芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:テレビ > 報道



    (出典 www.news-postseven.com)


    まぁ、ある程度数字持ってるからまだまだこき使ってくんじゃないの〜?

    1 Egg ★ :2018/10/17(水) 08:17:13.10

    20年もの長きにわたって、朝の顔として活躍してきた小倉智昭(71)に、勇退の日が近づいている。

    「1999年の4月1日にスタートした『とくダネ!』が、20周年を迎える直前の、2019年の3月末に終了することが決定したそうなんです。打ち切りの主たる要因は番組のマンネリ化と視聴率の低迷。ですが、近年目立っていた番組のミスの連続が、存続よりも打ち切りの方向に舵を切る方向に拍車をかけたことは間違いないでしょう」(放送作家)

     朝の番組としてさまざまな情報を送り続けてきた『とくダネ!』だが、一方でこのところの放送では、不祥事を連発。ネット上では番組の作りに厳しい声も上がっていた。

    「昨年7月の『とくダネ!』で、医師法違反事件で逮捕された容疑者として、まったく別の男性の映像をインタビューとあわせて放送し、後日、間違いだったと謝罪をしました。さらに翌8月には、放送時点では書類送検されていなかった京都府議会議員について“書類送検された”と報道。これについても“事実の確認がとれていなかった”と謝罪しました。放送倫理・番組向上機構(BPO)は今年2月8日に会見を開き、『とくダネ!』の2つの件について“放送倫理違反があった”と意見書を公表しました」(芸能記者)

    『とくダネ!』のミスはこれだけではない。BPOが会見を行った当日朝の放送では、VTR出演した登山家の三浦雄一郎氏(86)の写真に「故・三浦雄一郎さん」とテロップを表示して紹介。これについてBPOは同会見で、「放送局として事実をきちんと確認を取った上で放送する。それがメディアとしての使命であるという文化をもっと育ててほしい」と厳しくコメントした。

    「2つのミスが続いた2017年といえば、宮内正喜氏の社長就任直後というフジテレビにとって大事な時期です。新体制がスタートしたばかりのタイミングで起きたこの不祥事に宮内社長は激怒。このときに、20周年のタイミングで番組打ち切りという方向性が決定したのではないかと、関係者の間では話が広まっています」(前出の放送作家)

     現在、小倉智昭はナレーションなどを除くと、番組のレギュラーは『とくダネ!』とBS日テレの『恋するクラシック』のみ。この番組がなくなったら、小倉は平日の貴重なレギュラーを失う。

    「実は番組終了の話は以前からあり、そのつど、小倉は“ギャラを下げてもいいから続けさせてくれ”と頭を下げてきたそうなんです。この4月からはピーク時の半額にまでギャラが下がっているという話もありますが、それでも番組終了の動きにはかなわなかった。4月からは、伊藤利尋アナ(45)、山崎夕貴アナ(31)を新キャスターに迎えたことで、視聴率は一時的に上昇したんですが、今は羽鳥慎一アナ(47)がキャスターを務める『羽鳥慎一のモーニングショー』(テレビ朝日系)に大惨敗状態。やはり『とくダネ!』といえば小倉のイメージが強いため、一度、番組も小倉も切って、新しい番組を始めるほか、朝の視聴率戦争には勝てないと局が判断したようです」(前同)

     小倉にも、テレビ界のど真ん中から去る日が近づいているようだ。

    2018.10.17 07:30
    https://taishu.jp/articles/-/61518?page=1


    【【どーなってるの?】小倉智昭がついにクビ⁉ フジ『とくダネ!』“打ち切り説”】の続きを読む

    <br><div id="preview_dispGoogle"></div><div id="preview_dispWiki"> <div align="left" style="border:solid; padding:10px; border-width:1px; border-color:#cccccc; width:90%"> <table border="0" width="100%" cellpadding="10" cellspacing="0" style="table-layout:fixed"> <tbody><tr> <td valign="top" align="left"> <div class="mw-search-result-heading"><a target="_blank" href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E6%B0%B8%E6%9C%89%E7%BE%8E" title="徳永有美" data-serp-pos="0"><span style="font-weight:bold">徳永有美</span></a> </div><div class="searchresult">2018年8月4日閲覧。 ^ “【<span style="font-weight:bold">徳永</span> <span style="font-weight:bold">有</span><span style="font-weight:bold">美</span>のメディア先読み】ネットテレビが変える報道番組のあり方 ~『AbemaPrime』キャスター 小松 靖さん ~”. Synapse(シナプス) | ビデオリサーチ (2018年6月19日). 2018年8月4日閲覧。 <span style="font-weight:bold">徳永有美</span> 公式サイト 戦士のほっとタイム(asahi</div> <div class="mw-search-result-data">7キロバイト (839 語) - 2018年10月3日 (水) 08:56</div> </td> </tr> </tbody></table> </div><br><br></div><div id="preview_dispImage"> <div align="left" style="border:solid; padding:10px; border-width:1px; border-color:#cccccc; width:90%"> <table border="0" width="100%" cellpadding="10" cellspacing="0" style="table-layout:fixed"> <tbody><tr> <td valign="top" align="left"><div><a href="http://livedoor.blogimg.jp/kazzpe/imgs/c/e/cebf8a6f.jpg" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/kazzpe/imgs/c/e/cebf8a6f.jpg" rel="http://livedoor.blogimg.jp/kazzpe/imgs/c/e/cebf8a6f.jpg" style="max-width:100%"></a><br><span style="font-size:9px; color:#999; ">(出典 synapse-magazine.jp)</span></div> </td> </tr> </tbody></table> </div><br><br></div><div id="preview_dispMovie"></div><div id="preview_comment" style="font-weight: 400; font-size: 14px; color: rgb(39, 78, 19); background-color: rgb(207, 226, 243);">徳永アナ叩かれすぎ…頑張れ徳ちゃん(*´Д`)</div><br><div id="preview_syutten_top" style="text-align: right; display: none;"><a target="_blank" href="http://2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538716559" style="color:#999; font-size:small;"><em>(出典 【テレビ】「小川アナを返せ!」徳永有美で大不評の『報ステ』視聴率暴落の危機)</em></a><br><br></div><div id="preview"><div class="selectionsure" id="sure700" style="border: none; padding: 0px; margin: 0px;"><em>1</em> <span id="resuname700" style="color: rgb(0, 102, 0); display: none;" class="ui-sortable-handle">名無しさん@恐縮です </span><em id="resutime700" style="font-size: 12px; color: rgb(164, 164, 164); display: none;">:2018/10/05(金) 22:21:27.27 </em><em id="resuid700" class="resuid_dFzjDALc0net" style="font-size: 12px; color: rgb(164, 164, 164); display: none;">ID:dFzjDALc0.net</em><p id="surebody700" class="surebody_dFzjDALc0net" name="surebodymain" style="word-break: break-all; font-size: 14px; font-weight: bold; color: rgb(32, 18, 77); background-color: rgb(243, 243, 243); padding: 10px; border: 2px solid rgb(142, 124, 195);">10月1日より、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを務めているフリーアナの徳永有美。2005年の同局退社以来13年ぶりとなる番組復帰を果たしたが、視聴者からの評判は芳しくないようだ。 <br><br> 1日放送の冒頭、徳永は「13年ぶりに『報道ステーション』の場に帰ってまいりました」と視聴者にあいさつ。さらに「10年以上、いち視聴者として『報道ステーション』を見守ってきて、そのときに感じたり考えたりしたこと、そのときの気持ちを忘れずにありのまま自然に、皆さんとともにいろいろなことをお伝えできればと思っております」と、報道番組らしい真面目なコメントから切り出して番組を進行していった。 <br><br> 一方、徳永と交代で番組を卒業した同局の小川彩佳アナは、10月2日に『AbemaTV』の報道番組『Abema Prime』に初登場。出演者のケンドーコバヤシに髪を切ったことをイジられると、「先週の金曜日まで『報道ステーション』を担当していたので、週末だけでは気持ちを切り替えられないと思いまして一気に髪を切りました」と、照れ笑いを浮かべて答えていた。 <br><br> さて、注目された徳永の番組進行だが、13年というブランクからか、ぎこちなさがにじみ出る結果に。ネット上では放送後から、 <br>《噛み噛みだったよ》 <br>《なんか不安そうな顔してる》 <br>《なぜこの人をメインに持ってきたのか謎だわ》 <br>《小川さん返して。もう見る気なくなった》 <br>《『NEWS ZERO』のキャスター交代は新鮮だったけど、こっちは改悪でしかない》 <br> などと厳しい声が上がってしまった。さらに徳永が不評な理由としては、夫である『ウッチャンナンチャン』内村光良との結婚経緯にあるという。 <br><br>「内村の妻としても有名な徳永ですが、2人は不倫の末に結婚した夫婦なんですよ。2003年、当時『テレ朝』の局アナだった徳永は、既婚者でありながら内村との熱愛が発覚して担当番組を軒並み降板。2年後に内村と結婚して寿退社しましたが、“不倫愛”だけあっていまだに悪いイメージが拭いきれていません。ネット上にも『不倫アナは報道番組には不適格』『昔のこととはいえ顔を見たくない』といった声が続出。また、視聴率に関してもこれまでと横ばいで、リニューアル効果は全くなさそう。それどころか、今後は下がる一方になる危険も予想されます」(業界関係者) <br><br> 一方、日本テレビの『NEWS ZERO』は、メインMCを元NHKの有働由美子に変更して視聴率が大幅アップしている。長年メインキャスターを務めていた古舘伊知郎の降板以来、迷走が目立つ『報道ステーション』。この「誰からも支持されない」MC交代劇が、番組終焉のきっかけになるかもしれない。 <br><br><a href="https://npn.co.jp/article/detail/39157995/" target="_blank">https://npn.co.jp/article/detail/39157995/</a></p><br><div id="syutten_middle" style="text-align: right; display: block;"><a target="_blank" href="http://2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538716559" style="color:#999; font-size:small;"><em>(出典 【テレビ】「小川アナを返せ!」徳永有美で大不評の『報ステ』視聴率暴落の危機)</em></a><br><br><br></div></div></div> 【【報ステ】「早期の小川アナ復帰を!」徳永アナ不評視聴率ヤバシ 金曜の竹内アナは○】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    一週間も経てば少し落ち着くかな…いろんな意味で・ω・

    1

    フリーアナウンサーの有働由美子(49)がメーンキャスターに就任し、
    新体制となった日本テレビ系「news zero」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)が1日にスタートし、
    初回の平均視聴率は10・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。

    有働アナ効果で堂々の2桁発進となった。

    村尾キャスターの最後の出演となった9月28日放送分(深夜0・05)の平均視聴率は5・5%。
    先週の月~木曜(後11・00)の視聴率は、24日7・8%、25日8・5%、26日7・5%、
    27日7・9%で、1日はすべてを上回る好発進となった。

    放送時間帯は違うものの、同じ報道番組で、フリーアナウンサー・徳永有美(43)が
    13年ぶりにキャスター復帰したテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の同日の平均視聴率は11・4%。

    「zero」は、テレ朝の看板報道番組の視聴率に肉薄する形となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181002-00000073-spnannex-ent


    【【肉薄】“打倒報ステ” 有働由美子アナ「news zero」10.0%好発進】の続きを読む



    (出典 media.vpoint.jp)


    まぁこの人も馬鹿がつくくらい真面目な人そうだもんで、ぜひ頑張って(・∀・)

    1

    日本テレビ系報道番組「NEWS ZERO」のメインキャスター村尾信尚氏(62)が28日の放送をもって同番組を卒業した。

    06年10月の放送開始時から12年にわたり「ZERO」を支えてきた村尾氏は、番組の最後に「少しでも社会をよくしようと、スタッフとともにZEROを始め、1人1人の行動で世の中が変わると信じてニュースを伝えてきました。ひとえにみなさんの支えがあったからこそでした。本当にありがとうございました」と晴れやかな表情であいさつ。同じくこの日で卒業する杉野真実、河端一志、杉山セリナの各アナウンサーと4人並んで頭を下げ、視聴者に謝意を伝えた。

    週明け10月1日放送からは、元NHKの有働由美子アナウンサー(49)がメインキャスターを務める。

    9/29(土) 1:06配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00345654-nksports-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【村尾アナ卒業】ニュースZERO 今日から元NHKの有働由美子アナ就任】の続きを読む


    com/article/106413/ ^ 乙武洋匡氏5人不倫報道 出馬ピンチ自民またゲス禍 ^ 『週刊新潮』の報道について ^ Yahoo!ニュース デイリー新潮「「乙武洋匡」氏が不倫を認める 過去を含め5人の女性と」 3月23日(水)17時0分配信 ^ [3] ^ Yahoo!ニュース FNNニュース「乙武洋匡
    13キロバイト (1,729 語) - 2018年8月24日 (金) 18:00



    (出典 img.chess443.net)


    この話が本当なら、ちょっと人として考えられないな…

    1 muffin ★ :2018/08/19(日) 11:44:15.64 ID:CAP_USER9.net

    http://news.livedoor.com/article/detail/15176798/
    2018年8月18日 17時24分

     作家の乙武洋匡氏(42)が16日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0・12)に出演し、政界進出に向けて準備を進めていたさなかの2016年3月に不倫スキャンダルが持ち上がり、母に多大な迷惑をかけたことに謝罪の気持ちを表した。

    乙武氏は「僕自身がたたかれるのは仕方ない部分があったけど、周りに迷惑をかけてしまうのはしんどかったです」と当時を振り返った。

     自身の自宅はマンションでオートロックだそうで、「マスコミの方もそうそう入って来れないですが」とした上で、「母は一軒家で暮らしていて」と家族について述べた。乙武氏は「折りたたみのディレクターズチェアみたいなやつを持って来てずっと家の前で座っていた」と報道関係者が母の家の前でずっと待機していたことを明かした。

    乙武氏は「母が朝起きて見てみると、吸い殻がたくさん落ちていた」と報道関係者の喫煙マナーの悪さも指摘。また、「駅に行くまでずっとハンディカメラで追われて。歩いている足元を延々と撮られる」と自身のせいで母に被害が及んだことに申し訳ないとの意を表した。MCのネプチューン名倉は「家族は関係ないやん」と乙武氏の心情に理解を示した。


    【乙武洋匡氏の母の家前に吸い殻 『報道関係者のマナー悪すぎ!』】の続きを読む

    このページのトップヘ