芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:野球 > プロ野球


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
    121キロバイト (14,862 語) - 2019年2月2日 (土) 11:30



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    もし『アイツにあのとき引っ張られた』とか言ったら男としてかっこ悪いしな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/14(木) 15:09:37.07

    ファンとの接触で右肩を痛めた中日・松坂大輔投手(38)がチーム内で男を上げている。いったいどういうことか――。

    今回の“不幸な事故”が起きたのは、沖縄・北谷球場で行われているキャンプの第1クール中のこと。
    平成の怪物はファンに右腕を引っ張られて右肩の違和感を発症し、12日に沖縄県内の病院で検査を受けて「右肩の炎症」と診断された。
    ただ、詳細については不明な点が多い。アクシデントの発生日も球団は“数日前”としか明かしていない。これが松坂の優しさともっぱらだ。

    チーム関係者が言う。「(今回の件の詳細を)松坂本人が分からないわけない。日にちはもちろん、男性か女性かも本当は分かっていると思う。
    だけど、松坂は自分の口でそれを具体的に明かしてしまったら、その人が特定されてしまって相当なバッシングを受けかねないと心配してぼかしているんだと思う」

    実際、すでにSNS上では“犯人”に向け「一線を越えた行為」「これは許せん!」「壊した人はどう責任を取るんだ」など非難の声が殺到している。
    これが要因で引退につながってしまうようなら数千万円単位の賠償金請求に発展する可能性もあると指摘されるなど“犯人”を糾弾する声はエスカレートするばかりだ。

    それでもなお、松坂は“大人の対応”を見せているという。別の関係者は「松坂はこんなことがあったのにファンサービスをやめようとは考えていない。
    この件を球団が発表しようとした時も、本人は最終的に『任せます』と承諾したが積極的ではなかった」と明かした上で
    「本当に松坂のファンに対する姿勢には頭が下がる。本物のスーパースターだよ」と脱帽する。

    松坂は球団発表後も練習移動中に笑顔で少年からのサインの求めに応じていた。その人間性は、周囲もほっこりさせている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190214-00000022-tospoweb-base
    2/14(木) 14:08配信


    (出典 www.asahicom.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【松坂の男気】中日エースの肩を壊したファン …松坂は“犯人”明かさないまま】の続きを読む


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
    121キロバイト (14,862 語) - 2019年2月2日 (土) 11:30



    (出典 www.hochi.co.jp)


    あんなところ歩かせちゃマズいしょ・ω・

    1 ばーど ★ :2019/02/13(水) 11:45:46.33

    中日の松坂大輔投手(38)がファンと接触したなかで右腕を引かれ、違和感を覚えたとして、「しばらくノースロー調整を続ける」と球団が2月11日に発表したことが報じられた。

    共同通信によると、与田剛監督は「病院で診てもらうことになると思う」と説明したという。この一報にファンは衝撃を受け、ツイッターでは次のような声が続出した。

    「こんなのファンじゃない!」「商売道具の肩を壊すなんてひどい」「壊した人はどう責任を取るんだ」

    完治まで時間がかかった結果、シーズンに影響が出るだけでなく、最悪の場合は選手生命に影響が出ないか心配だ。右腕を引いたファンの法的責任はどうなるのか、冨本和男弁護士に聞いた。
    ●高額の賠償金が発生するリスクも
    ーーしばらくプレーできない、あるいは引退が早まったなど影響が出た場合、民事での責任はどの程度になると考えられるでしょうか

    「そのファンの行為が原因で、怪我をしたことが立証されればの話ですが、治療費等の実際にかかった金額については当然請求されることになるでしょう。

    また、後遺症がのこり早期引退となってしまった場合、早期引退によって将来得られなくなったと考えられる減収分、治療・後遺症の精神的苦痛についての慰謝料についても責任を負うことになると考えられます」

    ーー金額にして、どれくらいの損害賠償責任を負うことが考えられますか

    「報道によると、松坂選手の年俸は8000万円プラス出来高払いとのことです。どれくらいの金額か定かなことは言えませんが、早期引退の原因となってしまったら、数千万円単位で賠償金が請求される可能性もあると思います」

    ーー刑事についてはいかがでしょうか

    「右腕を引く行為は、人の身体に対する有形力の行使と言えますので、暴行罪の責任を負う可能性があります。『2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料』という処罰を受ける可能性があります。

    靭帯損傷等の怪我をさせていた場合、傷害罪の責任を負う可能性があります。この場合、『15年以下の懲役または50万円以下の罰金』という処罰を受ける可能性があります。

    いくら松坂選手のことが好きでも、大切な体を痛めるような接し方はファンの最低限のマナーとして控えてほしいですね」 (弁護士ドットコムニュース)

    2019年2月13日 10時8分
    弁護士ドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/16013440/


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    【【開幕絶望的】中日・松坂の腕をファンが引っ張り「破壊」その代償…損害賠償金額、数千万円単位の可能性も】の続きを読む


    2015年8月24日. ^ a b オコエ瑠偉にスカウト驚く「長野より速い」/東東京日刊スポーツ(2015年7月28日)(2016年7月15日閲覧) ^ 関東第一・オコエ瑠偉ら/甲子園注目打者日刊スポーツ(2015年8月4日) 2016年11月4日閲覧 ^ オコエ瑠偉1イニング2三塁打100年で2人だけ
    43キロバイト (5,344 語) - 2019年1月12日 (土) 02:33



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    ドラ1と見た目のインパクトだけで注目されすぎた…良くも悪くも目立つから活躍しないと叩かれやすい

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/07(木) 08:15:06.51

    ◇楽天・春季キャンプ(2019年2月6日)

    楽天・オコエが柵越えを連発して、4年目での才能開花を予感させた。
    ランチ特打は約120スイングで25発。午後のフリー打撃でも打撃投手を務めた3年目右腕・西口から4発を放つなど、計34スイングで10本の柵越えをマークした。

    「オフシーズンにやってきたことが生きている。良い感じです」。
    昨年12月、イチローや大谷らの動作解析を独自に研究している専門家に師事し、打撃理論を学んだという。
    「今までは感覚が6、7割を占めていたけど、今は頭で理解してやれている」と手応えを口にする。
    平石監督も「取り組む姿に成長を感じる」と目を細めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000039-spnannex-base
    2/7(木) 6:00配信


    (出典 nyarunuko.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【覚醒】楽天・オコエ開花の予感 柵越え25発「頭で理解してやれている」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    開幕が待ち遠しくなる・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/06(水) 07:02:46.88

    中日の沖縄・北谷キャンプが凄いことになっている。初日の2500人から始まり、日曜の3日は過去キャンプ最高の5500人。
    さらに凄いのがグッズの売り上げ。なんと初日だけで1000万円を突破した。
    人気理由は「松坂、根尾、与田」の3つのキーワード。広島カープもそうだが、ファンの熱とチーム力は、不思議と比例していくもの。
    この日、松坂大輔が米国永住権取得でキャンプ地を一時離れ、サインの転売などの問題も出ているが、今年の中日はちょっと違います。

    記録的なキャンプのファン動員数

    あいにくの雨にもかかわらずドアラとの写真撮影のサービスタイムにファンの列ができていた。
    昨年の松坂フィーバーで火がついた人気がさらに加速している。
    キャンプ来場者は、初日に昨年よりも500人プラスの2500人、2日目が3000人、キャンプ最初の日曜となった3日は5500人のファンで観客席が埋まった。異常人気だ。

    昨年までは、申し訳程度のテントひとつだけだったグッズ売り場も4倍に拡張され、用意されたグッズも3倍になった。
    アイテムも増え、しかも、すべてが沖縄キャンプ限定グッズ。
    根尾タオルがあり、サポーターズユニホームがあり、北谷キャンプを訪問したファンにとってのお宝グッズが揃っている。

    現役時代、異色の左の長身サイドハンドとして活躍した企画営業部の北野勝則氏は嬉しい悲鳴をあげていた。

    「キャンプ初日からボン、ボン、ボンと、すごいことになって、ありがたい限りです。昨年の松坂ブームが、火付け役となり、今年は売り場も拡張、
    グッズの種類も用意した量も増やしたのですが、最初の3日間は、想定を超える売り上げで驚いています。もう売り切れしそうなグッズも出てきています」

    初日の売り上げは、なんと1日で1000万円を突破した。
    1万円以上のお客さんには、特製のナップショルダーバッグに商品を入れてもらえるサービスもあって、それ欲しさに一人平均、1万円以上は買うんだとか。
    中には39万円分を買った猛者まで現れた。連日、売り場には長打の列ができている。

    人気商品は背番号を「18」に変えた松坂グッズ、1軍キャンプにはいないスーパールーキー、根尾昂の関連商品。
    背番号入りのサポーターズユニホームは6000円で、ホームとアウエーが用意されていて、2枚セットで買うお客さんが多く客単価が跳ね上がるという。

    「本当は新人に関しては、まだグッズは作りたくはなかったのですが、これだけファンの方に求められると、そうはいきません」と、北野氏は、複雑な気持ちで根尾グッズ販売に踏み切った。

    なぜ異常人気となっているのか?

    「やっぱり松坂。今キャンプでも2日にサイン会をやってくれましたし、昨年から始まったブームの火付け役。
    与田監督のさわやかで新鮮な雰囲気も間違いなく、この人気の理由でしょう。
    今の若いファンは、監督の現役時代は知らないはずなんですが、監督がサインなど積極的にファンサービスに協力していただいていることも無関係ではないと思っています。
    それと根尾。彼は今1軍にいないので、北谷に見にきてくれるファンの目当てではないでしょうが、グッズの売り上げ人気を後押ししてくれていますね」

    北野氏は、こんな分析をしていた。

    2日には、松坂が1時間半にわたって即席のサイン会を行い、ファンが異例の長い列を作ったが、これも球団サイドが要請したものではなく、
    松坂の方から「やりましょうか」の打診があって実現したものだという。松坂は米国永住権の取得手続きのため、5日、緊急渡米。
    数日間、北谷キャンプ不在となるが、この日は雨で、今日6日は練習が休みのためグッズの売り上げにそう大きな影響を与えることはない。

    「与田監督が、評論家時代にメジャーを色々と回ってこられて“アメリカではこんなことをやっている”と色々とアイデアを出してくれているんですよ」と北野氏。
    与田監督は、NHKの解説者時代に、キャンプ視察、解説などでメジャー取材の機会が多かったが、
    ファンサービスやマーチャンダイズビジネスでは、日本のずいぶん先を行っていたメジャーを見て感じたことをアドバイスしてくれているという。

    そして怪我が理由で2軍の沖縄・読谷キャンプスタートとなってしまったが、スーパールーキー根尾の存在が強烈な追い風となっている。
    根尾が今後、1軍に昇格すると、さらに北谷キャンプがヒートアップするのは間違いない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00010000-wordleafs-base
    2/6(水) 5:30配信


    (出典 www.nikkei.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【松坂・根尾・与田】<中日>異常人気でキャンプ初日のグッズ売り上げ1000万円突破!】の続きを読む



    (出典 www.kochinews.co.jp)


    時間は限られてるからね…どこを鍛えるか…これが現在の風潮なんだね・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/03(日) 11:11:50.65

    野球評論家の張本勲氏(78)が3日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。
    この日の番組では1日にキャンプインしたプロ野球各球団の練習をVTRで放送。キャンプに臨む心境について、張本氏は「キャンプは本当に心配なんですよ、90パーセント。
    威勢のいいこと言っているけど内心は本当に心配だよね。うまくいくか、いかないか」と、選手の胸の内を想像した。

    スタジオには、ヤクルト、巨人などで活躍した広澤克実氏(56)もゲスト出演。自らが現役時代と今のキャンプの練習内容について
    「ランニングの量が少なくなったのと、ロッテなどは(紅白戦のように)すぐゲームに入ります」などと明かした。

    こうした傾向について、張本氏は「よくないですよ。なぜかというと球が飛ぶから。
    下半身で打たなくていいわけですよ。上半身鍛えてガツンと当たれば飛ぶから。ピッチャーも6回投げればいいから。だから走らなくていいの、逆なんだけどね。勘違いしとるんですよ」と持論を展開した。

    さらに自主トレーニングを海外で行う選手が増えている傾向にも苦言を呈し、自らの現役時代には「海外旅行しなかったですよ」とし、
    「今、プロ世界では野球選手が一番裕福だから、金があるから。ハワイ行ったり、グアムに行ったりするんですよ。
    あれは旅行に行ってるんだから。遊びに行っているんだから。気候も違うから、早く出来上がるから向こうでは。
    日本に帰ってきて、ケガが非常に多い。しかも走らない。みんな、国内でやった方がいいですよ。自主トレで」と提言した。

    この意見に広沢氏は「十人十色なんで。そういう人もいれば、そうじゃない人もいる」と返していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00000052-sph-base
    2/3(日) 9:09配信


    (出典 www.kochinews.co.jp)


    【【苦言】張本さん、ランニング量が減ったプロ野球のキャンプに嘆く「よくない。勘違いしとる」】の続きを読む

    このページのトップヘ