芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 歌手


    宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年1月19日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク出身の女性シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。所属芸能事務所はU3MUSIC。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のエピックレコードジャパン。ロンドン在住。「Hikki」(ヒッキー)という愛称がある。
    99キロバイト (10,255 語) - 2019年2月13日 (水) 17:20



    (出典 hominis.media)


    一般市民が勝手に持ち上げて祀り上げられた存在…・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/17(日) 08:29:47.65

    シンガーソングライターの宇多田ヒカル(36歳)が2月15日、自身のTwitterを更新。「歌姫ってなんなん」とつづったツイートが話題を呼んでいる。

    最近では2月11日に放送された「歌のゴールデンヒット 昭和・平成の歴代歌姫ベスト100」(TBS系)や、15日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)内
    「超限定マーケティング 日本を代表する『歌姫』TOP10」など、
    なにかとメディアで特集が組まれ、目にする機会が多い“歌姫”というワード。

    これについて、宇多田は「歌姫ってなんなん」と疑問を抱いたかのようなツイート。その後さらに「『平成の歌人(かじん)』枠とか『平成のDAW使い姫』枠とかあったら素敵」と、
    ディープな方向のツイートを投稿した。

    ネットでは「DAW使い姫w」「歌姫ってのはあなたのことです」「結局、姫は使うんかい!」「歌だけではないから気になってしまうのかな」「歌王とか歌殿とかも
    あってもいいのかもね」といった声が上がっている。

    【参考】「歌のゴールデンヒット 昭和・平成の歴代歌姫ベスト100」(TBS系)※歴代シングル総売上ランキング

    1位 AKB48
    2位 浜崎あゆみ
    3位 ZARD
    4位 安室奈美恵
    5位 乃木坂46
    6位 松田聖子
    7位 宇多田ヒカル
    8位 DREAMS COME TRUE
    9位 モーニング娘。
    10位 globe

    【参考】「超限定マーケティング 日本を代表する『歌姫』TOP10」(日本テレビ系)※20代~50代女性に聞いたイメージ

    1位 安室奈美恵
    2位 宇多田ヒカル
    3位 浜崎あゆみ
    4位 美空ひばり
    5位 MISIA
    6位 西野カナ
    7位 吉田美和(DREAMS COME TRUE)
    8位 松田聖子
    9位 山口百恵
    10位 松任谷由実

    http://news.livedoor.com/article/detail/16029653/
    2019年2月16日 9時47分 ナリナリドットコム


    (出典 Youtube)

    宇多田ヒカル - 真夏の通り雨


    (出典 Youtube)

    宇多田ヒカル - SAKURAドロップス


    (出典 Youtube)

    宇多田ヒカル - Addicted To You

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550305399/


    【宇多田ヒカルさんつぶやく「歌姫ってなんなん」】の続きを読む


    KEIKO(ケイコ、1972年8月18日 - )は、日本の歌手である。エイベックス・ヴァンガード所属。大分県臼杵市出身。夫は同じくglobeのメンバーである小室哲哉。音楽グループ globeのヴォーカリストとして活動、『K-C-O』名義でソロ活動も行っていたが、病気療養のため2011年10月より活動停止中。血液型はA型。
    13キロバイト (1,455 語) - 2019年1月16日 (水) 09:22



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    まさか歌番組で復活とかあるのか?!

    1 れいおφ ★ :2019/02/06(水) 19:29:22.11

    2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。その元気な姿をキャッチした──。

    2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在は大分県にある実家で療養中のKEIKO。このツイートから伝わってくる回復ぶりは、
    昨年1月に夫・小室氏が涙で語った“献身介護”を要する状態からは、想像できないほどに劇的だ。
    ファンを歓喜させた「回復宣言」。それは同時に、夫に対するメッセージなのかもしれない。

    妻への献身的な介護に追われていたはずの小室氏に、不倫疑惑が持ち上がったのは昨年1月のことだった。

    (中略)

    小室氏を擁護した誰もが、KEIKOの深刻な状態と、彼の献身的な介護を信じていた。
    しかし、その半年後の昨年7月、再び『週刊文春』は「桂子(KEIKOの本名)のサポートに疲れたと言っているが、
    彼は介護らしいことは何もしてない」など、KEIKOの親族の怒りの告白を掲載。
    さらにKEIKOは、すでに日常生活を自由に送れるほど回復していたと報じた。

    不倫騒動からちょうど1年。騒動の中でも沈黙を貫いてきたKEIKOが、ツイッターを再開した意味とは何なのか。彼女が療養する大分県で話を聞いた。

    「実家でお母さんと一緒に暮らしていますが、本当に元気。だいぶ前から完全復活していますよ。
    小室さんは“音楽に関心がなくなった”なんて言っていましたけど、そんなこと全然ありません。
    よくカラオケにも行ってるみたい。毎日のように自転車であちこち出かけて、ひとりでスーパーに買い物だって行きます。

    “どうも、小学4年生のKEIKOです”って冗談を言うくらい明るくて元気。最近はジムでダンスを踊っています。
    この地元には彼女の応援団がいっぱいいます。“復帰が楽しみだね”なんてみんなで話しています」(近隣住民)

    そんな“サポーター”たちの応援があったからか、1月末、KEIKOは知人女性と共に大分空港から羽田空港へと飛び立つ機内にいた。
    明るめの茶色のロングヘア、黒いポンチョにダメージジーンズをはき、足元は高いチャンキーヒールの黒いロングブーツ。
    手には水色のバーキンを提げている。マスクはしていても、華やかな芸能人オーラを感じさせる。

    「KEIKOさんにとって久しぶりの上京だったようです。東京では、知人女性たちと一緒に『再生医療』などの
    最先端の医療設備が整うクリニックに行ったり、ブランドショップをハシゴしたり。流行のスイーツを食べたとも聞きました。
    “爆買い”のようにいろいろと回ったようです」(KEIKOの知人)

    東京で目一杯羽を伸ばしたKEIKO。その後は、久しぶりに夫の小室氏と会って、
    回復ぶりを報告するのかと思いきや、向かったのは小室氏が住む家とは別の場所だった。
    「KEIKOさんは当然会話も不自由なくできますよ。でも、実際には会見直後からふたりは会うこともなければ、まともに話すらしていません。
    今では連絡を取る時は、お互いに弁護士を介しているようです」(別の知人)
    会見で小室氏が語っていた状況とは大きく様子が異なるようだ。

    KEIKOに現状などについて尋ねると、「ごめんなさい。今、時間がないので」とハッキリとした口調で返してきた。
    その表情は明るく、もはや“介護”とは無縁の様子だった。

    「KEIKOさんがようやく自分の言葉を発信し始めたことは大きな前進であり、大きな変化です。
    彼女がメディアで、自身のことや小室さんとの関係について語る日は、そう遠くはないかもしれません」(前出・知人)

    記事全文はこちら
    https://www.news-postseven.com/archives/20190206_865615.html

    画像

    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    (出典 www.news-postseven.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【完全回復】globe『KEIKO』外出も会話も不自由なく「どうも小学4年生のKEIKOです」と冗談まで】の続きを読む


    森高 千里(もりたか ちさと、1969年4月11日 - )は、歌手・シンガーソングライター・マルチプレイヤー。1987年に、歌手としてメジャー・デビューを果たした。その後、様々な楽器に触れながら表現手法を拡張し続け、現在ではライブ活動を中心に、雑誌連載や音楽番組のMCなど多様な分野で才能を発揮して活動している。本名:江口千里(えぐち
    63キロバイト (5,336 語) - 2019年1月27日 (日) 01:49



    (出典 www.sayama-kaikan.jp)


    なんでこんなに劣化しないのか不思議…てか、若い頃より全然魅力的・ω・✱

    1 湛然 ★ :2019/01/27(日) 05:03:32.05

    1/27(日) 5:00 スポニチアネックス
    ♪オバさんにな~っても…森高ミニスカ唱 今年50歳、今も膝上15センチ 21年ぶり全国ツアー発進

     歌手の森高千里(49)が26日、埼玉県の狭山市市民会館で21年ぶりの全国ツアー「この街」をスタートさせた。約1400人の前で「私がオバさんになっても」など大ヒットシングルを中心とした19曲を熱唱。49歳になっても代名詞のミニスカートは健在で、衰え知らずの美脚も披露した。

     1987年のデビュー曲「NEW SEASON」で始まり、「ララ サンシャイン」など代表曲を連発。トークでは「21年ぶりって聞くと凄いですよね。皆さんに笑顔になっていただけたらと思います」と客席に語りかけた。

     ミニスカートは21年前から変わらない膝上15センチ。「見に来た人をがっかりさせないように」とスカート丈を変えず、キラキラした衣装を着続けることにこだわりを持っている。

     98年に全国ツアーを行った翌年に江口洋介(51)と結婚し、1男1女の母に。その後は子育てに専念し、13年にステージ復帰。東京を中心にライブを行っているうちに「ファンの方から地元に来てくださいという声を頂くようになって、“久々にやりましょうか”という話になった」と今回の全国ツアーの開催が決まった。

     ツアー中の4月には50歳になる。それでもステージ上で3度の早着替えを行い、6種類の衣装が全部ミニスカという年齢を全く感じさせないパフォーマンス。「“全然オバさんじゃない”と言われてるうちはステージに立てる。同世代の人が自分を見て頑張ろうと思ってくれたらいい」と笑顔。ステージ上で追加公演も発表。12月まで29都府県、36会場を巡る。1年かけてじっくりと、全国のファンに変わらぬ歌声と美脚を届ける。

     ≪12月に26年ぶり地元・熊本公演 「この街」で地震被災地を笑顔に≫12月には、同月にリニューアルオープンする熊本城ホールで公演。地元熊本でステージに立つのは26年ぶりで「熊本のことを思いながら詞を書いた(ツアータイトルの)『この街』を熊本で歌えるのは感慨深い」としみじみ。16年の熊本地震で大きな被害を受けた地元に向けて「私にできるのは歌で皆さんを笑顔にすること。ライブを楽しんでもらいたい」と語った。


    全国ツアーをスタートさせた森高千里

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000000-spnannex-ent


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【『森高千里』こんなにミニスカの似合う“オバサン”他にはいない! 今年50歳、21年ぶり全国ツアー発進】の続きを読む


    矢沢 永吉(やざわ えいきち、1949年9月14日 - )は、広島県広島市南区仁保出身のロックミュージシャン、タレント。身長180cm、血液型はB型。 愛称は「永ちゃん」「ボス」。ロゴマークの"E.YAZAWA"は商標登録されており(第1601017号ほか)®が表示されている。
    131キロバイト (11,696 語) - 2019年1月24日 (木) 10:38



    (出典 grapee.jp)


    いいオッサンが言うこときかないんじゃ仕方ないわな・ω・

    1 Egg ★ :2019/01/25(金) 13:05:41.63

    YAZAWAの長年の悩みのタネだった!? 
    大御所ロック歌手・矢沢永吉(69)が、いわくつきの男性ファンに対し「コンサートへの出入り禁止&ファンクラブ強制脱会」の措置をとった。

    処分された男性A氏は、私設応援団の総会長を務める人物。矢沢サイドの再三の自粛要請にも従わず、特攻服でのコンサート参加、一般客へのコール強要など周囲に威圧感を与える行為を繰り返していたという。
    「NGT48」山口真帆(23)の暴行被害しかり、芸能界でファンにまつわる不穏な話が相次いでいる――。

    矢沢の公式サイトは21日、「私設応援団お断りについて」と題した記事をアップ。全国に支部を持つ私設応援団の総会長A氏を“追放”したことを明かした。
    同団体は全国に支部を持ち、矢沢に命をささげる熱狂的なファンの集まり。禁止されている特攻服や刺しゅう入りのスーツでコンサートに駆けつけ、旗を振り回し、
    他の一般客にも「永ちゃんコール」やアオリを強要するなど、やりたい放題だった。会場前で集団で“うんこ座り”する光景は、まるで暴走族の集会そのもの。

    同サイトによると、「かねてより、周囲の人に威圧感を与えるような私設応援団の活動、旗振り、特攻服などの威圧行為の禁止、
    周囲に迷惑となる永ちゃんコールの強要・煽りの禁止、飲酒入場の禁止といったルールの強化を行ってきました」という。

    そして、禁止事項を定めたことについて、「私設応援団を名乗る一部の集団による威圧や強要、一部のファンの飲酒による周囲への迷惑行為に対するクレームが後を絶たず
    『コンサートに行きたいけど怖くて行けない』という声が多く寄せられる以上、必要な決断でした」としている。

    50代の男性ファンは「グループ内で突然ケンカがおっ始まることもあった。コンサート終了後、声がかれていないメンバーに対し、別のメンバーが『なぜ声が潰れるまでコールしなかったんだ! 
    気合が足りないんじゃないか!』とイチャモンをつけ、殴り合いに。一般のお客さんはドン引きしていましたね」と語る。

    矢沢といえば、気合の入ったファンが多いイメージがあるが、実際に目指しているのは、クラシック音楽のような「どなたでも来場しやすいコンサート」。
    それを阻害する私設応援団の存在は悩みの種だったようで、今回ついにA氏へのコンサート出入り禁止&ファンクラブの強制脱会処分を決めた。
    音楽関係者によると「矢沢サイドはA氏らに対し、ルールを守るよう再三要請してきた。それでも改善されないので、やむなく今回の措置になった」という。

    一方で、A氏が束ねる私設応援団の存在はコンサートの名物でもあった。ある男性ファンは「たしかに威圧感はすごかったが、彼らを見て『これぞ永ちゃんのライブだ!』と感じる部分もあった」と話す。
    また、歌手の長渕剛(62)も熱狂的なファンが多いことで知られるが「基本的には放置プレー。特攻服の人もいるし、軍服姿で日本の国旗を振り回す人もいる」(テレビ関係者)そう。

    ファンをめぐるトラブルでは「NGT48」山口真帆の暴行事件が記憶に新しい。先月の公演後、自宅に押しかけた男2人に襲われ、山口は心身ともにダメージを負った。
    暴行した男2人はNGTのファンで、その後運営サイドから公演や握手会、イベント等への出入り禁止処分が科せられた。

    男性アイドルが多数在籍するジャニーズ事務所のグループでは、メンバーへの付きまといや迷惑行為が頻発している。メンバーたちは公式サイトなどで再三注意していたが、ファンの暴走は収まらない。
    そこで、ジャニーズファミリークラブの会員規約が昨年11月に改定され、「禁止事項」として「アーティストに対する付きまとい、誹謗中傷行為、あるいはアーティスト、
    当社およびその関連企業に連絡や面接を強要する行為」などと記し、違反者をファンクラブ永久追放とするとした。

    超大物歌手の矢沢もそうした流れに乗ったことから、今後もアーティストによる“ファンの選別”が定着しそうだ。

    1/25(金) 11:00配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000006-tospoweb-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ロック歌手】<矢沢永吉>長年悩みのタネ…熱狂ファン・私設応援団総会長に苦渋の「出入り禁止」令】の続きを読む


    安室 奈美恵(あむろ なみえ、1977年9月20日 - )は、日本の歌手、ダンサー。本名同じ。身長は158cm、血液型はO型。沖縄県那覇市出身。愛称は安室ちゃん・奈美恵ちゃん。引退前の所属事務所はstella 88。レコード会社はavex。レーベルはDimension Point。
    162キロバイト (11,075 語) - 2019年1月21日 (月) 03:35



    (出典 wezz-y.com)


    今後は何らかの活動していくのな…気になるところ・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/20(日) 22:03:59.11 ID:Tt7ABwNY9.net

    昨年9月16日に引退した歌手・安室奈美恵さん(41)のドキュメンタリー番組『NHKスペシャル 平成史スクープドキュメント 第4回「安室奈美恵 最後の告白」』(総合 後9:00)が20日、放送された
    引退前に収録されたインタビューでは安室さんが、引退を決断した理由について語った。

    番組後半、引退を決める上で「最後に背中を押したものは何だったのか」と聞かれると「ファンの皆さんの中に、『いい状態の安室奈美恵』を思い出として残してほしいなって思って。
    一つのゴール地点はそこだったりしたので」と告白。また、「声帯も壊してしまっていた時期もあって、声帯も限界なのかな、声がでないのかなと」と、自身の喉の状態についても明かした。

    最後には「いろんなことがめまぐるしく流れていった時間を濃厚に過ごして、25年間を悔いなくやりきったというのはありますね。
    14歳でデビューした女の子が40歳まで音楽に携われるなんて本当に思ってなかったので、本当に奇跡だなって」とあらためて感謝を口にしていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15900725/
    2019年1月20日 21時59分 オリコン


    (出典 image.news.livedoor.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【激白】安室奈美恵さんの引退理由が判明 7年前に壊した声帯が原因…「限界なのかなと」】の続きを読む

    このページのトップヘ