芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:テレビ > 歌番組


    槇原 敬之(まきはら のりゆき、1969年(昭和44年)5月18日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家。 現在の所属レコード会社(レコードレーベル)はBuppuレーベル。公式ファンクラブは「Smile Dog」。身長176cm。独身。血液型はO型。
    37キロバイト (3,903 語) - 2019年10月6日 (日) 12:55



    (出典 img.jisin.jp)


    結局、世界に一つだけの花だろうな、…

    あ、無いのか・ω・;

    1 砂漠のマスカレード ★

    歌手の槇原敬之が、18日放送されるテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』の3時間SP(19:00~21:48)で、データ放送による生投票企画を実施する。

    今回は「視聴者&アーティストが参加…みんなでつくるMステ」をテーマに放送。
    槇原は、当日にデータ放送による生投票で歌唱楽曲を決定する。歌唱直前に視聴者がデータ放送を使い、
    候補となった3曲「君は僕の宝物」「遠く遠く~’06ヴァージョン」「もう恋なんてしない」の中から1曲を選んで投票する。

    槇原はほかにも、23日発売のカバーアルバムのベスト盤『The Best of Listen To The Music』から、「聞き間違い」(原曲:YUKI)を披露。
    この曲を聴いて涙したという槇原は、その特別な思いをスタジオで語る。

    この日の放送では、スピッツが同番組に3年ぶりの出演。朝ドラ『なつぞら』の主題歌「

    優しいあの子」を披露する。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17233922/
    2019年10月15日 9時49分 マイナビニュース



    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 image.entertainment-topics.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【3時間SP】『Mステ』で 槇原敬之の生投票企画 視聴者の選んだ楽曲を披露】の続きを読む


    竹内 まりや(たけうち まりや、1955年3月20日 - )は、日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。通称「シンガーソング専業主婦」。本名:山下 まりや(旧姓:竹内)。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はスマイルカンパニー。 島根県簸川郡大社町(現出雲市)出身で、実
    68キロバイト (5,832 語) - 2019年9月20日 (金) 02:22



    (出典 pointed.jp)


    ついでに山下達郎さんも連れてきて・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    シンガーソングライター・竹内まりやの最新アルバム『urntable』が、9月23日付のオリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した。
    64歳6カ月での1位獲得は、松任谷由実の64歳3カ月を上回り、女性最年長記録となった。

    昭和、平成、令和の3つの時代で1位になるなど、今や世代を超えて多くのファンの心をつかんでいる竹内だが、
    今回のアルバムはかなりプロモーションに力を入れていることが話題になっている。

    「もともと、テレビ出演をほとんどしないことで知られている竹内ですが、山下達郎と結婚してからは家庭最優先で、音楽活動自体も縮小させていました。
    今回のアルバムは女性最年長1位記録もかかっていたため、事前プロモーションにはかなり力を入れていましたね。
    しかし、発売初日に売り上げで矢沢永吉に負けてしまったため、急きょ、夫の山下のライブ会場で直筆サイン色紙がもらえるキャンペーンまで行っています。
    ライブのチケットを持っていなくても会場に行けば誰でも買えるので、多くのファンが訪れたようです。オークションサイトに多数、色紙が出品されていることからも、
    転売ヤーが商材として目を付けるほどの人気ぶりだったようです」(音楽誌ライター)

    山下達郎も珍しく後押しを
    去る8日には『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)に出演。17歳でアメリカに留学したときの恋愛事情などを赤裸々告白した。
    また、芸人のヒロシが「ヒロシです…」とつぶやく際のBGMが、竹内がカバーしたものであることから、
    「まりやです……ほんのたまにテレビに出ると、毎回決まって『老けたしょこたんみたい』と言われます」「まりやです……渋谷駅でじろじろと顔を見てくる人がいたので、『新曲を出したからかな?』と思いつつ、その場を足早に去りました。
    帰宅後に鏡を見ると、ヨード卵光のシールがこめかみに張り付いていました」などと、かなり高レベルな〝自虐ネタ〟を披露し、大反響を呼んだ。

    「17日には38年ぶりに音楽番組『MUSIC FAIR』に出演しました。

    アルバムに収録されている2曲を披露するなど、ここでもプロモーションに余念がありませんでしたね。
    また、7日にはNHK-BSプレミアム『竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~ 完全版』も放送されたことから、年末のNHK紅白出場を真剣に狙っているとウワサされています」(同・ライター)

    NHKは過去に何度も竹内に紅白出場を打診しており、本人も乗り気だったことがあったというが、いずれも、夫の山下の反対で断念している。
    今回は山下もアルバムのプロモーションに積極的に絡んでいることから、竹内の紅白出場を後押しする可能性は高そうだが…。

    満を持しての〝ラスボス中のラスボス〟の登場で、松任谷由実や中島みゆきら同世代アーティストを一気に蹴散らすことができるか。ファンの期待が高まっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/2011734/
    2019.09.21 10:31 まいじつ


    (出典 Youtube)

    シングル・アゲイン 竹内まりや


    (出典 Youtube)

    駅/竹内まりや


    (出典 Youtube)

    竹内まりや 天使のため息


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ラスボス中のラスボス】『竹内まりや』ついに紅白初出場へ!】の続きを読む


    和田 アキ子(わだ アキこ、1950年4月10日 - )は、日本の歌手、タレント、司会者、ラジオパーソナリティである。所属芸能事務所は株式会社ホリプロ。テイチクエンタテインメント / ユニオンレコード所属。 在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。血液型O型。
    91キロバイト (10,740 語) - 2019年6月22日 (土) 14:48



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    毎年選ばれてるような人は、選ばれるのが当たり前になって、その梯子を外されたときは本当ショックなんだろう・ω・

    1 ばーど ★

     歌手の和田アキ子(69)が30日、TBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に出演。紅白落選時の悔しさを明かした。

     紅白出場39回の和田は、2016年に紅白落選。40回目の出場を果たせなかった。ヒロミ(54)から当時の心境を聞かれた和田は「ショックはショックだった」と返答。続けて「(紅白に)39回出て、マネジャーに紅白は卒業した方がいいかもなと言ってたの。40で区切りつけて、『辞退って言おうか』っていってたの」と卒業プランがあったと明かす。「覚悟はちょっとはあったけど、(落選を)聞いた時は『えっ!?』。どうすりゃいいの?受け止められない。何がいけなかったのか教えてくれ」と混乱した。

    「あれは泣いたね。何がいけないのか分からないから」と振り返る和田。「自分ですごいセコいなって思ったのは『じゃあ、あの人は何で出てんのよ』とか、私のほうが知名度あるし、ヒットしてんじゃんと、売上枚数調べたりさ」と本音を告白。中居正広(47)から「その年の紅白は」と聞かれると「観るわけないですよ」と即答。その後も「一度も観ていない」という。

    2019年8月31日 0時52分
    東スポWeb
    https://news.livedoor.com/article/detail/17008686/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【紅白落選】和田アキ子さん、悔しくてその後一度も観ていない…『あれは泣いた。』】の続きを読む


    株式会社ジャニーズ事務所(ジャニーズじむしょ、Johnny & Associates)は、日本の芸能プロダクション。 創設者のジャニー喜多川は、その前半生を第二次世界大戦戦時中の一時期を除いてアメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスで過ごし、その間アメリカ西海岸のエンターテインメントの世界に浴
    70キロバイト (7,385 語) - 2019年7月20日 (土) 05:21



    (出典 wezz-y.com)


    今年は紅組の優勝だな・ω・

    1 鉄チーズ烏 ★

    「Nの“抜き”って言われていますね」

    そう話すのは、一般紙の社会部記者だ。17日夜に突如として流れたジャニーズ事務所による元SMAP3人に対する「圧力報道」。公正取引委員会は17日までに、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人をテレビに出演させないよう働きかけていた疑いがあるとして、ジャニーズ事務所を注意した。

    3人は17年9月に契約満了で同事務所を退所。SMAPのチーフマネジャーを務めたI氏が立ち上げた新事務所に合流し、“新しい地図”として再始動した。その3人に対し、ジャニーズ事務所がテレビ各局に対し「元SMAPの3人を使うな」と圧力をかけていたのだという。

    冒頭の「N」とは、一報を打ったNHKのこと。“抜き”とはスクープのことを指すが、一般紙記者からはこんな異論も。

    「各社とも、公取委がジャニーズ事務所を調査していて、“新しい地図”の3人とジャニーズの最高権力者であるメリー喜多川副社長を聴取していたことは把握していました。その結果、公取委が注意処分に留めたことも。『注意』は公取の処分の中では軽度で、ニュース価値としてはさほどでないと各社判断していたようです。公取委が処分を伝えたのもずいぶん前ですしね。それがこのタイミング、しかもNHKが真っ先に報じるとは思いもしませんでした」

    付け加えると、公取委は民放キー局の社員などから圧力と認定するに足る情報を入手しており、当初は注意ではなく、ジャニーズにワンランク上の「警告」処分を課したかった。ところが、ジャニーズの副社長でジャニー喜多川氏の姉であるメリー喜多川氏が頑としてそれを認めなかったため、注意処分に留めたという。

    「公取委が堂々とオープンにできるのは警告から。まさか注意レベルで表に出るとは夢にも思わず、メリー氏は『なんでこんなことになるのよ!』と大荒れだったそうです」(スポーツ紙記者)

    しかも“抜いた”のがNHKとなれば、ただでは済まないだろう。
    年末の風物詩であるNHK紅白歌合戦――。例年、同番組を牛耳っているのはジャニーズ事務所で、昨年は嵐、関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeの計5組が出場。「ジャニーズ枠」なる言葉もあるくらいだ。

    「出場歌手だけでなく、司会もジャニーズで固められています。16年から始まった嵐メンバーの白組司会はその代表で、活動休止する来年の紅白まで司会は嵐で内定していると言われています」(前出・スポーツ紙記者)

    NHK的にも常連と言われる演歌歌手が出るより、数字が稼げるジャニーズのタレントに多く出てもらった方が都合が良い。まさに両者は「ウィン・ウィン」に近い関係だったが、それも今回の報道で雲行きが怪しくなってきた。

    「NHKは民放と違って、報道が花形。紅白への影響など、さして考えなかったのでしょう。対照的に頭を抱えているのは、制作サイド。いまなお、メリー氏は怒り心頭状態と言いますから、スクープされた腹いせに紅白から撤退なんてこともないとは言い切れません」(芸能プロ幹部)

    ジャニーズ事務所は大晦日に恒例のカウントダウンコンサートを行っている。

    「今年はジャニー喜多川さんが亡くなったので、例年よりも盛大にやるそうだ。『原点回帰』をテーマに、所属タレントはカウントダウンコンサートに集中させ、紅白は二の次になるかもしれない」(テレビ局関係者)

    「圧力報道」の波紋はどこまで広がるのだろうか――。


    7/22(月) 7:04配信 FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190722-00010000-friday-ent

    ★1が立った日時:2019/07/22(月) 07:16:25.90

    前スレ
    【芸能】NHK『公取委』スクープで紅白歌合戦からジャニーズ撤退の可能性
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563747385/


    (出典 i.ytimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【NHK】『公取委のスクープ』で紅白歌合戦からジャニーズがいなくなる?!】の続きを読む


    スピッツ(spitz、Spitz、SPITZ)は、日本のロックバンドである。1987年結成。1990年にミニアルバム『ヒバリのこころ』でインディーズデビューし、1991年にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム『スピッツ』でメジャーデビュー。所属事務所はGrass Hopper(ロード&スカイ)。レーベルはユニバーサルJ(ユニバーサル
    98キロバイト (7,843 語) - 2019年4月28日 (日) 01:56



    (出典 mashimophoto.jp)


    一度も出場なかったのは意外・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/14(火) 10:13:47.78 ID:DjD0MkHa9.net

    「スピッツは?」「スピッツが出るなら絶対見る」――。ネット上は“待望論”で盛り上がっている。かなり気が早いが、年末のNHK紅白歌合戦の話。

    きっかけは一部で「紅白に広瀬すずら『なつぞら』出演者が揃って登場」と報じられたこと。そのNHK朝ドラの主題歌「優しいあの子」を歌っているのがスピッツで、ファンが先走っているというわけだ。

    ボーカルの草野マサムネ(51)ら4人組のスピッツは1991年にメジャーデビューし、95年に発売されたシングル「ロビンソン」がミリオンセラーとなり大ブレーク。
    「空も飛べるはず」「チェリー」など数々のヒット曲を生み出しているのに、過去に紅白の出場経験はない。

    ファンにすればNHKの朝ドラの主題歌起用で注目され、話題になっているんだから、「いよいよか」と期待したくなるのも無理はないだろう。

    「スピッツはライブやレコーディングを中心に活動しています。過去には『テレビが苦手』『紅白は見るもの』とも言っている。
    実際、紅白のオファーは何度かあったようですが、辞退しているようです。しかし、今回の『なつぞら』は通算100作目。
    紅白も令和初となります。スピッツにもここ数年、変化が見られて、2014年には結成後初の日本武道館ライブを行っている。
    16年には新曲のリリースに合わせて音楽番組に出演しています。満を持しての紅白出場は十分にあり得る、と思いたいですね」(レコード会社関係者)

    NHK朝ドラ主題歌のアーティストが紅白に出場するのは割と“定番”で、最近では星野源や桑田佳祐らがそう。
    前期「まんぷく」の主題歌を歌ったドリカムは出なかったが、果たしてスピッツは? 音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏の見方はこうだ。

    「おそらく、オファーはすでに届いているでしょう。しかし、スピッツ側にとって“出るメリット”は今のところ少ない。これまで通り出場しない可能性が高いと思います。
    『優しいあの子』は6月にリリースされますが、売れ行きが伸び、視聴者に曲が浸透し、本人たちと世間の気持ちがマッチすれば前向きになるかもしれません。
    そこで大事なのが、NHKのお膳立て。音楽番組『SONGS』に出演してもらうなど、意識を紅白に向けさせることです。
    昨年、出場を拒んでいた米津玄師が直前になって翻意したように、『朝ドラヒットメドレー特集』などの企画を用意すれば、特別枠でのスピッツ初出場が実現するかもしれません」

    ファンはNHKの“ヨイショ”に期待か。実現すれば令和初の“目玉”になるのは間違いない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16455306/
    2019年5月14日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【紅白初出場】スピッツ、NHK 朝ドラ「なつぞら」主題歌でついに紅白出場に現実味】の続きを読む

    このページのトップヘ