芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:お笑い芸人 > ビートたけし


    ビートたけし (北野武からのリダイレクト)
    )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、脚本家、歌手、編集家である。本名:北野 (きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 で、映画監督として知られる。 1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で
    162キロバイト (22,877 語) - 2020年1月18日 (土) 10:43



    (出典 www.billboard-japan.com)


    さすがテレビでマス北野とかやってただけはあるか・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    ビートたけしが18日、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」に出演し、東京大学に合格した友人が、数学では自身のほうが秀でていたと語った。

    番組では、大学入試センター試験について取り上げた。たけしは「俺の友達、東大に受かったやついるけど数学は俺よりバカだった。俺が教えてやった」と自身の大学受験時代を振り返った。

    安住紳一郎アナウンサーが「たけしさんの数学が突出していたんですよ」と応じた。たけしは「それくらいの知識で、英語も社会もそれくらいの知識で東大に受かるのかと思ったけど。失敗したね」と述べた。

    たけしは明治大学工学部に進学した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17684175/
    2020年1月18日 22時28分 デイリースポーツ


    (出典 img.cinematoday.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【天才】たけし 東大に進学した友人に「数学は俺よりバカだった」】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優、脚本家、歌手、編集家である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (22,915 語) - 2020年1月1日 (水) 07:38



    (出典 portal.st-img.jp)


    まぁ、芸人なら胸打たれる人もたくさんいるだろうな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    昨年の大みそか午後10時8分。昭和、平成、令和の3時代をトップランナーとして駆け抜けてきたお笑い界の超大物が初めて1人の歌手として、NHKホールのステージに立った。

    舞台は令和最初の「第70回NHK紅白歌合戦」。タレント・ビートたけし(72)は映画監督としての代名詞「キタノ・ブルー」
    に酷似した暗青色のセットの前に着段着に見えるラフなセーター姿で立つと、2度、ぺこりと頭を下げた。

    右手にマイクを握って歌ったのは1972年、明大工学部を中退(除籍)して飛び込んだ東京・浅草のフランス座での下積み時代を丁寧に曲にした
    自身作詞・作曲の「浅草キッド」(86年リリース)。時間にして4分間。アコースティックギターだけの伴奏を背に、
    たけしは最大の特徴である、*れ気味の、でも、とても味のある声で切ないバラードを歌い上げた。

    「お前と会った仲見世の煮込みしかないくじら屋で―」

    「いつかうれる(売れる)と信じてた」

    「同じ背広を初めて買って」

    「夢は捨てたと言わないで 他に道なき2人なのに」

    描かれているのは、浅草時代の極貧生活と88年刊行の自伝的小説「浅草キッド」に芸名「マーキー」こと牧口正樹という名前で登場するフランス座の後輩男性との濃密な関係だ。

    お笑い界での成功を夢見て漫才コンビを組んだものの、マーキーは「天才・たけし」との圧倒的な力量差に打ちのめされ、精神を病む。
    ついには自殺未遂を図り、引退に追い込まれる。
    そんなマーキーが見舞いに行ったたけしに病室で言い放ったと言われるのが、「夢は捨てた」という一言なのだ。

    歌唱前に収録されたVTRでも「浅草キッド」について、「ツービートという漫才師が(世に)出るために何組の漫才師がダメになったかも分かるし、
    自分がある程度、売れた時に作った歌。
    同じ時期に同じような生活をして、一緒にお酒を飲んだり騒いでいたのに、何でコイツが落ち込んで自分が売れたということには罪悪感がある」と率直に語った、たけし。

    マーキーとの別離後、たけしはビートきよし(70)に誘われ、ツービートを結成。
    「赤信号、みんなで渡れば怖くない」、「寝る前にちゃんと締めよう、親の首」などの毒ガス漫才で一気にブレークを果たす。

    しかし、お笑い界のトップに登り詰めていく過程では、マーキーのような“ボタンの掛け違い”でスターになり損なった仲間だけでなく、芸人だけでは食べていけず会社員になったが、
    83年、自宅アパートの火災で焼死してしまう師匠・深見千三郎さんら数々の悲劇的な存在があった。

    たけしの口にした「罪悪感」という言葉の裏には、そうした浅草時代の悲しい思い出の数々と自分が浮かび上がる過程で“踏み台”にして行った人々の存在が確かに横たわっている。
    少なくとも映画監督・北野武としてもベネチア映画祭グランプリに輝くなどの成功の過程を番記者として追いかけ続けてきた私は、たけしがそうした考え方をする人だと言うことが分かる。

    間違いなく、そうした「自分だけが売れた」という慚愧(ざんき=恥じること)の念を胸に歌っただろう、たけしの熱唱は現在のお笑い界のトップランナーたちのハートも直撃した。

    紅白の総合司会を務めた内村光良(55)は曲紹介の際、涙声で「俺もデビューの時、(相方の南原清隆と)2人で背広を買いに行って。そういう歌詞がいっぱいあって。やばいです。この歌は…」と涙声で話した。
    たけしの歌唱の際、カメラで表情を抜かれた審査員の「サンドウィッチマン」伊達みきお(45)は明らかに涙をぬぐっていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17610370/
    2020年1月2日 11時0分 スポーツ報知


    (出典 www.asahicom.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【紅白】「夢は捨てたと言わないで」…たけしの熱唱「浅草キッド」人々の胸を打った理由】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。勲等は旭日小綬章。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    164キロバイト (23,011 語) - 2019年12月23日 (月) 11:36



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    まぁそれでも面白いのならいいけどね・ω・

    1 Egg ★

    ビートたけしが、12月26日に放送された『チマタの噺SP~たけし噺2019~』(テレビ東京系、※レギュラー放送は毎週火曜24:12~)に出演。たけしのぶっちゃけトークに絶賛の声が相次いだ。

    同番組は、街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ。年末恒例となるたけしをゲストに迎えて1年を振り返った。

    昨年3月、所属事務所「オフィス北野」から独立したたけし。6~7年前からすでに揉めていたと言い、たけしが株主にも関わらず、一度も株主総会に呼ばれなかったという。もともと制作会社のADだった人物を「ウソをつかなそう」と自身の会社に招き入れたものの「それが一番ウソつきやがった。ひでぇヤツだ」と振り返った。MCの笑福亭鶴瓶は、そんな目に遭ったにもかかわらず、どこかコメディになってしまう彼の人生に「オモロいでんな」と語った。

    「吉本芸人闇営業問題」に触れた際、鶴瓶は「こんなこと言うと怒られるかもしれへんけど」と前置きしつつ「(ロンドンブーツ1号2号の)亮とか早く出してやったらええのに」と思いやる。たけしは、お笑い芸人が記者会見で涙を見せると、今後の活動に影響を及ぼすと危惧。続けて「闇営業やっていたに決まっているじゃんね」とこぼしてスタジオを笑わせた。鶴瓶も「闇営業」というフレーズがよくないとし、事務所を通さない仕事は若手時代にしていたと明かした。持論として、吉本がダメになったのは、師匠と弟子ではなく、養成所ができたからだとたけし。厳しい先輩・後輩関係がなくなったことで「気の遣い方が分からなくなっちゃって、何でも平等になっちゃった」とコメントした。

    ほか、最近の漫才が進化していると語る一幕も。『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)については、予選の審査員について「吉本の座付き作家が多すぎるわ」と苦言。予選で落とされるため、よほど差がない限りは、東京の芸人は決勝に出ることができないと話した。

    インターネット上では、2人の夢の共演とたけしの自由すぎる発言に「たけしさん、ぶっちゃけ過ぎです!」「かなり本音で話し合ってて深夜番組らしくて好き」「巷の噺が面白過ぎて寝れない」といったツイートがあった。

    2019年12月27日 12時15分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17588060/


    (出典 www.tvlife.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【苦言】<ビートたけし>「M-1の予選は、吉本の座付き作家が多すぎる」】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    164キロバイト (23,003 語) - 2019年11月16日 (土) 05:52



    (出典 gg-talk.jp)


    どんな愛人なんだかな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/20(水) 09:20:58.64 ID:ok/Q0QdQ9.net

    弟子が実名告発! ビートたけしを幻惑する「愛人」の手練手管(1/3)

    お笑いBIG3にして、映画界では「世界のキタノ」として名を轟かせるビートたけし(72)。近年、彼は「愛人」に翻弄され、迷走しているのではないかと噂されてきた。だが、それは噂ではなかった――。
    たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で真実を明かす。

     ***


    私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません。

    そして10月23日、私は殿の愛人と言われてきた横井喜代子さん(仮名)と、殿が代表取締役を務める「T.Nゴン」を相手に、1千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴しました。
    彼女によるパワハラによって、私は自律神経失調症を患ってしまったからです。

    〈こう証言するのは石塚康介さん、41歳。彼は2010年1月、「殿」ことビートたけしに弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた。
    つまり、石塚さんは長年、最も身近でたけしを見てきた人物と言える。もちろん彼は、たけしを尊敬していた。だが、もう殿のもとに、いや殿を操る横井氏のもとにいるのは限界だったという〉

     これまでも私以外に、スタイリストやマネージャーなど、多くの人が殿から去っていきました。みんな、横井さんと揉めたためです。しかし、誰も表立って文句は言えません。
    なぜなら、それを聞いた彼女が事実を捻じ曲げて殿に報告すると、悪者にされるのは我々のほうだからです。
    でも今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。
    そして世間の人に、殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです。

    〈ここ数年、たけしの「異変」が報じられ続けた。14年に18歳年下で、銀座のクラブでホステスをしていたことのある横井氏という愛人の存在が発覚。
    すると、次第に業界内でのたけしの評判は落ちていく。
    たけしは彼女に「洗脳」されている。彼女の影響でカネの話ばかりするようになった――。
    そして昨年4月、彼は30年超にわたって二人三脚の関係だった森昌行氏(当時「オフィス北野」社長)と訣別し、横井氏とともに設立していた「T.Nゴン」に移籍。
    今年6月には、糟糠の妻である幹子さんとの離婚が明らかになった。独立・移籍、離婚。
    いずれの背景にも、横井氏の存在があると囁かれてきた。石塚さんが「真実」を続ける。〉

    「愛人にしたい女優No.1」を共演NGに


    https://news.livedoor.com/article/detail/17406792/
    2019年11月20日 8時1分 デイリー新潮


    (出典 www.j-cast.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【愛人】ビートたけし「橋本マナミは共演NG」に…弟子が実名告発】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    164キロバイト (23,004 語) - 2019年11月7日 (木) 06:08



    (出典 ikamimi.work)


    金持ってると、いろんな輩が寄ってくるよなホント・ω・

    1 ひかり ★

     昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。
    背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。

     ***

    「私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません」

     と証言するのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)である。石塚さんは、横井氏のパワハラによって
    自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

     13年にたけしが横井氏と出会って以降、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行った。

    「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。そして世間の人に、
    殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

     石塚さんによれば「横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまない」。たけしの仕事に口を出すようになったほか、オフィス北野のマネージャーや
    タレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったという。

     運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされ、

    「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて
    『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」

     深夜の連絡、休日であっても待機を強いられるといったパワハラ行為は加速。我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、
    辞意を告げる。その場にはたけしも同席していたが、「殿は終始無言でした」。

     橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした――など、横井氏の「真実」をつぎつぎと明かす石塚さん。11月14日発売の週刊新潮でくわしく報じる。

    「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592630-shincho-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573632837/


    (出典 www.bookbang.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【洗脳】「ビートたけし」年下愛人から“パワハラ被害“で提訴『“殿の元運転手』実名で告発】の続きを読む

    このページのトップヘ