芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:お笑い芸人 > とんねるず


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、俳優であり、お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。 芸能事務所・アライバル所属で、同社代表取締役社長。身長182cm、体重74kg。 趣味 : 野球、ゴルフ、映画鑑賞、酒、料理、競馬
    28キロバイト (3,801 語) - 2019年11月4日 (月) 11:01



    (出典 ikujipapa.net)


    てきそうでできないと、イライラしながらできるまで止めらんないんだよね・ω・;

    1 muffin ★

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/05/kiji/20191105s00041000204000c.html
    2019年11月5日

    とんねるずの石橋貴明(58)が4日放送のフジテレビ「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・00)に出演。、家庭用ゲーム機・ファミリーコンピュータにハマり、朝まで寝ずにプレーしていた過去を語った。

    番組が取り上げた「観た事がなくても絶対知っている映画音楽」の中で、1985年公開の米映画「グーニーズ」の主題歌「グーニーズはグッド・イナフ」が紹介された。少年たちが財宝探しの冒険に出る姿を描いた作品で、石橋は「実は(映画は)全然見てないんですよ」と明かすも、懐かしそうな表情だ。続けて、ファミコンで「グーニーズ」のソフトが発売されたことに触れ、「たまたまラジオに出たらもらっちゃたんですよ。そしたら仕事をしててもグーニーズの音が(頭の中で)ずっとなっていて」と振り返った。

    当時の多忙ぶりは「朝から晩まですごい忙しいとき。家に帰るのが(深夜の)1時~2時」だったそうだが、帰宅後もゲームをプレー。「朝6時くらいまでやっていて」と話し、苦笑した。10日ほどかけてクリアしたといい、終えた際の歓喜の瞬間について、「当時の白金のマンションの窓を開けて、東京タワーに向かってタバコをくゆらせながら『俺はグーニーズをやりきったぞ!』って。だから音を聞くと思い出すんですよね」と笑っていた。

    ★1が立った日時:2019/11/05(火) 18:45:25.97

    【芸能】石橋貴明が寝ずにプレー、ハマったファミコンソフトとは… クリア時は「やりきったぞ!」と雄叫び
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572947125/


    (出典 i.ytimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【芸能】石橋貴明が“徹夜でハマった“ファミコンソフトとは… クリア時に雄叫び 『やり切ったぞ!』】の続きを読む


    名う前の由来は野猿街道にあるラブホテル「ホテル野猿」である(とんねるずのオールナイトニッポン時代に石橋が「すごい名前のホテルの看板(当初「のざる」と誤読)を見た」とその強烈なネーミングに感心していた)。当時ホテル野猿では野猿のCDやファンクラブ「大道具通路」の会員カー
    44キロバイト (6,415 語) - 2019年10月19日 (土) 13:49



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    ファンに求められての復活ならいいんだけどね…切羽詰まっての復活に見えて興ざめ感・ω・

    1 ネイトのランプ ★

     きょう10月22日は、とんねるずの石橋貴明の誕生日である。1961年生まれの58歳。来年には相方の木梨憲武とともにデビュー40年を迎える。

     昨年3月、前身番組『とんねるずのみなさんのおかげです』とあわせると30年続いてきた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)が終了、とんねるずのレギュラー番組がテレビから消えた。

     その後のとんねるずは個別の活動が目立つ。石橋は引き続きフジテレビでトークバラエティ『石橋貴明のたいむとんねる』をスタートさせたほか、ネットテレビAbemaTVでは『石橋貴明プレミアム』と題し、さまざまな企画を展開している。一方、木梨はラジオの生番組『土曜朝6時 木梨の会。』(TBS)をスタート、またアーティストとしてこれまでに制作した作品を集め、国内外の各地を巡回する個展を開催中だ。

     歌手としても活躍してきた2人だが、この9月には石橋が野猿の元メンバーであるTeru(平山晃哉)とKan(神波憲人)とともに3人組ユニット「B Pressure(ビープレッシャー)」を結成、11月の1stシングル「Freeze」リリースにあたり、10月末より大阪と東京で御披露目ライブの開催を控える。時期を同じくして木梨も、氣志團主催の野外フェスに出演、新曲「Laughing Days」のほかカバー曲を披露し、今秋、ソロアーティストとしてユニバーサルミュージックから音源をリリースすることも発表した。楽曲は10月24日から配信開始予定、11月には初のソロライブ開催も決定している。
    「自由奔放の木梨」と「冴えない石橋」?

    『みなさんのおかげでした』が終了してからの2人を見ていると、木梨は、ラジオの生放送中に親しい芸能人に電話をかけたり、ハワイから放送したりと、あいかわらず自由奔放に振る舞っているのに対し、石橋は『たいむとんねる』の視聴率が振るわないせいもあってか、冴えない印象で見られがちだ。

    『たいむとんねる』は番組開始以来、スタイルがたびたび変更されるなど試行錯誤が続いているが、ゲストを招いて石橋が自分の好きなこと、懐かしの話題について熱くトークを繰り広げるという基本コンセプトは変わっていない。石橋自身も、《この番組で、僕がやりたいことはたくさんある。すぐプロデューサーからお金がないって言われるけど(笑)。(中略)お散歩、クイズ、健康もいいけど、それだけじゃね。予定調和をぶっ壊していかないと。テレビが頑張らないと。壊しがいがないよ!(笑)》と、最近のインタビューで意気込みを語っていた(※1)。

     引用した発言からは、石橋がまだまだテレビに望みを捨てていないことがうかがえる。同時期の別のインタビューでも、《スマホで10秒、15秒の動画を見て楽しんでいる人たちに、1時間の番組にテレビのチャンネルを合わせさせるのって、相当考えないといけない。とりあえず打席に立ってヒット打ってたって、誰も見てくれない。でっかいホームラン打たなきゃ。もっと違うところに頭使って、汗かけば、まだあると思うんだよね、面白いことは。それを諦めた時は終わってしまう》と持論を述べた

    #続きはソースで

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191022-00014892-bunshun-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 hochi.news)



    (出典 Youtube)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【待望】石橋貴明58歳『野猿』“復活”…45歳引退を公言していた男がテレビにしがみつく!】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、俳優であり、お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。 芸能事務所・アライバル所属で、同社代表取締役社長。身長182cm、体重74kg。 趣味 : 野球、ゴルフ、映画鑑賞、酒、料理
    27キロバイト (3,772 語) - 2019年10月3日 (木) 07:29



    (出典 nensyu.site)


    野猿feat.CAは良かったな。

    1 砂漠のマスカレード ★

    レジェンドも落日を迎えつつあるか。

    とんねるずの石橋貴明(57)がピンチを迎えていると発売中の「週刊女性」が伝えている。

    唯一のレギュラー番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)は、視聴率低迷で打ち切り目前。
    その焦りからか、かつて一世を風靡したユニット「野猿」の元メンバーを集め、
    「B Pressure(ビープレッシャー)」を結成したものの、肝心の相方の木梨憲武(57)の姿はなし。
    作詞を野猿も担当した盟友・秋元康に依頼する力の入れようだが、
    自主レーベルでのリリースにとどまるので、
    ヒットは期待できないという。テレビ局関係者はこう話す。

    「“夢よもう一度”ということなのでしょうけど、今さら野猿でもないでしょう。
    『たいむとんねる』も昔を懐かしむ番組ですが、視聴率は2~3%です。

    彼はスタッフにも若手にもさんざん横暴な態度をとってきたので、これから何か新しいことを一緒にやろうとする仲間も少ないんでしょう」

    とんねるずとして最後のレギュラー番組だった「とんねるずのみなさんのおかげでした」は18年3月に終了。
    その年の11月に人気コーナーだった「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」が特番で復活したが、
    木梨は出演せず、石橋との不仲説も取り沙汰された。

    「木梨さんは、『みなさんのおかげです』時代を含めると30年近く続いた長寿番組をついに見限ったフジのやり方に不信感を抱いて出演しなかったといわれています。
    今回、野猿に参加しないのもそうした事情が関係しているでしょう」(前出の局関係者)

    夢をあきらめきれない貴明は、このままこの路線を続けるのか。
    芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう話す。

    「かつては破天荒でヤンチャなキャラクターでテレビ界を席巻しました。

    『野猿』もそんな中の一環だったと思います。
    しかし、やはり時代とともに変わっていかないと。
    俳優さんも、年齢と共に演じる役柄は変わっていきます。
    本人も年齢を重ねて、いろいろな経験を積んで人生の機微も知り尽くしているわけですから。
    どういう路線であれ、ちょっとずつでも変わっていかないと、飽きられてしまい、視聴者は離れていきます」

    かつてのレジェンドがこのまま晩節を汚してしまうのは、あまりにもさびしい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000002-nkgendai-ent
    10/3(木) 9:26 Yahoo!ニュース


    (出典 image.jimcdn.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【とんねるず不仲説】石橋貴明(57)「野猿」再結成も木梨不在】の続きを読む


    お笑い第三世代 (カテゴリ 出典を必要する記事/2019年8月)
    980年代後半に台頭した若手お笑いタレントを総称した俗称。 とんねるずダウンタウン、ウッチャンナンチャン、B21スペシャルらの台頭でお笑いブームとなり、フジテレビなどのマスコミが彼らを主する年代のお笑いタレントを「お笑い第三世代」だ。他にもダチョウ倶楽部、出川哲朗などのリアクション芸人や清水ミチコ、野沢直子などもあてはまる。
    4キロバイト (441 語) - 2019年9月4日 (水) 06:45



    (出典 news.mynavi.jp)


    仲悪いってほうがテレビ的にはネタになるし面白いってのはあると思う・ω・

    1 Egg ★

    9月16日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、放送作家・高須光聖が、ダウンタウンととんねるずの不仲説の真相について語った。

     高須はダウンタウンの小学校からの親友で、「3人目のダウンタウン」とも呼ばれている。『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)など、数多くの番組の作家を務めてきた。

     放送作家の先輩である高田文夫から「とんねるずとダウンタウンって、仲が悪いの?」とストレートに聞かれ、高須は「多分、昔は仲悪かったんじゃないですかね」と笑った。

     高田は「ああ、昔はね。若い頃は、芸人同士ツッパるからな」と若さゆえの切磋琢磨の心境があったことに納得する。

     高須は当時のフジテレビ事情を振り返り、「第1制作と第2制作で分かれてましたもんね」と、バラエティ制作の現場が2つの班に分かれ、互いに対抗していた点が大きいと話す。

     高田は「班ごとにね。石田(弘エグゼクティブプロデューサー)さんのところはとんねるずだけとか、決まってんだよね」とコメント。その話に高須は、「ダウンタウンのところは、ダウンタウンとウッチャンナンチャンで」と明かし、当時のスタッフがそうしたルールを勝手に作ってしまったと明かす。

     しかも、その独自ルールが各テレビ局に流れ、各局とも、とんねるずとダウンタウンの収録日が合わないよう、勝手に気を使うようになったという。

    「そこ(相手の番組)に(レギュラーで)出てる芸人は絶対に使わない、みたいな。お互いに意識はしてたんじゃないですか」

     高須はとんねるずについて、2018年2月25日放送の『空想メディア』(TOKYO FM)で、「とんねるずの “華” は芸人を超えてるよね」とコメントしている。

     自身について「僕はダウンタウンに近くてとんねるずさんとは付き合いがないように思われてるかもしれんけど……。たまたまここ何年かで、(とんねるずの)おふたりと仕事したり話をする機会があったのよ。でもいまだに『とんねるずや!』と思うもんね」と語っていた。

     かつて、とんねるずとダウンタウンにはアンタッチャブルなイメージがあったが、7月25日放送の『ダウンタウンDX』では、浜田雅功がとんねるず2人に偶然、飛行機の座席で挟まれ、3人でゴルフ談義をした話をしている。

     ダウンタウンととんねるず。2014年3月31日放送の『笑っていいとも!』以来の共演が実現することはあるのだろうか。

    9/19(木) 20:13配信フラッシュ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00010008-flash-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 cdn.asagei.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【一触即発⁉】<ダウンタウン とんねるず不仲説>担当作家が真相を語る】の続きを読む


    木梨 憲武(きなし のりたけ、1962年3月9日 - ) は、日本のお笑いタレント、歌手、アーティスト、俳優、声優である。お笑いコンビ『とんねるず』の小柄な方。相方は石橋貴明。芸能事務所アライバル元代表取締役副社長。 身長177cm、体重60kg。 妻は女優の安田成美で、間に2男1女。自由民主党所属
    34キロバイト (4,671 語) - 2019年5月24日 (金) 06:30



    (出典 dot.asahi.com)


    ノリさん相当暇なんじゃないか?・ω・;

    1 THE FURYφ ★ :2019/06/15(土) 19:03:47.20 ID:Hz8ViaUy9.net

    お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(57)のInstagramが秀逸すぎるとネットで話題を呼んでいる。
    木梨は最近、さまざまな職業のものまねをする“転職シリーズ”を投稿。どれも本職にしか見えない
    クオリティーなのだ。


    木梨は6月15日、「銀座ホステスデビューしたわ! お客様に心を込めて接客させて頂きまする!」と
    女装した着物姿でお酌をする写真を投稿した。

    事の発端は5月26日、日本ダービーの馬券を外し「#しばらく旅に出ます #探さないでください」とつづった投
    それから3日後に木梨は「すし職人見習い中!」と寿司屋のカウンターで板前になりきり、働く様子を公開。

    その投稿を皮切りに、美容師、花屋、洋菓子パティシエ、電気工事の見習いなど転職を繰り返す
    “転職シリーズ”が定番化。なかには「木梨サイクル長男、いったん本業の自転車屋戻ります」と
    実家の本業である自転車屋になりきる日も。

    制服や背景、表情まで本職にしか見えない自然さ、そして「自転車は、手を洗っても油がとれないの
    仏壇屋さんにします」「顧問弁護士は覚えものと書類が多すぎる為、ひもの店にします!」と転職の
    理由まで手の込んだ設定が話題に。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00010006-jisin-ent

    画像
    https://www.instagram.com/p/ByCs16yHQVM/
    https://www.instagram.com/p/ByFF3rrHBta/
    https://www.instagram.com/p/ByFUeEbHpdx/
    https://www.instagram.com/p/ByHzm7PnTl7/
    https://www.instagram.com/p/ByJ-7Uang31/
    https://www.instagram.com/p/ByWmASYHeHy/
    https://www.instagram.com/p/ByW69kHnrck/
    https://www.instagram.com/p/ByXP3DbnQqC/
    https://www.instagram.com/p/ByZo9n6nWUU/
    https://www.instagram.com/p/Byb8V5Tnibw/
    https://www.instagram.com/p/BycQEaKH1rP/
    https://www.instagram.com/p/Byg9HXqnOr0/
    https://www.instagram.com/p/ByjGAP9ngLE/
    https://www.instagram.com/p/Byl5njdHcwN/
    https://www.instagram.com/p/BympRlgny5i/
    https://www.instagram.com/p/ByoxUy8H6pQ/
    https://www.instagram.com/p/ByrAmpYn4D0/
    https://www.instagram.com/p/ByryyoOHxcG/
    https://www.instagram.com/p/BytHG4QHgYH/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【本職にしか見えない】木梨憲武のインスタ“転職シリーズ”が話題】の続きを読む

    このページのトップヘ