芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ:テレビ > バラエティー



    (出典 news.nifty.com)


    それは誰が聞いてもビックリするわ

    1 THE FURYφ ★

    漫才日本一を決める『M-1グランプリ2018』3回戦の結果が19日に発表され、漫画家の森田まさのり氏(51)と長田悠幸氏(42)による
    お笑いコンビ・漫画家は、見事に準々決勝への進出を果たした。

    森田氏は『べしゃり暮らし』、長田氏は『キッドアイラック!』とそれぞれ“お笑い”をテーマにした漫画を執筆している2人は、今年6月に
    コンビを結成して『M-1』に挑戦。8月に行われた1回戦では、漫才の舞台は3回目という状況ながらも見事に通過し、勢いのままに
    今月5日の2回戦も通過、3回戦への舞台へと駒を進めた。

    17日にルミネtheよしもとで行われた3回戦の出番を終えた直後、2人はORICON NEWSのインタビューに対応。森田氏は「ルミネかと
    思って…出た瞬間のことを覚えていないですね。何となく(観客の)顔は見えているんですけど、表情は見えないんです」と振り返り、
    長田氏は「今までの中でベストなネタができました。手応えは五分五分です」と語っていた。

    準々決勝は11月5日に大阪・なんばグランド花月、6日に東京・NEW PIER HALLで行われる。準々決勝にはそのほか、和牛、さらば青春の光、
    相席スタート、マヂカルラブリー、チョコレートプラネット、かまいたち、三四郎、ジャルジャルなどが進出した。

    2015年に5年ぶりに復活した同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2003年1月1日以降の結成)が
    出場可能。8月1日より1回戦がスタートし、決勝戦は12月にABC・テレビ朝日系にて生放送、優勝賞金は1000万円となっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000349-oric-ent


    【【M-1】ろくでなしBLUESの森田まさのり&長田悠幸の“漫画家コンビ”準々決勝進出】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    ちよっと、こなれて良くなってきたと思ってところで終わっちゃったからね・ω・

    1 ひかり ★

     モデルでタレントの市川紗椰が17日深夜に日本テレビ系で放送された「ナカイの窓」に出演。昨年9月で打ち切りとなったフジテレビ系ニュース番組「ユアタイム」について語った。
    市川は16年4月にスタートした「ユアタイム」のメーンキャスターを務めていた。

     この日の「ナカイの窓」は鉄道をテーマにトーク。イキイキしている市川の姿に、中居正広は「ニュースやってる時は、そういう感じ、出てなかった」とツッコむと、
    「人違いです」と苦笑い。「あれは、俺は見てて辛いだろうなあー、って(思ってた)」とキャスター時代の市川の姿が辛そうに見えたことを伝えた。

     進行役を務めた山里亮太が「今、解き放たれて、幸せでしょ」と聞くと、「今、爆発してる所はあります」と笑った。

     この日は自身が「車両鉄」「音鉄」だと説明し、特に「走行音」が好きであることを明かしていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181017-00000165-dal-ent


    【『あぁあの番組良かったなぁ』市川紗椰の「ユアタイム」懐かしさに今こそ浸る…】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    松ちゃんは単純にこれ以上自殺者を増やしたくない為に言っただけの発言なんだろうけど…
    今言うと、死んだ子の批判にしかならないから…

    1 ストラト ★ :2018/10/14(日) 12:38:30.45 ID:CAP_USER9.net

    14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で愛媛県が拠点のアイドルグループ「愛の葉Girls(えのはガールズ)」メンバーとして活動し、3月に自殺した大本萌景さん(当時16)の遺族で母親の大本幸栄さん(42)らが、自殺は所属事務所によるパワハラや苛酷な労働環境で精神的に追い詰められたためとして、代表取締役やスタッフらに総額9200万円の損害賠償を求めている裁判を特集した。

    松本人志(55)は、今回の裁判に「こういう自殺の話になったときに、原因をみなさん突き止めたがるじゃないですか」とした上で「正直言って、理由なんて自殺、ひとつじゃないと思うんですよ。いろんな複合的なことが重なって、許容範囲を超えちゃって、それこそ水がコップからあふれ出ていっちゃうんだと思うんです。これが原因だからってないんです。ないから多分、遺書もないんです」と自身の見解を示した。

    さらに「これは突き止めるのが不可能で、もちろん、ぼくは事務所が悪くないとも言えないですし、言うこともできないんですけど、我々、こういう番組でこういう自殺者が出てこういうニュースを扱うときになかなか亡くなった人を責めずらい、責めれないよね。でも、そうなんやけど、ついついかばってしまいがちなんだけど、ぼくはやっぱり死んだら負けやっていうことをもっとみんなが言わないと、死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです」と持論を展開した。
    「勉強、授業でも死んだら負けやぞっていうことをもっともっと教えていくべきやと」と訴えていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000055-sph-ent

    松本人志

    (出典 www.hochi.co.jp)


    ★1=2018/10/14(日) 10:40:55.21
    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539484744/


    【【松本人志】愛媛ご当地アイドル自殺に苦言…自殺者を叩くだけの発言になりかねない】の続きを読む


    中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日 - )は、日本の女優、歌手。80年代アイドル。身長158cm。血液型O型。 東京都小金井市出身(出生は長野県佐久市)。ビッグアップル所属。 作詞をする時は「北山 瑞穂」(きたやま みずほ)と「一咲」(いっさく)というペンネーム(アルバム『DANCE
    53キロバイト (3,995 語) - 2018年10月10日 (水) 12:33



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    やっぱこうゆう人は第一線に出続けていてくれないと、ブランク中の老け具合が復帰後、一気に視聴者にのしかかる…

    1 アルテミス@ ★

    歌手で女優の中山美穂(48)が10日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」に出演し、バブル期のトレンディードラマ事情を振り返った。

     1980年代半ばから超人気アイドルの座に君臨した中山は、歌手として数々の大ヒットを飛ばすとともに、女優としてもフジテレビ“月9”の「君の瞳に恋してる!」、「すてきな片思い」など、数々のトレンディードラマに主演している。

     中山は「ドラマとか、打ち上げとかものすごく派手でしたよね」と回想。

     具体的な例として「ディスコで打ち上げしたことがあったんですけど、当時すごくはやっていた…(当時は)ディスコって言ってたんですけど。そこにプロレスのリングとか用意して、なんかそこで皆さんごあいさつするとか歌うとか。(藤井)フミヤ君とかが『TRUE LOVE』歌ったりとか」と、むやみにゴージャスな打ち上げの演出を紹介した。

     当時、中山とフミヤは月9の「逢いたい時にあなたはいない…」で共演しているが、同ドラマは91年放送。フミヤの「TRUE LOVE」は93年リリースのため、中山がどのドラマの打ち上げについて話しているかは不明だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000127-dal-ent


    【【バブルの象徴】 中山美穂 当時の打ち上げは「ディスコにプロレスのリング」バブルの思い出語っちゃった♡】の続きを読む


    平成ノブシコブシ(へいせいノブシコブシ)は、吉村崇と徳井健太によるお笑いコンビ。吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)に所属。若手ユニット「ラ・ゴリスターズ」の一員である。 東京NSC5期生。2000年結成。略称ノブコブ。旧名コブシトザンギ。 詳しくは各個人ページを参照。
    29キロバイト (4,043 語) - 2018年9月13日 (木) 16:58


    意外なところで意外な評価が上がったりする…
    人生とはそんなもん。

    1

    https://www.j-cast.com/2018/10/04340409.html
    2018/10/ 4 15:00

     お笑いタレントの平成ノブシコブシ・吉村崇さん(38)の「神対応」が、ネット上で話題となっている。芸歴18年の吉村さんの実力が明らかになったのだ。

    2018年10月3日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)では、吉村さんを含む芸人たちが「生中継先に現れたヤバめ素人のさばき方で芸人の力量丸わかり説」を検証した。

     吉村さんが仕掛けられたのは、目をカッと見開き、カメラに向かってよたよたと前進する男性。無言で右手に角材を持っており、下手に対応すれば何をされるかわからない。「生中継」中に突然現れた不審者に対し、吉村さんは「おーっ?」と驚きを露わにするも、すぐに「いやいやいやいや、素晴らしい。素晴らしい1本釣りでございます。どうされましたか?」と応対。

     さらに、「生放送ですよ、お父さん!」と、明るく視聴者と男性に呼び掛ける。強引に撤去させるのではなく、たしなめるように背中を押して男性を後ろに下げ、釣りをしているカップルに話しかけるときは両腕をつかんで自分の背中にくっつけた。

    しかし男性は「アーーー」と突然の大声。スタジオからは「怖い」との声があがった。さすがの吉村さんも動揺するかと思いきや、「よーし?!」と、男性の頭をしっかりと抱きかかえた。

    吉村「(カップルに向かって)素晴らしいですよ!ねえ、どうですか?楽しいですか?」
    男性「アーーー」
    吉村「お父さんは楽しんでるね!」

     その後も、男性から角材をさりげなく取り上げ、「一旦CMということでこちらで解決しときまーす」と自然に中継を中断。それでもなお、まとわりついてくる男性を映らないようにするために「見てください、月がでてます(実際はでてない)」と、カメラを誘導した。
    「そろそろ終わりですか?もうこちら大盛り上がりということでございます」

     吉村さんの対応に、スタジオは拍手の嵐だった。劇団ひとりさんは「吉村、一気に仕事増えると思う」とコメント、ダウンタウンの松本人志さんも「パーフェクトやったな。完璧」と呟いた。

     吉村さんの前には、パンサーの尾形貴弘さんとあばれる君が、同様の検証を行われていた。2人はしどろもどろになるばかりで最後までうまく対応できず、吉村さんの「神対応」ぶりが際立った。ツイッターでは、称賛の声があがっている。

    「あの状況で笑顔を絶やさなかったノブコブの吉村さん、一瞬で好きになりました。 あんなの出来る男っていい男だよ」
    「昨日の水曜日のダウンタウンは吉村のことほんとに見直したわ」
    「一般の人に危害が及ばないようにお父さんを抱きしめて、しっかり棒も奪い取った所とか男らしかった!!」


    (出典 taishu.jp)


    【『ノブコブ吉村』まさかの“水ダウ”で評価ダダ上がり⤴】の続きを読む

    このページのトップヘ