芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: タレント



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ブスっぽいかわいらしさがたまらない・ω・✱

    1 朝一から閉店までφ ★

    [2017年1月23日17時28分]
    (写真)
    神スイングを披露する稲村亜美(撮影・小谷野俊哉)


     神スイングで話題のタレント稲村亜美(21)が23日、都内で、化粧品メーカー「天賞堂」のトークショーに出席した。
    美容のため「たくさん寝るようにしている。あと食べ物に気をつけている」という稲村は、豪快なバットスイングを披露した。

     好きなプロ野球選手については横浜の井納翔一投手(30)と阪神の糸井嘉男外野手(35)の名前を挙げた。「井納投手は、よくフォームが似ていると言われるんです。
    糸井外野手は思い切りのいい、振り切ったスイングがすてきですね。新天地の阪神でも盗塁王を目指して欲しい」と話した。

     大ブレークした昨年を振り返り「お酒を飲めるようになったので楽しかった。意外とお酒が強いんですよ。
    ずっとヘラヘラしていて、面白くない話でも笑えちゃう。私と飲みにいったら楽しいはず。焼酎が好きです」と話した。

     恋愛については「言い寄って来る男の人がいないんですよ。だから男の人を振ることもない」。続けて「バットは振っているのに」と突っ込まれると、
    勘違いして「下ネタですか? 止めてください」と苦笑いして赤面。気を取り直して「言い寄られないので、振ることもない。まず、打席に立ちたいです」と話した。

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1769229.html


    (出典 www.asahicom.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【高等テク】稲村亜美「下ネタ止めて」と言って下ネタに発想を転換させる】の続きを読む


    朝日 奈央(あさひ なお、1994年4月21日 - )は、日本の女性マルチタレント、バラエティーアイドル、元ファッションモデル。埼玉県生まれ、東京都羽村市育ち。ライジングプロダクション所属。 元「アイドリング!!!」のメンバー。現在はその後継集団「メンテナンス」にも籍を置く。
    50キロバイト (5,675 語) - 2018年11月5日 (月) 06:13



    (出典 www.xn--gmq039cbjspmib8l.com)


    突き抜けてるよね彼女・ω・;

    1 ジョーカーマン ★

    11月30日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日・ABC系)にて、「NGなし女性タレント全員集合スペシャル」企画が行われた。

    近年、活躍目覚ましいタレントの朝日奈央がこれに出演。鈴木奈々や藤田ニコルら競合タレントたちと対等に渡り合う姿を見せ、話題になっている。

    ■人気急上昇中の朝日
    バラエティ番組『ゴッドタン』(テレビ東京)にて約1年半務めた代打アシスタントが高評価を得たことをきっかけに、近年テレビへの露出が極端に増えている朝日。

    企画タイトル通りに「NGなし」でどんな仕事にも対応する姿勢、そこできっちり結果を残せる実力、元アイドルかつ元モデルならではのそこそこの美貌を武器に、人気と知名度は爆発的に急上昇中だ。

    元祖「NGなし女性タレント」の鈴木奈々は、そんな朝日の快進撃を脅威に感じているという。
    「(朝日は)なんでもやるし、コメント力もある。ライバルだと思ってます」と明言。「ヤバいやつ来た! と思いました」と率直な胸中を語っている。

    ■バカリズムとの固い絆
    朝日は埼玉県出身の24歳で、2007年にファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)でモデルとしてデビューした。
    翌年、アイドルグループ・アイドリング!!!に2期生として加入。
    2015年の同グループ終了まで在籍し、人気メンバーの一角として活躍した。

    そんなアイドリング!!!の冠バラエティ番組『アイドリング!!!』(フジテレビONEほか/2006?2015年)で、MCを務めていたのがバカリズムだ。
    彼と朝日は、約7年間にわたって同番組を盛り上げ続けた。

    バカリズムは当時を振り返り、「(朝日は)最初は『おしゃれ番長』的な感じだったんですけど、だんだん『意外とダセエな』みたいなことになって。彼女には(武器が)何もなくなった」のだと語る。

    そこで、「バラエティで戦っていけるように、なんでもやっていこう」という方針のもと、リアクションや変顔、ガヤ芸、いじられ対応、相撲などを積極的に学んでいったのである。

    ■思わず漏れ出る師匠愛
    満を持してロンハーで共演を果たした2人。
    バカリズムは「彼女が中学生のときからずっと一緒にやってきてるんで」と感慨深げ。
    朝日が得意技「10円玉芸」を披露すれば、「もっと面白く見えるコインを世界中から探したほうがいい」とアドバイスも惜しまなかった。

    これには田村淳も「(朝日のことを)ほっとけないんだね」と笑い、有吉弘行は「普段はこんなこと言うやつじゃないんですけどね」と、バカリズムから漏れ出る「師匠愛」を茶化さずにはいられなかった。

    一般の視聴者はもちろん、振付師の竹中夏海氏もこのオンエアには感動していたようだ。

    今夜のロンハー、朝日の奈央ちゃんパートでずっとじんわり泣いちゃった
    升野さんの見守り方と距離感が絶妙だし、
    奈央ちゃんはなにやっても清潔感と品があるからすごい。国民の姪っ子

    竹中夏海 (@tknkntm) November 30, 2018

    これまで「元アイドリング!!!」といえば菊地亜美の1人勝ち状態であったが、ここに朝日が加わった形になる。
    バラエティ適性のあるメンバーがやけに多いことで知られていたグループだけに、ほかの卒業生たちの動向からも目が離せない。

    http://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161904339/

    『金曜★ロンドンハーツ』 朝日奈央

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    元アイドリング!!! 朝日奈央

    (出典 pbs.twimg.com)

    アイドリング!!!

    (出典 pbs.twimg.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【NGナシ女】「バカリズムの愛弟子」元アイドリング!!!“朝日奈央”の進撃に女芸人も警戒⁉】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)


    空気読めない蛭子さんが好き・ω・✱

    1 名無し募集中。。。

    俺正直言って太川さんとそんなに仲良くなかったんだよね


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【大喜利】太川陽介の葬儀に出席した蛭子さんが一言】の続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)


    そういえば蛭子さん最近見ないな…

    1 砂漠のマスカレード ★

    漫画家でタレントの蛭子能収(71)が、30日にデイリースポーツ神戸本社を訪問した。11月16日のテレビのロケ中につまずいて転び、右手小指を基節骨骨折し、まだ右手にはギプスをつけたまま。

    現在、イラストなど漫画家の仕事は全て断っている状態。「漫画家になって、こんなことで仕事を断るのは初めての出来事なんです。
    早く治して、また絵を描きたいです」と自らも完全復帰を願っている。

    大好きなボートレースは、12月19日から一年の総決算となるグランプリ(住之江)が開催されるだけに「グランプリまでに治したいと思ってましたが、ちょっと厳しいかも。
    お医者さんからは全治2カ月と言われているので、(来年)1月中旬ぐらいまでかかるかもしれませんね」と見通しを話した。

    ただ、「テレビはしゃべるだけなので」と依頼される仕事はきちんと受ける方向で、タレント活動は今後もしっかり続けていく。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15673116/
    2018年11月30日 18時52分 デイリースポーツ


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【漫画家】蛭子能収“イラストが描けない”…来年1月の復活目指す】の続きを読む



    (出典 img.mixi.net)


    見事な連携プレイ・ω・✱

    26 名無しさん@恐縮です

    >>1
    ワイプがやりづらくなるだろうなw


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ものまね】キンタロー。『小島瑠璃子、ウソをつく時は目を見開く』の翌日、見事にこじるりの“目を見開く”場面に遭遇】の続きを読む

    このページのトップヘ