芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 女優


    佐藤 仁美(さとう ひとみ、1979年10月10日 - )は、日本の女優。愛知県春日井市生まれ。ホリプロ所属。堀越高等学校卒業。 4人姉妹の末っ子として生まれ、小学生のとき両親が離婚。父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育ったが、父親は愛知県内で新聞販売店の経営をしており転勤が多く、小学校
    30キロバイト (3,419 語) - 2019年7月24日 (水) 19:08



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    リバウンドしないことを祈ってます・ω・

    1 湛然 ★

    8/19(月) 5:00 スポニチアネックス
    佐藤仁美“ライザップ婚”、5歳下「テニプリ」俳優細貝圭と 12キロ減量で彼のハートに“コミット!”
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00000002-spnannex-ent

    結婚することが分かった佐藤仁美(左)と細貝圭

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     女優の佐藤仁美(39)が、俳優の細貝圭(34)と結婚することが18日、分かった。交際約1年でのゴールイン。2人とも誕生日が10月10日で、佐藤が5歳年上。早ければ、佐藤が40歳を迎える今年の誕生日にも婚姻届を提出する予定。

     2人は17年8月に舞台「History of Pops」で共演し、仲良くなった。佐藤は同年10月のツイッターで、一緒に誕生日を祝ったことを明かし「同じ誕生日の細貝圭くん お祝いにきっつーいお酒をもらった」などと紹介。昨年1月にも「細貝圭くんの舞台見に行って来たよ~」とつづっており、その後に本格的な交際がスタートした。

     スポニチ本紙の取材では、結婚を決めた2人は周囲に報告を始めている。知人は「自然な流れで誕生日を結婚記念日とすることに決めたようです」と話している。

     佐藤は95年に「第20回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、芸能界入り。清純派女優として活動してきたが、近年はバラエティー番組でも活躍。酒豪キャラや結婚できないキャラを売りにしてきたが、私生活で静かに愛を育んでいた。

     成功の裏にあるのが、昨年1月に始めたジム「ライザップ」でのダイエットだ。3カ月で61・6キロから49・4キロとなり、12・2キロの減量に成功。CMに出演し「奇麗になった」と話題になった。ダイエットに挑戦した理由は40歳を前にして「結婚したい!」という強い思いがあったからだ。減量後の会見では「交際0カ月婚が憧れ」などと結婚願望を明かしており、見事に“コミット”した。

     細貝はミュージカル「テニスの王子様」など、舞台を中心に活動するイケメン。23歳までのほとんどを米国で過ごし、07年の帰国後に俳優業をスタート。英語が堪能で、現地の大学を卒業している。

     友人は「佐藤さんがあねご肌なので、年下の旦那さんはピッタリ。甘~い結婚生活で、幸せ太りのリバウンドがないことを祈っています」と祝福した。

     ◆佐藤 仁美(さとう・ひとみ)1979年(昭54)10月10日生まれ、愛知県出身の39歳。95年にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年にテレビ朝日系「海がきこえる~アイがあるから」でドラマデビュー。97年に初主演映画「バウンス ko GALS」でブルーリボン賞新人賞などを受賞。99年にNHK連続テレビ小説「あすか」、16年に同「とと姉ちゃん」に出演。趣味は映画、音楽鑑賞。1メートル56。血液型A。

     ◆細貝 圭(ほそがい・けい)1984年(昭59)10月10日生まれ、東京都出身の34歳。08年にミュージカル「テニスの王子様」でデビュー。その後も「戦国BASARA」(10年)、「新・幕末純情伝」(16年)など舞台を中心に活躍。11年にテレビ朝日「海賊戦隊ゴーカイジャー」に準レギュラー出演。15年には映画「新宿スワン」に出演した。趣味は野球観戦、旅行。特技は英語、バスケットボール。1メートル83。血液型A。

    (おわり)


    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【ライザップ婚】佐藤仁美さん、5歳下「テニプリ」俳優細貝圭と 12キロ減量で彼のハートに“コミット!”】の続きを読む


    吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年〈平成5年〉1月15日 - )は、日本の女優。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。中学時
    76キロバイト (10,355 語) - 2019年8月10日 (土) 17:28



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    吉岡里帆の下ネタぜひ聞いてみたい・ω・#

    1 砂漠のマスカレード ★

    清楚なキャラクターで絶大な男性人気を誇る吉岡里帆(26)。そんなイメージとは真逆の知られざる「下ネタ素顔」があったのだ。

    演劇関係者が語る。

    「彼女はブレイクする前の下積み時代、学生の劇団やインディーズ映画に参加していたのですが、
    その当時を知る人間は口をそろえて『昔の吉岡は下ネタ全開キャラだった』と言うんですよ。
    『酔うとムラムラする』『今朝、抱かれたいタイプのイケメンを見かけた』といった発言をシラフで連発して周囲を笑わせていた。
    そうしたかつての言動を知る関係者の間では『現在のぶりっ子キャラは100%演技』と評されているんです」

    そんな吉岡は周囲に「衝撃的な体験談」を明かしていた。演劇関係者が続ける。

    「舞台の打ち上げの際、劇団仲間から『バイブを使ったことはある?』と聞かれた際は、ニヤリと笑ってうなずいたそう。
    周囲の下ネタに余裕で対応するどころか『バイブ使用歴』をバラしても全然平気な強いメンタルの持ち主なんです」

    さらに当時の彼女について、

    「気に入ったオトコにはガツガツいく魔性ぶり。劇団内でのオトコ関係はかなり派手だったようで、
    これまで彼女に近い複数の劇団関係者から『吉岡から告白されてつきあっていたことがある』と自慢話を聞かされましたよ」

    とも演劇関係者は明かすのだ。

    現在の彼女からは想像もつかないエピソードが相次ぐが、実は今も下ネタキャラは変わっていないようだ。
    数年前から吉岡を知る女性誌編集者が語る。

    「彼女は週刊誌などに『オンナに嫌われるオンナ』と書かれていますが、実はサバサバした性格の持ち主で同性ウケは全然悪くない。
    私が彼女と初めて会った時も、彼女がオンナ同士のワイ談を切り出してくれて盛り上がったんですよ。
    『男性俳優で一番の巨根は誰なのか』という話ですね。たしか彼女は『大本命は阿部寛さん』と言っていて大爆笑した覚えがあります」

    ブレイクの陰にざっくばらんな「下ネタ素顔」が隠れていたのだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16918142/
    2019年8月12日 17時57分 アサ芸プラス


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【独占】吉岡里帆の素顔は「楽屋下ネタ女王」】の続きを読む


    土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。 東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
    80キロバイト (10,492 語) - 2019年8月11日 (日) 01:58



    (出典 riri-news.site)


    こんな無防備な姿を隣で堪能したいです・ω・#

    1 カメハメハ大王 ★


    (出典 image.news.livedoor.com)


    女優の土屋太鳳(24)が15日までに、自身のインスタグラムを更新。セーラー服姿でぐっすり眠る寝顔ショットを公開し、反響を呼んでいる。

    「なんか昨日くらいからチアダンがすごくすごく懐かしくて」と、ヒロインの藤谷わかば役を演じた昨年放送のTBS系ドラマ「チア☆ダン」への思いを明かした土屋。
    セーラー服姿の土屋が、ブルーシートの上で寝ているドラマのオフショットを投稿した。

    また、土屋は同作の撮影について「去年も暑くて、でも暑いのに冬服で、だけどこのときは眠くて眠くて暑いのも忘れ日焼けも忘れ眠ってました。
    まさに部活だったなぁ…」と振り返り、「温泉とか旅行、いきたいねぇ」とつづった。

    この投稿に、共演者である女優の朝比奈彩(25)や石井杏奈(21)からは「行きたい」と、土屋の旅行計画に賛同するコメントが寄せられた。

    さらに、フォロワーからは「かわいすぎ」「寝顔も可愛いってどういうことよ」「綺麗な寝顔」など称賛の声が集まった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16933070/
    2019年8月15日 20時7分 スポーツ報知


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【セーラー服姿】土屋太鳳ちゃんの寝顔ショット公開に「可愛過ぎます」】の続きを読む


    のん(19937月13日 - )は、日本女優、ファッションモデル、芸術家、歌手。本名および旧芸名、能年 玲奈うねん れな)。 現在兵庫県神崎郡神河町出身。身長166cm。 デビューからレプロエンタテインメントに所属し本名能年 玲奈うねん れな)で活動、20167月より独立しのん芸名で活動する。
    93キロバイト (12,052 語) - 2019年7月27日 (土) 07:17



    (出典 www.town.kamikawa.hyogo.jp)


    果たして『干されている』のか…ただ『需要がない』だけなのかが謎・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    女優・のんが初挑戦している女優・渡辺えり主宰の劇団「オフィス3○○」の舞台「私の恋人」が8月7日からスタート。
    東京・東大和市の初日を始め、地方公演もチケットは売り切れ続出。大きな注目を集めている。

    「この舞台は、俳優・小日向文世、のん、渡辺えりの3人が演じる音楽劇。
    朝ドラ『あまちゃん』(NHK)での共演当時から、のんの演技力、
    芝居勘の良さを買っていた渡辺の6年越しのラブコールがようやく実現。
    のんは4年前からバレエのレッスンをはじめ、体作りにも励んできました。舞台女優としてどんな演技を見せてくれるのか、楽しみですね」(女性誌記者)

    のんといえばマネージメントに携わる株式会社スピーディの福田代表が7月18日にHPと個人のFacebookに公開したコメントが波紋を呼んだ。

    「“エンタメ産業の未来”と題する文章の中で、福田代表はのんに対してこの3年間、テレビドラマの出演オファーを沢山頂きながら企画が頓挫して一度も出演が実現していないと告白。
    この状態を『あまりにも異常ではないか?』と苦言を呈した上で『素晴らしいクリエーティブを作る人々が、忖度なく、正々堂々と切磋琢磨する中で、
    世の中の人々を楽しませ、感動させられるそんな産業になっていくことを切に祈ります』とコメント。
    ジャニーズ事務所が、元SMAPの3人に圧力をかけていたと公正取引委員会から注意を受けた後だけに、物議を醸しました」(夕刊紙デスク)

    しかしここにきて、のんに対する風向きも大きく変わりつつあるという。

    「2016年、のんがヒロイン・すずの声を演じ異例の大ヒットを記録したアニメ映画『この世界の片隅に』が8月3日にNHKで放送され、ファンから熱い声援が送られました。
    地上波、しかもNHKに出演したことは、復活への大きな第一歩なのでは」(前出・夕刊紙デスク)

    そのためにも、今回の舞台は重要な意味を持つ。

    「渡辺えりは、ドラマだけでなくバラエティ番組などにも多数出演。自身が演出を手掛ける舞台に、
    のんを出演させることは大きなリスクを伴うはず。のんも、その期待に応えられるように頑張って欲しいですね」(制作会社プロデューサー)

    来年には大人気の舞台『星屑の町』が映画化され、そのヒロイン役を演じることも決まっている。
    復活の扉を開くためにも、今回の舞台が正念場のようだ。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12251-369677/
    2019年08月12日 10時14分 アサジョ


    (出典 img.kai-you.net)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【元能年玲奈】“のん“舞台「私の恋人」チケット売り切れ続出!『今度こそ』にファンは期待】の続きを読む


    土屋 太鳳(つちや たお 、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。 東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
    80キロバイト (10,492 語) - 2019年8月11日 (日) 01:58



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    男は好きな人多いと思うけどな・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★


    (出典 image.news.livedoor.com)


    女優の土屋太鳳の嫌われぶりが過熱している。

    『週刊女性』(主婦と生活社)が今年5月に発表した『嫌いな女性芸能人』によると、土屋は第7位。ZOZO社長・前澤友作氏との交際で大きく株を落とした剛力彩芽でさえ第8位にも関わらず、若手女優としてはトップという不名誉な記録となってしまった。

    そんな土屋だが、なぜこんなにも嫌われてしまったのだろうか。

    「その嫌われぶりがより目立つようになったきっかけとなったのは、15年上半期に主演したNHK連続テレビ小説『まれ』でのあざとい演技。また最近では、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)内コーナー『ゴチになります!』のレギュラー出演です。しかし、6月から7月にかけて2回連続で最下位になると、2回ともお金が足りず他人に借りて号泣するという展開に。1度ならず2度までもお金が足りずに泣くという展開に、視聴者からは『そういうゲームなんだからお金用意しなよ…』『散々ゴチになっておいて自分の番で泣くってなに?』といった反感の声が殺到。ほかにも、参加初期には『おいしかったお』『(ニアピン賞で)1万獲ったお』などのセリフを連発し、視聴者からはドン引きされていました」(芸能ライター)

    『ゴチ』をきっかけに嫌われ度が増した土屋だが、この頃では、土屋が多くの女性から嫌われているという前提で、「私は土屋太鳳好きだけどな」という“他の女子とは違う”というマウントを取る女性まで出現しているという。

    「清純派女優は嫌われがちではあるものの、土屋に至っては、『話し方があざとい』『演技がぶりっこ』『男性共演者と距離が近すぎ』など、やっかみに近い嫌われポイントが多数。ただ、こうした声が多く上がりながらも、めげずにキャラを変えないところも、さらにアンチファンの感情を煽っているようです。それでも、女性からのバッシングが激しい一方で、男性ファンからの支持はいまだに強い様子。今後も、男性ファンをターゲットに路線変更せず、続けて行くのではないでしょうか」(同)

    今年7月には、資生堂のキャンペーンで人気若手俳優の横浜流星とカップルを演じ、横浜流星ファンからの反感も買った土屋。もはや、何をしても女性からの好感度を取り戻すのは難しいのかもしれないーー。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16921460/
    2019年8月13日 14時0分 リアルライブ


    (出典 erogazou-choice.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【何故?】土屋太鳳ちゃんのアンチが年々増加中…】の続きを読む

    このページのトップヘ