芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:スポーツ > 大相撲



    (出典 www.coamix.co.jp)


    相撲やめるときはこのセリフ言おうてって横綱なる前から決めてたっぽいw

    1 ニライカナイφ ★ :2019/01/16(水) 18:12:54.42

    ◆ 稀勢の里「一片の悔いも…」にラオウ名セリフ重ねる人続々 化粧まわしも着用の過去

    横綱稀勢の里が16日、都内で引退会見を開き、「私の…土俵人生において、一片の悔いも残っていません」と涙をにじませ、引退決意の思いを語った。
    この「一片の悔いもない」という言葉は、大人気漫画「北斗の拳」のキャラクター・ラオウの名セリフ「我が生涯に一片の悔いなし」をファンに彷彿させたようで、ネットでも即話題となった。

    稀勢の里は実際に「ラオウ」の化粧まわしをつけたこともあった。
    17年の夏場所で長兄・ラオウを稀勢の里が、次兄・トキの化粧まわしを松鳳山、末弟で主人公・ケンシロウを太刀持ちの高安が着用し、話題を呼んだ。

    稀勢の里は当時、この化粧まわしを贈呈した社のHPで「自分の性格的にはラオウ。孤独で強い。先代の鳴戸親方からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と、ラオウを選んだ理由を語り、ラオウの生き方と自分を重ねるコメントをつづっていた。

    そんな稀勢の里が、引退会見で「一片の悔いも残っていません」とコメントしたことにネットはすぐさま反応。
    「ラオウのセリフかよ」「巨星墜つ!ラオウと同じ言葉で」「さすがラオウ」「ラオウできたか」「ラオウ稀勢の里」と、稀勢の里とラオウの言葉を重ねるコメントが続々と上がっていた。

    「我が生涯に一片の悔いなし」のセリフは、弟のケンシロウに屈したラオウが、絶命寸前に仁王立ちで発する最後の言葉。
    北斗の拳ファンの間ではあまりにも有名。

    (写真)引退会見後、報道陣から花束を受け取った稀勢の里=両国国技館

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    デイリースポーツ 2019/1/16(水) 16:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000084-dal-spo


    (出典 pbs.twimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【引退会見】稀勢の里「我が土俵人生に一片の悔いなし」最後は大好きなラオウで締める】の続きを読む


    ^ 稀勢の里、秋の綱獲り消滅/名古屋場所日刊スポーツ2013年7月22日配信 ^ 稀勢の里、初場所で綱とり=大相撲時事ドットコム2013年11月24日配信 ^ 『相撲』2014年2月号118頁から119頁 ^ 、足痛めピンチ 苦痛に表情をゆがめる/初場所
    141キロバイト (22,327 語) - 2019年1月16日 (水) 02:55



    (出典 osumou3.com)


    これじゃあ親方になれないんではなかろうか…
    ・ω・

    1 ばーど ★ :2019/01/16(水) 11:01:02.97

    19年ぶりの和製横綱となった稀勢の里が、満員御礼の続く空前の相撲人気を呼び込んだ功労者であることに疑問の余地はない。一方、往生際の悪さを感じさせたここ数場所の土俵が、日本人が抱く横綱像を根底から揺るがしてしまったのもまた事実だ。

    【年表】横綱昇進後の稀勢の里の成績

    (出典 prt.iza.ne.jp)


     横綱として残した負の記録はあまたある。平成29年夏場所からの8場所連続休場は年6場所制で、30年九州場所の初日からの不戦敗をのぞく4連敗は1場所15日制でワースト。30年秋場所千秋楽から今場所にかけて続いた土俵に上がっての8連敗も1場所15日制でワーストとなった。

     横綱在位12場所で皆勤はわずか2場所にとどまった。横綱としての通算成績は36勝36敗97休。記録から歴代横綱の在りし日に思いをはせるのは相撲の楽しみの一つだが、後世のファンは横綱稀勢の里の成績に目を疑うことだろう。

     横綱が想起させる「常勝」や「孤高」といったイメージは日本の宝といっていい。スポーツ界に限らず、横綱と称されるのが各分野の頂点に立つ存在であることは、日本人には説明するまでもない。歴代横綱の血のにじむような努力のたまものだ。

     勝てなければ土俵を去る潔さは、ぱっと咲いては散る桜の花と同様、日本人の琴線を揺さぶってきた。和製横綱として重圧を一手に引き受けてきた稀勢の里が現役を退いた相撲界は、横綱の権威回復という重い課題を突き付けられている。(奥山次郎)

    1/16(水) 10:49
    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000525-san-spo

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【相撲】横綱・稀勢の里が現役引退 横綱ワースト8連敗 歴代最低の勝率5割 ★3
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547603692/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【引退】通算成績36勝36敗97休…稀勢の里『横綱のワースト記録をことごとく更新』】の続きを読む


    ^ 稀勢の里、秋の綱獲り消滅/名古屋場所日刊スポーツ2013年7月22日配信 ^ 稀勢の里、初場所で綱とり=大相撲時事ドットコム2013年11月24日配信 ^ 『相撲』2014年2月号118頁から119頁 ^ 、足痛めピンチ 苦痛に表情をゆがめる/初場所
    141キロバイト (22,276 語) - 2019年1月13日 (日) 16:57



    (出典 www.asahicom.jp)


    もうこの場所で終わってもいいつて覚悟で負けても全力で最後まで闘ってほしい・ω・

    1 Egg ★ :2019/01/14(月) 19:48:40.94

    ■初場所2日目

    ●稀勢の里「叩き込み」⚪逸ノ城

    日本相撲協会
    http://www.sumo.or.jp/ResultData/torikumi/1/1

    大相撲初場所2日目(14日、東京・両国国技館)、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)は幕内逸ノ城(25=湊)に完敗。進退の懸かった場所で初日から2連敗となり、いよいよ引退の土俵際に追い込まれた。

    立ち合いが合わず、4度目で立った稀勢の里は突き押しで逸ノ城の巨体を攻めたが、土俵際で回り込まれて劣勢に。何とか逆襲に転じようとしたところをはたき込まれて土俵に転がった。

    稀勢の里はこれで昨年11月の九州場所から不戦敗を含めて8連敗。横綱の連敗では歴代ワーストに並んだ。先場所で横綱では87年ぶりに初日から4連敗を喫し、5日目から途中休場。横綱審議委員会からは史上初となる「激励」の決議を下され、今場所に進退が懸かっているだけに、ついに決断を迫られる状況となった。

    1/14(月) 17:56配信 東スポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000016-tospoweb-spo

    ●稀勢の里、逸ノ城に金星配給 4度の立ち合いの末に叩き込みで破れ2敗目

    AbemaTVの中継で解説していた元前頭・木村山の岩友親方は「横綱は焦りが出ていますね。逸ノ城が大きいということもありますが、距離をとって出ていこうとした横綱が頭を下げたところ、逸ノ城の叩き込みがタイミングよく入りました」と解説した。

    アベマ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00010017-abema-fight

    写真
    (出典 www.nikkansports.com)


    1 Egg ★ 2019/01/14(月) 17:47:22.56
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547457271/


    (出典 i.daily.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【最弱横綱】<稀勢の里>逸ノ城に敗れ…横綱歴代ワースト8連敗】の続きを読む


    ^ 稀勢の里、秋の綱獲り消滅/名古屋場所日刊スポーツ2013年7月22日配信 ^ 稀勢の里、初場所で綱とり=大相撲時事ドットコム2013年11月24日配信 ^ 『相撲』2014年2月号118頁から119頁 ^ 、足痛めピンチ 苦痛に表情をゆがめる/初場所
    141キロバイト (22,277 語) - 2019年1月10日 (木) 08:57



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    年齢的にどんどん厳しくなるな・ω・

    1 Egg ★ :2019/01/13(日) 17:57:07.39

    ◇大相撲初場所初日(2019年1月13日 両国国技館)

     大相撲の初場所初日が13日、東京・両国国技館で行われた。ここまで横綱在位12場所目で9度の休場と不振が続き、今場所に進退が懸かる横綱・稀勢の里は結びの一番に登場。過去の対戦成績6勝1敗の小結・御嶽海に敗れ、黒星発進となった。

     先場所(九州場所)を休場した横綱・白鵬は、小結・妙義龍にはたき込みで勝利。同じく先場所休場の横綱・鶴竜は、前頭筆頭・栃煌山を突き出しで下した。

     一方、先場所で初優勝した関脇・貴景勝は、前頭3枚目の正代を突き出し白星スタートを切った。

     大関陣は、いずれも黒星スタート。高安が前頭筆頭・逸ノ城に突き出し、豪栄道が前頭2枚目・錦木に上手投げ、栃ノ心が前頭2枚目・北勝富士に押し出しで敗れた

    1/13(日) 17:55配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000154-spnannex-spo


    (出典 www.nikkansports.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大相撲】横綱<稀勢の里>勝負の初場所初日『黒星スタート』】の続きを読む



    (出典 www.mag2.com)


    日馬富士

    1 数の子 ★

    大相撲の幕内・貴ノ岩(28)=千賀ノ浦=が7日、師匠・千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)とともに東京・両国国技館を訪れ、日本相撲協会に引退届を提出。即日、受理された。貴ノ岩は冬巡業中の4日夜、付け人の三段目・貴大将(23)に暴力を振るって部屋で当面の謹慎処分を言い渡されていた。厳罰は避けられない状況だったが、騒動を起こした責任を取って自ら身を引いた。引退後の会見では目を潤ませて猛省の言葉を繰り返した。


     昨年の九州場所後に貴ノ岩への暴行の責任を取って引退した元横綱・日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジ氏(34)は7日、母国・モンゴル滞在中に関係者を通じて後輩力士の引退を知らされた。同じ過ちを犯して猛省を繰り返した苦い経験から、周囲には「こんなことになって非常に残念。これからどうするのかが心配」と漏らしたことが判明。貴ノ岩の決断に胸を痛めているという。

     自身が昨年10月に鳥取市内で振るった暴力は、後輩の乱暴な振る舞いを改めさせる目的だったとはいえ、決して許されるものではない。横綱としての責任を痛感し、力士人生に別れを告げた。相撲協会が今年10月に「暴力決別宣言」を発表する契機にもなった。現在は母国で幼稚園から高校までの一貫校「新モンゴル日馬富士学校」を運営。日本の礼儀作法や教育システムを導入し、教育者としても活躍している。

     秋場所後には、貴ノ岩から約2400万円の損害賠償を求める民事提訴(その後取り下げ)を起こされた。それでも、もともとは目をかけてきた弟分。人は憎まず、遺恨は残さなかった。最後まで「(力士を)辞めてしまうのはね」と声を震わせ、後輩の行く末を案じていたという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000323-sph-spo


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【人格者】元日馬富士 同じ過ちの“貴ノ岩”を声を震わせ「心配」してしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ