芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:ニュース > 新商品


    レーシングカート スーパーマリオカート マリオカート64 マリオカートアドバンス マリオカート ダブルダッシュ!! マリオカートDS マリオカートWii マリオカート7 マリオカート8 マリオカート8 デラックス マリオカート アーケードグランプリ マリオカート アーケードグランプリ2 マリオカート アーケードグランプリDX
    78キロバイト (9,781 語) - 2018年12月26日 (水) 16:21



    (出典 c1.staticflickr.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2019/01/07(月) 12:38:34.46


    (出典 img.5ch.net)

    『マリオカート ツアー』

    2019年3月までにサービス開始予定
    メーカー:任天堂


    (出典 app.famitsu.com)


    国民的人気ゲーム『マリオカート』がスマホアプリになって登場!

    https://app.famitsu.com/20190106_1403342/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【任天堂】Switchは放置か⁉ マリオカート最新作はiPhone/iPadで発売すると発表】の続きを読む


    Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は、任天堂より2017年3月3日に発売されたハイブリッドゲーム機。 任天堂は「既存の“据置型テレビゲーム機”の範疇には入らないゲーム機」としつつも、「携帯型ゲーム機としての利用も出来る据置機」とする。「NX」というコードネームで開発が進められてい
    88キロバイト (7,615 語) - 2018年11月21日 (水) 04:51



    (出典 asobitaiblog.com)


    もうすぐサンタさんの時期だ…こわいこわい・ω・;

    【【爆売れ】『ポケモン ピカ・ブイ』発売3日間で66万本超を販売 Switch本体もバカ売れ】の続きを読む



    (出典 t18.pimg.jp)


    てか、ネーミング…・ω・;

    1 樽悶 ★

    完全人工栽培されたバカマツタケ=兵庫県加古川市別府町の多木化学

    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


     香りも味もマツタケに引けを取らないバカマツタケ。その完全人工栽培に成功した、と肥料メーカー多木化学(本社・兵庫県加古川市)が発表した。シイタケなどと違って人工栽培が難しいとされてきたが、食味も天然ものに近いという。同社は3年後をめどに商業生産を目指す。

     バカマツタケは「本家」より小ぶり。アカマツではなくコナラやクヌギなどブナ科の木と共生し、マツタケより1カ月ほど早く出てくる。マツタケモドキ、ニセマツタケといったマツタケの仲間と比べ香りも味も良く、高級食材として珍重されている。

     同社によると、これまで多くの研究者が人工栽培に取り組んできた。だが、朽木などを栄養にするシイタケやマイタケなどと異なり、マツタケの仲間は生きた植物から栄養をもらって成長するため人工栽培は難しいとされてきた。これまで人工培養後に自然環境に戻して生育させた例はあるが、室内環境で培養から生育までの人工栽培に成功した例はなかったという。

     同社が研究を始めたのは201…

    (残り:326文字/全文:735文字)

    朝日新聞 2018年10月12日07時11分
    https://www.asahi.com/articles/ASLB92RRBLB9PIHB001.html
    時事通信 2018/10/13 16:40
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018101300139


    【【兵庫】「バカマツタケ」完全人工栽培に成功! 味、香りともに自信アリ】の続きを読む


    「コカ・コーラ プラスコーヒー」9月17日発売 炭酸の刺激とコーヒーの香りが合体した想像を超えた何かが誕生してしまう

    コカ・コーラシステムは、「コカ・コーラ」と「コーヒー」を組み合わせた炭酸飲料「コカ・コーラ プラスコーヒー」を9月17日に全国で発売します。

     「コカ・コーラ プラスコーヒー」は、コカ・コーラの味わいと炭酸の刺激にコーヒーの風味を加え、ほろ苦い後味を楽しめるというドリンク。仕事中や休憩時の気分転換、移動中などの飲用を想定しています。

     パッケージはコカ・コーラらしい赤がベース。上部にはコーヒーカラーのブラウンをあしらい、炭酸の泡の中で跳ねるコーヒー豆を描いています。

     250ミリリットルの缶入りでメーカー希望小売価格は128円(税別)。全国のコンビニエンスストア、自動販売機で販売します。

     同社は2017年9月に同じコンセプトの「コカ・コーラ コーヒープラス」を関東・東北・南東北の自動販売機限定で発売。これが好評だったことからパッケージと製品名を刷新し、全国で販売することになったそうです。

     コカ・コーラもコーヒーも好きという人は多そうですが、1つになった味わいが想像できません。
    (出典:ねとらぼ)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    うーん…失敗する予感しかない。

    【コカ・コーラ『コーヒー味』満を持して発売へ】の続きを読む

    このページのトップヘ