芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: テーマパーク


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のバラエティタレント、女性ファッションモデル、歌手、女優。歌手グループPaboおよびアラジンのメンバーでもあった。本名、藤本 優樹菜(ふじもと ゆきな)。旧姓、木下。愛称はユッキーナ、ゆきなちゃんなど。
    29キロバイト (3,849 語) - 2019年3月20日 (水) 13:27



    (出典 i.pinimg.com)


    一日くらい休ませたからって勉強遅れるとかもないだろうけど、学校休ませて遊びに行くって感覚は自分にはないな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    タレントの木下優樹菜がインスタグラムにアップしたある画像が物議を醸している。

    木下は7日に更新したインスタグラムの中で、位置情報を東京ディズニーランドに設定しつつ、
    「うぶ毛活かしアップして雨上がるの待ってる」とコメントして、レストラン内で撮影したと思われる自撮り写真を投稿した。
    さらに、その後も「ポークライスロール激ウマのきわみ」と画像にコメントし、ディズニーランドのグルメを紹介。ディズニーランドを満喫したことを明かしていた。

    この投稿にファンからは、「変装しないで堂々とディズニー行くんですね!」「ディズニー楽しんで!」といった声が集まっていたものの、
    一部ネットからは、「平日だよね?あんな大胆に学校ある日にディズニー行ってますって大丈夫?」
    「GW明けに子ども休ませてまでディズニーってないわ…」「子ども小学校に上がったばかりなのによく休ませられるね」といった批判の声が集まってしまった。

    「投稿の中では、同行者については明言していなかったものの、ポストのコメント欄を見ると、『お子さんと一緒にいたのに、握手してくれてありがとうございます』
    『お子さんとアトラクションに並んでるところ見かけました』などの目撃情報が多く寄せられており、子どもとともにディズニーランドを訪れたのはほぼ確実。
    10連休だったGWの明けという閑散日を狙って訪れたようですが、木下の長女は小学1年生になったばかりということもあり、
    『学校を休ませてディズニーランドに行ったのでは?』という疑惑が持ち上がってしまったようです」(芸能ライター)

    人気テーマパークに訪れる際、閑散日を選ばなくてはならないのは芸能人の宿命だが、学校を休ませてまで遊びに連れまわすという行為に疑問の声が集まってしまったようだった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1816293/
    2019.05.09 12:50 リアルライブ


    (出典 www.news-postseven.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【批判殺到】木下優樹菜、平日に子供の学校休ませディズニーランド?】の続きを読む


    TDR 東京ディズニーリゾート (Tokyo Disney Resort)の略。 インターステート・エアクラフト TDR - アメリカ海軍の無人航空機。 ヤマハ・TDR - ヤマハ発動機のオートバイ。TDR250は初代TZR250系のエンジンを搭載。 レースゲームの「カーマゲドンTDR (The Death
    929バイト (96 語) - 2019年3月24日 (日) 06:32



    (出典 dime.jp)


    スマホはスマホで問題点も山積だよな…

    1 ばーど ★

     東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)の人気アトラクションに並ばずに優先して入場できるファストパス(FP)が今夏から、来園中にスマートフォンでも取れるようになる。FPを取るために並ぶ手間をなくし、来園者が時間を有効に使えるようにする。

     運営するオリエンタルランドが明らかにした。FPは現在、「スプラッシュ・マウンテン」や「トイ・ストーリー・マニア!」など待ち時間が長い計18のアトラクションで出されている。各アトラクション前の発券機で紙を受け取り、紙に記載された時間に行けば、ほとんど待たずに乗れるしくみだ。無料だが、FPをもらうのにも長い行列ができることも多かった。

     今夏から、園内であれば発券機に行かずともスマホでFPを取得でき、指定された時間に行けば待たずに乗れる。FPの取得後、次のアトラクションのFPを取れるまでに一定の時間がかかるしくみなどは今と変わらない。スマホを持たない来園者のために、発券機での配布も続けるという。

     東京ディズニーシーの新アトラクション「ソアリン」がオープンする7月23日までのサービス開始をめざしている。

     スマホでのFP発行は、すでに米国や上海のディズニー施設で導入されているという。東京ディズニーリゾートは2013年度に初めて3千万人を突破して以降、混雑が常態化。同社はITを使ったサービス向上策を検討していた。(大日向寛文)

    2019年3月25日05時00分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM3H5T1WM3HULFA04M.html?iref=comtop_8_03

    (出典 www.asahicom.jp)


    【【今夏導入】東京ディズニーランド&シー ファストパスはスマホで取得!】の続きを読む


    ムーミンまんがシリーズ4『ぐっときてムーミン』1970 ムーミンまんがシリーズ5『ハレハレムーミン』1970 ムーミンまんがシリーズ6『ムーミンワルツ』1970 ムーミンまんがシリーズ7『あのひのムーミン』1970 ムーミンまんがシリーズ8『いうなればムーミン』1970 ムーミンまんがシリーズ9『やったぜムーミン』1970 ムーミン
    63キロバイト (8,160 語) - 2019年3月14日 (木) 05:31



    (出典 rembrandt-group.com)


    追いつけ追い越せ東京ディズニーランド・ω・?

    1 ばーど ★

    北欧の童話のキャラクター、「ムーミン」の世界観を体験できるテーマパークが埼玉県飯能市に開業するのに合わせて、地元の駅が北欧風に改装されました。

    改装されたのは、飯能市にある西武鉄道の「飯能駅」です。

    16日、市内に「ムーミン」の世界観を体験できるテーマパークがオープンするのに合わせて、北欧ふうにリニューアルされました。

    ホームでは粉雪が舞うイメージで壁に埋め込まれた照明が光り、柱の周りには木のブロックが1本の大きな木に見えるように積み上げられ、北欧の雰囲気を演出しています。

    ふだんから駅を利用している40代の女性は「これまでの殺風景な駅から変わり、とてもいいと思います。地域が活性化してくれたらいいなと思います」と話していました。

    西武鉄道鉄道計画課の京尾淳一課長補佐は「多くの人に訪れてもらい、わくわくした気持ちになってほしいです」と話していました。

    2019年3月15日 14時15分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190315/k10011849401000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【埼玉県民歓喜】「ムーミン」のテーマパーク16日全エリアopen! 最寄りの飯能駅も北欧風にリニューアル】の続きを読む



    (出典 ja.tdjapan.com)


    人に夢を与えるお仕事…生半可な気持ちじゃ続けられないお仕事だね。

    600 名無しさん@1周年 :2018/09/02(日) 14:36:46.81

    <◆「夢の国」着ぐるみの内側は?過労やパワハラ、社員訴え

    東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で着ぐるみに入ってショーなどに出演する女性社員2人が、運営会社の労務管理に問題があるとして裁判を起こした。
    テーマパークのキャラクターに扮して夢を売る働き手が、自らの労働環境について声を上げるのは異例だ。
    何があったのか。

    「憧れの仕事なので、ずっと我慢してきました。でも耐えきれません」。
    7月19日に千葉地裁に提訴した原告の契約社員の女性(38)は、そう打ち明けた。

    5年以上にわたり、上司からパワーハラスメントを受けていたと主張。
    安全に働ける職場環境をつくる義務を会社が果たしていないとして裁判に踏み切った。
    パワハラの背景に、過酷な労働環境によるゆとりの欠如があると訴えている。

    訴状などによると、きっかけは2013年1月ごろ。着ぐるみのキャラクターに扮し、客にあいさつをして回る「グリーティング」業務の最中に、男性客に右手の薬指を無理やり曲げられ、けがをしたことだった。
    労災申請をしようとすると、上司に「それくらい我慢しなきゃ」「君は心が弱い」と返された。

    役の変更を申し入れたが、「わがままには対応できない」と取り合ってもらえなかったという。
    ぜんそくの症状が出るとして楽屋の環境改善を相談したときにも、「病気なのか、それなら死んじまえ」「30歳以上のババァはいらねーんだよ」と突き放されたとしている。

    女性は1回約30分のショーに1日5回ほど出演し、半屋外のステージから楽屋に帰ってくるたびに水を飲む手が震えるほどの疲労を感じたという。
    夏は酸素不足のサウナで踊り続けるような息苦しさだと訴える。

    人員が少ないため、けがをしたり、体調を崩したりしても、容易に休みにくい雰囲気があると女性は思っている。
    「無理なく働ける環境がパワハラを無くすためにも必要だと思います」

    もう一人の原告である契約社員の女性(29)の訴えは、着ぐるみでの過重労働を続けた結果、日常生活に支障をきたす疾患になったのに、会社が責任を認めず、業務を改善していないというものだ。
    訴状などによると、女性は15年2月に入社後、総重量10~30キロの着ぐるみを身につけ、屋外のパレードやショーに出演。
    16年11月ごろから左腕が重く感じ、手の震えが止まらなくなったが、休みを取りにくく、16年11~12月のパレードの出演回数は計50回に上った。

    17年1月に症状が悪化し、腕をあげると激痛が走り、手の感覚がなくなったという。
    病院で診察を受け、神経や血流の障害で痛みが出る「胸郭出口症候群」と診断された。
    17年8月には労災認定を受けた。

    女性は今、休職中で復職を希望し、「会社側には業務の質や量を見直してもらいたい。
    このままでは同じような症状に苦しむ人が出るかもしれない」と話す。

    運営企業のオリエンタルランド広報部は「訴状が届き次第、内容を確認し、対応していく」と回答。
    着ぐるみで働く人たちの労働環境については「ブランド管理とも関係するので回答は差し控えるが、出演者のケアはしっかりやっている」と説明している。

    朝日新聞デジタル 2018/9/1(土) 17:04
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000034-asahi-soci


    【【TDL】着ぐるみの中の人『過労 パワハラで訴え』過酷な労働環境に悲鳴】の続きを読む

    このページのトップヘ