芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: お笑い芸人


    村本大輔ーズ」名義でピン芸人としても活動していた。最初は一緒に福井県から大阪に出てきた幼稚園からの幼馴染と「横山おいもこいも」というコンビを組んでいた。またその後、のちに枚方つーしんの編集長となる本田一馬と組んだ「村本
    34キロバイト (3,271 語) - 2019年2月6日 (水) 14:07



    (出典 img.hmv.co.jp)


    まぁ、やり口はアレとしてもこうやって話題作りには成功してるからな…今のところは彼の思惑通りなのかもしれない・ω・

    1 ストラト ★ :2019/02/18(月) 09:10:58.11 ID:hpNsldQS9.net

    お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔(38)が17日、ツイッターを更新。
    メディアの扱いに不満を表明した。

    村本は11日に福島・浪江町訪問に先立ち「福島の浪江町で21時以降の遅くまで空いてる飲み屋さんありますか?(中略)自分の町がなくなることへの話が聞きたい」と発言。

    「自分の町がなくなること」の言葉が、一部の被災者の反発を招き、15日に「感情的になって思いやりのない言葉を使ってしまった。すいません」と謝罪した。

    その後、「浪江町のここを知ってほしい」と題し、自らの目で見て感じた現地の様子を報告。

    「立ち入り禁止で居酒屋なんてないという人いるけどそれは約2年前に解除されてて駅前の居酒屋エフはめちゃくちゃ魚と日本酒と米がうまい」「浪江町にはなみえ創成小学校が昨年春に開校して10人入学したけど3人転校した、全校生徒の7人は元気に頑張って勉強してる」と紹介した。

    また、原発についても触れ「政府は原発から出た水、トリチウム水を海に流すと言ってる、健康に影響はないと言われてるけど、流すと漁業への風評で大打撃になると言われていて、8年かけて積み上げた信頼が1日でパーになる、だからやめてほしい、と漁師さんは反発してる」と現場の声を届けた。

    賛同の声は広がり、ネット上ではタグをつけて「浪江町の現状」を訴える声が相次いだ。
    「この件、結果的に凄く目立ったし役割果たしてますよね」と村本を評価する声もあった。

    一方、村本は炎上発言ばかりが取り上げられる状況に不満を表明。

    「ネットニュースも叩かれやすいネガティブなおれの話は記事にするけど本当に知らないといけない浪江のこの話は無視するんでしょ。辺野古の話も、芸能人が政治的な発言ありかなしか、にすり替えるぐらいだから。今回も原発被害の町の話を村本最低話にすり替える。村本をみて浪江をみない」とツイートし、メディア批判を繰り広げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190218-00000000-tospoweb-ent

    「ウーマンラッシュアワー」村本大輔

    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【メディア批判】ウーマン村本さんの主張「原発被害の町の話を村本最低話にすり替えてる」】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,447 語) - 2019年2月9日 (土) 05:22



    (出典 static.blogos.com)


    そろそろもうご隠居生活してもいいんじゃないかい・ω・?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/17(日) 11:11:12.31 ID:pNn+Tib89.net

    2月6日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)に生出演したビートたけしは、「いいね、事務所独立すると。
    お金が取られない」と経済的な潤いを明かしていた。しかし、それも長くは持たなそうだ。

    たけしは昨年4月にオフィス北野から独立して新事務所で活動中。
    現在レギュラー番組6本を抱え、大河ドラマ『いだてん』にも出演している。

    現在たけしの仕事の窓口は、5年前に一部週刊誌で“愛人”と報じられた
    18歳年下のビジネスパートナーの女性が務めているらしいが、その“愛人”があれこれ仕事に口出ししているというウワサも。

    世界の北野もいまや“時代遅れ”で“キレがない”
    そんな中、2月14日の『女性自身』は、たけしがリストラ危機にあると報じた。
    記事によるとここ数年、民放各局の制作費が軒並み削減される中、
    新事務所の方針でたけしのギャラは1本200~300万円で据え置き。
    だが、高額ギャラに見合わない視聴率で、放送開始から22年を迎えるレギュラー番組『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)が今秋の改編の標的になってしまったという。


    http://dailynewsonline.jp/article/1695750/
    2019.02.17 10:31 まいじつ


    (出典 image.walkerplus.com)


    【【大不評】ビートたけしに芸能活動の危機⁉】の続きを読む


    花田 優一(はなだ ゆういち、1995年9月27日 - )は、日本のタレント。後述の通り、靴作りの修行を経験し、自身の工房を持っていることから、靴職人を自称している。 父は第65代横綱の花田光司、母はアナウンサーの河野景子、祖父は元大関の貴ノ花利彰、伯父は第66代横綱の三代目若乃花であった花田虎上
    6キロバイト (660 語) - 2019年2月8日 (金) 23:35



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    まぁ父親譲り的なw

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/13(水) 19:14:19.87

    2月8日、自称・靴職人でタレントの花田優一がフジテレビ系『ダウンタウンなう』に出演。自身の報道について苦笑交じりに語った。

    靴職人でありながら、積極的なメディア露出に加え、顧客からのクレームや身辺トラブルなどが次々に報じられている花田は、
    松本人志から「このタイミングでこういう番組出てきたら、ややこしくない? 大丈夫?」とツッコミを受ける。

    花田は1週間のスケジュールを公開。テレビ出演は収録の1日だけで、後は靴の製作や絵画がほとんどの生活を送っているとアピールした。

    番組では花田の靴工房も紹介。約50足のオーダーを抱えており、注文受付はストップしているという。

    また、花田がネット上などで、「テレビ出てる間に靴作れ」「修行が短い」などのバッシングがあることを振り返えると、松本が苦笑いしながら「次から次へと問題が出てくる」とコメント。
    しかし花田は「でも、大きなお世話だよ、的な報道が多かった」と反省する素振りすら見せなかった。

    さらに松本から、靴職人の修業期間について「期間もそんなに長くない」とツッコまれるも、花田は「修行って長ければいいというものではなくて。
    一生修行だと思ってるので」と返答し、言葉を聞き入れようとしなかった。

    どんどん下がる好感度は炎上狙いか
    花田の態度や言動にネット上では、

    《詐欺師の才能がスゴいあると思う。靴職人より詐欺師の方が向いていると思う》
    《左腕を机に置いてしゃべっていたけどダメでしょ? 大先輩のダウンタウンいながら。しゃべり方も謙虚さがないし嫌われて当然のような》
    《態度だけは横綱級》
    《いちいち反論するな。人の話を聞き入れろ》
    《こんなのテレビに出演させるテレビ局側に問題あると思う…》

    などといった声が上がっている。

    「既に花田の好感度は底辺。テレビは炎上を狙って花田をキャスティングしている感がありますね。靴もプロから見ると学生レベルだと言われ、絵画に関しては完全にド素人。
    また、顔も『よく見れば下膨れのブサイク』『雰囲気すらイケメンじゃない』とボロクソの評価ばかりです。狩野英孝の元カノ・加藤紗里のように、いずれ消えていくのでは」(芸能記者)

    炎上で知名度が上がれば一時的に仕事は増えるだろうが、それに頼っているようでは将来が心配だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1690518/
    2019.02.13 11:00 まいじつ

    ?


    (出典 geitopi.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【自称靴職人】花田優一「態度だけは横綱級」大先輩ダウンタウンに横柄な態度で非難の嵐】の続きを読む


    村本大輔ーズ」名義でピン芸人としても活動していた。最初は一緒に福井県から大阪に出てきた幼稚園からの幼馴染と「横山おいもこいも」というコンビを組んでいた。またその後、のちに枚方つーしんの編集長となる本田一馬と組んだ「村本
    34キロバイト (3,271 語) - 2019年2月6日 (水) 14:07



    (出典 news.walkerplus.com)


    いくら炎上キャラだからって言っていいことと悪いことくらい判別できないのかい・ω・

    1 シャチ ★ :2019/02/16(土) 02:04:11.34

    ジャーナリストの江川紹子氏(60)が、政治や社会問題への積極的な発言で物議をかもすウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)に「こいつ何様のつもりか」と嫌悪感をあらわにした。

    村本は11日のツイッターで、東日本大震災により甚大な被害を受けた福島・浪江町を翌12日に訪問すると報告。「福島の浪江町で21時以降の遅くまで空いてる飲み屋さんありますか?あと宿も。知ってる方いたらインスタのDMください。自分の町がなくなることへの話が聞きたい」とフォロワーに呼びかけていた。

    村本の発言に対し、「あなたは不謹慎にも程があります。立入制限区域で飲食店など営業出来るはずがないでしょう」「無くなる前提で喋るなよ」「こんな失礼な言い方あんの」「被災地や被災者をなめてんのか!、この野郎!。なんて無神経な!」といった非難の声も少なからず寄せられ、江川氏も15日にツイッターで「本当に、こいつ何様のつもりか、と思う」と批判を込めた。

    村本は14日更新のブログで、予告通り現地を訪れ、地元の人たちが集まる居酒屋で話を聞いたことを報告。「浪江町、いや東日本大地震の被害にあった町はまだまだ大変だ。彼らは言う、1円もいらないから前と同じに戻してくれ、町も近所との関係も。と。だから僕は居酒屋で聞いた『原発のせいでこんなことになった、生まれ変わったら次はどの町に生まれたいですか?』と『同じ町に生まれたい』と言った。そして次は原発に反対する。と」と住民たちとのやりとりを明かした。
    2/15(金) 17:09配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-50000419-nksports-ent
    2019/02/15(金) 19:05:53.91
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550225153/


    (出典 fupo.jp)


    【江川紹子氏の怒り「こいつ何様のつもりか」ウーマン村本の福島原発不謹慎発言】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,447 語) - 2019年2月9日 (土) 05:22



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    冗談じゃなく使われなくなっちゃうよ・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/02/14(木) 09:17:39.19

    「いいね、事務所独立すると! 笑うね。お金が取られない。それ(映画などの権利)が俺んところに入るようになった。『これ、働かなくていいや!』って思って……」

    2月6日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)に生出演したビートたけし(71)。
    オフィス北野から独立し、昨年4月に愛人・A子さん(53)と設立した新事務所で活動する彼は現在レギュラー番組6本を抱え、『いだてん』(NHK)にも出演中だ。

    「この数年、民放各局の制作費が軒並み削減され、大多数のタレントがギャラの減額を受け入れています。
    しかし、新事務所の頑なな“方針”でたけしさんの出演料は今なお最高水準の1本2百万~3百万円で維持されています。
    制作費の比率から見たら、局の“負担増”なのですが……」(民放関係者)

    “ギャラ増”の本人の高笑いとは裏腹に、民放各局はたけしのレギュラー番組を“精査中”だという。

    「同じ大御所でも、さんまさんやタモリさん、所さん、鶴瓶さんの冠番組は今も頻繁に週間高視聴率ランキングに入っています。
    ですが、たけしさんの番組は高額ギャラに見合う数字が以前ほど取れなくなっています」(民放関係者)

    フジテレビ関係者が声を潜める。

    「放送開始から22年目を迎えるレギュラー番組『奇跡体験! アンビリバボー』がついに今秋の改編の標的になったと聞きました。
    10年以上前は25%を叩き出した人気番組でしたが、昨年1月4日に放送された3時間特番が5.7%の惨敗。10%は堅いと見ていた上層部は相当焦っていました。
    それ以来、動向を注視していましたが『笑っていいとも!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』に続き、たけしさんの長寿番組という“聖域”にも手を付けざるを得なくなったのが実情。打ち切りの可能性すらあります」

    昔のように飲み歩くこともやめ、たけしは収録後すぐにA子さんの待つ自宅に帰る日々だという。

    「70代に入り、滑舌にキレがなくなってきたこともスタッフ間で不安視されているそうです。たけしさんをレギュラーで起用する局は徐々に減っていくでしょう。
    長期的には、主に特番での出演をお願いする形に変わっていきそうです」(別の民放関係者)

    一方で、たけしの知人は言う。

    「いまや悠々自適の彼にとって、制約の多い民放のレギュラー番組に固執するより、自分のやりたい企画に興味が移っています。
    テレビは地上波だけではないですし。ネット放送にも関心を寄せてます」

    将来“大リストラ”されても今のたけしには、民放は無理して“働かなくてもいい”場所なのかも。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190214-00010001-jisin-ent
    2/14(木) 6:06配信


    (出典 Youtube)

    浅草キッド(ビートたけし)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【民放】たけしのギャラが払えない!『リストラ危機!』強気の“ギャラ増”が裏目】の続きを読む

    このページのトップヘ