芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 不祥事



    1 シャチ ★ :2019/02/10(日) 12:23:52.91

    2/10(日) 12:14配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000080-spnannex-ent
     お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(55)が10日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、自宅で派遣型マッサージ店従業員に乱暴したとして1日に強制性交の疑いで逮捕された俳優の新井浩文容疑者(40)ついて言及した。

     「僕はね、ある意味マッサージの専門家に近いところにいる人なんで、マッサージついてはいろいろ語れますよ」という松本。よく利用するという立場から、今回の新井容疑者の行為について「マッサージは紳士の行くものであって、これをやられてしまうと芸能人はつらい。やりづらい。もう行けないね」と苦言を呈した。

     またマッサージに行ったことがない人の中には、うがった見方をする人がいるとして「最終的にはどうなるんですか?」と聞かれることも。「いやいや最終的もないと。こっちは完全に流されるまま。主導権はすべて向こうにある。そりゃ攻めてくる人はいるよ」と説明した。

     「人の嫌がることはしない。結局、こっちのためにがんばっている人に嫌がることで返すのはダメ」と新井容疑者の行為を断罪した。


    (出典 news.mynavi.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【専門家】マッサージに詳しい松本人志さんの訴え…新井浩文逮捕に「マッサージは紳士の行くもの」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    精神的にいっぱいいっぱいのところにあんな指示された学生さんが勝手に勘違いしてしまったんだろうな・ω・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/02/05(火) 06:50:44.77

    悪質タックル“指示してない”警視庁が判断

    日本大学アメフト部の選手による悪質タックル問題で、警視庁が、近く、当時の監督とコーチについて、相手選手にケガをさせる指示などはしていないとする捜査結果を、東京地検立川支部に送る方針を固めたことが分かった。

    この問題は去年5月、日大アメフト部の宮川泰介選手が、関西学院大学の選手に悪質なタックルをし、その選手がケガをしたもの。関学大の選手側は、内田正人前監督と井上奨前コーチについて刑事告訴していた。

    その後の捜査関係者への取材で、警視庁が、2人について、相手選手にケガをさせるよう指示などはしていないと判断し、起訴を求めない意見をつけた捜査書類をまとめ、近く、東京地検立川支部に送る方針を固めたことが分かった。

    一方、警視庁は、宮川選手については傷害の疑いで書類送検する方針。関学大の選手側は、宮川選手について寛大な処分を求め、示談も成立していることなどから、検察は、刑事処分を慎重に検討するとみられる。

    2/5(火) 5:26日本テレビ系(NNN)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190205-00000009-nnn-soci


    (出典 number.ismcdn.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【日大アメフト部】悪質タックル、警視庁の判断は「指示していない」】の続きを読む


    竹田 (たけだ つねやす、1975年(昭和50年)(誕生日非公開) - )は、日本の法学者(専門は憲法学)、政治評論家、作家。 旧皇族の竹田家(旧竹田宮家)に生まれる。北朝第3代崇光天皇の男系19世子孫であり、明治天皇の女系の玄孫(皇女の曾孫)、第125代今上天皇の再従甥(はとこの子)にあたる
    38キロバイト (4,666 語) - 2019年1月14日 (月) 03:09



    (出典 %E7%86%B1%E6%84%9B.com)


    なんだろう…この人からは生理的になのか嫌悪感しか感じられない・ω・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/11(金) 23:15:19.07

     明治天皇の玄孫で法学者の竹田恒泰氏(43)が11日、インターネット番組「言論テレビ」に出演し、フランス捜査当局が、父で日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恒和氏(71)を贈賄の容疑者として捜査する方針であると報じられたことについてコメントした。

     番組のメインMCを務めるジャーナリストの櫻井よしこ氏(73)から恒和氏について尋ねられた恒泰氏は、五輪招致に当たって、運営に関わる人物にお金を渡すことはルール違反であると説明した上で「本当に父が(お金を渡せと)指示したのであれば、あってはならないこと。本当に不適切なら事件ですが、“あやしい”とかで容疑者と言われてもたまったもんじゃない」と明言した。

     五輪については、さまざまなコンサルティング会社にお金を渡して招致活動をすることがあると解説。その中で「シンガポールの会社にお金を渡して、その先で“運営に関わる方にお金を渡したのでは”と疑惑として取り上げられたのが数年前です」と説明した。

     櫻井氏も「16年にこういう話(疑惑)があって、今年は19年。きょう急に浮上したのは…。いずれにしてもきちんと調べてもらいたいですね」と疑問を投げかけていた。

    1/11(金) 21:46配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000118-dal-ent


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【東京五輪】竹田恒泰氏 父・恒和氏の贈賄疑惑に「たまったもんじゃない」】の続きを読む



    (出典 www.hochi.co.jp)


    あれだけ騒いで体操とアメフトもお咎めなし…結局選手の嘘やら勘違いやら…
    子供は純粋、大人は悪と皆が思い込み決めつけていた結果かな・ω・

    1 ほニーテール ★

     日本体操協会は10日、16年リオ五輪代表の宮川紗江(高須クリニック)をめぐるパワハラ問題についての第三者委員会の報告書を公表した。

     塚原千恵子氏による宮川と速見コーチの引き離し行為は「認められない」とし、今年7月15日の塚原光男、千恵子両氏による宮川へのパワハラ行為についても「配慮に欠け不適切な点が多々あったとはいえ、悪性度の高い否定的な評価に値する行為であるとまでは客観的に評価できない」とした。

     【宮川が主張した塚原夫妻のパワハラ】

     ◆五輪に向けたプロジェクトへの参加を辞退すると、強化本部長から電話で「五輪に出られなくなるわよ」。海外大会に派遣されず、NTCの利用も制限された。

     ◆塚原夫妻に部屋に呼ばれ、「(速見コーチの)暴力はあったよね?あったよね?家族みんなでどうかしている、宗教みたいだ。私なら速見の100倍教えることができる。あのコーチはだめ。伸びない」。

     ◆朝日生命への引き抜き行為。塚原夫妻と近い人物から「宮川と速見コーチがセットで(朝日生命に)こないか」など、計3回。

     ◆速見コーチの暴力について、強化本部長が複数のコーチを呼び出し『「暴力を見たといいなさい」と迫った』と聞いた(宮川)。

     【宮川紗江を巡る経過】

     ▽8月15日 日本協会が宮川に暴力を振るったとして速見コーチに対する処分を発表。

     ▽同29日 宮川が会見し、塚原夫妻からパワハラを受けたと逆告発。

     ▽同30日 日本協会がパワハラ問題対策について緊急会議を開き、第三者委員会設置を決定

     ▽同31日 塚原夫妻が代理人を通じて見解を発表。パワハラを指摘された言動を完全否定。

     ▽9月2日 塚原夫妻が代理人を通じて宮川に謝罪する声明文を発表。

     ▽同5日 速見コーチが都内で会見。宮川への暴力行為を謝罪。

     ▽同7日 第三者委員会が発足する。

     ▽同10日 日本協会が、塚原夫妻の一時職務停止を発表。


    12/10(月) 20:41配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000162-sph-spo

    ★1が立った日時:2018/12/10(月) 20:50:34.00

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544477524/


    (出典 www.hochi.co.jp)


    【【体操パワハラ問題】塚原夫妻は“シロ” 第三者委員会はパワハラ行為は無かった】の続きを読む



    (出典 www.mag2.com)


    日馬富士

    1 数の子 ★

    大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が7日、師匠・千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)とともに東京・両国国技館を訪れ、日本相撲協会に引退届を提出。即日、受理された。貴ノ岩は冬巡業中の4日夜、付け人の三段目・貴大将(23)に暴力を振るって部屋で当面の謹慎処分を言い渡されていた。厳罰は避けられない状況だったが、騒動を起こした責任を取って自ら身を引いた。引退後の会見では目を潤ませて猛省の言葉を繰り返した。


     昨年の九州場所後に貴ノ岩への暴行の責任を取って引退した元横綱・日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジ氏(34)は7日、母国・モンゴル滞在中に関係者を通じて後輩力士の引退を知らされた。同じ過ちを犯して猛省を繰り返した苦い経験から、周囲には「こんなことになって非常に残念。これからどうするのかが心配」と漏らしたことが判明。貴ノ岩の決断に胸を痛めているという。

     自身が昨年10月に鳥取市内で振るった暴力は、後輩の乱暴な振る舞いを改めさせる目的だったとはいえ、決して許されるものではない。横綱としての責任を痛感し、力士人生に別れを告げた。相撲協会が今年10月に「暴力決別宣言」を発表する契機にもなった。現在は母国で幼稚園から高校までの一貫校「新モンゴル日馬富士学校」を運営。日本の礼儀作法や教育システムを導入し、教育者としても活躍している。

     秋場所後には、貴ノ岩から約2400万円の損害賠償を求める民事提訴(その後取り下げ)を起こされた。それでも、もともとは目をかけてきた弟分。人は憎まず、遺恨は残さなかった。最後まで「(力士を)辞めてしまうのはね」と声を震わせ、後輩の行く末を案じていたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000323-sph-spo


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【人格者】元日馬富士 同じ過ちの“貴ノ岩”を声を震わせ「心配」してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ