芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: お笑い芸人


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。
    40キロバイト (5,659 語) - 2019年11月15日 (金) 08:23



    (出典 www.dailyshincho.com)


    検査するにしても、抜き打ちなりでやらないとあまり意味ないよね・ω・

    1 影のたけし軍団ρ ★

    岡村隆史 薬物検査訴え


    お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が21日深夜放送のニッポン放送
    「岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。

    自身も出演する来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、日曜後8・00)に出演していた
    沢尻エリカ容疑者(33)が合成麻薬MDMA所持容疑で16日に逮捕されたことを受け、
    「全部調べなアカン」と薬物検査の必要性を訴えた。

    大河の現場の現状について「もうえらいことになってんねん」と岡村。
    「物凄い数の人たちが動いて、こんなことになってるんですからね。もうしょうがないというか、ホンマに」とあきれるばかり。

    「全部調べなアカンで。こんなことなんねんから。もしホンマにクスリやってたりとかしたら。
    賠償金とかどうか分からへんけども。こんなことなんねんで。だから絶対調べなアカン、ホンマに。
    事務所も、これもう迂闊(うかつ)にこんなん引き受けてて、クスリでこんなんしたら、もうえげつないことなんねんから」と続けた。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/22/kiji/20191122s00041000142000c.html


    (出典 crestvi2055.wpengine.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【全部調べなアカン】岡村隆史、芸能界の薬物検査の必要性を訴える】の続きを読む


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年〈昭和45年〉7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。
    40キロバイト (5,659 語) - 2019年11月15日 (金) 08:23



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    伝説の『SMAPライブ事件』は絶交中に行われてたってなはビックリだった・ω・

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★

     ナインティナインの岡村隆史(49)が15日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で、芸能界での初めての友人という司会のタレント・中居正広(47)と
    5年間絶交していたことをテレビで初めて打ち明けた。

     テレビ番組での共演で知り合い、1996年からプライベートでも友人関係になった2人だが、99年に大ゲンカ。5年間の絶交に突入した。「話したことはない」と声をそろえる
    絶交の原因は、本人の責任では全くないがダウンタウン・松本人志(56)。翌朝、早かった岡村が、中居と食事しに入った中居の知っている居酒屋で「奥の座敷に松本さんが座ってはった」(岡村)
    という。ココリコと山崎方正(現月亭方正)も一緒だった。

     当時のダウンタウンは「ホントに真剣振り回してはった(ように思えるほどとんがっていた)」という存在だけに、岡村は「うわ!松本さんや!と思って、緊張してもうて」。
    松本は2人を同席させようとしたが、岡村は「討ち殺されると思って。(ダウンタウンとは)付き合いがホントなかったですから。もう怖くて、松本さんが」という状態。
    岡村が「すいません、明日朝早いんで帰ります」と松本に言ったところ、一緒に帰ってくれるものだと思っていた中居は「あっそう。じゃあね」と残ったという。

     帰宅した岡村は「わざと松本さんがいてるとこにコイツ俺を連れてったんちゃうか」と疑心暗鬼にかられ、電話で追及。否定する中居に「知っててお前は俺を連れて行った!
    ひと言も喋らなかった!しゃべってもいないのにすごい傷を負った!」と激高したという。

     中居は翌日、岡村から電話でまたもや責められ、「収めたいだけ」で謝ったものの、岡村は「もうエエわ。中居くんエエ」と拒絶。岡村自身「俺もあんなん初めて」という
    怒りだったという。

     なお、舞台になった居酒屋は、中居が当時一緒にレギュラーをやっていた方正と出川哲朗と行ったことがあった店だったといい、中居は松本がいることを知らなかったという。

     岡村は「そんなことなんですけど、僕にとってはすごいデカいこと」で、中居と絶交。絶交中もテレビ番組で一緒に99年と2002年の2回、日本一周することに。
    「あたかも仲いいかのように」(岡村)振る舞ったが「お互い苦しい」(中居)仕事だった。

     和解したのは2004年、フジテレビ「27時間テレビ」の総合司会を中居とナイナイで担当した際。岡村は中居の真面目さを目の当たりにして「中居ありがとう。助かったわ」と感謝し、
    仲直りを果たしたという。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000142-dal-ent
    ※前スレ
    【芸能】ナイナイ岡村と中居 5年間の絶交理由を告白「わざと松本さんがいてるとこに…」★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573832702/


    (出典 news.mynavi.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【親友】ナイナイ岡村と中居 5年間の絶交理由には『松本人志』が絡んでいた】の続きを読む


    千原 せいじ(ちはら せいじ、1970年1月25日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家。お笑いコンビ千原兄弟のツッコミを担当。本名および旧芸名は千原 靖史(ちはら せいじ)。身長181cm、体重75kg。京都府福知山市出身。吉本興業所属。 福知山商業高等学校(現・福知山成美高等学校)卒業。NS
    14キロバイト (1,610 語) - 2019年10月15日 (火) 08:13



    (出典 staff.rockmusic.la)


    2回目は無いな…
    前回叩かれなさすぎで全く反省してなかったんだな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    元AV女優ら2人の女性との新たな不倫が発覚した、お笑いコンビ「千原兄弟」の兄・千原せいじ(49)が夫人にも詰められ、猛省の日々を送っている。

    週刊文春の報道により発覚したのは、今年5月に破局した30代ハーフ美女と、40代元AV女優との2つの不倫。本紙の取材によると、同誌の直撃取材を受けたせいじは2日前に夫人に詳細を報告。淡々と静かなトーンで2時間にわたり説教されたという。

    せいじは起床すると報道番組などをチェックするのが習慣で、14日朝もリビングでテレビをザッピングしていたところ、夫人から「お前、きょうは1日ワイドショーやろ」と不倫騒動を取り上げるであろうワイドショーチェックを義務づけられたという。

    せいじは5月にも不倫を報じられ「カレーライスばかりじゃなくたまにはハヤシライスも食べたくなる」と“迷言”を連発。再び問題行動を起こしたことに16歳の長男からも「お前、もう知らんわ」と呆れられたという。

    せいじは、この日、所属事務所の吉本興業東京本部で経緯などを説明。離婚問題には発展しないとみられるが「ほんまにオレしょうもないわ、オレしょうもないわ」とうなだれていたという。弟の千原ジュニア(45)から“日本一残念な兄”と呼ばれるせいじ。自宅にも居場所はないとみられ、当分の間、針のむしろ状態は続きそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17379090/
    2019年11月14日 13時22分 スポニチアネックス


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【懲りない男】千原せいじ 新たな不倫発覚で猛省「オレしょうもないわ」 夫人から2時間説教】の続きを読む


    田代 まさし(たしろ まさし、1956年(昭和31年)8月31日 - )は日本の歌手、タレント、コメディアン、司会者、映画監督、作詞家、ユーチューバー。ラッツ&スターのメンバー。2015年以降は薬物依存症のリハビリ関連の活動で知られる。 1956年(昭和31年)8月31日、母の故郷である佐賀県に生ま
    63キロバイト (8,852 語) - 2019年11月13日 (水) 05:47



    (出典 portal.st-img.jp)


    実際、知り合いだったら何て声かけたらいいか分からないよな・ω・

    1 牛丼 ★

     お笑いタレントの有吉弘行(45)が10日、パーソナリティーを務めるJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(日曜後8・00)に出演。2件の覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで宮城県警に逮捕された元タレントの田代まさし(本名政)容疑者(63)について言及した。

     有吉は「田代さん、またやっちゃったか。『サンジャポ』見るとさ、テリーさんは田代さんが復帰するたびにインタビュー行ってるの。『おい、もうやんないな。信じてるぞ、田代もうやるんじゃないぞ』と叱ってて」といい、「それでも何回も繰り返しちゃうって、クスリがいかに強大なのか、テリーさんの言葉っていかに伝わらないのか」と有吉流にボケた。すかさずアシスタントの平子祐希(40)に「いやいや、クスリが強力なんですよ!」と指摘を受けていた。

     また、有吉は「のぞきで初めて捕まって復帰した時は元気だったから、すぐにご飯食べに行った」と当時のことを語る。有吉が「何やってるんですか」と問いかけると田代容疑者は「すまんな」と謝罪し、まだ事件に触れられるレベルだったと言う。その後、覚醒剤所持の刑期を終えた田代容疑者を、たまたま街で見かけたという有吉。「でも全然元気なさそうで、声かけられなかったな」と振り返っていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00000261-spnannex-ent


    (出典 daily-rose.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【告白】有吉弘行…田代まさし容疑者に「声かけられなかった」 1度目の逮捕後は食事も…】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    164キロバイト (23,004 語) - 2019年11月7日 (木) 06:08



    (出典 ikamimi.work)


    金持ってると、いろんな輩が寄ってくるよなホント・ω・

    1 ひかり ★

     昨年の事務所独立騒動につづき、今年6月には糟糠の妻との離婚が明らかになるなど、ビートたけし(72)の「異変」が立て続けに取り沙汰されている。
    背景には、現事務所の取締役で18歳年下の愛人・横井喜代子氏(仮名)による“洗脳”があるとされる。たけしの運転手を務めてきた人物が、実名で告発する。

     ***

    「私は7月30日にたけしさんの運転手を辞めました。殿をロールス・ロイスの白いファントムに乗せて仕事現場に送迎することも、もうありません」

     と証言するのは、2010年に弟子入りし、翌年6月から今年7月までの8年間、たけしの運転手を務めてきた石塚康介さん(41)である。石塚さんは、横井氏のパワハラによって
    自律神経失調症を患ったとして、彼女と事務所の「T.Nゴン」を相手に、1000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

     13年にたけしが横井氏と出会って以降、スタイリストやマネージャーなど、多くの人がたけしの元を去って行った。

    「今回、私がこうして声をあげることで、彼女に苦しめられながらも沈黙せざるを得なかった人たちが、私に続いてくれたらなと思っています。そして世間の人に、
    殿を変えてしまった彼女の真実を知ってもらえれば幸いです」

     石塚さんによれば「横井さんは『自分の思うがまま』にならないと気がすまない」。たけしの仕事に口を出すようになったほか、オフィス北野のマネージャーや
    タレントの給料を調べ、“あなた会社に金を取られているだけなんじゃないの”とたけしに吹き込むこともあったという。

     運転手を務めていた石塚さんも、横井氏の監視下に置かれることに。待機や連絡の指示など、過剰なまでの“管理”がなされ、

    「事務所で待機していてやることがなかったので、ロールス・ロイスの給油に行こうとすると、それを横井さんが防犯カメラで監視していて、すぐに電話してきて
    『私に連絡してから行け』と言ってきたことも」

     深夜の連絡、休日であっても待機を強いられるといったパワハラ行為は加速。我慢の限界を迎えた石塚さんは、横井氏と口論になったことをきっかけに、
    辞意を告げる。その場にはたけしも同席していたが、「殿は終始無言でした」。

     橋本マナミに嫉妬し“共演NG”にした――など、横井氏の「真実」をつぎつぎと明かす石塚さん。11月14日発売の週刊新潮でくわしく報じる。

    「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載

    新潮社

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00592630-shincho-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573632837/


    (出典 www.bookbang.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【洗脳】「ビートたけし」年下愛人から“パワハラ被害“で提訴『“殿の元運転手』実名で告発】の続きを読む

    このページのトップヘ