芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:野球 > プロ野球



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    則本はメジャー挑戦するのかな…まぁ来年おぬ・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    正念場はこれからだ。

    西武の浅村栄斗(28)を獲得し、FA補強「一番乗り」を果たした楽天。9月に就任したばかりの石井一久GMが自身のFA経験を交えて
    「移籍を経験しないで終わるのはもったいない」と説得し、「来てくれるだけで意味がある」と口説き落とした。

    来月の入団会見を前に、石井GMは「初勝利」に酔いしれているだろうが、ウカウカしてもいられない。
    というのも、楽天は来オフ、怒涛のFAラッシュが控えているのだ。

    順調にいけば、則本昂大(27)、美馬学(32)、銀次(30)、岡島豪郎(29)が来季中に国内FA権を取得する。
    エースの則本はメジャー挑戦を見据えているため権利行使の可能性が低い一方、来季で3年契約が満了。
    オフにはポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦について球団と話し合うことを約束している。
    このほか、今江と福山も故障者特例措置での取得が予想され、最多6人が流出する危険性がある。

    「楽天は今季、リーグ最下位。チームは2013年に日本一を経験しているとはいえ、優勝経験はその1度だけ。
    『もっと“上”を目指したい』と他球団移籍を希望する選手が出てくるかもしれません。そうなれば、チームは崩壊が現実味を増します」(球界関係者)

    このFA予備軍たちはほとんどがレギュラー。西武から巨人へFA移籍した炭谷とはワケが違う。
    ただでさえ楽天は層が薄く、銀次にいたっては一塁手、二塁手、三塁手の「一人三役」をこなしている。

    1年後、「FAの波」の乗りこなし方で石井GMの真価が試されることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000021-nkgendai-base
    11/29(木) 12:00配信


    【【楽天】FA浅村獲得も則本、美馬、銀次…“流出ラッシュ”の危機迫る】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)


    ホームラン46本だもんね。1年間4番打ったしMVPは妥当・ω・

    1 鉄チーズ烏 ★

    ◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪)

     広島・丸佳浩外野手(29)が球団史上初となる2年連続2度目のセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。セで2年連続受賞は藤田元司、王貞治、ラミレス(いずれも巨人)以来4人目(王は4度)。パ・リーグは西武・山川穂高内野手(27)がMVPを初受賞した。

     丸は今季打率3割6厘、リーグ2位の39本塁打、自己最多97打点でチームをリーグ3連覇にけん引。山川は両リーグ最多47本塁打を放ち、打率2割8分1厘、リーグ2位の124打点で10年ぶりのリーグ制覇に導いた。

     ◆丸 佳浩(まる・よしひろ)1989年4月11日、千葉・勝浦市生まれ。29歳。千葉経大付で2年夏、3年春に甲子園出場。2007年高校生ドラフト3巡目で広島入団。13年盗塁王、17年最多安打、今季は最高出塁率のタイトルを獲得。14、16~18年にベストナイン。13年から6年連続ゴールデン・グラブ賞。侍ジャパンで14年日米野球出場。177センチ、90キロ。右投左打。

     ◆山川 穂高(やまかわ・ほたか)1991年11月23日、沖縄・那覇市生まれ。27歳。中部商、富士大を経て、2013年ドラフト2位で西武入団。昨季78試合で23本塁打を放ち、今季は全試合4番を務めた。通算285試合出場、打率2割7分7厘、86本塁打、221打点。17年アジアプロ野球チャンピオンシップ、18年日米野球で侍ジャパン入り。176センチ、108キロ。右投右打。


    11/27(火) 18:43配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000117-sph-base


    (出典 sp.seibulions.jp)



    (出典 blog-imgs-110.fc2.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【プロ野球】西武 山川がMVP初受賞 セは広島 丸が2年連続で受賞】の続きを読む


    落合 博満(おちあい ひろみつ、1953年12月9日 - )は、秋田県南秋田郡若美町(現:男鹿市)出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)・監督、野球解説者、タレント。 選手時代は1979年から1998年にかけてロッテオリオンズ、中日ドラゴンズ、読売ジャイアンツ、日本ハムファイターズに在籍し、日本
    110キロバイト (14,707 語) - 2018年11月13日 (火) 06:40



    (出典 www.asahicom.jp)


    選手時代も監督時代も実績はある人なんだけど…あまり好かれない・ω・

    1 風吹けば名無し

    元中日監督で野球解説者の落合博満氏(64)が26日、スカパー!プロ野球ツイッター公式アカウントでのライブ配信「落合博満のオレ流野球談議」に登場。予定の1時間を22分間もオーバーしてぶっちゃけまくった。

    【写真】現役最後のマウンドを終えた浅尾は、交代でマウンドに上がる岩瀬にボールを手渡す

     かつて自身が監督を務めた中日では今季限りで岩瀬仁紀投手(44)、荒木雅博内野手(41)、浅尾拓也投手(34)のレジェンド3人が現役を引退したが
    「荒木と浅尾はまだできたんじゃないかなって。あとは使う側ですよ」と引退は早いとキッパリ。自身が監督だったら?と問われると「来年もやらせるよ」」と言い切った。

     3人からは「ありがとうございました」と電話をもらったそうだが、これで自身が監督に就任した2004年から中日に在籍する選手で来季もプレーするのは山井大介投手(40)だけ。
    「短期間だけじゃなく1シーズン頑張れ、だよ」と愛情を込めて辛口エールを送った。


    【【オレ流】落合博満氏『荒木?浅尾?引退?』『オレなら来年もやらせる』】の続きを読む



    (出典 www.baystars.co.jp)


    3年限定くらいで行ってきたら・ω・?

    1 砂漠のマスカレード ★

    DeNA・筒香が、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦する西武・菊池にエールを送った。

    横浜スタジアムで行われた野球教室に参加。同じ91年生まれのライバル左腕に
    「素晴らしい投手。向こうのレベルは高いけど、日本のみんなに元気や勇気を与えてくれる活躍をしてくれると思う」と話した。

    横浜の主砲と花巻東の左腕エース。高校時代の練習試合で対戦するなど、プロ入り前から切磋琢磨(せっさたくま)してきた。同学年で海を渡る選手は初となり
    「頑張っている選手からは刺激は受ける」。一方、自身については「僕は来年もベイスターズで頑張ります」。

    野球教室の質問コーナーで飛び出した小学生の「FA権を取ったら、どこでプレーしたいですか?」という無邪気な質問には「はい、次の質問」と苦笑いを浮かべながらかわす場面もあった。

    報道陣から将来的なメジャー挑戦について問われると、笑いながら「ありません!」と言い切った。
    まずはチームのリーグ優勝だけを考え、日本のプロ野球を盛り上げるつもりだ。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000048-spnannex-base
    11/25(日) 6:00配信

    http://npb.jp/bis/players/41945131.html
    成績


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【メジャー挑戦】菊池雄星にエールの『DeNA筒香』自らのメジャー挑戦の意思は?】の続きを読む



    (出典 meikyu-kai.org)


    もう名球会自体が廃れてる気がする…

    1 鉄チーズ烏 ★

     日本プロ野球名球会の総会が23日、東京都内で行われ、投手の新たな入会条件として「100勝100セーブ100ホールド」を加えるか否かが話し合われた。今季は上原(今オフ、巨人から自由契約)が日米通算でこの条件をクリアしている。結果的には持ち越しとなり、山本浩二理事長は「上原の場合、それが規定にないというのが一つある。100勝100セーブはたくさんいる。それプラス、ホールドやから。記録はたいしたもんだけど初めてのことだから」と慎重な言い回しに終始した。

     現状で投手の入会条件は日米通算で200勝以上か250セーブ以上。しかし昨今では投手の分業制が確立され、特に先発投手は中6日が主流。登板機会も1978年の同会発足時と比べて大きく減少している。実際にメンバー内からも「投手の入会条件は時代遅れと言わざるを得ない。一部の人が中継ぎを軽視している感もある。いつまでも200勝と250セーブだけにこだわっていると敷居が高くなり過ぎて投手の会員数は先細りする」との声はある。

     かつて130試合だった公式戦は143試合制となり、打者有利な側面があるのは確か。2000年以降では2000安打到達者28人に対し、投手の新加入は7人と少なく「今後は打者ばかり増えて“名打者会”になってしまうのでは」との指摘も的外れではない。
    「野球のシステムは変わってきている。それに対応できるような投手の資格ができれば。来年あたりはそれをやらないと」とは山本理事長の弁。いずれにせよ、名球会がターニングポイントに差しかかっているのは間違いない。

    2018年11月24日 16時30分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1198885/


    (出典 prt.iza.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【名球会】上原が入会できないって投手の名球会入会条件て厳しくね?】の続きを読む

    このページのトップヘ