芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:サッカー > 欧州リーグ


    るという。結果、「エムパペ」「ムバペ」「ンバペ」「エンバペ」「ムバッペ」など、多様なカタカナ表記が用いられている。 なお、フランス語読みだと「エムバペ」か「エンバペ」、アフリカ読みだと「ンバペ」であり日本の一部メディアで見られる「ムバッペ」や「ンバッペ」など「ッ」が入る読み方は完全に誤りである。
    23キロバイト (1,931 語) - 2018年9月14日 (金) 08:55



    (出典 ls2014.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    結局名前は『ムバッペ』で落ち着いたワケね

    1

    パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペは、次期世界ナンバーワン・フットボーラーの本命だ。スペイン『マルカ』が、バルセロナのFWリオネル・メッシ、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドの19歳のときの得点数と比較した。

     ムバッペは、すでに輝かしい結果を残している。モナコでプロデビューを飾ってすぐに注目を集めると、2017年にパリ・サンジェルマンへ移籍。ネイマール、エディンソン・カバーニという大物と並んでピッチに立ち、結果を残してきた。そして、この夏にはフランス代表としてロシアワールドカップに出場。優勝に貢献している。

     そのムバッペは、まだ19歳。この年齢のときは、メッシもC・ロナウドもこれほどの功績は残していなかった。

     所属クラブでのゴールは、19歳のメッシが25得点。C・ロナウドが17得点。これに対してムバッペはすでに52得点を挙げている。

     チャンピオンズリーグでの得点数もムバッペが圧倒している。メッシが2得点でC・ロナウドは得点なし。ムバッペはすでに10得点を記録した。

     代表での得点数も二大スターを上回っており、ここまで9得点。こちらはC・ロナウドが7得点、メッシが4得点だ。

     メッシやC・ロナウドと同じようなキャリアを歩むのは困難だが、ムバッペへの期待はますます高まっている。

    9/13(木) 17:25 フットボールチャンネル
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180913-00289313-footballc-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【欧州リーグ】<19歳ムバッペ>覚醒! ゴール量産勢い止まらず】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    すごい英才教育受けてそうだな

    1 ほニーテール ★ :2018/09/03(月) 10:52:53.20 ID:CAP_USER9.net

    イタリア・セリエA、ユベントス(Juventus)の9歳以下のチーム(U-9)に所属する、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)の長男クリスティアーノ・ジュニオール(Cristiano Junior)くんが、デビュー戦で4ゴールを決める活躍を見せた。

     父ロナウドと同じ背番号「7」をつけて出場した8歳のクリスティアーノ・ジュニオールくんは、チームが5-1で大勝したルチェント(Lucento)戦の前後半に2ゴールずつ記録。
    イタリアメディアによると、ロナウドのパートナーであるジョルジーナ・ロドリゲス(Georgina Rodriguez)さんも観戦した。

     一方の父ロナウドは、今夏にイタリア王者ユベントスに加入して以降、全てがうまくいっていない。

     5度のバロンドール(Ballon d'Or)選出を誇るロナウドだが、先週発表された欧州最優秀選手賞(UEFA Player of the Year Award)をルカ・モドリッチ(Luka Modric)に譲ると、新天地では3戦を終えてノーゴールとなっている。

     また、ポルトガルのアントニオ・コスタ(Antonio Costa)首相もスタンドから観戦した1日のパルマ(Parma FC)戦でもロナウドが不発に終わった一方、古巣レアル・マドリード(Real Madrid)は同選手の退団をものともせず、高い得点力を武器にスペイン1部リーグで開幕3連勝を飾っている。

     現在33歳のロナウドはユベントスでのプレーに集中するため、今週から開幕するUEFAネーションズリーグ(UEFA Nations League 2018-19)と親善試合へ向けたポルトガル代表のメンバーからは外れており、次に試合に出るのは中断明けに行われる16日のサッスオーロ(US Sassuolo)戦となる予定。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180903-00000007-jij_afp-socc


    【【親子明暗】ユベントス(U-9)C ロナウドの息子が圧巻4発の鮮烈デビュー】の続きを読む


    クリスティアーノ・ロナウド・ドス・サントス・アヴェイロ OIH(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro、1985年2月5日 - )は、ポルトガル・フンシャル出身のサッカー選手。セリエA・ユヴェントスFC所属。ポルトガル代表。ポジションはフォワード。
    165キロバイト (17,090 語) - 2018年8月30日 (木) 18:49



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    まぁまだ始まったばかり…あんだけ金払ったんだから、働いてもらわないとね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/02(日) 06:54:18.36 ID:CAP_USER9.net

    ユベントスは開幕3連勝も、注目のC・ロナウドは初ゴール奪えず

    今夏の移籍市場でイタリア王者ユベントスに移籍加入して注目を集めているポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、
    現地時間1日の敵地パルマ戦でフル出場もノーゴールとなり、開幕3戦不発となった。
    チームが2-1で3連勝を飾ったなか、ロナウドはついに辛口のイタリアメディアから「ピッチ上で最悪だった」という酷評を受けた。

    ロナウドはこの試合で、攻撃時には4-3-3の左ウイングとセンターフォワードの位置をクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチと流動的に務め、守備時には4-4-2の2トップの一角でプレーした。
    チームは前半2分にマンジュキッチのゴールで先制し、一度は同点とされたものの後半13分にフランス代表MFブレーズ・マテュイディが決勝ゴールを決めて勝利している。

    そのなかでロナウドを酷評したのは、サッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」の採点だった。
    対戦相手のパルマと合わせてもワーストタイの「5点」を付けて、厳しい評価を下した。

    「ピッチ上で最悪だった。前半は日陰に居続けるようなプレーで、後半は間違ったポジション取りを繰り返した。
    簡単なシュートを1本外し、1本はブロックされ、クロス失敗から相手のカウンターにつながる失態もあった」

    ユベントスは勝ち越しゴール後に、ロナウドに初ゴールをプレゼントしようとする意図が見えるような攻撃が多かったが、それに乗って強引なプレーが増えたことが低評価につながったようだ。
    開幕2戦では合計で8本の枠内シュートを飛ばしていたロナウドだが、このゲームでは「あわや」というシーンはゴール前での偶発的なこぼれ球に反応した1回くらいだった。

    及第点評価のメディアも… 「プレーが間違っているわけでもない」
    また、サッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」も「5.5点」と及第点には届かない評価を与え、
    「またしても、やる能力はあるが上手くいかないというサイクルに巻き込まれた。
    パルマでの夜は実験室のまま終わった。インターナショナル・マッチウィークの後は本物の彼が見られるだろう」と、いまだに本調子ではないとの見方をしている。

    一方、ユベントス専門のニュースサイト「トゥットユーベ・コム」は及第点の「6点」とし、「前の2試合と同様に、少し助けが足りなかった。
    何回かチャンスはあったし、相手に危険なプレーもあった。ゴールは訪れなかったが、プレーが間違っているわけでもない。連携はまだ向上するはず」と、好意的な評価を与えている。

    パルマの守備陣はロナウドの右足の前を絶対に空けないという強い意志を感じさせるようなプレーが目立った。
    ワンツーで入り込むコースも必ずと言っていいほど潰されており、相手の警戒すべき選手がハッキリしている場合に見られる、イタリアらしい守備の強さに苦戦している感もある。

    シーズン最初の中断期間までの開幕3試合で不発という予想外の結果になったロナウドには、厳しい声も見られ始めた。
    UEFAチャンピオンズリーグも開幕する中断明けには、よりコンディションを上げて本領を発揮する姿が見られるだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00132883-soccermzw-socc
    9/2(日) 6:26配信

    https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163276.html
    試合スコア


    【【セリエA】クリロナ開幕3戦無得点 味方選手と噛み合わず…移籍失敗⁉】の続きを読む



    (出典 lifeofleisure7.com)


    多数決で決まったんだから称賛してあげようよ。

    1 Egg ★ :2018/08/31(金) 17:59:58.09 ID:CAP_USER9.net

    UEFAは8月30日、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFのルカ・モドリッチが、2017-18シーズンの最優秀選手に選出されたことを明らかにした。

     UEFAの最優秀選手は、昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)とヨーロッパリーグに出場したクラブの指揮官80名と、「欧州スポーツメディア」が選出する55名の記者の投票で決まる。

     すでに発表されていた最終ノミネートでは、モドリッチのほか、同じくマドリーのCL3連覇に貢献したクリスチアーノ・ロナウドや、CL決勝でマドリーと対戦したリバプールのモハメド・サラーの名前が挙がっていた。

     UEFAの発表によれば、モドリッチは313ポイントを獲得。223ポイントだったC・ロナウドに90ポイントもの差をつけての受賞となった。C・ロナウドは3年連続4回目の受賞を元チームメイトに阻まれる形となった。
     
     この投票結果に怒りを露にしたのが、C・ロナウドの代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏だった。英国衛星放送『Sky Sports』によると、メンデス氏はポルトガル『Record』で「サッカーはピッチ上でするものであり、そこでクリスチアーノは勝った」と述べた。

    「彼は15ゴールを決め、マドリーを背負い、再びCLを制覇した。バカげている。恥ずべきだ。勝者がだれかは疑いようもない。クリスチアーノは彼のポジションでベストの選手だからね」

     CLグループステージの組み合わせ抽選会も兼ねていたこの日の授賞式には、C・ロナウドも招待されていたが、この夏ユベントスに移籍したCR7は姿を現わさなかった。

     イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ユベントスのジュゼッペ・マロッタCEOは「来なかったのはC・ロナウドの個人的な判断だ。我々はそれを尊重したい」と明かしている。

    「我々はこの決定(モドリッチ受賞)をとても残念に思っている。これはCLに関する賞で、ワールドカップではないからだ。昨シーズンのCLで最も感動を与え、素晴らしいゴールを決めたのは、C・ロナウドだったと思う。私ならC・ロナウドに投票していた。サッカーファンとしての意見だ」

    「C・ロナウドが欠席したのは、個人的なプライベートの選択であり、ユベントスとはまったく関係ないし、尊重されるべきだ」

     かつての仲間に「ベストプレーヤー」の座を奪われたC・ロナウドは、ユベントスを悲願の欧州制覇に導き、ふたたびその称号を取り戻すことができるだろうか。

    8/31(金) 17:14配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00046549-sdigestw-socc

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【欧州サッカー】欧州最優秀選手に選ばれたのはモドリッチ CR7代理人納得いかず…】の続きを読む

    このページのトップヘ