芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 歌手


    GACKT (ガクトからのリダイレクト)
    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)。専属事務所は株式会社glove。GACKTのファンの総称は『LOVERS』。身長180cm、血液型A型。
    73キロバイト (7,138 語) - 2019年5月17日 (金) 15:39



    (出典 miuki556happy.com)


    身勝手な美談にされちゃファンも納得いかないわな・ω・

    1 muffin ★ :2019/05/17(金) 12:55:59.20 ID:vFgMIvGD9.net

    https://npn.co.jp/article/detail/77383352/
    2019年05月17日

    歌手のGACKTが16日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演し、かつて所属していたヴィジュアル系バンド・MALICE MIZERの脱退騒動について語ったものの、MALICE MIZERファンから反発の声が聞かれている。

    もともと、GACKTのMALICE MIZER脱退は当時、「GACKTが雲隠れした」「分裂危機」などと報じられていたが、真相はいまだ正式には明らかになっていなかった。番組の中で坂上忍が「もともとGACKTさんはMALICE MIZERのボーカルでいらっしゃって、そこからソロになるわけじゃないですか。それ(脱退)って、よく言う方向性の違いとかですか?」とMALICE MIZERの話を振ると、GACKTは「いや、方向性の違いというよりも、僕が25歳の時にバンドのメンバーが集まって、結局『解散する』みたいな話になっちゃったんですよ」と当時の状況を説明した。

    また、「テレビでどこまで言っていいか分からないですけど」と前置きしつつ、「(バンドを)続けるつもりだったんですよ、もちろん」と当時はバンドを続けていきたいと思ってたと言うGACKT。しかし、「もう『話す価値もない』みたいな状態で、僕対メンバー・社長っていう(形で)完全に別れちゃったんですよ。だったら僕は自分の音楽を作ろうって思って」とメンバーから拒絶されたためにソロに転向したことを明かした。

    その後、GACKTは自身の脱退から約半年後に急逝したドラムのKamiについて、「メンバーの中では一番ドラムのKamiと仲が良かった」と語り、現在も命日や誕生日にお墓参りしていることを明かしていた。

    しかし、GACKTのこの発言に、MALICE MIZERのファンからは批判が集まっているという。

    「放送後、ファンからは『マリスミゼル脱退でKamiもGACKTにブチ切れてたし、信用も無くしてたじゃん。美談にしないで』『当時GACKTの方がMALICE MIZERの集まりにすらも来なくなって、メンバーを裏切ったってメンバーのインタビューなど見た。しかも、過去すぐ消して自分だけソロデビューしてんじゃん』『ファンクラブの会報でKamiが「彼を信じた自分が憎い」と怒ってたのを覚えてる。いまさら仲いいアピールしないで』といった声が聞かれています」(芸能ライター)

    脱退の真相は双方言い分が違って当然ではあるものの、当時KamiがGACKTを批判する発言をしていたということで、「仲が良かった」といった発言に違和感を覚えたファンが多かったようだ。

    関連スレ
    【芸能】GACKT マリスミゼル脱退理由を初告白「自分は続けるつもりだった。だけど…」★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558052861/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【美談にするな!】GACKT、マリスミゼル脱退理由にファンから反論殺到「GACKTがメンバーを裏切った」】の続きを読む


    YOSHIKI (ヨシキからのリダイレクト)
    YOSHIKI(ヨシキ、本名:林 佳樹(はやし よしき)、1965年11月20日 - )は、日本のミュージシャン、ドラマー、ピアニスト、マルチプレイヤー、ソングライター、音楽プロデューサー。身長175cm。 愛称は「よっちゃん」。 1989年にメジャー・デビューしたヴィジュアル系ロックバンド、X
    121キロバイト (15,493 語) - 2019年4月16日 (火) 15:28



    (出典 news-postseven.kusanagi-cdn.com)


    根強いファンがたくさんいそうだもんな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/14(火) 21:41:13.60 ID:YOCbWTAD9.net

    YOSHIKIが、8月に計7日間に渡り、グランドハイアット東京にて開催するプレミアムディナーショー「EVENING/BREAKFAST WITH YOSHIKI 2019 IN TOKYO」が、
    先行受付直後に全12公演が即ソールドアウトとなったことが14日、分かった。

    YOSHIKIのディナーショーは、例年、争奪戦が繰り広げられ、定価の数倍で転売される問題などもあったため、今年はYOSHIKIの来日スケジュールを調整し、12公演にまで拡大。
    しかし、日によってチケットは260倍もの倍率を記録する幻のプラチナチケットとなった。

    YOSHIKIは、このディナーショー開催にあたって「自分は夜行性で太陽と暑さが苦手な為もともと夏が嫌いでしたが、数年前にこのショーを始めてからこの季節が待ち遠しくなりました。
    日頃、応援してくれているファンの皆さんに心から感謝しています。いろいろと調整に努力をしましたが、今回は12公演が限界でした。
    新曲および新作のワインなども披露する予定なので楽しみにしていてください。See you soon.」とコメント。

    なお、受付は一旦終了したが、ファンからの要望に応え、ステージおよび座席の調整を行い、ごく僅かではあるが「BREAKFAST」のみ2次受付を本日14日から先着順にて行うことが決定した。

    本公演は、一般的なディナーショーの定義を覆すレーザーや奇抜な演出などがあり、聴覚、視覚、味覚を含めた、文字通り五感を刺激するとして、
    これまでに米グラミー賞のホームページでも紹介されており、世界中から高い評価を受けたスペクタクルなショーになっている。

    チケット料金は「BREAKFAST」の部で75,600円(税込)、「EVENING」の部で86,400円(税込)と高額にもかかわらず即完売とは、YOHIKIファンの熱量の高さを伺える。

    http://dailynewsonline.jp/article/1824659/
    2019.05.14 21:35 日刊大衆


    (出典 upload.wikimedia.org)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【破格】YOSHIKIのディナーショー、8万6400円でも即完売】の続きを読む


    スピッツ(spitz、Spitz、SPITZ)は、日本のロックバンドである。1987年結成。1990年にミニアルバム『ヒバリのこころ』でインディーズデビューし、1991年にシングル「ヒバリのこころ」とアルバム『スピッツ』でメジャーデビュー。所属事務所はGrass Hopper(ロード&スカイ)。レーベルはユニバーサルJ(ユニバーサル
    98キロバイト (7,843 語) - 2019年4月28日 (日) 01:56



    (出典 mashimophoto.jp)


    一度も出場なかったのは意外・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/14(火) 10:13:47.78 ID:DjD0MkHa9.net

    「スピッツは?」「スピッツが出るなら絶対見る」――。ネット上は“待望論”で盛り上がっている。かなり気が早いが、年末のNHK紅白歌合戦の話。

    きっかけは一部で「紅白に広瀬すずら『なつぞら』出演者が揃って登場」と報じられたこと。そのNHK朝ドラの主題歌「優しいあの子」を歌っているのがスピッツで、ファンが先走っているというわけだ。

    ボーカルの草野マサムネ(51)ら4人組のスピッツは1991年にメジャーデビューし、95年に発売されたシングル「ロビンソン」がミリオンセラーとなり大ブレーク。
    「空も飛べるはず」「チェリー」など数々のヒット曲を生み出しているのに、過去に紅白の出場経験はない。

    ファンにすればNHKの朝ドラの主題歌起用で注目され、話題になっているんだから、「いよいよか」と期待したくなるのも無理はないだろう。

    「スピッツはライブやレコーディングを中心に活動しています。過去には『テレビが苦手』『紅白は見るもの』とも言っている。
    実際、紅白のオファーは何度かあったようですが、辞退しているようです。しかし、今回の『なつぞら』は通算100作目。
    紅白も令和初となります。スピッツにもここ数年、変化が見られて、2014年には結成後初の日本武道館ライブを行っている。
    16年には新曲のリリースに合わせて音楽番組に出演しています。満を持しての紅白出場は十分にあり得る、と思いたいですね」(レコード会社関係者)

    NHK朝ドラ主題歌のアーティストが紅白に出場するのは割と“定番”で、最近では星野源や桑田佳祐らがそう。
    前期「まんぷく」の主題歌を歌ったドリカムは出なかったが、果たしてスピッツは? 音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏の見方はこうだ。

    「おそらく、オファーはすでに届いているでしょう。しかし、スピッツ側にとって“出るメリット”は今のところ少ない。これまで通り出場しない可能性が高いと思います。
    『優しいあの子』は6月にリリースされますが、売れ行きが伸び、視聴者に曲が浸透し、本人たちと世間の気持ちがマッチすれば前向きになるかもしれません。
    そこで大事なのが、NHKのお膳立て。音楽番組『SONGS』に出演してもらうなど、意識を紅白に向けさせることです。
    昨年、出場を拒んでいた米津玄師が直前になって翻意したように、『朝ドラヒットメドレー特集』などの企画を用意すれば、特別枠でのスピッツ初出場が実現するかもしれません」

    ファンはNHKの“ヨイショ”に期待か。実現すれば令和初の“目玉”になるのは間違いない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16455306/
    2019年5月14日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【紅白初出場】スピッツ、NHK 朝ドラ「なつぞら」主題歌でついに紅白出場に現実味】の続きを読む


    布袋 寅泰(ほてい ともやす、1962年2月1日 - )は、日本のロックミュージシャン、ギタリスト。身長187cm、血液型はB型。 群馬県高崎市江木町出身。ロンドン在住。BOØWY時代のビーイング、Ø-con' nection、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2 CORPORATIONを経て、渡英後はDADA
    144キロバイト (16,851 語) - 2019年4月27日 (土) 11:25



    (出典 img.jisin.jp)


    解散してもうそんななるかぁ・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    布袋寅泰(57)が、ロックバンド「BOφWY」のメンバーだったドラム高橋まこと(65)ベース松井常松(58)と、88年発売のアルバム「LAST GIGS」以来、31年ぶりに共演をすることが4日、分かった。

    29日発売の新アルバム「GUITARHYTHM 6」の収録曲「Thanks a Lot」で実現する。

    布袋は「31年ぶりのセッションで、僕のギタースタイルの原点はこのリズム隊にあることを再確認した」とコメントした。

    高橋は「オファーがきた時はビックリした。レコーディングをしたロンドンは、BOφWYでマーキークラブで演奏をして以来だから、興奮で眠れませんでした」。

    松井も「それぞれが違う道を歩み出してから随分と長い時間が経過したわけですが、一緒に音を出すという作業を進めてみると、変わらない部分は変わらない。不思議で感慨深い時間を共有できた」と振り返った。

    「Thanks a Lot」は6日に先行配信される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16416305/
    2019年5月6日 4時0分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)

    31年ぶりに一緒にレコーディングを行った、左から布袋寅泰、高橋まこと、松井常松


    (出典 Youtube)

    BOOWY 氷室京介 MARIONETTE PV


    (出典 Youtube)

    BOOWY/NO.N.Y


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【31年ぶり】布袋寅泰が元BOφWYメンバーと共演】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)


    仲いいのはわかったけど、今そんな写真あげちゃうとピエール的にあまり印象悪くならないのか・ω・?

    1 ひかり ★

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/25/kiji/20190425s00041000584000c.html
    2019年4月25日 23:29

    音楽ユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が25日、自身のツイッターを更新。コカインを摂取したとして逮捕・起訴された相方のピエール瀧被告(52)と1カ月半ぶりに再会したことを報告し、笑顔で肩を組む2ショット写真を掲載した。

    石野は「一カ月半ぶりに瀧くんと会ったよ」と報告し、笑顔の瀧被告と肩を組む2ショット写真をアップロード。「汗だくになるほど笑った!」とつづった。

    ファンからは「電グルだ!!」「おかえり電グル!」「嬉しすぎて泣いてる」と2人の再会を喜ぶコメントが殺到。投稿からわずか15分余りで1万件以上のリツイート、2万5000件以上の「いいね」を記録している。

     瀧被告は先月12日に麻薬取締法違反容疑で逮捕され、今月2日に起訴。同4日に保釈されていた。


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ★1が立った日時:2019/04/25(木) 23:32:55.31


    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556229151/


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【電グル2ショット】石野卓球、瀧被告と笑顔での再会『汗だくになるほど笑った!』】の続きを読む

    このページのトップヘ