芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:テレビ > アニメ



    (出典 www.gundam-c.com)


    ガンダムの歴史はアムロの歴史・ω・

    1 ニライカナイφ ★

    ガンダムは何から観るべきか?
    まだガンダムに詳しくない人たちは、何から見ればいいか悩むものである。

    そこで今回、自称ガンダムマニア12人にインターネットインタビュー取材を慣行。
    激論の末にたどり着いた結論は「1→Z→ZZ→逆→∀→Gレコ」ということになった。

    ・とりあえず最初はこの作品を見ておこう
    とりあえずはそれらの作品をその順番で視聴し、あとはアナザーガンダムシリーズを自分の好みで見ればよいという。
    ちなみに「1→Z→ZZ→逆→∀→Gレコ」の意味が分からない人のために、以下に正式名称を表記する。

    ・ガンダムは何から見るべきかリスト
    1. 機動戦士ガンダム
    2. 機動戦士Zガンダム
    3. 機動戦士ガンダムZZ
    4. 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
    5. ターンエーガンダム
    6. Gのレコンギスタ

    ・冷静に「見るべき作品」を判断
    ガンダムマニアのひとり(51歳フリーター)は「ガンダムオタクの大半が「思い出補正」や「好み重視」などの感情を含めてくるので、冷静に「見るべき作品」を判断できる人がすくないんです。
    私はガンダムマニアですが、自分の好みや思い出を排除して冷静に「初心者が見るべきリスト」を判断しました」と話す。

    ・見なくていいガンダムもあり!?
    ほかのガンダムマニア(46歳無職)は「美少年や美人な絵柄のガンダム作品がありますが、本来のガンダムが持つ魅力から外れたものばかりなので、見なくていいです」と辛口コメントをしていた。

    ・6作品をすべて見た後は何を見ればいい?
    では「1→Z→ZZ→逆→∀→Gレコ」の6作品を観終わったら、次は何を見ればいいのか?
    別のガンダムマニア(49歳休職中)は「また改めてファーストガンダムからGのレコンギスタまで見て、ちょっとユニークなガンダムが見たくなったらGガンダムですね。あとは見なくていいです」と話していた。
    あなたは、ガンダム初心者にどの作品を推奨するだろうか。


    (出典 cdn.buzz-plus.com)

    http://buzz-plus.com/article/2018/12/02/gundam-mania-news/

    ■前スレ(1が立った日時:2018/12/05(水) 13:40:26.69)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543996144/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【アニメ】ガンダムマニアが教える『ガンダム作品の観るべき順序はこうだ!』】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ルパン三世はいつまでも廃れないね・ω・✱

    1 朝一から閉店までφ ★

    サスペンス / ファミリー・一般向け (ユマ) 2018/11/22 20:17

    『ルパン三世』シリーズの最新作、テレビスペシャル第26弾が2019年今冬に日本テレビ系で放送されることが決定した。
    テレビスペシャル第26弾では、黒いジャケットを身に着けたルパンの印象的なカットが目を引き付け、新たな出会いと展開を予感させる。


    (出典 www.anime-recorder.com)



    (出典 www.anime-recorder.com)


    メインスタッフ
    原作:モンキー・パンチ
    監督:川越淳【代表作「ルパン三世 お宝返却大作戦!!」「サイボーグ009VSデビルマン」】
    脚本:秦建日子【代表作「推理小説」(ドラマ「アンフェア」原作)「そして、誰もいなくなった」(脚本)】
    キャラクターデザイン・総作画監督:丸藤広貴【代表作「マクロスF」「甲鉄城のカバネリ」】
    音楽:大野雄二
    アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

    https://www.anime-recorder.com/ArticleDetail.aspx?seq_no=20637
    原作:モンキー・パンチ (C)TMS


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【『ルパン三世』TVスペシャル第26弾が今冬放送“黒いジャケット”が渋カッコいい】の続きを読む


    遇による危険度は並の巨人をはるかに凌駕する。 壁だけを破壊して姿を眩ました超大型巨人や鎧の巨人、人間を捕食せず巨人だけを攻撃したエレン巨人体(進撃・始祖巨人)といった「九つの巨人」も、最初は「奇行種」に分類されていた。 マーレ軍は、パラディ勢力側の言う「奇行種」の問題について、「すべての巨人が仕組
    271キロバイト (40,328 語) - 2018年10月12日 (金) 18:11



    (出典 pbs.twimg.com)


    まぁ半年なんてあっちゅう間だな・ω・

    1 ばーど ★ :2018/10/15(月) 12:56:47.67 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


     NHK総合で放送中のアニメ『進撃の巨人』Season3 Part.2(第50話~)が、来年4月より同チャンネルで放送開始となることが14日の放送終了後に発表された。あわせて、公式ホームページと公式ツイッター上で新ビジュアルが解禁となった。

     新ビジュアルには、真っ青な空と海の中に一人佇みながら水平線を見つめるエレンの後ろ姿が描かれており、今後の展開が気になるビジュアルとなっている。

     Part.2(第50話~)に関する情報は、随時公式ホームページや公式ツイッターアカウント上にて更新される。

    ■公式サイト
    http://shingeki.tv/season3/
    ■公式ツイッター
    @anime_shingeki

    2018年10月15日 12時29分
    オリコン
    http://news.livedoor.com/article/detail/15446072/


    【【ネタバレ有り】『進撃の巨人』 ED中 各地でテレビが故障する怪現象が‼】の続きを読む


    ドメスティックな彼女』(ドメスティックなかのじょ)は、流石景による日本の漫画作品。2014年4月23日より週刊少年マガジンにて連載中。略称は「ドメカノ」。 『GE〜グッドエンディング〜』に続く流石景の2作目の連載漫画である。タイトルロゴは手書き風の「ドメスティックな彼女
    68キロバイト (10,890 語) - 2018年10月11日 (木) 12:41



    (出典 pbs.twimg.com)


    前評判は思った以上に良くないね・ω・;

    1 サイカイへのショートカット ★

    流石景「ドメスティックな彼女」TVアニメ化!瑠衣役は内田真礼、陽菜役は日笠陽子
    2018年7月12日 11:00 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/290790

    テレビアニメ「ドメスティックな彼女」ティザービジュアル

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    作者ツイート

    (出典 pbs.twimg.com)


    アニメ公式ツイート

    (出典 pbs.twimg.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    流石景「ドメスティックな彼女」のテレビアニメ化が決定。合わせてティザービジュアル、メインキャスト、スタッフが発表された。

    週刊少年マガジン(講談社)にて連載中の「ドメスティックな彼女」は、主人公の藤井夏生が親の再婚により、初体験の相手・橘瑠衣と初恋の相手で教師の橘陽菜と一緒に暮らすことになるラブストーリー。
    単行本は18巻まで発売中で、7月17日には最新19巻が発売される。

    アニメでは瑠衣役を内田真礼、陽菜役を日笠陽子が担当。また監督は井畑翔太、シリーズ構成は高橋龍也、キャラクターデザインは井出直美、アニメーション制作はディオメディアが手がける。
    合わせてお目見えしたティザービジュアルには、瑠衣、陽菜、夏生の姿が描かれた。

    流石はアニメ化について「皆様『この作品はメディア化無理だろう』と思ってらしたと思います。私も思ってました。しかしするんです! 勇気ある放送局さんやスポンサーさんや携わって下さる方々のお陰で!! ありがとうございます!!」とコメント。また瑠衣役の内田は「ルイの心模様を、丁寧に演じていきたいと思っています」、陽菜役の日笠は「ヒナは自分の心を隠せる大人の女性ですが、抑えられなくなる瞬間の心の機微を丁寧にお芝居できればと思っています」と意気込みを語っている。

    ◆流石景コメント

    この度、拙作「ドメスティックな彼女」がアニメ化していただけることとなりました。
    皆様「この作品はメディア化無理だろう」と思ってらしたと思います。私も思ってました。
    しかしするんです! 勇気ある放送局さんやスポンサーさんや携わって下さる方々のお陰で!! ありがとうございます!! 是非作品の覚悟と色気と心意気を楽しんでいただけたらと思います!

    ◆内田真礼(橘瑠衣役)コメント

    アニメーションになり、どんな風に物語が動いていくのか、私も楽しみです。
    ルイの心模様を、丁寧に演じていきたいと思っています!ドメカノ、よろしくお願いします!!

    ◆日笠陽子(橘陽菜役)コメント

    純愛を描いていて、その中でコミカルに表現される日常がとても温かく、男女問わず沢山の方に見て頂ける作品だと思います。
    ヒナは自分の心を隠せる大人の女性ですが、抑えられなくなる瞬間の心の機微を丁寧にお芝居できればと思っています。是非ご覧下さい!

    ■テレビアニメ「ドメスティックな彼女」

    ◆スタッフ
    原作:流石景「ドメスティックな彼女」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
    監督:井畑翔太
    シリーズ構成:高橋龍也
    キャラクターデザイン:井出直美
    アニメーション制作:ディオメディア

    ◆キャスト
    橘瑠衣:内田真礼
    橘陽菜:日笠陽子

    ※高橋の高ははしご高が正式表記


    【「ドメスティックな彼女」流石景 TVアニメ化! 声優は内田真礼&日笠陽子のコンビ 週刊少年マガジン連載】の続きを読む



    (出典 onep.jp)


    無理くり泣かしに来られると逆に冷めちゃうのあるよね

    1

    今や漫画は、日本が世界に誇るカルチャーの一つ。少年少女から大人向けの漫画誌まで発売され、内容も学園ものからスポーツ、バトル、ギャグ、社会派など、ありとあらゆるジャンルがあり、
    これだけクオリティが高いのは、世界でも日本ぐらいといわれている。

    つまり日本人なら、多くの人は子どもの頃から漫画に親しんでいるわけだ。ということで「一番感動したマンガ」について、20~50代の男女200人に聞いてみた。読者はどんな漫画の、どんなシーンに感動しているのだろうか。

    第8位(2.5%)は『北斗の拳』(集英社)。武論尊が原作、原哲夫が作画の世紀末バイオレンス作品で、1983~88年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載、テレビアニメや映画も好評だった。
    伝説の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者、ケンシロウと彼を取りまく魅力的なキャラがたくさん登場し、敵役のラオウに至っては、ケンシロウと同じぐらいの人気があった。
    そんなラオウが残した「我が生涯に一片の悔いなし」や、ケンシロウの「お前はもう死んでいる」といった数々の名セリフを記憶している人も多いだろう。

    『北斗の拳』を選んだ人からは、「ラオウが死ぬところ」(46歳/男性)、「ラオウとの対戦」(44歳/男性)というように、
    ケンシロウとラオウの戦いは最高の見どころで、「過酷な時代を生き抜いていく人間模様」(45歳/男性)など、群像劇としての評価も高かった。

    続いて第3位(3%)には『あしたのジョー』『巨人の星』『キャンディ・キャンディ』『ドラえもん』『タッチ』の5作品が選ばれた。

    まずは、高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による、『あしたのジョー』(講談社)。68~73年にかけて『週刊少年マガジン』で連載されたボクシングがテーマの漫画だ。
    主人公の矢吹丈(ジョー)の他、丹下段平、宿敵の力石徹など、エッジの立ったキャラが多数登場した

    『あしたのジョー』を選んだ人からは「最後に真っ白になるところ」(59歳/男性)、「すべてやり切った後のラストシーン」(51歳/男性)と、最終回で真っ白に燃え尽きたジョーの姿に感動した人が多かった。
    「単なるサクセスストーリーでなく最後にチャンピオンに負けてしまうところ」(56歳/男性)といった、ほろ苦いエンディングも印象的だったようだ。連載開始が50年前ということで、50代男性からの支持が際立っていた。

    『巨人の星』(講談社)も梶原一騎が原作で、作画は川崎のぼるという作品だ。
    66~71年にかけて『週刊少年マガジン』で連載されていた。野球がテーマの元祖“スポコン”作品で、主人公の星飛雄馬に対する、父、星一徹の英才教育も圧巻だった。
    “大リーグ養成ギプス”などの秘密兵器も読者を魅了した。ライバルの花形満、佐門豊作らを相手に、大リーグボールを武器にして戦う姿は、いまだ記憶に新しい。

    「星飛雄馬が苦難に耐えて頑張っている姿」(49歳/男性)、「成長過程」(55歳/男性)など、飛雄馬のひたむきな姿が印象的で、「弟を支える姉の姿」(58歳/男性)と、明子姉ちゃんのファンも多かったようだ。

    『キャンディ・キャンディ』(講談社)は、75年~79年にかけて『なかよし』に連載された、水木杏子が原作、いがらしゆみこ作画の作品だ。
    40~50代の女性からの支持が圧倒的で、「初めて夢中になって読んだ漫画、いろんなことがふりかかるけど、けなげに生きていくところ」(55歳/女性)、
    「恵まれない環境の中、主人公が一生懸命に頑張る姿がよかった」(44歳/女性)という声が見られた。
    孤児という出自への偏見に負けず、キャンディが成長する生き様は感動的で、少女漫画の王道ともいえる作品だ。

    国民的マンガの一つ『ドラえもん』(小学館)は、藤子・F・不二雄(当時は藤子不二雄名義)による作品で、69年~96年にかけて、『コロコロコミック』『てれびくん』など、
    小学館の学習雑誌など、複数の雑誌で連載されていた。
    現在もテレビアニメや映画で続いており、日本におけるメディアミックスの成功例としても知られている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1522412/
    2018.09.16 20:30 日刊大衆

    前スレ                     2018/09/16(日) 22:08
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537141380/


    【≪読者アンケート≫みんなが選ぶ「一番感動した漫画」第1位はやっぱりあれ…】の続きを読む

    このページのトップヘ