芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 不祥事


    ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus ˈʒũɲoʁ], 1992年2月5日 - )は、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選
    61キロバイト (5,352 語) - 2019年4月27日 (土) 01:42



    (出典 i.ytimg.com)


    動画10秒あたり一瞬グラついてたな・ω・;

    2 名無しさん@恐縮です

    平凡パンチ


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【動画】ネイマールが観客にパーンチ! 「最低だ」「処分されるべき」「史上最悪」と波紋広がる】の続きを読む


    白鵬は、「筋肉が再生しているのでしょうね。回復は順調以上だね。」と語った。白鵬の担当の医者は、「回復力がもはや人間じゃないです。」と話し、驚きを隠せなかった。 当初、第47代横綱柏戸の「柏」と第48代横綱大鵬の「」を取って「柏」とするつもりだったが、白鵬
    232キロバイト (38,188 語) - 2019年4月24日 (水) 09:02



    (出典 www.nikkansports.com)


    本人は盛り上げようとやってるんだろうけど、上層部は勝手されるのが気に入らないんだろうね・ω・

    1 ひかり ★

     日本相撲協会は24日、都内で臨時理事会を開き、大相撲春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めをした
    横綱白鵬(34)=宮城野=を懲戒で最も軽いけん責(将来を戒める)処分とした。師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)は3カ月間、10%の報酬減額処分。
    懲戒は軽い順にけん責、報酬減額など7項目ある。白鵬、宮城野親方ともに理事会に呼ばれ、直接、処分が通告された。

     本場所は千秋楽の表彰式後、神送りの儀式で終わる。横綱とはいえ、その前に手締めをしたことで横綱審議委員会(横審)などが批判。同協会の
    コンプライアンス委員会は規定の違反行為にある「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」に該当するか否かで審議を重ねた。
    白鵬と宮城野親方から聴取し16日に懲戒事由に当たると判断。処分意見を八角理事長(元横綱北勝海)に答申していた。

     白鵬は17年九州場所の優勝インタビューでも万歳三唱し理事会から厳重注意を受けた。再び三本締めを行った点を重視され、より重い懲戒となった。

     白鵬は聞き取り調査の際、「お客さんを喜ばせたいと思い、とっさにやってしまった。万歳三唱はダメだけど、三本締めをいいと思っていた」と
    釈明していた、という。

     師匠が弟子より重い処分となったのは、「万歳三唱の件で弟子白鵬の指導をい怠ったとして理事会から厳重注意を受けたにもかかわらず、その後も
    指導・監督を怠り、白鵬による三本締めを招いた」と師匠としての責任を果たさず、理事会の軽視と判断された。

     八角理事長(元横綱北勝海)から「言いたいことはあるか」と問われた白鵬は「何もありません」と応じた、という。

     理事長は「大相撲は礼節を重視し勝敗や数字だけではとらえられない人間的なものを大切にしてきました。そういう大相撲の伝統と秩序、
    礼節と様式美を、横綱だからこそ率先して守ってほしいと、白鵬に伝えました。今後は白鵬に限らず、すべての力士が大相撲の伝統・文化をきちんと
    継承して発展させていけるよう、指導に一層、力を入れていきます」と談話を発表した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000105-dal-spo


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【横綱の品格】白鵬にけん責処分 千秋楽三本締め問題 宮城野親方は3カ月の減俸】の続きを読む



    (出典 www.fungoal.com)


    酷いことする監督がいたもんだ・ω・;

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★

    4/18(木) 14:13配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-10401137-kbcv-l40

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    福岡地方裁判所・17日

    当時、福岡市の少年サッカーチームの監督だった男が、中学生の選手に大けがをさせた罪に問われた裁判で、検察は懲役3年を求刑しました。

    起訴状によりますと、少年サッカーチームの元監督の男(43)は2月、宗像市のグラウンドで、中学2年生の男子生徒に金づちが入ったマットの収納袋を投げつけ、頭の骨を折るなど全治不明の大けがをさせた罪に問われています。17日の初公判で、元監督の男は起訴内容を認めました。

    検察側は、「事件後、袋に金づちが入っていたことを知って、母親に金づちを隠すよう頼んだ」と指摘。「被害者は今後、サッカーを楽しむのにも困難が伴うことが思料され、結果は重大」として懲役3年を求刑しました。一方、弁護側は「金づちが入っている認識は無く、突発的で計画性はない」と執行猶予を求めました。

    h
    (出典 fcl-education.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【少年サッカー】中2男子選手に金づち入り袋を投げつけ頭骨折る 元監督に懲役3年求刑】の続きを読む


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のアイドルであり、アイドルグループNGT48チームGのメンバーである。愛称はまほほん。青森県出身。AKS所属。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催されたイベント「
    11キロバイト (1,219 語) - 2019年3月22日 (金) 14:25



    (出典 snjpn.net)


    転換期だな…もうそろそろ秋元康の時代は終わりでいいんじゃないの・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    昨年12月に『NGT48』山口真帆が男性から暴行を受けた事件に関して、運営会社の『AKS』が3月22日に新潟市内で第三者委員会の調査報告書の説明会を行った。
    しかし騒動は全く収集しないどころか、さらなる大事へと発展。〝あるメンバー〟に疑いの目が向けられ始めているという。

    第三者委員会の報告により、12人のメンバーが「ファンとの私的接触」があったことが明らかになったのだが、『AKS』は今回の事件との関係性について証拠がないめた「不問に付す」とした。

    すると山口がツイッターで、

    《証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます》

    と反論。双方の意見が食い違い、真実が分からない状態になっている。

    そんな中、ネット上では山口がツイッターのフォローを外したメンバーに注目の目が向けられた。

    「山口は事件が起きた後に、荻野由佳、西潟茉莉奈、太野彩香などのフォローを外しています。これにより、ネット上では彼女らが事件と何らかの関係があると推測。
    一方で、山口がフォローを続けているメンバーは〝シロ〟だと思われていたのですが…」(芸能記者)

    山口のフォロー解除で疑惑メンバーに批判殺到
    山口は『AKS』の説明会が行われる少し前に、新たにツイッターのフォローを3名解除。それは、〝NGT48公式ツイッター〟と、『NGT』メンバーの中井りか、清司麗菜だという。

    「これにより、中井と清司にも一気に批判が集中することになりました。すでに両名のSNSには、『何か言えやクズがよ! 
    何でまほほん(山口)のフォロー外されてんや?』『ファンとつながりがある12人選抜確定おめでとう!』『堕ちてゆく瞬間が見たいのでフォローさせていただきました』
    『フォロー外されたのが答えだとしたら悲しい…』といった声が寄せられています。
    中井といえば、『NGT』の中ではトップクラスの知名度と人気を誇るメンバーなので、運営が彼女を守っているという線はあり得そうですね」(同・記者)

    今回の第三者委員会の調査報告書を山口も読んだというが、このときに新たな事実を知ったのかもしれない。果たして真実が明るみになる日は来るのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1746028/
    2019.03.25 17:30 まいじつ

    ?


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【NGT48】山口真帆の行動で黒幕が判明!? 新たに名指しされた、そのメンバー2名とは…】の続きを読む


    大久保博元 (デーブ大久保からのリダイレクト)
    大久保 博元(おおくぼ ひろもと、芸名:デーブ大久保(デーブおおくぼ)、1967年2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身の元プロ野球選手(捕手)・コーチ・監督、解説者・評論家・タレント。 茨城県立水戸商業高等学校では2年生の時、捕手として1983年夏の茨城大会で決勝に進出するが、エース加茂川重
    33キロバイト (3,909 語) - 2019年2月14日 (木) 18:44



    (出典 www.joqr.net)


    まぁデーブが西武球団にもたらしたものも小さくはないからな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    17日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)に元西武・巨人選手で楽天元監督大久保博元氏が出演。
    ライオンズ二軍打撃コーチ時代に軋轢があり、裁判にまで発展した西武球団と菊池雄星投手(現・シアトルマリナーズ)との「手打ち」を告白したことが物議を醸している。

    番組は「平成をザワつかせたあの人 その後ど?なった?SP」を放送。囁き女将で一世を風靡した船場吉兆元女将や、違法建築問題で責任を追及された元ヒューザーの社長などが出演し、心境を語る。

    その1人として登場したのが、デーブ大久保こと大久保博元氏。菊池雄星への暴力事件を起こしたコーチとして紹介される。
    その現在を追うと、東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を退任後、新橋で飲食店を始めたそう。自ら厨房に立つ同氏に、スタッフは驚きの声を上げる。

    大久保氏は母子家庭で育ったため料理が得意で、現役時代に訪れた日本全国の料理店からレシピをもらい作っているのだという。
    話は菊池投手について暴力を振るったことに行き、

    「あれね、自分が悪いと思ってないですよ、最初は。俺は思った。俺はこういう思いで教育をして。しかも事実と違うこともあるわけですよ」

    と話す。そして、舞台はスタジオに移り、実際に大久保氏が出演し、話が進められることに。阿川佐和子から「なんで、菊池雄星とそうなっちゃったんですか」と振られると大久保氏は、

    「その時は自分が正しいと思っている。皆さんもパワハラだとかなんとかっていう人たちも。誰も悪くしようとはしてないし。
    その当時俺は悪くないと思ってるから、俺もきつくも言うし。でも、やっぱ球団のやり方としては、このやり方は全く受け入れられないっていう」

    と説明。さらに、

    「僕らなんか殴られて育った時代だからやったんじゃないですよ。許された時代じゃないのも分かってましたよ」とコメントする。

    ところが、大久保氏は裁判中西武と争う際に、「自分が悪いのではないか」と思うようになったと告白。
    「永久追放のような形になった」そうで、最後には「教育の仕方が100%悪かった」と改心したのだという。

    そんな折、西武の渡辺久信シニアディレクター(現・ゼネラルマネージャー)に球場に行っていいのかと聞いたところ、
    「球団に謝罪してほしい」と持ちかけられたそうで、実際に幹部に「自分が100パーセント悪い」と謝罪を行い、許してもらったのだと告白。

    さらに、2月のキャンプでは、渡辺氏から「菊池雄星に謝ってほしい」と話があり、実際に会い、「18歳のお前にそんな思いをさせて申し訳なかった」と謝ったのだと話す。
    この話を聞いた阿川佐和子はなぜか目に涙を浮かべた。そして、大久保氏は「野球がやりたい」と発言し、指導者復帰に色気を見せた。

    大久保氏からは暴行事件を乗り越え、西武球団・菊池雄星と和解したという「美談」が語られたが、ネットユーザーの反応は厳しい。
    「改心したのではなくネットで叩かれ状況が追い込まれたから翻したのでは」
    「美談にはならない。訴訟も楽天入団が決まったから取り下げただけだし、手打ちは楽天退団後だよね」などの指摘が。
    また、「雄星がアメリカに行ったタイミングでこの話を出すのは不快」「西武の選手じゃなくなった途端にこの話をしたってことに、本当に球団と和解できているのか怪しい」などの声もあった。

    一方で、「デーブ大久保も苦労したんだな」「改心したのは良いことなんじゃないか」「とりあえず飲食店店主で仕事をしっかりしているのならいいのではないか」と評価する声もあった。

    西武二軍打撃コーチ時代、試合中選手にアタリメを買わせる、罰金制度を導入するなどして選手から不満が続出していたと報じられている大久保氏。
    テレビ番組で「改心した」と言った以上は、今後、仮に指導者となった際は、裏切ることがないようにしてもらいたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1736371/?page=2
    2019.03.18 11:45 リアルライブ


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【このタイミングで…】デーブ大久保氏、菊池雄星と西武球団との「手打ち」を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ