芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:歌手 > 安室奈美恵



    (出典 dot.asahi.com)


    そういえば相当盛り上がってたよね…なんか一昔前のようだけど・ω・;

    1 鉄チーズ烏 ★

    2018年のNo.1「ヒット商品」! 安室奈美恵さん、“ロス”効果がまだまだ続きそう?

     今月1日発表された、日経トレンディ「2018年ヒット商品」ランキングで、今年9月16日で引退した「安室奈美恵」さんが1位に輝いた。

     同ランキングは、1987年の同誌創刊以来続いている人気企画。集計期間中(昨年10月から今年9月まで)に発表された商品やサービスを対象に、売れ行き、新規性、影響力の3項目をもとに同誌編集部が総合的に判断して発表する。

     同ランキングで人物名が1位を獲得するのは、1999年の宇多田ヒカル以来、19年ぶり。同誌は「平成の歌姫の引退劇が国民全員の関心事項に発展。『感謝』と『応援』の波は各業界に旋風を巻き起こし、経済効果は500億円超とも」と選出理由を説明している。

     安室さんのベストアルバム「Finally」は237万枚、ラストツアーを収めたDVDは173万枚を売り上げた(いずれもオリコン調べ)。

     引退前日に沖縄コンベンションセンターで行われたラストライブでは、音漏れを聞こうと会場に入れないファン1万人が集結。また、化粧品、アパレルなど限定コラボグッズは完売続出。

     さらに、発売中の「女性セブン」(小学館)によると、引退当日、安室さんが花火イベントを鑑賞に訪れた際に着用していた浴衣の販売元には問い合わせが殺到。そのため、生産が追い付かない状態になってしまったというのだ。

     「引退前、顧問弁護士が週刊誌などに、引退後の“取材規制”を依頼するなどしたことで効果があり、引退後、一切安室さんに関する情報が出ていない。そのため、ファンの“安室ロス”がさらに加速。関連商品がいまだに続々と売れている状態。今後、『引退●周年記念』のようなグッズを販売すれば、飛ぶように売れそうだ」(レコード会社関係者)

     引退した安室さんだが、まだまだ“ビジネスチャンス”は無限にありそうだ。

    2018年11月06日 08時55分 リアルライブ
    https://news.nifty.com/article/entame/rl/12184-43843/


    【【2018年ヒット商品】今年のNO1は“安室奈美恵” 経済効果は500億円越え!】の続きを読む



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    安室奈美恵はやめ方がうまいわ
    もうすでにレジェンド級扱いになってる
    ・ω・;

    1

    スカパー!が全国の15歳~69歳の男女が、どのようにテレビを見ているのか(視聴方法や視聴スタイル)を把握するため、2015年に続いて2回目となる「テレビ視聴に関する調査」を行い、“「ポスト安室奈美恵」にふさわしいと思う女性歌手ランキング”を発表した。(スカパー!調べ)

    【写真】小室哲哉、安室奈美恵との2ショット公開に「25年間で、初めてのツーショットかも」ファンからは「奇跡」「ホントに泣ける」

    スカパー!は、全回答者1,000名に「ポスト安室奈美恵」にふさわしいと思う女性歌手について調査を行ったとして、1位・倖田來未、2位・西野カナ、3位・Perfume、4位・浜崎あゆみ、5位・E-girlsという結果になったと発表した。

    さらに、6位にはAAAの宇野実彩子、7位には宇多田ヒカルと元°C-uteの鈴木愛理、9位にはAKB48・TWICE・山本彩ら人気アーティストがランクインしている。

    9/24(月) 20:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180924-00069466-etalent-musi


    【次の“安室奈美恵”は誰だ⁉ ランキング発表…一位は誰だ?】の続きを読む



    (出典 yumeijinhensachi.com)


    もう少し忘れた頃にいってくんない・ω・

    1

    「安室の復帰の可能性は、と問われれば、100%ある、と断言できます」

    安室奈美恵(40)をよく知る音楽関係者はそう言った。9月16日をもって、芸能活動から引退した安室。だが彼女を知る人のほとんどは、「完全な引退などありえない」と声を揃えるのだ。

    その理由を説明する前に、まずは引退までを振り返ろう。安室がこの日限りで芸能界から退くことを公式サイトで発表したのは、2017年の9月20日。
    デビュー25周年を記念した地元・沖縄での凱旋ライブを成功させた直後だった。

    大騒ぎとなったマスコミの取材合戦によって、安室が2016年秋に、京都市内に2億円のマンションをキャッシュで買っていたことがわかった。

    「有名な神社に近い場所に立つマンションの、ワンフロア全体がひと部屋で、広さは150平方メートルです。
    どこへ行くにもメディアの目が光る東京を脱出するために買ったといわれており、引退後しばらくは京都に住むとみられています」(前出の音楽関係者)

    2月17日から最後のコンサートツアーがスタート。5月23日には沖縄県民栄誉賞を授与された。
    6月3日の東京ドームまで続いたツアーは80万人を動員。その模様を収めたDVD・ブルーレイは約130万枚を売り上げている。

    「すべてをひっくるめると、200億円を超える売り上げとみられる。仮に3割が安室に入るとして60億円だ」(別の音楽関係者)

    そして9月、最後のステージに立つため、安室は沖縄に飛んだ。

    安室本人は「歌手安室奈美恵はこれで完結。私がステージに戻ることはないです」と、NHKのインタビューで言い切っている。にもかかわらず、関係者が「安室は必ず復帰する」と話すのはどうしてか。

    「引退発表後、しばらくすると、ごく近い人に、安室はこう漏らすようになった。『勢いで引退と言ってしまった』。彼女の中には音楽への未練がある」(別の音楽関係者)

    じつは一時、安室は「引退したら海外移住する」と周囲に話していた。

    「『クイーン・オブ・ポップ』といわれる米歌手、ケイティ・ペリーにあこがれて、ロサンゼルスでコンドミニアムを探していた。
    契約寸前で、キャンセルしたと聞いている」(芸能関係者)

    日本に住むのは、「安室奈美恵」の名前で仕事をしていくからにほかならない。冒頭の音楽関係者は力強く話す。

    「まずは個人事務所で、アパレルのブランドを立ち上げると聞いています。だが安室がいちばん意欲をかきたてられるのは、やはり音楽。
    2020年の東京五輪に合わせて、新曲が生まれる。そう信じています」

    (週刊FLASH 2018年10月2日号)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180919-00010000-flash-ent
    9/19(水) 6:00配信


    【安室奈美恵「2020東京五輪復帰説」いくらなんでも早すぎw】の続きを読む


    安室奈美恵さん特番、視聴率15.0% 1年間密着
    歌手の安室奈美恵さん(40)が引退するまでの1年間に密着した18日放送の日本テレビ系の特別番組の視聴率が、関東地区で15・0%、名古屋地区で15・3%、関西地区で14・8%、北部九州地区で13・5%だったことが、ビデオリサーチの調べでわかった。
    (出典:朝日新聞)



    (出典 pbs.twimg.com)


    かっこいい生き様を見せてくれてありがとう!

    いや、死んじゃないけど・ω・;

    【【視聴率】『安室奈美恵』これで完全に見納め特番15.0%】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    すげぇな…あと残りの人生は後輩育成でもするかな?

    1

    「歌手安室奈美恵は全て完結。私がステージに戻ることはないです」――。

    今月16日の引退を前に、安室はNHKのインタビューでそう語り、活動再開の可能性を否定した。
    とはいえ9月20日の誕生日で41歳という若さである。引退後について「思い付かないですね。これから趣味探しです」と笑ったが、どうするのだろうか。

    何をするにしても、金に困るということはないだろう。デビュー25周年を迎えた昨年9月に引退を発表してからの1年だけを見ても、その稼ぎっぷりは凄まじい。
    ベストアルバム「Finally」はダブルミリオンを超えて売れ続け、ラストツアーではソロのアーティストの史上最多となる80万人を動員し、ツアーの模様を収めたDVDも約130万枚を売り上げているのだ。

    「安室さんは2015年にライジングプロから独立し個人事務所ですから、だいたい売り上げの3割が自分のところに入ってきます。
    ざっと見ても、ツアーのチケットの売り上げだけで70億円、DVDで70億円、アルバムでも同額くらいは間違いないし、ツアー会場や展示会で売られるグッズの売り上げもある。
    このグッズというのが儲けが大きいんです。
    アイドルのコンサート会場ではウチワが約1800円とか、とんでもなく高額に見えても、ファンは買っていく。
    彼女の場合、ライジングに所属していた頃から売り上げの半分をもらっていたそうですけど、今は全部自分の事務所ですから、丸儲け。
    グッズだけで20億~30億円はいくでしょう。
    引退ビジネスでの稼ぎでいうと、200億円を超えていてもおかしくないと思いますよ」と、ある芸能関係者は言っている。

    その額は「優良中堅企業の年間売り上げに匹敵」とも。
    仮にその3割が手元に入るとすれば、この1年間だけで63億円超。
    引退後、安室は世界一周旅行を考えているとの報道もあるが、どこだって行けるだろうし、一生遊んで暮らしていけるに違いない。ワイドショーの芸能デスクはこう言う。

    ■不可欠なマスコミ対策

    「2年前に買ったとされる京都市内の高級マンションの最上階、4LDK、150平方メートルの部屋のほか、同じ京都でさらにもうひとつ、京都でもトップクラスの高いマンションを購入したという噂も聞こえてきます。
    その価格がなんと7億円するとかしないとか。東京や沖縄にも拠点を持っているでしょうし、本当に、行きたいところに行けて、いつまでもそこに居たっていいという住環境にはあるでしょう」

    それは、マスコミ対策でもあるのかも知れない。安室は公式サイトにこう記した。

    「16日の引退の日が近づくにつれ、家族や関係スタッフの方々に連日取材が続いております。
    沖縄の家族の自宅に押しかけたり、姪っ子に関しましては待ち伏せされ取材をされたり、とても怖い思いをさせてしまっています」

    そして「私はこれ以上、家族を怖がらせたり、関係スタッフの方々に迷惑をかけたくありません…どうかお願いです…もう家族や関係スタッフの方々に取材をするのは辞めて頂けないでしょうか…どうかお願い致します…」と訴えた。

    安室の今後を山口百恵になぞらえる向きもある。

    百恵さんは1980年のファイナルコンサートから約40年経った今もマスコミに追われている。たとえ世間から忘れられたいと思っても、一向に忘れられないとすれば、あまり幸せとは言えない。
    そういうことからも、安室奈美恵の復活を予想する関係者が相次いでいる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15304341/
    2018年9月14日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    【「9.16」安室奈美恵 引退…この一年間で63億円超稼いでいた】の続きを読む

    このページのトップヘ