芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 格闘技



    (出典 www.nikkansports.com)


    いくら金出すんだか…やるとなれば確かに気にはなるが・ω・;

    1 Absolutely ★

    メイウェザーと「エキシビション」の誤解解き参戦確認 KOあり3分3Rで

    メイウェザーの参戦を改めて発表するRIZINの榊原信行実行委員長=羽田空港
     ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(41)=米国=が総合格闘技「RIZIN」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)でのキックボクサー・那須川天心(20)戦を中止すると宣言していた問題で、RIZINの榊原信行実行委員長(54)が17日、羽田空港で取材に応じ、あらためて開催を明言した。メイウェザー側との誤解が「エキシビションマッチ」という言葉のとらえ方にあったとし、金銭的な条件は変えず、戦績に入らない非公式戦を3分3ラウンドで行うことを確認した。

     米国ロサンゼルスでメイウェザー側と交渉にあたった榊原氏は「(メイウェザーの)51試合目の試合になるかというとそれは違います。記録に残る試合にはなりません。つまりエキシビションマッチです」と明言。当初、内々に「スペシャルチャレンジバウト」という名前を設定していたが、この点が海外のファン、関係者などに「疑問を抱かせてしまった」と反省した。

     日本では「エキシビション」が「ぬるい、遊びみたいな」と解釈されることを危惧していたという榊原氏は「スパーリングではないです。ヘッドギアもはめません。お互いの中で約束をしていることでKOを目指して3分3ラウンド」と“KOあり”が契約に織り込まれているとした。ルールは「限りなくボクシングに近い、打撃攻撃のみのスタンディングファイト」で、キックは認められない。ただ、ルールの詳細、例えば那須川がボクシングシューズを履くのか、バックブローの可否、判定の有無などはこれから詰めるとしている。

     前回の会見時にも契約は結んでいたといい、その当時から金銭的な条件は「変わっていない」とした。ただ、エキシビションマッチとしては「過去最高のギャランティーにはなります」とも説明した。

     10日に出発し、米国のロサンゼルスでメイウェザー側と交渉にあたったという。13日に帰国する予定だったところ、実際に帰国するのは17日になった。「着替えもなくて」と苦笑いする榊原氏は、パーカーをを羽織って報道陣に応対した。大物中の大物との一戦を実現させるべく、全力を注いだ様子がうかがえた。

     RIZINは今月5日にメイウェザーと那須川が出席しての会見を開き、両者が対戦することを発表した。だが、8日にメイウェザーが自身のSNSで中止を一方的に宣言し、RIZINの対応が注目されていた。

     榊原実行委員長は16日に自身のツイッターにメイウェザーとともに収まった写真を掲載。「フロイド・メイウェザー選手とのミスアンダースタンディングは解決しました。彼は12月31日大晦日にRIZIN.14のリングで那須川天心選手と対決します。詳細は日本に戻った時に記者会見で話させて頂きます」と報告していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000078-dal-fight


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【RIZIN】那須川天心vsメイウェザー 3分3R KOありの真剣勝負(キックは無し)←試合やる意味あんのコレw】の続きを読む


    千種(ながよ ちぐさ、1964年12月8日 - )は、日本の元女子プロレスラー、実業家。 父親は競艇選手の長與繁(登録番号56)。 競艇選手の父に勧められた空手を幼少期から男子ばかりの道場で学ぶ。大村市立玖島中学校卒業後、上京。父からは競艇選手になることを勧められていたという。全日本女子プロ
    23キロバイト (3,117 語) - 2018年11月19日 (月) 04:29



    (出典 static.hokkaido-np.co.jp)


    長与千種カッコイイ〜・ω・✱

    1 ばーど ★

     札幌市で、元女子プロレスラーの長与千種さんがけんかの仲裁に入って暴行を受けました。男は警察に逮捕されました。

    2018年11月19日 8時49分
    テレ朝news
    http://news.livedoor.com/article/detail/15616015/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【男前】元女子プロレスラー『長与千種』けんかの仲裁に入り“骨折しながらも”女性を救う】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)


    この人の試合を一度も観たことないけど…注目度低いの・ω・?

    1 砂漠のマスカレード ★

    亀田3兄弟の三男・亀田和毅(協栄=27)とスペインのアビゲイル・メディナ(30)によるWBC世界スーパーバンタム級暫定王座戦(11月12日・後楽園ホール)の前日計量が11月11日、都内で行われた。
    3年ぶりの世界戦に向けて「いい練習ができた」と繰り返してきた和毅の肉体は、彫刻の石像で表現されるような無駄もなく筋肉が浮き出る仕上がりぶり。
    「今回、過去最高に仕上がった。何も言い訳するところもないです」と自負する絶好調ぶりをアピールし、一発で計量をクリアした。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    身体を見れば、今回の調整が完璧だったことが分かった。「61キロから始めた」減量も「そこまできつくなかった」と、55.2キロ(リミット53.52~55.34キロ)まできっちりと絞りきった。
    腹筋をはじめ、盛り上がる筋肉は肌つやもよく、初めてスーパーバンタム級に合わせた調整も問題なく進んだ。

    約3年ぶりの世界戦は、亀田一家の期待、「亀田家大復活」を遂げるための一戦だ。
    前日の調印式でも「全部を背負って」と一家を代表して久々に日本で世界戦のリングに立つことに、気持ちも高まっている。
    メディナとは計量後、長くにらみ合うシーンがあったが、余裕の笑みも見せ「明日、あいつを倒したらチャンピオンになれますからね。
    気合は入りますね。自分のボクシングをやれば絶対に勝つ」と、改めて必勝宣言した。

    階級を上げたことで持ち前のスピードにパワーも加わったと、世界のベルトに自信を見せる和毅と亀田陣営。グローブを高々と突き上げる瞬間は、刻一刻と迫っている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15579280/
    2018年11月11日 13時48分 AbemaTIMES


    【【亀田家最後の男】『亀田和毅』バッキバキに鍛え上げたこの彫刻のような肉体を見てよ!】の続きを読む



    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)


    まぁある程度は予想できてたけど…もっとギリギリまでひっぱることしなかったのが意外

    1 Egg ★

    ボクシングの5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が7日(日本時間8日)、インスタグラム。総合格闘技イベント「RIZIN.14」(12月31日・さいたまスーパーアリーナ)に参戦し、デビューから32連勝中の“神童”那須川天心と対戦することを発表していたが、急転、試合を行わない方針を明かした。海外メディアもドタバタ劇を続々と報道している。

    メイウェザーは自身のSNSで那須川戦の中止を発表。1434文字にも及ぶ熱弁で、舞台裏をつづっていた。これを受けて、「待ち伏せだったと主張する”盲目”なメイウェザーがテンシン・ナスカワとのファイトから降りる」と報じているのは、英紙「ガーディアン」だ。

    「東京での記者会見で日本のキックボクシングスターのテンシン・ナスカワとの大晦日でのファイトが発表されてから3日も経たないうちに、フロイド・メイウェザーはこのファイトを中止した。イベントの性質と規模の大きさに関してプロモーターが『盲目的』だったと語った」

     記事ではこうつづり、メイウェザーの投稿内容に説明を加えている。

    米放送局「大晦日の日本行きのチケットを予約しないで」

     英紙「デイリー・メール」も「恥ずかしい展開にメイウェザーは“盲目”だった」と速報。「フロイド・メイウェザーは180度の転換に恥ずかしさを感じながら、テンシン・ナスカワと戦わないと発表。既に引退しているアメリカボクシング界のレジェンドは、公式発表があった内容に盲目だったと語り、大晦日に行われる予定だった試合に関する誤った情報に対してファンに謝罪した」と伝えている。

     米放送局「ESPN」も「フロイド・メイウェザーは、彼は公式の試合ではなく、小さなエキシビションの試合に同意したと語る」と見出しをつけて速報。「もしメイウェザーのファンなら、大晦日の日本行きのチケットを予約しないでください」と呼びかけている。

     欧米のメディアも注目する異常事態。メイウェザーが大晦日の日本のリングに上がる可能性は完全に消滅したのだろうか。RIZINサイドの説明が待たれる。

    11/8(木) 10:38配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00042884-theanswer-fight

    Egg ★ 2018/11/08(木) 11:56:31.23
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541645791/

    【格闘技】<前代未聞>メイウェザー、那須川戦は「同意していない」「東京での期待外れの旅を終えて、俺は米国に戻ってきた」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541646944/


    (出典 image.itmedia.co.jp)


    【【中止】メイウェザー「RIZIN」参戦中止に欧米メディアも注目…異常事態】の続きを読む


    亀田 (かめだ こうき、1986年11月17日 - )は、日本の元プロボクサー、実業家。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。 元WBA世界ライトフライ級王者。元WBC世界フライ級王者。元WBA世界バンタム級王者。日本人初の3階級制覇王者。 亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実
    97キロバイト (12,859 語) - 2018年9月26日 (水) 11:55



    (出典 i.daily.jp)


    あと何回やるか楽しみ・ω・✱

    1 THE FURYφ ★

    ボクシング元世界3階級王者の亀田興毅(31)=協栄=が10日、自身のブログで現役引退することを発表した。

    2015年10月にWBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(ワタナベ)に判定負けして現役引退を表明した興毅は、
    今年元日に電撃的に現役復帰を宣言。5月5日に「引退試合」としてプロ初黒星を喫した因縁の元WBC世界フライ級王者
    ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)と対戦することを発表したが、ポンサクレックが近年試合を行っていないことなどから
    日本ボクシングコミッションは出場資格を認めず、試合はスパーリング形式となった。

    これに2回“TKO勝ち”した興毅はリング上で引退セレモニーを開始したが、その最中に引退を撤回。どうしても戦いたい
    相手がいると打ち明け、元世界4階級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)との対戦をぶち上げた。

    しかしその後、交渉は進まず、改めての引退発表となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00000081-dal-fight


    【【二度目の引退】亀田興毅が改めて引退発表 ローマン・ゴンサレス戦実現せず】の続きを読む

    このページのトップヘ