芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:お笑い芸人 > 爆笑問題


    太田 (おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文
    57キロバイト (7,859 語) - 2019年5月5日 (日) 10:07



    (出典 image.news.livedoor.com)


    こうやって謝罪する姿を見せられると、どうしたって感情的になる…

    会見受けて、気持ち変わった人もたくさんいるだろうな。
    そういった意味では会見は成功だったと思う・ω・

    1 ひかり ★

     21日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)は、闇営業問題で吉本興業からマネジメント契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と、
    謹慎中だった「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日に謝罪会見を行ったことについて特集をした。

     MCの「爆笑問題」の太田光(54)は会見について、「宮迫はよく覚悟してやったなと思って見てた」という。「本当に芸人におって一番辛いのは舞台を奪われること。
    客前に立てなくなることが何より辛い」と気持ちを代弁し、「会見が彼らにとっては舞台だったと思うのね。お客さんの前で自分たちの言葉で話したいっていうのは、
    みんなお笑い芸人はそれが欲しくて芸人やってるわけで、それを奪われるっていうのは我慢出来なかったんだと思う。それを奪っちゃったら、そりゃあ反乱しますよ。
    それは会社側が甘く見たんじゃないかなって、僕は思うんだよね」と話した。

     「テープ回してないですかって言われたけど、昨日の宮迫と亮のしゃべりっていうのは、見事に再現出来ちゃうんですよ芸人って。だから舞台にさえ立てれば自分は表現できるって
    思ってるから。テープなんかいらないんですよ、テープ以上のことが再現出来ちゃうから。見事なすべらない話だったと思うし、亮があんなにしゃべれるって知らなかった」と
    評価したが、「一つ気になったのは、宮迫がちょっとマイクを回してた」と笑いも忘れなかった。

     もし自身が宮迫や亮の立場になったら「俺はあの状況になったら、俺はもう逃げちゃうなって思って見てたんですよ。あそこに出てくるってよっぽど」と明かし、
    「宮迫はあそこに出てくるって事は芸人を、お笑いを続けようって覚悟があるんだと思うから。後輩を守りたいのと、被害者に謝罪をしたい」と察した。

     続けて「僕はもうちょっといい加減な考え方で、あれを見抜けましたか?って思うんですよね。宮迫たちがこれだけ追い詰められる程、重罪なのって思うし。そこをまるで彼らが
    詐欺をしたような感じに、罪を犯したわけじゃないから、ここまで追い詰められることがあるのかなって」と持論を語った。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000128-sph-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563685442/


    【【詐欺をしたわけではない】太田光「こんなに追い詰められるほど重罪なのか」】の続きを読む


    太田 (おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文
    57キロバイト (7,859 語) - 2019年5月5日 (日) 10:07



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    テリー伊藤の件もイジってほしかったな・ω・

    1 Egg ★ :2019/06/12(水) 17:41:37.37 ID:iDOxRSdw9.net

    爆笑問題の太田光(54)が、物議をかもしたダウンタウン松本人志(55)の「不良品」発言をイジった。

    太田は2日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」で、川崎殺傷事件の容疑者に対して巻き起こっていた「死にたいならひとりで死ぬべき」という論争に言及。自身も学生時代に「死んでもいいな」と考えるほど苦しい時期を過ごしながらも、ある時に美術館で見たピカソの作品に感動したことがきっかけで変わったという経験を明かし、当時の自分と同じように自暴自棄になっている人に「(生きがいを見つける)きっかけさえあればって思う」と語り、反響を呼んだ。

    裏番組のフジテレビ系「ワイドナショー」で松本が、凶悪犯罪者を「人として不良品」などと発言して批判を浴びたこともあり、松本と比べて太田を称賛する声が少なからずあった。

    太田は11日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、自身の発言がネット上で称賛を浴びたことに「珍しく俺を持ち上げる記事が出た。気持ち悪いんだけどさ」とバツが悪そうにしたが、日頃からラジオ番組を通じて舌戦を繰り広げる“天敵”である講談師の神田松之丞からは「ピカソって…」などと散々イジられたことを明かし、「そこはイジっちゃいけないところじゃないの? 人が真面目に話してるところをさ……。アイツは嫌なヤツだよ」とボヤいた。

    その後も松之丞に対する恨み節を連発。「人間として不良品だと思った」と松本の発言を持ち出し、「あ、これ言うと炎上しちゃうんだよな」とネタにして笑いを誘った。

    6/12(水) 17:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-06120590-nksports-ent


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【土下座案件】<爆笑問題・太田光> 松本人志の「不良品」発言をイジる!】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)


    まぁ二人の違った立場からの意見だったろうけど…
    太田のほうが自分もそう成り得た側として、若干同情の余地があった意見だったな・ω・

    1 幻の右 ★

    松本人志(55)が6月2日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)で凶悪犯罪者について「人として不良品」と表現し、非難が殺到している。
    さらにネットでは同じ時間帯に生放送されていた「サンデージャポン」での爆笑問題・太田光(54)の発言と比較し、その違いを憂う声が上がっている。

    松本は番組内で、先月28日に発生した川崎市登戸での殺傷事件に言及。加害者について「人間が生まれてくるなかで、どうしても不良品っていうのは
    何万個に1個、絶対に。これはしょうがない」と話し、「それを何十万個、何百万個に1つくらいに減らすことはできるのかな、みんなの努力で。
    こういう人たちは居ますから、絶対数。もう、その人達同士でやり合ってほしい」と持論を展開した。

    社会から一部の人々を排除するかのような松本の発言は「優生思想につながるのでは?」といった批判の声が。さらに杉田水脈議員(52)の“生産性発言”を思い出し
    《松本人志の不良品発言は杉田水脈の生産性発言を思い起こさせる共通性を感じる》
    《生産性とか不良品とか個人をいらないモノ扱いする政治家やそれに同調する芸能人増え過ぎてそのうちエリートしか存在が許されない社会になるのではという不安が》
    と危惧する声も上がっている。

    いっぽう、同時間帯に放送されていた「サンデー・ジャポン」(TBS系)での爆笑問題・太田光(53)の発言が注目を集めている。

    番組で太田は同事件の容疑者が自殺したことに言及し「自分の命も重くみてない」と表現。自身には以前「何も感動できなくなったときがあった」と回想し、
    「そうなるとひとの命も大切に思えない」と語った。しかし美術館に行って観たピカソの絵に感動し「感動して、いろんなものを好きになる。
    好きになるってことは、それに気づけた自分を好きになる」と話し、ほかの命についても「捨てたもんじゃないなって思った」と明かした。さらに太田は、
    言い澱みながらこう語った。

    「つまり、すぐ近くにいると思うの。彼のような人は。いま自分が死んでもいいって思っている人はもうちょっと先に、すぐ近くにいるよってことを
    知ってほしい。キッカケさえあればって思うんだよね。すごい発見ができる。すごい近くにいると思うんだよね」

    他者を「不良品」として突き放した松本と、自身の体験を踏まえて視聴者に語りかけた太田。Twitterでは同年代である2人の考え方を比較し、
    太田に賛同する声が上がっている。

    《太田は自分の身の回りにもおこりうることとして、全方位目線で捉えてるのに対し、松本はあくまでも遠い世界の他人事としか見てないから
    加害者を突き放して終わり》
    《松本人志さんは人間を不良品と優良種がいると発言し、太田光さんは自分も含めて誰にでも心の病を抱える可能性はあると発言 どちらが優しいか
    一目瞭然である気がします》
    《不良品は不良品どうしでやりあっとけと言ってしまう、自分は不良品じゃないと信じてる松本人志。自分だってそうなってたかもしれないからこそ
    自分の経験を通して、救われる可能性を痛切に伝えた太田光。どこでこんなに差がついたんだ》

    松本は「ワイドナショー」の放送直後、《凶悪犯罪者は人として不良品。ひきこもりが不良品? 誰の意見?》とTwitterに投稿。
    しかし「松本人志」がトレンド入りするなど、自身の発言が反響を呼んだ以降は沈黙を貫いている。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00010011-jisin-ent
    ★ 1 2019/06/03(月) 19:27:03.76
    ※前スレ
    【芸能】太田光「すぐ近くにいると思う」松本人志との差異に賛同の声★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559572299/


    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【川崎通り魔】『太田光』と『松本人志』事件に対する発言で二人に明暗】の続きを読む


    爆笑問題(ばくしょうもんだい)は、太田光と田中裕二の2人から成る日本のお笑いコンビ。所属事務所はタイタン。略称は爆笑、爆問など。 太田光(おおた ひかり、ボケ・漫才ネタ作成担当) 田中裕二(たなかゆうじ、ツッコミ担当) 日本大学芸術学部(日芸)演劇学科の在学中に出会い、中退後の1988年3月に結成。
    75キロバイト (11,280 語) - 2019年5月16日 (木) 11:47



    (出典 meigennote.com)


    太田もどっちかと言ったら、犯罪を犯してもおかしくはない側の人間だったんだな・ω・

    1 muffin ★ :2019/06/02(日) 14:59:26.99 ID:wKKgPEHX9.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/02/kiji/20190602s00041000146000c.html
    2019年6月2日 10:50

    「爆笑問題」の太田光(53)が2日、MCを務めるTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら19人が殺傷された事件の容疑者をめぐり、「死にたいなら一人で死ぬべき」という意見が出ていることに言及した。

    事件当日の5月28日に落語家の立川志らく(55)がコメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)で、犯人に対して「死にたいなら一人で死んでくれよって。本当にそういう人は」などと発言。この発言が批判されると、ツイッターで「何故悪魔の立場になって考えないといけないんだ?」と反論した。一方、NPOほっとプラス代表理事で聖学院大学人間福祉学部客員准教授の藤田孝典氏が「川崎殺傷事件『死にたいなら一人で死ぬべき』という非難は控えてほしい」という記事を同29日にインターネットに投稿するなどネット上で賛否が議論されている。

    太田は「“一人で死ね”ってことは…それは“もう甘えるな”ってことだと思うんだけど、この犯人の場合は、自分も死ぬわけじゃないですか。自分の命も重く見ていないというか、自分が自分が思っているような自分じゃなかったんだと思う」と指摘。その上で「それは“俺って生きていてもしようがないな”と。だけど、最後に一つ大きなことをする。特定の病気ってわけではなくて、そういう思いにかられるってことは誰しもがあるもの」と自らの考えを述べた。

    そして、自らは事件の容疑者と同じ50代で、高校生くらいの時に、何も感動できなくなった時があったと言い「物を食べても味もしない。そういう時に“これはこのまま死んでもいいな”っていうぐらいまでいくんだけど、そうなっちゃうと人の命も大切には思えないよね。だけど、その時に俺のきっかけだけど、たまたま美術館行ってピカソの絵を見た時に急に感動が戻っていた」と告白。「何を見ても感動できなかったんだけど、ピカソが理解できたってわけじゃないけど、その時の俺には“表現ってこんな自由でいいんだ”っていうことで、そこからいろんなこと感動して、いろんなものを好きになる。好きになるってことは、それに気づけた自分を好きになるってことで、それは人でも文学でも映画でも何でもいいんだけど、そういうことに心を動かされた自分て捨てたもんじゃないなって思うと、他の生きている生物や人間たちの命もやっぱり捨てたもんじゃないってなった」と明かした。

    さらに太田は「つまり、すぐ近くにいると思うの。彼のような人は。そういうところを今、誰かが助けてあげれば…」と熱っぽく語り、「今、自分が死んでもいいって思っている人はもうちょっと先に…、それを見つけるすぐ近くにいるよってことを知ってほしい。きっかけさえあればって思うんだよね。すごい発見ができる。すぐ近くにいると思うんだよね」と強調していた。


    (出典 www.asahicom.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【サンジャポ】爆問太田「一人で死ぬべき」に「人間の命だって捨てたもんじゃない。」「誰かが助けてあげれば…」】の続きを読む


    太田 (おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、お笑いタレント、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文
    57キロバイト (7,859 語) - 2019年5月5日 (日) 10:07



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    何でも文句つけたがる人ってどこにでもいるよね・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    5日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、太田光と2ちゃんねる開設者・西村博之氏がSNSの在り方について討論。そのなかで披露された太田の見解が話題となっている。

    ■「悪いのは博之くん」とジャブ
    太田光はSNSの炎上について、「こういう問題の最初が2ちゃんねるだからさ、一番悪いのは博之くんだよ」とジャブ。すると西村氏は、

    「みんな僕が悪いと思ってたんだけど、2ちゃんねるを見なくなっても、TwitterやFacebookで同じことをやっている。
    2ちゃんねるが悪いんじゃなくて、日本人はそういうものなんだよって昔から言っていて、最近ようやく理解してもらえた。良かった良かった」

    と笑顔で反論する。

    ■「SNSを見て泣いてることもある」
    その後「正義感を盾にSNSで人を叩く行為」について話が進められる。西村氏は投稿に憤りを見せる太田に、「バンバン書かれていますけど、それ見ます?」と質問。すると太田は、

    「『炎上してるよ』といわれると気になって見ますね。それで、凄く泣いてることもある」

    と意外な発言。見なくてもいいが、周囲から告げられるとつい見てしまうのだという。

    ■「表現の自由を履き違えている」
    さらに太田はSNSで人を叩く行為について、

    「もうちょっと時間が経てばこういうことって、やったあと気持ちよくないって段々みんなわかってくる」

    とコメント。そして、

    「表現の自由っていうでしょ。あれはちょっと履き違えてるところがあると思ってて。なんでも言っていい場所なんてこの世の中にどこにもない」

    と、SNSで好き放題人を叩くユーザーに苦言を呈す。

    ■西村氏は反論
    これを聞いた西村氏は

    「多くの人がいすぎて、言いたい放題言っても捕まらない。そうすると過激なこと言って注目を浴びたほうが得っていう構造は変わらない」

    とバッサリ。太田は「それが許される場所は世の中にないってことを知ってほしい」と語気を強め、2人の討論は終了する。
    和やかなムードではあったが、2人のSNSに対する考えは全く異なっており、終始意見が噛み合わない会話となった。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162076409/
    2019年05月05日 15時45分 しらべぇ

    ★1が立った日時:2019/05/06(月) 06:22:18.79

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557104523/


    (出典 tokushima.ismcdn.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【SNS叩き】太田光「表現の自由を履き違えてる」と批判】の続きを読む

    このページのトップヘ