芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: テレビ


    財津 一郎(ざいつ いちろう、本名:財津 永栄〈ざいつ ながひで〉、旧芸名:財津 肇メ、1934年2月22日 - )は、日本の俳優、コメディアン、歌手。熊本県熊本市出身。熊本県立済々黌高等学校卒業。 財津家は神武天皇の時代から続く名家。父親は農林省(現:農林水産省)の役人で、3人兄弟の末っ子として東
    31キロバイト (4,151 語) - 2019年10月21日 (月) 17:19



    (出典 www9.nhk.or.jp)


    あんなご長寿CM、他にはないよな・ω・

    1 かばほ~るφ ★

    療養中の財津一郎が語った「タケモトピアノ」CM誕生秘話 2019.11.11 07:00

    中古ピアノの買い取り大手であるタケモトピアノ(大阪府堺市)のCMで「ピアノ売って、ちょうだ~い」
    というフレーズに始まる軽妙なステップと歌声を披露したのは、財津一郎氏(85歳)である。
    自宅療養中の財津氏が今回、『週刊ポスト』の取材にCM撮影の秘話や、現在の生活について語った。

    ──タケモトピアノのCMに出ることになった経緯を教えてください。

    財津:もう20年以上も前のことだからね──。タケモトピアノは、東南アジアの貧しい幼稚園や小学校に
    ピアノを送るボランティア事業をやっていたんです。かつて、高度経済成長下の日本では、ピアノを手に入れたがる人が多かった。
    夫婦が一生懸命努力して稼いで、子供のためにピアノを買っていたんです。
    その子供が独立した後は、ピアノが花瓶置きや本棚みたいになっちゃっていたので、
    それを回収してリメイクし、東南アジアの教育施設に送っていたんです。
    僕も音楽が好きだし、ピアノも好きだから、ピアノをリメイクするっていうのはいいテーマの仕事だなと。
    しかもボランティアで東南アジアに送り出すという。それで話に乗ったんです。

    CM撮影の時(1997年)は、僕はちょうど脳内出血で倒れた後で。
    だから、手術で剃った髪の毛が伸びてなくて、五分刈り頭だった。
    退院して最初の仕事が、タケモトピアノのCMだったんです。

    ──「ピアノ売って、ちょうだ~い」のフレーズやあのCM構成は、どのように生まれたのですか。

    財津:社長さん、あ、今は会長さんですね(竹本功一氏)、彼が僕をすごく好いてくれていたこともあって出ることにしたんですが、
    撮影に入ってみたら、共演するのは当時の関西の名ダンサーたちでした。一流のね。
    僕はまだ、脳内出血で開頭手術した後で、やっと退院して現場に行ったら、すごい動きでしょ。
    ダンサーと一緒に踊ってほしいという話だったのですが、僕は「ちょっとあの動きはできない」って言ったんです。

    そうしたら振り付け師の方が「それじゃあ財津さんだけ当て振りでいきましょう」って提案してくれて、
    「ピアノ売ってちょうだい」「電話してちょうだい」って、あの動きを付けてくれた。
     
    で、やってみたらとても評判が良かった。会社も成長して、CMもよく続いてね。
    「もう今年で終わりじゃないか」って思われてから何年も経っているんだけど(笑い)。
    いま僕は仕事していないので、僕の最低限の生活を守ってくれているのは、あのCMなんです。

    ──CMの反響で生活が変わりましたか。

    財津:ひとつひとつの仕事を誠実にやっている会社のコマーシャルに出演したという意味では、わりと僕は恵まれていたと思います。
    今は、わけの分からないコマーシャルばっかりだからね。
    また、僕にとって最後の主演映画になっている『ふたたび』のロケ地は、タケモトピアノ社でした。

    ──今は芸能活動をしていないと聞きました。

    財津:もう85歳になってね、脊柱管狭窄症になって、どうにもならないです。
    この(取材が行なわれた自宅の)階段が危ないんですよ。
    今日はたまたまちょっと調子が良いけど、ベストじゃないです。
     
    89歳のママ(妻)も最近倒れたんです。目の前で、ガシャーンと真正面に倒れたんです。
    頭は打ってないけど、(肩と肘を押さえて)ここにヒビが入っちゃって、身動きがとれない。
    寝室の階段も上がれないんです。いま、どっちが先に逝くかなっていうゾーンに入ったと思っています。
    いまはピアノのおかげで生き延びている。タケモトさんには感謝しています。

    ──今はどんな暮らしを?

    財津:ママの代わりに、僕が全部やっているわけよ。炊事、洗濯、掃除、ゴミ出し。それでヘトヘトなの。
    そうしたら、ママがまた倒れた。転んで、いま動けないから、食事も全部、僕が作っている。
    これは疲れるね。厨房で40分立って作るでしょ、それでヘトヘトになっちゃう。
    女性ってのは、いかに厳しい仕事をしているかって分かったよ。
    (後略、全文はソースで)
    NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20191111_1480869.html


    (出典 www.news-postseven.com)



    (出典 Youtube)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【電話してちょ〜だい】財津一郎(85)療養中「タケモトピアノ」CM誕生秘話や現在の生活について語る】の続きを読む


    木下 優樹菜(きのした ゆきな、1987年12月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデル。期間限定ユニットPaboおよびアラジンの元メンバー。本名は藤本優樹菜木下は旧姓。愛称はユッキーナ。 東京都葛飾区出身。プラチナムプロダクション所属。夫はFUJIWARAの藤本敏史。 葛飾区立葛美中学校卒業。渋谷高等学院修了。
    26キロバイト (3,427 語) - 2019年11月7日 (木) 15:50



    (出典 oricoma.com)


    あの一件依頼、嫌いになった人多そう…自分も含め・ω・

    1 スタス ★

     “タピオカ恫喝騒動”渦中の木下優樹菜が、7日深夜放送のフジテレビ系『キスマイ超BUSAIKU!?』にゲスト出演。木下が無言で座っているかのような不自然な編集が話題となっている。

     放送では、スタジオに木下、ホラン千秋、ファーストワマーウイカの3人がゲスト出演。Kis-My-Ft2が出演するVTRを見ながらゲストがあれこれコメントする内容だったが、木下が中心となってコメントするシーンは流れなかった。

    「共演者のコメントに被せるようにしゃべったシーンが一部流れたものの、木下はほぼ無言。ゲストのスリーショットでは姿が映るものの、VTR中のワイプでは一度も映りませんでした」(記者)

     木下は、先月30日放送の同局『BACK TO SCHOOL!』にゲスト出演。放送前からネット上では「恫喝女を出すな」「起用するフジテレビはおかしい」などと批判が殺到。番組公式Twitterも大荒れとなった。

     また、ジャニーズのグループ・ふぉ~ゆ~が主演する舞台『ENTA!2 4U.Zeppin de SHOW』は先月、12月12日の公演のゲストを木下から森公美子に変更。理由は明かされていないが、木下の騒動が影響したものと見られている。

    「ジャニーズ事務所が木下を共演NGリストに入れたのでしょう。テレビ局は恫喝騒動をスルーしていますから、局だけの判断ではここまであからさまな編集はしないはず。また、木下を連想させることから、ジャニーズは今後、夫の藤本敏史との共演も避けそう」(同)


    https://entamega.com/26587/amp


    (出典 refinelifekaz.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【タッキーの決断】木下優樹菜、芸能生命ピンチ… ジャニーズ共演NG確定か フジ系「キスブサ」で不自然な編集】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    携帯にやたらと広告流すのも迷惑だよな。
    子供に見せられん・ω・

    1 rain ★

    東京・秋葉原の目抜き通りに巨大なアダルトゲームの広告が11月1日、張り出されたことから、物議となっている。広告は「おっぱいハーレム」や「孕ませ」などの言葉とともに、肌を大きく露出させた女性キャラが10人描かれていた。

    これに対して、女性キャラの露出が大きく、公共の場である道路に面した広告として不適切ではないかという声が多く寄せられ、東京都は11月5日に現地を調査。千代田区でも、区条例に抵触する可能性があるとして、関係部署で連携し、今後は広告を掲示した店舗の会社に指導していくという。広告は11月8日までには取り外されている。

    問題となったアダルトゲームの広告は、JR秋葉原駅近くの目抜き通りに面して、「超エッチな♡アプリでおっぱいハーレムをゲット!!」というコピーとともに、登場する女性キャラクター10人が、強調された胸の肌をほぼあらわにした状態で描かれていた。ゲームやトレーディングカードなどを販売する店舗のビルに掲示され、少なくとも建物2階分以上の大きさにあたる。

    これに対し、東京都や千代田区には「あんなに胸の肌が露出している内容の広告を一般の道路沿いに出してよいのか」という問い合わせやクレームが相次いだという。東京都の都民安全推進課によると、11月5日に現地を訪れて調査。店舗の会社から、広告の意図や掲示期間を確認したという。

    東京都には、有害図書などの指定について定める「東京都青少年の健全な育成に関する条例」があり、第14条で広告も対象となっている(有害広告物に対する措置)。

    都民安全推進課では、今回の調査について、「表現の自由もありますので、直ちに広告を外せとか変えてくれという指導はしていません。条例違反であるかという判断をするとしたら、東京都青少年健全育成審議会にかける必要があります」と話す。

    東京都に対して店側は「掲示期間は未定」と回答していたが、11月8日にはすでに取り外されていた。都民安全推進課では、「ネットなどでも問題視されており、世間的にどうなのかということから、今後は会社の方でも注意されていくのでは」と話している。

    今回の広告を疑問視する声は、地元・千代田区にも多く寄せられたという。広告が掲示された店舗から約300mの場所には区立小学校や区立幼稚園もあり、千代田区では対応を考えているという。

    以下ソース

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010366-bengocom-soci

    関連ニュース
    【東京】秋葉原に巨大なエロゲーム広告が登場「子どもに有害」と批判 一方、表現の自由を尊重すべきとの声も ★7
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573204715/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【都が現地調査】秋葉原のあの巨大なエロゲーム広告、ついに取り外される】の続きを読む


    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    32キロバイト (4,065 語) - 2019年11月9日 (土) 01:52



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    さすがは天下の松本人志・ω・

    1 ひかり ★

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が10日、フジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。所属タレントが不祥事などを起こした際の
    吉本興業の姿勢を評価する一幕があった。

     この日は、7年間で約1億2000万円の申告漏れなどを東京国税局から指摘され、活動を自粛している「チュートリアル」の徳井義実(44)について取り上げ、
    事務所の対応を「会社の処置がダラダラしている」「見事に裏をかいていく」などと批判していた松本。エンディングでも再び吉本について触れた。

     「1個だけほめるとするなら、なんだかんだ言うけど、大きい会社だしそれなりに力もある。変なニュースがあったときに、それを抑えない。そこはちょっとほめてあげたい」。

     世間では「当たり前だと言うかもしれないけれど」としつつ「意外と、“こんなニュース扱うな”ってやる事務所はありますから」と指摘。
    「吉本は、そこはなってこなかった器用さはあるのかな。吉本だけが逃げずに、事件やニュースを扱っていく。コメンテーターにボロクソに言われる。
    所属芸人からボロクソ言われる事務所があってもいいのかな」とし、「僕くらいが最後フォローを込めて言っておきます」と吉本愛をのぞかせた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000175-spnannex-ent


    (出典 grapee.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【吉本は逃げない】松本人志「“こんなニュース扱うな”っていう事務所はありますから」】の続きを読む


    宇垣 美里(うがき みさと、1991年4月16日 - )は、フリーアナウンサー、タレントである。元TBSテレビアナウンサー。 兵庫県神戸市出身、一歳年下の妹がいる。身長162cm。 神戸市立歌敷山中学校、兵庫県立長田高等学校を経て、同志社大学政策学部に進学。中学時代は生徒会長をしており、同志社大学
    19キロバイト (2,460 語) - 2019年10月31日 (木) 09:00



    (出典 pbs.twimg.com)


    宇垣ちゃんはキャラ確立がしつかりして、方向性が見えてきたな。
    これからも需要は増えそう・ω・

    1 牛丼 ★

      『バス旅』、太川陽介と宇垣美里のバトルが好評?「失礼」「大人げない」と苦言も「見ごたえがあった」の声

     10月30日放送のテレビ東京系バラエティ『太川蛭子の旅バラ』にマドンナとして出演した元TBSアナウンサーのタレント・宇垣美里に、番組視聴者から賛否両論が相次いでいるという。

     この日放送された『旅バラ』は、静岡県・三保の松原から山梨県・清里まで、富士山を眺めるバス旅へ。

     一行はバスの行先について、山梨県の精進湖から河口湖へ迂回し甲府へ目指す安全の高いルート、および精進湖から上九の湯を経由し甲府を目指す最短ルートの2つのパターンを発見。一行は最短ルートを発見した太川陽介の意見を尊重し、観光案内所のありそうな精進湖でバスを降りたが、残念ながら観光案内所はなく、さらにタクシーは通っておらず40分の足止めを食らう事に。

     かねてから太川の提案したルートに懐疑的だった宇垣は「本当にここで降りていいんですね」と太川に念を押していたが、強行したことで足止めになり、また終着が甲府駅ではなく南甲府駅だった太川の確認ミスも重なり、宇垣は「これだったら河口湖へ向かった方が早かったかもしれない」「言うたで!という気持ちはある」と和やかなムードから一転、ピリピリモードに。

     さらに、甲府駅に着いても太川から地図を奪い、何かと口を出してくる宇垣に対し、「君ちょっと待って!」「君は待ちなさい!」と声を荒げるシーンも放送された。

     こんな展開でピリついたモードに、ネットでは宇垣および太川に対し、「宇垣がグイグイ来てうざい」「年上の太川さんに対して失礼ではないか」という意見が相次いだ一方、宇垣を擁護する声も少なくなかったようで、「年下のゲストに軽くキレている太川さんが大人げないと思った」「むしろ物怖じしない宇垣さんに好感を持てた」といった声も多かったという。

     宇垣は今年4月より、TBSを離れオスカープロモーションへ所属。以来、さまざまなバラエティ番組へ出演を重ねているが、先輩タレントへのタメ口や慣れ慣れしい態度が災いし、近年では「嫌いな女性タレント」として名前が挙がることも多い。

     今回もそんな宇垣の本領が発揮された形ではあるが、お互い譲らない性格の太川と宇垣は、「バス旅」ではまさに水と油の関係に近く、「見ごたえがあった」「ここ最近のバス旅ではナンバーワンの面白さだった」と言った声も少なくなかったという。

     かつてはアラフォーやアラフィフなど、太川と年齢の近いタレントがマドンナとして抜擢されることの多かったバス旅だが、『旅バラ』になってからは松井珠理奈や生駒里奈など、太川と親子ほどの年齢差のある女性タレントのキャスティングが目立ち物議を醸していたが、今回の宇垣美里のキャスティングは「大成功」と思われ、今後の再登板もあり得る話かもしれない。


    (出典 wjn.jp)

    https://wjn.jp/sp/article/detail/0241544/


    (出典 bolg.tokyo)



    (出典 cdn.tv-osaka.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【バス旅】宇垣美里が持ち味発揮! 太川陽介とのバトルが好評で番組最高視聴率!】の続きを読む

    このページのトップヘ