芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: お笑い芸人


    出川 哲朗(でがわ てつろう、1964年2月13日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、劇団SHA・LA・LAリーダー(座長)。愛称は哲ちゃん。 神奈川県横浜市神奈川区出身。マセキ芸能社所属。妻は元レースクイーンの阿部瑠理子。大伯父に八幡製鐵の初代社長を務めた三鬼隆、曾祖父に実業家・政治家の三鬼
    50キロバイト (7,010 語) - 2018年12月10日 (月) 21:43



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    今やレジェンドの出川さんにそんな噂が・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    先日発表された「2018年タレントCM起用社数ランキング」で堂々の男性部門1位に輝いたお笑いタレントの出川哲朗。
    かつては「抱かれたくない男」「声がうるさい」などと散々ないわれようだった出川だが、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の“出川イングリッシュ”で再ブレイク。
    『花王』や『ベネッセ』など14社のCMに出演するほどの人気者になった。

    「意外にも出川はもともと役者志望でした。
    専門学校時代の仲間であるウッチャンナンチャンの友人的なポジションからスタートして、劇団などを主宰する“面白い俳優”的な感じで活動していました。
    その後、1990年代に出演した『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日本テレビ系)では、ダチョウ倶楽部と共に繰り広げるリアクション芸がウケて、完全にお笑いタレントに。
    その後は“嫌われ役”を買いながらも地道に活動を続け、昨今の“癒し系”芸人の地位を築いたんです」(芸能記者)

    そんな出川だが、私生活では2004年に元レースクイーンと結婚。当時は“美女と野獣”カップルとして話題となり、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で特番が放送されたほどだった。
    しかし、その後は夫婦での露出はなく、出川本人も「ここ10年チューしてない」「クソ哲と呼ばれている」などの“恐妻家”エピソードを披露。
    何年も前から“仮面夫婦説”が出ていた。

    「ここ数年の大ブレイクで、以前にも増して週刊誌が出川のプライベート撮を狙っているんですが、まったく夫婦でのツーショット姿を見せないのです」と嘆くのは、週刊誌のカメラマンだ。

    「ブレイクする少し前にも“離婚説”や“愛人がいる説”、はたまた“本当は結婚してない説”が流れて各誌が取材に動いていたのですが、とにかく証拠写真が撮れない。
    噂では長期の別居説が有力だったのですが、本人を直撃しても必ず否定。でも、自宅マンションから姿を見せるのは、必ず出川さん一人なんです。
    愛車はポルシェですが、運転するときも必ず一人。
    最近の大ブレイクでこの秋から出川を追うマスコミの数もさらに増えていますが、それでも夫婦姿を撮った社はない。
    今の人気者ぶりなら、別に不倫じゃなくてもネタになりますからね。撮れないにしても、記者やカメラマンなどが夫婦でいる場面を目撃してもいいと思うのですが、本当に謎です。
    一部ではあまりに出川夫婦の目撃例が少ないことから“芸能界の七不思議”と呼ばれています」

    「岡村隆史もよく“出川の妻死亡説”をネタにしていますが、出川と親しい芸能人や業界関係者でも、出川の奥さんに会ったことがあるという人はいません」(テレビ局関係者)
    というが、出川の妻の存在が、にわかに注目されているようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1605123/
    2018.12.10 20:50 ビジネスジャーナル


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【業界ザワつく】出川哲朗「妻の不存在」説 …その真相は?】の続きを読む



    (出典 brandnew-s.com)


    そんな簡単に天下はとれませんぜ・ω・

    1 真実は一つ ★

    12月2日に放送された『M‐1グランプリ2018』(テレビ朝日系)で審査員を務めた上沼恵美子(63)。
    率直な講評で会場を沸かせていた上沼だが、それに不満を抱いたとろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智正剛(40)が打ち上げの様子をSNSで中継し猛批判。
    「右のおばはん更年期障害かと思いますよね」など女性蔑視ともとれる発言も飛び出し、一大騒動に。さらに、上沼は自身のラジオ番組で「こんな年寄りが座って、偉そうにしてる場合じゃない」と審査員の引退を示唆。一部報道では上沼が2人に対して激怒しているとも報じられていた。

    果たして、“西の女帝”は今何を思うのか――。真相を確かめるべく本誌は、大阪にある上沼の自宅へと向かった。12月5日の夕方、買い物から戻ってきた上沼。本誌記者が直撃したところ、彼女はゆっくりと重い口を開いた。

    ――久保田さんと武智さんの発言についてどう思われますか?

    「なんか言ってたそうですね。でも全然詳しく知らないんです」

    ――動画については?

    「見てないんです。ごめんなさいね。パソコンには疎いもんで……」

    ――2人が直接上沼さんに謝罪をしたいと言っている話もあるようなんですが。

    「いいって。そんなことする必要ないです」

    そう語る上沼の口ぶりは意外にも穏やか。さらに、驚きの一言が飛び出した。

    「私思うんです。お酒を飲んでくだをまくことなんてのはよくあること。だからね、天下取ったらいいんですよ。彼らがダウンタウンのようになったら何言おうが失言になりませんからね。頑張って、日本一の漫才師になってほしいと思います」

    上沼が口にしたのは怒りではなく、2人への激励だったのだ。そして自らの、“引退宣言”についても真相を語り始めた。

    ――今回の騒動が原因で審査員を引退されるんですか?

    「それは違います。私ももう年寄り。だから審査するよりは、出場者として出たいと冗談で言っただけです(笑)」

    ――では、来年の続投も期待していいのでしょうか?

    「それは、来年にならないとわかりません。ただ、毎年松本人志さん(55)が強く誘ってくださるんです。なので毎年お受けしています」

    続けて、一部で『好き嫌いで決めているのでは?』と批判を受けていた自身の審査についてもこう語り始める。

    「実は、(好き嫌いで審査していると)受け取られた部分については失言かなと反省しているんです。特にミキに『決勝に残ってほしい!』と言ってしまったのは、私情が絡んでいました。そこは反省しています。でもね、漫才はちゃんと審査したつもりです。得点に好きとか嫌いとかは、いっさい入れておりません! 私は漫才だけを見てちゃんと審査した自信があります。だって皆さん頑張っているんですもの。人生がこれで変わるわけですから」

    そんな上沼だが、次の質問には思わず表情を曇らせた。

    ――武智さんが上沼さんのことを「更年期障害」と批判していたのですが……

    「そうなんや……それは無礼やな! 更年期障害というのは40代でやってきます。私はもう63歳なので、ないです。更年期障害なら、(あれだけ大変な)審査員は務まりません!」

    直撃のなかで、唯一顔をしかめて怒りを見せた上沼。それには“ある理由”があった。

    「上沼さんは今年3月、自身の番組で“夫源病”と診断されたことを告白しています。夫の存在がストレスになり、妻の心身に不調が現れるという状態のこと。更年期障害の中年女性が不調になる原因の1つにも、夫の存在があるといわれています。上沼さんもご主人の定年とお母さまの死が重なった3年ほど前から、不調を訴えはじめていました。フラフラすることも多く、周囲にも『しんどい……』と語っていたそうです。そうした経験をした彼女だからこそ“更年期おばはん”発言はさすがに見過ごせなかったのでしょう」(上沼の知人)

    それでも最終的には、後輩の失言にも“許し”を与えた上沼。この流れなら、自身の冠番組である『怪傑えみちゃんねる』(関西テレビ)に2人が出演する日も近いのでは? 記者がそう聞いてみると、

    「いや~、その気はまったくないです(笑)」

    そう言って記者を笑わせた上沼。“西の女帝”の素顔はどこまでも悠然としたものだった――。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181211-00010000-jisin-ent

    ★1が立った日時:2018/12/11(火) 00:45:18.78
    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544513825/


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【暴言問題】上沼恵美子「彼らがダウンタウンのように天下とったら何言おうが失言にならない。頑張ってほしいと思います。」】の続きを読む


    明石家 さん(あかしや さんま、1955年7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティー、俳優。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。吉本興業所属。 和歌山県東牟婁郡古座町(現・東牟婁郡串本町)生まれ、奈良県奈良市育ち。 元々は落語家を志して2代目笑福亭松之助の弟子と
    146キロバイト (19,218 語) - 2018年12月9日 (日) 09:44



    (出典 i.ytimg.com)


    喋らなければ喋らないでニュースになるという…・ω・

    1 ひかり ★

     タレントの明石家さんま(63)が、8日放送のMBSラジオ「MBSヤングタウン 土曜日」(土曜、後10・00)で、
    所属事務所の後輩にあたるとろサーモンの久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナの武智(40)の
    暴言問題について、ノーコメントを決め込んだ。

     この問題は、2日の「M-1グランプリ」終了後に、久保田と武智が、審査員を務めたタレントの
    上沼恵美子(63)への暴言をSNS配信し、大炎上を招いているもの。

     久保田、武智の先輩であるさんまは「会社(吉本興業)に止められてますんで。いらんこと言うとコトが
    大きくなるんで」と、吉本からストップがかかっていることを説明。

     「いつもこれ(番組でのさんまの発言)がヤフーニュースのトップにほとんどなるからな」と、この問題にまつわる
    自身の発言のネットニュース化を警戒し、「俺は知らないね。見てないし」と、一線を画していた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000132-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1544275642/


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【さんまの反応】上沼恵美子に対する後輩の暴言問題にとことん静観決め込む】の続きを読む



    (出典 anohito-genzai.com)


    毎日休みなのによくだらけないでやってるよな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    「今でも月に1、2回はうちに来てくれます。ただ、今は淡路島での庭いじりが忙しいみたいで……」

    そう語るのは、島田紳助(62)の実母だ。

    11年に芸能界を引退。現在はたまに週刊誌で報じられる以外、ほとんど動向が伝わってこない紳助。そんな彼の現在について、親友の1人はこう語る。

    「引退後はヨーロッパやハワイなど、世界各地へ旅行に出かけていました。大好きな沖縄にも、何度も行っていました。
    しかしそんな生活にも飽きたみたいです。今は淡路島に別荘を買って、そこの庭を仲間たちとイチから作り直しています」

    芸能界引退から7年。悠々自適な放浪生活を送ってきていた紳助だが、ここへきて変化があったよう。“別宅建築”に精を出しているという。

    「真っ黒に日焼けしながら、買ってきた石やレンガを並べたりして……。それが、何より楽しいようです。どこに行くかより、誰といるかが大事だと気づいたのでしょう」(前出・親友の1人)

    世界放浪の末にたどり着いたのは、「仲間たちとすごす楽園」だった!

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181208-00010000-jisin-ent
    12/8(土) 6:09配信


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【心境変化】島田紳助 「放浪飽きた」で現在別宅建築中…でその後は?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    淳も噛んできたか…・ω・

    1 ひかり ★

     お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(45)が8日、自身がパーソナリティーを務める文化放送「ロンドンブーツ1号2号。
    田村淳のNewsCLUB」(土曜後1・0)に出演。お笑いコンビ、とろサーモン・久保田かずのぶ(39)とスーパーマラドーナ・武智
    (40)が、2日に行われた若手漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ2018」の大会後に審査員のタレント、上沼恵美子(63)に
    SNSで暴言を放ち、謝罪した騒動にコメントした。

     田村はこの騒動が大きく扱われていることについて「ニュースを読む人にちょっと言いたいんですけど」と切り出し「『霜降り明星が優勝した
    M-1グランプリ』っていう。それだけつけてあげてほしいですね。僕はもうそれだけです。それ以外のことはもう、当事者でやっていただいて」
    と語った。「霜降り明星が優勝しましたから。確実に霜降り明星が」と繰り返し、「霜降り明星を盛り上げていただきたいと思います」とまとめた。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000574-sanspo-ent


    【【M-1暴言騒動】ロンブー淳も参戦「ニュースを読む人にちょっと言いたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ