芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 格闘技


    村田 (むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本のプロボクサー。ロンドンオリンピックミドル級金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。前WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとして竹原慎二以来2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては日本人初の世界王者である。
    77キロバイト (9,860 語) - 2018年10月22日 (月) 05:49



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    もう年齢的に厳しいギリギリのラインだよね…

    1 砂漠のマスカレード ★

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで敗れた前王者・村田諒太(32=帝拳)が王座陥落から一夜明けた21日(日本時間22日)、米ネバダ州ラスベガス市内で会見を開いた。
    村田は20日(同21日)に指名挑戦者のロブ・ブラント(28=米国)に大差の0―3判定負けを喫し、2度目の防衛に失敗していた。

    村田との一問一答は以下のとおり。

    ――一夜明けた心境は。

    「そんなに何かを感じていたというのはないですけど、負けたなという率直な気持ち、それぐらいですね」

    ――体の状態は。

    「やっぱりダメージはあります、結構。試合が終わったらしっかり休憩しなさいと言われる理由が分かった。今まで、ここまでタフな試合はなかったなと改めて思いました」

    ――夜はどのように過ごした。

    「チームの人と一緒にいて、ほとんど寝てないですけど。話したりとか、ちょっと横になったりとか、そんな感じです」

    ――試合の映像は見た?

    「いや、まだです」

    ――その中で試合を反すうしたことは。

    「自分のボクシングが、脚を使って、ああやってうまく動かれると非常に弱いなと。
    その動きに対してついていく動きがないなとは感じましたし、自分自身どういうタイプが苦手で、完全に攻略法みたいな形で読まれていたし、そういう意味で、負けたな、という気持ちが強くなりましたね」

    ――アラム・プロモーターの話では、勝てばゴロフキン戦もあった。

    「あれば良かったと思うんですけど、ここで負けてしまえばなくなると思っていたので、逆に言うと運命的なところで、勝てばそういうのが待っていたし、負けたらそれがなくなると。
    そういう運命になかったのかなと。自分の実力がそこに達していないんだなというのを、改めて知るきっかけになりましたね」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00000067-spnannex-fight
    10/22(月) 6:41配信


    (出典 contents.gunosy.com)


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    【【ボクシング】『村田諒太』王座陥落から一夜明け…引退かそれとも現役続行か…】の続きを読む


    井岡 (いおか かずと、1989年3月24日 - )は、日本の元プロボクサー。第33代日本ライトフライ級王者。 元WBC世界ミニマム級王者。元WBA世界ミニマム級王者。元WBA世界ライトフライ級王者。元WBA世界フライ級王者。世界最速での3階級制覇王者。元プロボクサーである父・井岡一法が会長を
    51キロバイト (6,524 語) - 2018年9月9日 (日) 16:15



    (出典 lifestylerev.com)


    復帰戦で完勝とは恐れ入りましました
    (*´ω`*)

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/09(日) 11:45:36.22 ID:CAP_USER9.net

    「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

    現役復帰した元世界3階級制覇王者の井岡一翔が8日(日本時間9日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された興行「スーパーフライ3」で復帰戦に臨み、
    3回にダウンを奪うなど3-0の判定で、王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に完勝した。

    米国に渡った井岡は以前よりも攻撃的なスタイルに変貌。2月に元WBC世界同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に判定勝ちしている強豪アローヨをテクニックだけでなくパワーでも圧倒した。
    3回終盤にはワンツーの右ストレートでダウンを奪い、試合を支配。昨年4月のWBA世界フライ級王座5度目の防衛戦から約1年半ぶりの試合は未知のスーパーフライ級でもあったが、世界トップレベルにあることを証明した。

    昨年大みそかに電撃引退した井岡は6月20日に都内で会見し、現役復帰を表明。
    今後は米国を拠点とし、スーパーフライ級で日本初の4階級制覇を目指すことを明言した。
    スーパーフライ級ではWBAですでに2位にランクされているが、この勝利で他団体にもランクされることは確実。次戦での世界挑戦が現実味を帯びてきた。

    井岡の通算戦績は24戦23勝(13KO)1敗。アローヨは21戦17勝(14KO)4敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000062-dal-fight
    9/9(日) 11:43配信


    【【ボクシング】井岡一翔 復帰戦でアローヨ相手に完勝 狙え4階級制覇】の続きを読む


    アジア大会 柔道で、7人制ラグビーで大混乱 韓国選手が居座りも

    柔道では男女混合団体戦が行われ、日本は初戦の準々決勝で韓国と対戦。3勝3敗となったが、日本は3勝全てが一本勝ち(相手指導3による反則負け2試合を含む)に対し、韓国は2勝が一本勝ち、1勝は優勢勝ち。今大会に適用されているルールにより、日本の勝利は明らかだった。

     ところが韓国側は解釈を間違えていたとみられ、審判が日本の勝利を宣告すると、6人全員がぼう然と立ち尽くす事態に。結局、日本の選手が畳に降りた後もそのまま14分間も居座り、抗議の意を示した。
    (出典:スポーツ総合(スポニチアネックス))



    (出典 i.daily.jp)


    ルールぐらいは勉強しておこうで。

    【『柔道 日韓戦』日本勝利も韓国側のルール不理解 猛抗議で後味悪く】の続きを読む


    亀田和毅の“乱入”JBCが事情聴取へ「無断ならば品位にかける」

    兄・興毅とともに客席で試合を観戦していた和毅は試合後、リングに上がり勝利の喜びに浸るドヘニーに向かって対戦を要求。だが、新王者は「今は自分の時間だ。邪魔しないでくれ。出て行ってくれ」と突き飛ばし、気色ばんだ和毅と一触即発の状態となった。
    (出典:格闘技(デイリースポーツ))


    亀田 (かめだ ともき、1991年7月12日 - )は、日本の男性プロボクサー。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。元WBO世界バンタム級王者。協栄ボクシングジム所属。日本人選手として初めてWBO世界王者となった。マネージャーはアル・ヘイモン。トレーナーはかつてユリオルキス・ガンボアと井岡一翔を指
    40キロバイト (5,028 語) - 2018年8月17日 (金) 13:58



    (出典 www.hochi.co.jp)


    チャンピオンに呼ばれて上がるってのは聞いたことあるけどね…
    立場をわきまえるべき。

    【『亀田和毅』品位にかける行為…これも“親父の教え”?】の続きを読む


    亀田大毅氏「人と殴り合うのが本当に嫌いだった」 前代未聞の反則劇の真相語る

    ボクシング元世界2階級王者で、亀田3兄弟の次男・亀田大毅氏(29)が17日放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(木曜深夜0…
    (出典:エンタメ総合(スポニチアネックス))



    (出典 www.asagei.com)


    あの試合やパフォーマンスは本意ではなかったってことか…

    【【語る】『亀田大毅』こんな最悪なとこに生まれて17年間しんどかった…】の続きを読む

    このページのトップヘ