芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: お笑い芸人


    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、アイドルプロデューサーであり、女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    104キロバイト (14,309 語) - 2019年7月13日 (土) 03:39



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    中良さそうで羨ましい・ω・#

    1 Egg ★

    タレントの指原莉乃(26)が21日、自身のツイッターを更新。急きょ生放送となったフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演中のお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)にエールを送った。

     指原は、「まっちゃん泣かないで頑張れ!」と“#ワイドナショー”のハッシュタグをつけて投稿した。

    7/21(日) 11:23配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000197-spnannex-ent

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 ovo.kyodo.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【松ちゃん愛】<指原莉乃>ツイッターで生放送中の松本にエール!「まっちゃん泣かないで」】の続きを読む


    伊集院 (いじゅういん ひかる、男性、1967年11月7日 - )は、日本のお笑いタレント、ラジオパーソナリティ、俳優、評論家、元落語家。本名: 篠岡 建(しのおか けん)、旧姓:田中(たなか)。東京都荒川区西尾久出身。文京区在住。妻は元タレントの篠岡美佳。
    44キロバイト (5,887 語) - 2019年7月16日 (火) 14:27



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    ほとんどの芸人さんがあの5時間超の記者会見見たんだろうな・ω・

    1 muffin ★

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/23/kiji/20190723s00041000116000c.html
    2019年7月23日 12:06

    タレントの伊集院光(51)が23日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木前8・30)に出演。
    所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動を受けて、吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日に開いた会見について言及した。

    伊集院は、「昨日、あまりにあの会見が長すぎて、ニュースがほとんど吉本興業の岡本社長の記者会見」と話し、参院選直後にもかかわらず、報道番組が5時間以上に及んだ岡本社長の会見一色となったことに「“そっち”っていう世の中はおかしいと思って」とコメントした。

    続けて「会見自体はグダグダで、聞きたいことの答えで、説得力があると感じたものはほぼゼロです。で、世の中の火に油を注いだ感じなんです」と感想を述べると、「真ん中に入った松本人志さんが恐らく、『ぜひ早く、会社側も会見して欲しい』って頑張った意味はゼロ、もしくはマイナスなんです」と、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が上層部に直談判するなどの尽力が無駄になったと批判していた。


    (出典 hochi.news)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【<伊集院光の見解>「松本人志さんが頑張った意味はゼロ、もしくはマイナス」】の続きを読む


    島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント、司会者、作詞家、プロデューサーである。漫才コンビ出身でコンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。本名、長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。作詞およびプロデュース名義はカシアス島田
    92キロバイト (14,228 語) - 2019年7月23日 (火) 13:35



    (出典 %E8%8A%B8%E8%83%BD%E4%BA%BA%E5%9C%A8%E6%97%A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88.com)


    ついに島田紳助が口を開く・ω・!

    1 鉄チーズ烏 ★

     宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。

     宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。22日には
    その岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、
    事態は「事務所vs.芸人」の全面戦争の様相を呈している。

     そんな中、暴力団関係者との交際を理由に、2011年に引退した吉本興業の“大物OB”島田紳助氏(63)が「週刊文春デジタル」の取材に応じた。黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、
    取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。

    「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」

     島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。

    「宮迫はすごい仲良しやし。辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。遊びに来て、みんなで。

    (宮迫には)絶対辞めんなよと。絶対に辞めんなって。辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。
    先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。もういっぺん冷静になろうぜと。元々はお前が悪いと。腹立つことも
    いっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」

     今回、吉本の大崎洋会長と直接面談し、事態の収拾に動いたダウンタウンの松本人志についてはこう述べた。

    「松本とは全然やり取りしてない。そんな言わんでもわかってくれてるやろし。あいつはやっぱり素晴らしいヤツやから。あいつは男気あるからね。ほんまは大先輩がいるんやけど、現状としてさんまと松本が
    大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」

     松本は7月21日、レギュラーを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)に生出演した際に、大崎会長は「これ以上騒動が大きくなるようであれば、進退を考えなければいけない」と話していたと明かしたが、
    松本は「それは僕は全力で止めます。大崎さんがいなかったら僕も辞めるので。うちの兄貴なんで」と述べたことが話題となっていた。この発言について、島田氏はこう語った。

    「『大崎辞めるんだったら俺も辞める』っていう松本の話と、このままでは他の奴が辞めるっていうのとはまた全然別問題やからね。大崎さんが辞めたら吉本辞める、いうのは松本は当然やと思うよね。
    うん。もう兄貴みたいなもんやから。『僕があんのは大崎さんのおかげや』っていうのはあいつの思いやから。そういう思いは正しいし、みんなそんな思いでやってんのと違う?

     大崎クビにしたら会社潰れんで。ほんまに。イメージはどうだか知らんけど実質問題、大崎という人間はカリスマ的な人間だったし、今吉本の中で唯一カリスマがある人間やし、クリエイティブな能力があって
    出世した男やし。タレントの気持ちもよくわかるし。だから松本の“兄貴”っていう言葉がぴったりだと思うよ。何で兄貴って言うんだと言ったら本当に兄貴みたいな存在なんですよ。だから今吉本の大崎が辞めたら、
    松本も辞めるって言うけども、大崎辞めたら吉本も潰れるから辞めんでもなくなるで。真面目な話、大崎が辞めたらみんな辞めますわ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00012987-bunshun-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00012987-bunshun-ent&p=2

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ★1が立った日時:2019/07/24(水) 06:19:56.02

    前スレ
    【芸能】島田紳助が激白「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563916796/


    (出典 geitopi.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【激白】島田紳助「松本の発言は別問題やから。でも大崎クビにしたら会社潰れんで」】の続きを読む


    サブロー兄さん(略してサブ兄)、やしきたかじん、明石家さんま、島田紳助などからはサブやんと呼ばれている。大阪市立此花工業高等学校(後に大阪市立此花総合高等学校、閉校済)卒業。 高校卒業後役者をしていた時期もあったが漫才トリオ・レツゴー三匹に師事し、1976年に大平シローとともに「太平サブロー
    14キロバイト (1,803 語) - 2019年6月1日 (土) 03:43



    (出典 www.sanspo.com)


    太平さん、それを言っちゃあおしまいよ・ω・

    1 シャチ ★

    吉本興業・岡本昭彦社長の会見から一夜明けた23日も、所属芸人からさまざまな声が上がった。

     MBSテレビ「ちちんぷいぷい」に出演したロザン・宇治原史規(43)は会見を振り返り、「何言ってるか分からなかった。僕、(学生時代に)読解力オール5やったんですけど」と苦笑い。「吉本はもう一度整理して会見するといいのでは。宮迫さん、亮さんも同席した会見をするのがベター」と提案した。

     トミーズ・健(60)は、同番組で「松本(人志)も加藤(浩次)君もテレビで“辞める”とか言わんといて。話が別問題になる」と、闇営業問題からお家騒動に発展している状況を嘆いた。

     ベテラン芸人の大平サブロー(63)は出演したMBSラジオ「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」で、旧知の岡本社長の会見を「世間の人には悪いけど、“オカモっちゃん頑張って!理路整然としゃべってくれ”とエール送ってた」と、祈るような気持ちで見守ったことを明かした。だが、「まどろっこしかった。しゃべりをもうちょっと勉強して。個人でしゃべってたらエエ人やのに。弁護士もポンコツ。藤原(副社長)も、オマエがアウトー!やがな」と苦言を呈した。

     また、吉本への不満が身内から噴出している現状に、「オマエがコレ言うか?っていう発信もいっぱいある。この状況になった途端、会社が弱ったのを見過ごして言い出す。これにこそ言わせてもらうけど、気にいらんかったら辞めろよ、と」と語気を強めた。「加藤君は腹くくって言ったと思うけど、これに乗っかって言ってる子らは、腹くくって言うてるのか。俺が古いんかもしれんけど、この状況で会社のトップをこれだけたたけるか。時代が変わってきたんやな…俺は怖かったわ」と吐露した。

     元相方の大平シローさんが2012年に亡くなった時、大崎洋会長から「シローが生前に困ってた事があったら会社としてできる事するよ」と言われたという思い出も披露。共演のシルクも「相方(非常階段・ミヤコ)を亡くしたときに、先払いでイイから月々なんぼか(ギャラを)入れたる」と言ってくれた」。2人で吉本への感謝を口にしていた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000180-spnannex-ent


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【吉本】大平サブロー、不満噴出の芸人に「会社が気にいらんかったら辞めろよ」】の続きを読む


    清水 (しみず けい、1961年6月24日 - )は、日本のお笑いタレント。吉本興業所属。本名、清水圭太(しみず けいた)。京都府京都市出身。血液型はA型Rh-。 同志社香里中学校・高等学校を経て、内部進学にて同志社大学商学部卒業。 大学卒業後、アパレルメーカーに就職。2年のサラリーマン経験を経て
    12キロバイト (1,337 語) - 2019年3月28日 (木) 09:12



    (出典 nicevalue.xsrv.jp)


    若手に乗っかるんかい・ω・;

    1 幻の右 ★

    吉本興業所属のお笑いタレント・清水圭(58)が22日、自身の公式サイト内のブログを更新。一連の“闇営業騒動”について会見した同社の岡本昭彦社長(53)から、18年前に恫喝されていたことを明かした。

     清水は「忘れもしません。私は18年前の2001年、ドラマ『明日があるさ』第1話において、準備稿に書かれていた私のセリフと出番が、決定稿では半分ほどになり、さらに自分で一番の見せ場だと思っていたシーンが跡形もなくカットされていることを見て、正直憤りました」と回想。当時のマネジャーに「なんでこうなったのかの説明がなかったら俺出られへんわ」と訴えると、後日それまでほとんど面識のなかった岡本氏が突然控え室に現れたという。

     「マネージャーを楽屋の外に出し、ふたりきりになってから、私の説明を聞くこともなく、『いきなりなにが文句あるんですか?言うときますけど、テレビ局もスポンサーも清水圭は要らんと言うてるんです。それを吉本がお願いして出られるようにしてあげてるんです。会社のやり方に文句があるなら、いつ辞めてもらってもいいんですよ』と恫喝されました」と告白。「私は『おまえ、所属タレントに向かってそんなひどいことよう言うなぁ。わかった。ドラマには出るけど、もう出て行ってくれ』と言って、帰ってもらいました」と振り返った。

     「あれから18年。社長になっても岡本氏はなにも変わっていませんでした。まず人払いをして、話を聞かずいきなり恫喝する。このパターンは私の時と全く同じです。以上のことから考えても、宮迫の言葉は信じるに値します」と断言。「今日の会見においても岡本氏は何度も『コンプライアンス』と口にしました。ひとを平気で恫喝する人間が芸人のコンプライアンスの話をするってどの口が言うとんねん!」と怒りをぶちまけた。

    スポニチ 7/23(火) 5:33
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000089-spnannex-ent

    ※前スレ
    【芸能】清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563828863/


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【吉本興業】清水圭『私のときと全く同じ』岡本氏に恫喝された過去告白】の続きを読む

    このページのトップヘ