでいるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576605/
    2018.11.19 12:40 リアルライブ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    前スレ                    2018/11/19(月) 18:57
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542621474/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大麻】高樹沙耶のツイートに“恐怖”を感じる人が続々…これって大麻影響じゃ…】の続きを読む


    高樹 沙耶(たかぎ さや、1963年8月21日 - )は、日本の元女優、元作詞家。本名は益戸 育江(ますど いくえ)。静岡県浜松市出身。 浜松開誠館高等学校を中退後、東京都立青山高等学校に編入・卒業[要出典]。 高校時代に原田真二のコンサートを観て「私もたくさんの人を幸せに出来る仕事をしたい」と思
    21キロバイト (2,658 語) - 2018年10月4日 (木) 09:32



    (出典 www.flintstone.co.jp)


    まぁ酒も依存する人しない人いるからね…大麻もそうゆうことなのかな結局。

    1 鉄チーズ烏 ★

    高樹沙耶さん、カナダ大麻解禁を支持「よいマップを示してくれた」
    2018年10月18日11時35分

    元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江、55)が17日、自身のツイッターを更新。
    カナダで嗜好(しこう)用大麻が解禁されたことを受け
    「個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」と私見をつづった。

    カナダでは17日に個人で楽しむためのマリフアナ(大麻)の使用と販売を全国で一斉解禁。
    国レベルでの解禁は南米ウルグアイに次いで2か国目となる。

    高樹さんは「今日はカナダがカナビスを合法化しました。
    世界では国としてはウルグアイに続き2カ国になります」とした上で、
    「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく
    個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」と称賛。
    「アメリカより先に開けてくれたことはすごく良いことで、
    今後の合法化を議論する上でよいマップを示してくれたと思う」と示した。

    高樹さんは沖縄県・石垣島(石垣市)の自宅に大麻を隠し持っていたとして
    大麻取締法違反(所持)の罪に問われ、昨年4月に懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。
    現在も医療大麻合法化に向けた活動を行っている。

    スポーツ報知
    https://www.hochi.co.jp/topics/20181018-OHT1T50053.html
    高樹沙耶さん

    (出典 www.hochi.co.jp)


    ★1が立った日時:2018/10/18(木) 11:56:37.48

    前スレ
    【芸能】高樹沙耶さん、カナダ大麻解禁を支持「よいマップを示してくれた」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539831397/


    【【懲りない女】高樹沙耶さん カナダ大麻解禁に賛同】の続きを読む



    (出典 previews.123rf.com)


    凄い国だ…日本にいたら信じられないよね、こんなこと・ω・;

    1 シャチ ★

    【10月18日 AFP】カナダで嗜好(しこう)用大麻が解禁された17日、同国各地で大麻愛好家らが合法化を祝った。

     同国最東部ニューファンドランド(Newfoundland)島のセントジョンズ(St. John's)にある大麻販売店では、合法大麻をいち早く購入しようと、寒さの中、午前0時の開店の数時間前から数十人が列をつくった。

     開店4時間前から店の前に並んだ男性は、カナダの合法大麻購入者第1号として「歴史をつくる」ことができてうれしいと語った。「とてもうれしくて、ワクワクしている。顔がゆるみっぱなしだ。寒くないよ。外は極寒だけど、寒くない」

     東部ノバスコシア(Nova Scotia)州ケープブレトン(Cape Breton)島では、真っ先に店を訪れた人々の中に、バイオリン奏者のアシュレイ・マックアイザック(Ashley MacIsaac)さんの姿もあった。またトロントでは、音楽とともに大麻合法化を盛大に祝うイベントが行われた。
    (c)AFPBB News 動画ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00010001-afpbbnewsv-int
    関連スレ
    【カナダ】17日、嗜好品としての大麻所持・使用を合法化 先進7カ国(G7)では初
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539740591/


    【【歓喜】カナダで大麻解禁に街ではカウントダウン「嬉しくて顔がゆるみっぱなし…あぁヨダレが…」】の続きを読む


    高橋 祐也(たかはし ゆうや、1979年12月9日 - )は、日本の元ミュージシャン。母は女優の三田佳子、父は元NHKプロデューサーの高橋康夫、兄は俳優の森宮隆である。 NHKプロデューサーの父と女優の母の次男として産まれる。幼少時代は、仕事に忙しい両親に代わり、同居していた祖父母や家政婦の手によ
    9キロバイト (1,070 語) - 2018年10月10日 (水) 03:22



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    もうやっちゃだめだよ。

    1

     女優三田佳子(77)の次男で、覚せい剤取締法違反(使用)の罪で逮捕、起訴された元俳優の高橋祐也被告(38)が9日、
    保釈保証金300万円を納付し、警視庁渋谷署から保釈された。東京地裁が5日に保釈を認める決定をしていた。祐也被告が同法違反の疑いで
    逮捕されるのは4度目。07年の3度目の逮捕時には会見し、号泣した三田は、今回の逮捕を受け、会見はせず、「親としてはもう力及ばず」
    などと無力感をにじませるコメントを発表していた。

     祐也被告は午後12時20分頃、渋谷署から姿を見せた。紺色のジャケットに青シャツ、黒のジーンズに白いスニーカー姿で、
    報道陣に3秒ほど一礼するも、問いかけには一切答えなかった。淡々とした表情で迎えに来た父で元NHKプロデューサーの
    高橋康夫氏の車に乗り込み、渋谷署を後にした。

     報道陣の前に姿を見せたのは前回逮捕時以来約11年ぶりだったが、顔は真っ白でかなりふっくらしており、歌手、
    俳優活動をしていた時代の面影がほとんどないほど変貌していた。

     高橋被告はこれまでに3度、同法違反で逮捕されており、08年には実刑判決を受けている。今回は9月9日ごろに都内の自宅で
    覚醒剤を使用、10日に渋谷区内の飲食店で「客が口論になっている」との通報で
    尿検査を実施し、陽性反応がでて逮捕された。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000083-dal-ent

    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【三田佳子の次男保釈を父が出迎える…高橋祐也氏の今の姿に『若い頃とは下さい。まるで別人…』】の続きを読む



    (出典 spicechan.com)


    なんか使用歴長そう…・ω・

    400

    共同通信
    覚醒剤使用疑いで元「歌のお兄さん」を逮捕
    2018/9/20 12:38
    ©一般社団法人共同通信社


     警視庁新宿署は20日までに、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、NHKの子ども向け番組で「歌のお兄さん」を務めた、自称音楽講師沢田憲一容疑者(49)を逮捕した。
    https://this.kiji.is/415351616080495713?c=39550187727945729


    【元『歌のお兄さん』覚醒剤使用の疑いで自称音楽家を逮捕】の続きを読む

    このページのトップヘ