芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 格闘技


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年4月10日 - )は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。広告代理店・マネジメントは株式会社セカンドキャリア。 第36代日本ライトフライ級王者。第33代OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO
    83キロバイト (11,490 語) - 2019年5月19日 (日) 03:01



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    日本人と思って甘く見てると…彼は本物だった・ω・*

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/19(日) 16:18:47.78 ID:hB0w81Nw9.net

    事実上の決勝も259秒で完敗、試合後は「準備は最高だった」が…

    WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は18日(日本時間19日)、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝(スコットランド・グラスゴー)で
    BF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に2回1分19秒TKO勝ち。破れたロドリゲスは事実上の決勝と呼ばれた無敗対決で茫然自失の完敗となったが、
    試合後はキャリア初黒星にも関わらず「言い訳の余地はない」と潔さを示している。プエルトリコ地元紙「プリメイラ・オラ」が報じている。

    19戦全勝を誇ったロドリゲスが絶望の表情を浮かべた。拮抗の1ラウンド目で評判通りの技術を見せたが、2ラウンド目に一気にギアを上げた井上に蹂躙された。
    開始30秒に左フックを顔面に被弾するとダウン。立ち上がった直後に右の強烈なボディショットを受けると再びダウン。
    鮮血のまま茫然自失の表情で2度、3度と首を横に振った。心は折れていたが、立ち上がった。

    記事では「イノウエとロドリゲスは1ラウンド目にアグレッシブだった。だが、主役は日本人だった。
    イノウエはロドリゲスに数発の左フックをヒットさせた。
    日本人は規格外のスピードと正確性を示した。ロドリゲス最初のダウンはまさに左フックがもたらし、鼻血が出始めた。
    数秒後に腹部にソリッドな一撃を受けると、ロドリゲスは再び転倒した」と戦況をレポートしている。

    結局、3度目のダウンで完敗を喫したロドリゲス。記事では試合後の潔いコメントも伝えている。

    サポートした陣営に感謝「自分たちの仕事をしてくれた」
    「我が同胞へ、勝利をもたらすことはできなかった。言い訳の余地はない。
    これまでにないトレーニングを積んできたのだから。準備は最高だった。
    我が陣営は自分たちの仕事をしてくれた。自分の仕事をするまでだった。
    素晴らしい雰囲気に感謝したい。敗北は誰にとっても痛いものだ。しかし、我々は止まらない。これが終わりでないのだから」

    今大会最大のライバルと呼ばれたロドリゲス。キャリア20戦目にして初めて喫した黒星にも言い訳することはなかった。
    また、試合前の公開練習でトレーナーのウィリアム・クルーズ氏が井上の父でトレーナーを務める真吾氏を突き飛ばす騒動を起こし、
    海外から批判を浴びたが、自らをサポートしてくれた陣営も擁護する計らいを見せていた。

    モンスター相手に259秒で敗れたロドリゲスは元王者に相応しい品格を示し、WBSSから姿を消した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190519-00010001-theanswer-fight
    5/19(日) 12:04配信


    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ボクシング】井上尚弥圧勝!完敗したロドリゲス「言い訳の余地ない」 母国紙は脱帽「主役は日本人だった」】の続きを読む


    GACKT (ガクトからのリダイレクト)
    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)。専属事務所は株式会社glove。GACKTのファンの総称は『LOVERS』。身長180cm、血液型A型。
    70キロバイト (6,907 語) - 2019年4月22日 (月) 12:57



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    まぁ普通の人がやればこんなもんだよな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    4月21日、フジテレビ系が放送する格闘技イベントにGACKTが出演。
    解説席にも加わり、GACKTならではの低いトーン、テンポで独自の論評を繰り返したが、視聴者からは批判する声が殺到。
    格闘技初心者からも「同じことしか言わない」「それしか知識がないの」と呆れる声が噴出している。

    フジテレビ系は同日、格闘技イベントの『RIZIN』を放送。
    「エグゼクティブオーガナイザー」として同イベントに関わることになったGACKTは、試合前のVTRで出場選手を論評するなど、格闘技にも造詣が深いことをうかがわせた。

    しかし、視聴者から「格闘技のことを知らないのでは?」と指摘されたのは、女子の人気格闘家・RENA選手の試合でのことだった。
    この試合で解説席に陣取ったGACKTは試合前に展望を聞かれ「(対戦相手も含め)お互いスタミナがないので、早く決着する」と分析していた。

    「スタミナがない」を連呼も、決着は判定に…
    試合開始から攻めるRENA選手に、GACKTは「これ以上長引かせるとスタミナが持たなくなってくる」と不安げにつぶやき、その後も「スタミナが…」と連呼。
    しかし、皮肉にも試合はなかなか決着することなく、最終ラウンドに持ち込まれた。
    RENA選手は結局、最後まで攻め続けて判定勝ち。
    GACKTは「RENA選手のスタミナが上回っていた」と論評。
    最後も「スタミナ」の一言で締めた。

    ツイッターではGACKTの解説を批判する声が続出する状態に。

    《GACKTの解説が最初から最後までスタミナがあるかどうかで笑った》
    《GACKT様のスタミナへのこだわりは異常》
    《GACKT好きだけど、RIZINの解説としては無能感がすごい…終始「スタミナが?」しか言ってないし…》
    《GACKTがスタミナスタミナうるさ過ぎて笑えてくる》
    《ガクトがスタミナ太郎とか言われてるのはほんと笑った》
    《これ以上スタミナって言わないでよ。GACKTが安くなっちゃうよ》

    格闘技ファンのみならず、格闘技初心者と思われるツイッターユーザーからも批判の声が出た。

    しかし、「スタミナ」1本で解説を乗り切ったGACKTはスゴい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1788935/
    2019.04.22 11:38 まいじつ

    前スレ                    2019/04/22(月) 15:08
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1555913303/


    (出典 Youtube)
    &t=1140s
    RIZIN.15 Shindo Nasugawa Tenshin and Muay Thai Philippines King REN RENA wins revival! ?


    (出典 Youtube)

    MALICE MIZER - 月下の夜想曲.


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【無能感】<GACKT>格闘技『RIZIN』を解説! “スタミナ”への独自のこだわりをみせる】の続きを読む


    1イベントでの最多販売記録は、2015年5月2日に行われたフロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦の460万件である。それまでの最多販売記録は2007年5月5日に行なわれたオスカー・デ・ラ・ホーヤ対フロイド・メイウェザー・ジュニアの240万件(総額1億3440万ドル)であった。
    89キロバイト (5,795 語) - 2019年2月20日 (水) 13:57



    (出典 openers.jp)


    弱い日本人相手にしてりゃ金になるってことを知ってしまった…・ω・

    1 豆次郎 ★ :2019/04/10(水) 20:47:32.04 ID:sOe5cWOH9.net

    メイウェザーに続きパッキャオ 日本が世界格闘技の中心になるか

    4月9日に都内のホテルで、5階級王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(42)が記者会見を行なった。

    日本でのエキシビジョンマッチ開催や宿敵マニー・パッキャオとの再戦、自身がプロデュースする、格闘技イベントを年内にも日本で開催すると発表した。

    関係者によれば、メイウェザーは元ミドル級世界王者の村田諒太との対戦にも興味を示しているという。

    パッキャオとの再戦は?

    同日、格闘技団体のRIZINがパッキャオと契約を交わし、彼が推薦する選手が那須川天心と対戦すると発表した。

    パッキャオが参戦する訳ではないが、4月21日(日)横浜アリーナで開催される『RIZIN.15』に来場する予定だ。

    ここにメイウェザーも来場する事になれば、世紀の一戦で世界を騒がせた2人が集まるイベントとなる。世界的にも注目され、大きな話題となるだろう。

    メイウェザーの会見の中では、パッキャオとの再戦の話題も出た。しかし、引退しているため再戦には興味がないようだった。

    メイウェザーは、2015年9月にボクシングのラストファイトを行った。そして、2017年8月に総合格闘家のコナーマクレガーと復帰戦を行ない、2018年12月に那須川天心とエキシビジョンマッチをした。

    メイウェザーは無敗でいる事に価値を置いている。栄光にキズがつくような公式戦を、行うつもりはさらさらないのだろう。そのため、今後はエキシビジョンマッチが中心になるようだ。

    村田諒太とのエキシビジョン

    報道の中では、興味深い話もあった。メイウェザーとエキシビジョンマッチをする候補者が、2名挙がっているようだ。

    そのうちの1人は日本で最も強く、人気がある「村田諒太」だ。日本の現役プロボクサーは、JBCルールに抵触するため、エキシビションマッチであっても格闘技イベントに参加することはできない。

    だが、もし試合が実現すれば話題性はある。しかし、メイウェザーが戦うのには、村田は非常にリスクのある相手だろう。

    例えメイウェザーであっても、村田との階級の差は大きい。現役時代も対戦が望まれていた、ミドル級のスーパー王者であるゲンナジー・ゴロフキンとの対戦は避けていた。

    メイウェザーは、ウェルター級でも小柄な部類に入るため、ミドル級には決して立ち入らない。もし、戦ったら村田のパワーと圧力で、メイウェザーの牙城が崩れる可能性はある。

    個人的にはぜひとも観たいが、メイウェザーお得意のリップサービスだろう。常に話題を振りまき、セルフプロモーションも欠かさない。彼の今後の動向から目が離せない。

    世界の格闘技の中心となる日本

    ここ最近のRIZINの勢いには、目を見張るものがある。

    昨年末に行われた、メイウェザーVS那須川天心の試合を皮切りに、今回のパッキャオの来日と非常に大きな話題を集めている。

    日本の格闘技界は戦国時代となり、世界から大きな注目を集めている。

    先日は、シンガポールの総合格闘技団体でアジアを中心に活動している、ONE Championshipの初の日本大会が行われた。

    会場の両国国技館は満員になり、盛り上がりを見せた。

    他にも、立ち技格闘技のK-1をはじめ、様々な団体がある。それぞれが、プロモーションや演出にこだわり集客に繋げている。ここ最近は、選手のSNSがきっかけで試合が決まるケースも増えてきている。

    まもなく、平成の時代から令和の時代に移行していく。プロデュースも時代に合わせて、変わってきている。

    個人的には団体など関係なく、格闘技界全体が、垣根を超えて盛り上がってほしい。

    いいものだから人が集まる時代ではないし、それぞれが協力し、切磋琢磨して盛り上げていく必要がある。

    最近、メイウェザーにパッキャオと海外の大物スターが日本に活動の舞台を広げている。この大きなムーブメントを活かして、日本が格闘技界の中心となり、業界全体が盛り上がっていく事に期待したい。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/kimurayu/20190410-00121811/


    (出典 number.ismcdn.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【次の獲物は…】メイウェザーが来日 “元ミドル級世界王者”村田諒太に興味】の続きを読む


    日、埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 21: Demolition」。 メインイベントの高山善廣とドン・フライの対戦はPRIDE史上に残る一戦となった。互いが互いの首を掴み合い、ガードなしでそのまま殴りあうという非常に単純で熱い闘いとなり、会場を大歓声で埋め尽くした。
    5キロバイト (378 語) - 2018年8月21日 (火) 08:12



    (出典 logo-imagecluster.img.mixi.jp)


    格闘技ファンなら誰でも頭に浮かぶあのシーン・ω・

    1 湛然 ★

    2019年03月21日
    高山善廣:ドン・フライと17年ぶり対面

     プロレスラーの高山善廣選手が、2002年に総合格闘技イベント「PRIDE」で死闘を繰り広げた元総合格闘家のドン・フライさんと約17年ぶりに対面を果たしたことが21日、分かった。2人の対面の模様は22日午後8時54分から放送されるTBSの特別番組「今夜解禁! ザ・因縁」で、ライバル同士だからこそ通じ合う思い、「奇跡の復活劇」などが紹介されるという。

     高山選手は、17年5月に行われた試合で頸髄(けいずい)完全損傷の重傷を負い、首から下が動かない状態になってしまい、現在闘病生活を過ごしている。高山選手がメディアに登場するのは1年ぶりとなる。

     特番は、昔不義理をしてしまった相手、けんか別れした恋人、ふとしたすれ違いで会わなくなった親友など、過去に「因縁」を持つ芸能人がその因縁の相手と対面し、当時抱えていたわだかまりや不満、心の中では思っていたけど口に出して言えなかった言葉などを伝える姿を紹介する。


    17年ぶりに対面を果たした高山善廣選手(左)とドン・フライさん(C)TBS

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    https://mantan-web.jp/article/20190320dog00m200066000c.html


    (出典 img.gifmagazine.net)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【漢の中の漢】高山善廣とドン・フライと17年ぶり対面】の続きを読む


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のキックボクサー、総合格闘家。千葉県出身。TARGET/Cygames所属。現RISE世界フェザー級王者。現ISKAオリエンタルルール世界バンタム級王者。血液型B型。 アマチュア時代から『ジュニアのパウンド・フォー・パウンド』と評
    126キロバイト (17,969 語) - 2019年3月15日 (金) 11:18



    (出典 the-ans.jp)


    ここへ来て一気に方向転換・ω・w

    1 砂漠のマスカレード ★

    キックボクシングの「神童」那須川天心(20)=TARGET/Cygames=が、AbemaTVの3周年特別企画として「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」に出場することが2019年3月10日、決まった。
    AbemaTVが発表したもので、同企画はボクシングの元世界3階級王者・亀田興毅氏、大毅氏、大相撲の元横綱朝青龍氏に続く第4弾。
    同企画の出場者として初の現役選手となるが、格闘技ファンや関係者から賛否の声が上がっており、現役選手の企画番組出演に波紋が広がっている。

    各スポーツ紙の報道によると、今回はボクシングの特別ルールで行うことが決定しているのみで、日時や場所などは未定という。
    対戦応募者はすでに10日から18歳以上の男子に限っての一般公募が始まっている。
    AbemaTVによる同企画は今回が4度目となるが、過去のものと明らかに異なるのが現役選手の出場。
    しかもキックボクシングの「神童」と称される那須川が出場するとあって、格闘技関係者に与えた衝撃は大きい。

    亀田興毅は2983人の中から異色の経歴の持ち主が

    AbemaTV1周年記念企画として制作された特別番組「亀田興毅に勝ったら1000万!」は、2017年5月7日に都内の会場で行われた。
    今回同様に挑戦者を公募した結果、応募者が殺到し、2983人の中から予選スパーリングなどの選考を経て、4人の挑戦者が選ばれた。
    挑戦者は、ホスト、ユーチューバー、高校教師、元暴走族総長と異色の経歴が名を連ね、判定なしのKO、TKO決着のみの特別ルールで行われた。

    亀田氏の場合、4人のうち第2試合のユーチューバーのジョーさんがボクシングのアマチュア経験を持っていたが、他の3人はボクシング経験のない素人。
    ただ、同企画はすでに現役を引退していた亀田氏との対戦という、エンタメ的要素が強く、3分3ラウンドのボクシングルールが適用されたものの、
    グローブは練習用の大きい14オンスを使用し、フェイスガード付きのヘッドギア着用で行われた。
    また、企画の趣旨にそぐわないとして、選考段階で現役格闘家、元プロボクサーは除外されている。

    現役を引退してから約1年半、リングから遠ざかっていた亀田氏と異なり那須川は現役バリバリの格闘家。
    昨年末にはエキシビションマッチとはいえ、ボクシング界のレジェンド、フロイド・メイウェザーJr(42)とグローブを交えている。
    今回の対戦相手の選考基準については明かされていないが、ボクシング及び格闘競技の経験を持たない素人相手では「試合」が成立しないことは明らかだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16142171/
    2019年3月11日 15時14分 J-CASTニュース


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大道芸】「那須川天心に勝ったら1000万円!!」←コレ本気でやるらしいよ】の続きを読む

    このページのトップヘ