芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:お笑い芸人 > ビートたけし



    (出典 news.nifty.com)


    別に芸能界だけに限ったことじゃないし、自分で仕事見つけて働くだけよね

    1 砂漠のマスカレード ★

    今年3月のビートたけしの独立後、所属タレントと森昌行社長との間で内紛が起こった芸能プロダクション「オフィス北野」の株主総会が27日、都内で開かれ、
    新社長につまみ枝豆、専務にダンカンが就任することが承認され、任期満了を迎えた森氏はこの日をもって退任となったことを、一部スポーツ紙が報じた。

    新体制の人事はたけしが退社後の5月に提案していた通りの人事。記事によると、新体制の本格始動は年明けからとなるが、
    たけしからのサポートは望めそうになく、事務所の稼ぎ頭だったお笑いコンビ・浅草キッドは、水道橋博士が体調不調で長期休養中。その相方の玉袋筋太郎は退社の方向だというのだ。

    その後の報道によると、近日中にも新社名に変更し、会社住所も移転して再出発。森氏の退任もあり、映画関連事業からは撤退する方針になっているというのだ。

    「とりあえず『たけし軍団』のメンバーとしては、混乱に乗じて森氏を引きずり降ろして好き勝手やれれば、と考えていた。
    そのうえで、いずれは会社を清算してたけしの新事務所に合流する算段だったはず。
    ところが、内紛により大量に社員が退社し、俳優としての稼ぎ頭だった寺島進は11月いっぱいで退社し、ほかの事務所に移籍。
    おまけに、たけしはパートナーの女性の言いなりで、女性は軍団が新事務所に合流することを認めなかったようだ」(芸能プロ関係者)

    複数のメディアの報道によると、たけしはすっかりパートナーにギャラを管理され、妻に金が入らず。
    そのため、妻は合意しかけていた離婚に難色を示しているというのだ。

    「すべてはパートナーの言いなりになってしまったたけしの“ご乱心”が元凶。
    たけしのサポートがなければ、『オフィス北野』はどんどん経営が傾いてしまうだろう」(芸能記者)

    軍団のメンバーたちは、1日も早くたけしに目を覚ましてほしいはずだが…。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15680917/
    2018年12月2日 18時40分 リアルライブ


    (出典 www.cinra.net)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【目を覚まして殿】ビートたけしの“ご乱心”で先行き不安のオフィス北野のタレントたち】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,444 語) - 2018年11月20日 (火) 11:53



    (出典 blog-imgs-96.fc2.com)


    恐ろしい年収を叩き出すぞこりゃ・ω・;

    1 ストラト ★

    タレントのビートたけし(71)が1日放送のTBS系トーク番組「サワコの朝」(土曜・前7時半)に出演。
    今年4月に所属事務所「オフィス北野」から独立し、自ら設立した新事務所「T.Nゴン」での活動への思いを明かした。

    「新しい事務所をやってね、これほど、オレはね、パーセンテージを取られていたとは思わなかったね。夢のようだね、マージンがない世界というのは」と明かした。

    続けて「月に1本やればいいやと思うもんね」としたが、「だけどね、月に1本じゃやることないしさ。ちゃんとレギュラーやっておいた方がいいな。どうせレギュラーもなくなるんだから、くたばれば。自然に消滅するのが一番いい」と話した。

    さらに、たけしは「とにかくお笑いが好きなんだよね。お笑いのために本当に偉くなりたいわけ。だって偉い人って面白いじゃない。失敗したら」とし、「だからチャップリンと同じで浮浪者が滑っても悲しいだけだけど、大社長とか偉い人が滑って倒れれば、おかしいでしょって」と明かした。

    その上で「肩書きだけ偉くなりたいって。実質はどうでもいい」と示し、「ピアノもピアニストまで行かないけどある程度弾けるところまで行って、初めてピアノのコントができるかなって。どうせコントをやるなら本物をやりたい」とお笑いへの思いを語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000084-sph-ent

    ビートたけし

    (出典 www.hochi.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【夢のよう】ビートたけし、新事務所のマージンなしでの活動に満面の笑み】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    要するにかちょうどいい熱さ』に設定してあるんだろうね・ω・

    1 名無しさん@涙目です。


    (出典 img.5ch.net)

     ビートたけしが24日、レギュラーを務めるTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演。自身が司会を務め、80~90年代に放送された人気番組
    「スーパーJOCKEY」(日本テレビ)の熱湯風呂の秘密を告白した。

     番組では、煮えたぎるしゃぶしゃぶ鍋に顔を押しつけられて顔にやけどを負った元芸能事務所社員が社長をパワハラで訴えたニュースを取り上げた。
    今回の“事件”に関連し、たけし軍団らがかつて番組でネタとして行っていた「熱湯風呂」にも注目が集まっており、たけしは覚悟の上で自ら“暴露”をしたとみられる。

     たけしは「昔だったら、俺なんか相当訴えられてるんだろうな。熱い風呂に入れた、とかいって。たけしパワハラ、とかいって」としみじみコメント。
    一瞬、考える表情を見せた後、再び口を開き、「あれ、本当は熱くないからね、別に。あれでやけどした人、見たことないから」とネタばらしした。

     芸人やタレントが熱いそぶりをしているだけ、と敢えて踏み込んだ発言に、安住紳一郎アナウンサーは「それはたけしさん、コメントしない方が…」
    と苦笑いしながらフォロー。それでもたけしは「あんなに熱いわけないんだから」と芸人らの“リアクション芸”でおもしろく見せていたことを打ち明けた。

     熱湯風呂を巡っては、たけし軍団の東国原英夫が23日のテレビで、「僕らはたけし軍団で痛い、熱いのいわゆるリアクション芸をやっていたが、
    痛い、熱いで笑いを取るのは相当の腕が、資質が必要です。我々がそういう笑いを提供した責任はあるんでしょうが、素人さんにはやるなと言いたい」と慎重に言葉を選びながら語っていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000129-dal-ent


    (出典 news.nifty.com)


    【【言っちゃった!】ビートたけし「熱湯風呂は本当は熱くない」自ら“ヤラセ”をネタばらし】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    もう歳だしゆっくり休んだらいいよ・ω・✱

    1 鉄チーズ烏 ★

     やや肌寒いとある夜の9時過ぎ、成田空港の到着ロビーに大きなマスクを着けたショートヘアの女性が姿を現した。ビートたけし(71)の愛人、A子さんである。ほどなくしてたけしが現れる。仕事を終え、この日、韓国から帰国したのだ。

     人目を気にしているのか、二人は数mの距離を取りながら歩いていく。そのまま迎えに来ていた車に乗り込むと、等々力(世田谷区)にある二人の愛の巣へと帰っていった――。

     仕事先が海外でも、常にたけしと行動を共にする18歳下の女性、A子さん。今年3月、たけしが『オフィス北野』から独立し、彼女と二人で設立した新事務所『T.Nゴン』の所属となったことは記憶に新しい。独立騒動から約8ヵ月、今、この『オフィス北野』は“空中分解“の危機に陥っている。

     まず、11月末にも森昌行社長(65)が『オフィス北野』を退社することが明らかになった。後任は、たけし軍団のつまみ枝豆(60)が務めるというのだが……。

    「枝豆さんはタレントをやりながら社長を務めるため、森社長ほど経営に力を入れることはできないでしょう。そのうえ、これまでたけしさんの活躍に『おんぶに抱っこ』状態だった事務所スタッフは、総じて仕事を取ってくる能力に欠けている。会社が立ち行かなくなるのも時間の問題です」(芸能リポーター・城下尊之氏)

     一方、愛人・A子さんと共に新事務所『T.Nゴン』を立ち上げたたけしだが、独立して以降はA子さんに振り回され、もはやかつてのようなオーラはなくなってしまったという。

    「今のたけしは、まさに“裸の王様“。新事務所の運営からプライベートに至るまで、すべてA子さんの言いなりになってばかりで、彼女以外の人の意見には耳を貸さなくなってしまった。軍団の面々はもちろん、周囲の者は誰も、彼をいさめることができません」(芸能プロ関係者)

     いまやたけしに代わって事務所を切り盛りするA子さんだが、時に強い口調で軍団の芸人たちを叱責することもあり、彼らとの間に軋轢が生じている。先日、芸能活動休止を発表した『浅草キッド』の水道橋博士(56)もその一人だという。

    「博士は体調不良による芸能活動休止を発表しましたが、その原因の一つはA子さんなのです。もともと、たけしは博士を非常に可愛がっていて、頻繁に自宅に呼んでいました。しかし、『たけしに関わる人にはキツく当たる』と評判のA子さんは、ことあるごとに博士にパワハラまがいの言動を繰り返し、その心労で博士は参ってしまったんです」(芸能記者)

     さすがにたけしも、愛弟子の過労による活動休止には、胸を痛めているに違いない。だが、実はたけし自身、最近は私生活でも仕事でも誤算続きなのだという。

    「もともとたけしの給料は、妻・幹子さんが代表を務める『北野アツシエーション』と長男が代表を務める『北野企画』に振り込まれていました。しかし、’17年4月からはA子さんがたけしの給料を管理するようになり、家族にはカネがまったく入らなくなった。これが原因で、一時はたけしとの離婚に応じようとしていた幹子さんも、態度を硬化させてしまった。さらに先日、東京五輪の公式記録映画監督が河瀬直美(49)に決まりましたが、これがたけしにとって最大の誤算でした。五輪の記録映画監督就任は、71歳になった『世界のキタノ』の“人生最後の夢“でしたから。この二つの誤算によるダブルパンチで、いまの彼はすっかり弱気になっています」(前出・芸能記者)

     愛人に振り回され、夢にも破れたたけし。早く目を覚まし、かつてのような“天才たけし“に戻ってほしいものだ。


    11/23(金) 7:03配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00010002-friday-ent

    (出典 res.cloudinary.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【ビートたけし『やっぱりダメだった』東京五輪記録映画監督から外され「人生最後の夢」破れる!】の続きを読む


    つまみ枝豆(つまみえだまめ、1958年6月1日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優である。本名は青木 隆彦(あおき たかひこ)。静岡県伊豆市出身。オフィス北野所属。2018年5月18日から同事務所取締役。 ビートたけしの弟子によって構成された「たけし軍団」の一員。主にビートたけしの出演番組や監督作品
    14キロバイト (1,525 語) - 2018年8月28日 (火) 15:19



    (出典 office-kitano.co.jp)


    仕事の依頼はあるのかね…ラッシャーさんだけは毎週見るけどw

    1 湛然 ★

    11/11(日) 5:00 サンケイスポーツ
    オフィス北野・森社長、今月末にも退社 新社長はつまみ枝豆

     オフィス北野の森昌行社長(65)が今月末にも退社することが10日、分かった。

     関係者によると、早ければ森社長は今月いっぱいで社長職を退き、同時に退社。新社長には、3月に同社から独立したビートたけし(71)が推薦するたけし軍団のつまみ枝豆(60)が就任する。枝豆は10月のイベント登場時、引き継ぎ時期は「今年中」と語っていた。専務はダンカン(59)が務める。

     現在、森社長は新体制が万全な状態でスタートできるように仕事の引き継ぎに奔走中。サンケイスポーツの取材に「まだ(退社が)決まっていないので、現時点でコメントできることはありません。発表できるときに皆さんに報告します」と話した。

     また、浅草キッドの玉袋筋太郎(51)が退社の意向を固め、コンビ存続の危機にあるという一部報道について「現在、(退社などを)公にできる話には至っておりません」と説明した。

     浅草キッドについては、前日9日に水道橋博士(56)が過労による体調不良で休養すると発表されたばかり。復帰時期は未定で、当面ピンで仕事をすることになった玉袋は8日のツイッターに「あいぼうがああなってしまった。こうなった以上 自力でやりしかねえよ! 帰ってこいよ~!」(原文まま)と意味深に投稿したが、9日に削除されている。また、7日には師匠のたけしについて「師匠なので師匠だから 死ぬ気で本当に死ぬ気でお話した。がんばれよ! という一言頂き涙!」とツイートしていた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000502-sanspo-ent


    【【オワタ…】オフィス北野・森社長退社 新社長は…つまみ枝豆氏】の続きを読む

    このページのトップヘ