芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 映画


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村ge">

    (出典 www.musicman-net.com)


    全世界でヒット中…らしいね・ω・;

    1 湛然 ★

    2018/11/29 12:30
    映画『ボヘミアン・ラプソディ』 本編では削除された日本公演シーンの写真が公開

    フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)の伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)』。
    本編では削除された日本公演シーンの写真を、ジョン・ディーコン(John Deacon)役のジョゼフ・マゼロが自身のInstagramページで公開しています。
    ジョゼフによれば、この写真は「39」(アルバム『A Night at the Opera[邦題:オペラ座の夜]』収録曲)を演奏しているシーン。


    ittle behind the scenes from some non Live Aid concerts. I wish I could remember what Rami and I were laughing about. And this second one is from a deleted scene where we perform ‘39 in Japan.[joe_mazzello]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    http://amass.jp/114035/


    【【写真公開】『ボヘミアン・ラプソディ』 本編でカットされていた日本公演シーンを公開】の続きを読む


    (くにむら じゅん、1955年11月16日 - )は、日本の俳優。本名は米村 喜洋。大阪府大阪市出身(熊本県生まれ)。 熊本県で生まれ、1歳の時に兵庫県尼崎市に転居。小学校2年の時に大阪市へ移った。大阪放送劇団付属研究所9期生。1981年、『ガキ帝国』(井筒和幸監督)で映画デビュー。その後、
    47キロバイト (6,374 語) - 2018年11月14日 (水) 11:53



    (出典 pds2.exblog.jp)


    懐かしいキル・ビル・ω・✱

    1 湛然 ★

    2018年11月18日21時53分 スポーツ報知
    國村隼「キル・ビル」出演はタランティーノ監督から直接オファー「コイツに会えないか?」

     俳優の國村隼(63)が18日放送の日テレ系「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)に出演し、2003年に公開された人気映画「キル・ビル」の出演が決まった時のエピソードを語った。

     出演が決まったのはオーディジョンではなかったと話す國村は「ある日急に『会えないか?』って来て…」と、クエンティン・タランティーノ監督から直接オファーが来たことを告白。「(タランティーノ監督が)日本に(キル・ビルの)準備のために来てて、その合間をぬっていろんな映画を見ていたんです。そのうちの1本が私、ヤクザの親分やってるやつで、『コイツに会えないか?』って急に言い出したらしい」と説明した。

     さらにホテルの一室に呼び出されると「行ったらいきなり『これ読んでくれ』ってキル・ビルの台本。『僕、相手役やるから、そこに座って』って…」と突然演技テストが始まったそうで、その後すぐに「『スケジュールどう?』って言うから『さぁ?僕は分からんから、あの人(マネジャー)に聞いて』って」とオファーの真相を話した。


    國村隼

    (出典 www.hochi.co.jp)


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181118-OHT1T50197.html


    【國村隼「キル・ビル」出演はタランティーノ監督から直接オファーがきっかけ】の続きを読む


    ピカチュウの声が渋すぎる 「実写版ポケモン」予告編2日で2000万回再生
    ピカチュウの声が渋すぎる 「実写版ポケモン」予告編2日で2000万回再生  livedoor
    (出典:livedoor)


    何でもかんでも実写版にしちゃうハリウッド…
    ・ω・;

    1 湛然 ★

    2018/11/13 03:27
    ハリウッドの実写版ポケモン映画『名探偵ピカチュウ』のトレーラー映像が公開

    ハリウッドの実写版ポケモン映画『Pokemon: Detective Pikachu』のトレーラー映像が公開。『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画で、ニンテンドー3DSの同名ゲーム『名探偵ピカチュウ(Pokemon: Detective Pikachu)』を原作としたアクション・ミステリー映画。ティーンエイジャーの少年が誘拐された父親を探し出すべく、名探偵ピカチュウと組んで事件解決に挑むさまを描きます。

    製作は、ハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』を手がけるレジェンダリー・ピクチャーズ。監督は『ガリバー旅行記』『グースバンプス モンスターと秘密の書』のロブ・レターマン。

    『デッドプール』のライアン・レイノルズが、モーションキャプチャーでピカチュウを演じ、声も担当。主人公はジャスティス・スミス。このほか、キャスリン・ニュートン、渡辺謙、ビル・ナイらが出演します。

    米国公開は2019年5月10日。


    POKEMON Detective Pikachu - Official Trailer #1 [Warner Bros. Pictures]

    (出典 Youtube)


    http://amass.jp/113326/


    (出典 www.pokemon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ハリウッド映画】実写版『名探偵ピカチュウ』予告編の再生回数がとんでもない数字】の続きを読む


    後藤 久美子(ごとう くみこ、1974年3月26日 - )は、日本のモデル、タレント、女優。愛称はゴクミ。東京都杉並区出身。スイス・ジュネーブ在住。オスカープロモーション所属。 くまの幼稚園、区立大宮小学校、区立大宮中学校、多摩大学附属聖ヶ丘高等学校卒業。小学校5年生のときからモデルを始め、1986
    21キロバイト (2,577 語) - 2018年10月31日 (水) 14:26



    (出典 buzz-scrap.com)


    復帰したら23年ぶりかぁ…感慨深い・ω・✱

    1 ばーど ★


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    後藤久美子(44才)が、23年ぶりに女優復帰することがわかった。出演するのは、山田洋次監督(87才)がメガホンを取る来年公開の映画『男はつらいよ』の新作に決まった。

    【写真】現場でスタッフに見せた”美人すぎる”笑顔

    (出典 img2.news-postseven.com)

    .
    自宅はスイス・ジュネーブのシャトー。パリ、モナコ、ニューヨークにも邸宅を構える。1996年に渡仏したのは人気絶頂さなかのことだった。F1のトップレーサーだった夫が現役を退いても「家族優先」の生活を崩さず、幾度となくドラマ、映画への出演オファーがあったが、この23年間一度として首を縦にふったことはなかった。「専業主婦ですから、仕事はその範囲で」それが彼女のマイルールだった。それなのに――。
    .
    10月中旬の夕方、東京・千代田区のホテルに後藤の姿があった。エレガントな装いではなく、地味なOL風のパンツスーツ姿。それでもゴージャスな雰囲気は隠しきれず、遠目からでも一目でゴクミだとわかる。近くには何台ものカメラ。そして100人を超えるスタッフが集う。彼女は映画の撮影をしていたのだ。
       
    23年前、ゴクミの“最後”の出演となったのは映画『男はつらいよ』だった。
    .
    《ワタクシ、生まれも育ちも東京葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い~》
    .
    「寅さん」こと車寅次郎(故渥美清さん・享年68)の名せりふで知られる『男はつらいよ』シリーズは1969年にスタート。1996年の渥美さんの逝去により48作で終了、翌年に特別編となる49作目が上映された。それから20年以上の月日がたち、来年新作となる50作目が公開されるという。
    .
    「来年は第1作が公開されてから50周年を迎えます。その記念すべきタイミングで50作目を公開したいという強い思いが制作陣にあった。
    .
    寅さんの妹・さくら役の倍賞千恵子さん(77才)や、さくらの息子・満男役の吉岡秀隆さん(48才)ら、おなじみの面々も出演。合成画面で寅さんが渋谷のスクランブル交差点に立つシーンもあるとか。そんななか、山田洋次監督のたっての希望で、後藤さんに出演依頼を猛プッシュしました」(映画関係者)
     
    ゴクミが初めて『男はつらいよ』に出演したのは1989年に公開された42作目のこと。

    「史上最年少の15才でマドンナ役に抜擢されました。当初は1作のみの起用のはずが、山田監督が彼女に惚れ込んだとあって、その後4作連続を含めて計5回出演することに。彼女の役名は及川泉で、満男との儚い恋を寅さんが全力で応援するのが定番でした。新作も、かつての“恋仲”で小説家になった満男とサイン会で再会するストーリーだとか」(前出・映画関係者)
    .
    もちろんゴクミにとっても、特別な作品だ。
    .
    「最初に共演した時から渥美さんへ絶大な信頼を寄せていた。 “すごく透き通ったかたで、近寄れるのか近寄れないのかわからない魅力がある”と目を輝かせていましたね。彼女が“本物のプロ”と絶賛する山田組と一緒に渥美さんへのオマージュとなる映画に出演することは、後藤さんにとっても喜ばしいことのはずです」(芸能関係者)
    .
    しかし、後藤の知人は首をかしげる。
    .
    「渥美さんが亡くなった翌年の49作目の特別編にもオファーがありましたが、悩んだ末に断っていました。それも含めて、どんなにやりたいお仕事でもこの20年出演をOKすることはなかった。1番下の子はまだ小学生ですし、後藤さんが日本で撮影するドラマや映画出演をOKするとは今も信じがたいくらい。米倉涼子さん(43才)や上戸彩さん(33才)と同じ事務所ですが、彼女だけは治外法権というか特別でしたから…」
    .
    ※女性セブン2018年11月15日号

    10/31(水) 11:00
    NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00000010-pseven-ent&p=1


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【山田監督熱望】後藤久美子(44) 「男はつらいよ」寅さん50作目で23年ぶりに女優復帰か】の続きを読む


    トムとジェリー(英語原題: Tom and Jerry)は、アメリカ合衆国の映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー (MGM) に所属していた、ウィリアム・ハンナ (William Hanna) とジョセフ・バーベラ (Joseph Barbera) が1940年に創作した短編アニメーション映画
    103キロバイト (14,601 語) - 2018年10月12日 (金) 18:44



    (出典 web-mk.net)


    どんな作品になるんだか…・ω・;

    1 ほニーテール ★ :2018/10/16(火) 16:23:18.32

    アニメ「トムとジェリー」の実写映画化企画を米ワーナー・ブラザースが進めていると、Varietyや Hollywood Reporterが報じた。

     実写とアニメーションが融合したハイブリッド作品になり、米ワーナーは監督として『ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]』(2005)、『TAXI NY』(2005)を手掛けたティム・ストーリーと交渉中。情報筋がVarietyに語ったところでは、来年にも撮影を開始する予定だという。

     「トムとジェリー」は、伝説的アニメーターのウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラが1940年に発表した短編アニメシリーズ。体が大きく乱暴者だがどこか抜けている猫のトムと、頭脳明晰でいたずら好きなネズミのジェリーの追いかけっこを描くコメディーで、アカデミー賞を幾度も受賞。誕生から80年近くが経った現在も多くの人々に愛され続けている。ちなみにジェリーは、ミュージカル映画『錨を上げて』(1945)でジーン・ケリーと共演したことがある。

     ストーリー監督は近年、『ライド・アロング ~相棒見習い~』『ベガス流 ヴァージンロードへの道』など日本未公開を発表。来年には、1970年代の名作を再びサミュエル・L・ジャクソン主演でリブートする『シャフト(原題) / Shaft』の公開が控えている。

     また米ワーナーは、過去に幾度か実写化もされたアニメ「スクービー・ドゥー」の長編アニメ映画も企画中で、クリエイティブプロデューサーとして、『ハリー・ポッター』シリーズを手掛けたクリス・コロンバスを起用したという。(編集部・入倉功一)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000015-flix-movi


    【【映画】 「トムとジェリー」が実写映画化! ネコもネズミも実写化したれ!】の続きを読む

    このページのトップヘ