芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 俳優


    295。ISBN 978-4-344-02024-5 ^ a b 白倉伸一郎、國分功一郎「存在論的なヒーローのために」『ユリイカ』9月臨時増刊号(通巻615号)、青土社、2012年8月、pp.17 - 18 変身 スーパーヒーロー 戦隊ヒーロー 地球防衛軍 特撮 特撮ヒーロー SF パワードスーツ
    7キロバイト (1,040 語) - 2019年10月26日 (土) 13:22



    (出典 www.moegame.com)


    今流行りの横浜流星とかもそうだしな・ω・

    1 牛丼 ★

    オダギリ、桃李、佐藤健…。「特撮出身」俳優が大活躍するワケ

    『時効警察』の高視聴率を支えるオダギリジョー(左から3人目)、麻生久美子、吉岡里帆ら出演陣
    ドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)の初回視聴率が深夜帯ながら7.7%をマーク。前クールに放送されていた『セミオトコ』のほぼ2倍となる高視聴率が話題となっている。

    「ポイントは主演のオダギリジョーです。前シリーズ以来、12年ぶりの『時効警察』なんですが、見た目もテンションもまったく衰えていない」(テレビ誌記者)

    今期ドラマの特徴は、オダギリを筆頭に『仮面ライダー』シリーズなどのいわゆる特撮ヒーローもの出身の俳優の活躍が目立っていること。『4分間のマリーゴールド』(TBS系)には福士蒼汰(26)、横浜流星(23)に伊藤あさひ(19)と実に3人もの特撮出身者が出演している。「ここ最近、特撮出身者のニーズが高まっている」と芸能プロ幹部は言う。

    「かつて、芸能プロダクションにとって特撮ものは優先順位の低い仕事でした。風向きを変えたのが件(くだん)のオダギリです。’00年に放送された平成ライダーの最初の作品『仮面ライダークウガ』で主演を務めた直後にオダギリが大ブレイクして、芸能プロの見る目が変わった。’06年には大手芸能プロダクションの研音に所属していた水嶋ヒロが『仮面ライダーカブト』に出演。翌’07年には、やはり大手のアミューズ所属の佐藤健(たける)が『仮面ライダー電王』で主演を務めて人気が爆発。いまでは大手がこぞって期待の新人を投入する”若手俳優の登竜門”となっています」

    特撮のメリットのひとつは、子供とその保護者である母親層での知名度が上がること。もうひとつは「拘束期間が1年以上と長いことで俳優自身が鍛えられること」だとドラマ制作スタッフは言う。

    「特撮に出演する俳優は撮影のほか、遊園地などで行うヒーローショーにも登場する。子供たちの夢を壊さないよう、私生活が管理されたり、プロ意識を徹底的に叩き込まれます。世界観を壊さないよう、演技指導も厳しくて、何度も撮り直しがある。演技未経験で『侍戦隊シンケンジャー』の主演に抜擢された松坂桃李なんて、序盤はボロボロでしたが、1年経(た)ち、撮影が終わるころには別人のように成長していましたから。特撮があったからこそ、いまがあるんです」

    対照的なのが、平成初期から中期にかけて人気を博したモデル出身の俳優たちだ。前出の芸能プロ幹部が嘆く。

    「元モデルの俳優といえば、阿部寛や米倉涼子、沢村一樹ら主役クラスが多数いますが、彼らは長い下積みを経ていまの地位にいる。ところが、最近のモデルたちは演技に挑戦してもなかなか結果が出ないとなると、すぐに心が折れてモデルの仕事に戻ってしまう子が多い。いまの時代、何ヵ月も拘束されるドラマや映画より、SNSで商品PRの投稿をするほうが稼げたりするので、無理に俳優に転身する必要はないってわけですよ」

    『モトカレマニア』(フジテレビ系)で新木優子(25)、『チート~詐欺師の皆さん、ご注意ください~』(日本テレビ系)では本田翼(27)が主演していて、いずれもモデル出身だが、「演技力には疑問符がつく」とキー局プロデューサーは言う。

    「いかに美しく見せるかを極めてきたモデルは俳優としての表現力が乏しく、引き出しも少ないので、オーバーアクションに走りがち。見ていて痛い」

    令和のドラマ界を才色兼備の特撮出身俳優たちがリードしつつある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00000001-friday-ent


    (出典 www.fashion-headline.com)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【法則】オダギリ、桃李、佐藤健…。「特撮出身」俳優は大成、大活躍する説】の続きを読む


    福山 雅治(ふくやま まさはる、1969年2月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、俳優、ラジオDJ、写真家、タレント、音楽プロデューサー。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブ名は「BROS.」(日本国外居住者は「BROS
    236キロバイト (16,400 語) - 2019年10月31日 (木) 16:17



    (出典 geitopi.com)


    自分自身が潔癖なのは構わないけど、人にまで押し付けてくる潔癖は嫌だよな・ω・

    1 ひかり ★

     福山雅治が、10月28日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)でプライベートを明かした。

     福山はきれい好きで、「飛行機、レストランのトイレも掃除する」という。その理由を「次にトイレに入った人に、自分が散らかしたと思われたくない。
    自意識過剰かもしれないけど」と笑っていた。

    「苦手なタイプ」を聞かれると、「場を盛り上げたり、サービス精神が一切ない人はあんまり好きじゃない」と告白。

     過去には、ドラマの打ち上げで冷めた態度の後輩に注意したこともあり、「『お前ちょっと来い!』ってカラオケボックスの外に出て説教というか、
    『お前、ふざけんな!』みたいなことやってましたもん」と振り返った。

     そんな福山の「取り扱い説明書」が公開され、ライブ、レコーディング、CM撮影など、現場で福山の求める食べ物などが詳細に明かされた。

     ライブ前に栄養ドリンクを飲むが、「そのまま飲むとのどが痛い」と豆乳とミックスするという。楽屋に置くお菓子については、「各地方の女子目線で
    選んでほしい」などさまざまなこだわりが明かされた。
     
     食べ物だけでなく、ライブ中のタオルは「白だと暗転したステージの上で目立ちすぎる」ため、黒を使うことなどを語った。

     福山はライブのこだわりとしてノーパンなことを、2018年4月2日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話2時間SP』(同局系)で明かしている。

     その理由は、以前3カ月で50本ほどのツアーを組んだ際、「着替えが間に合わなくて、ライブが終わった直後にシャワー浴びるときにまず
    パンツを洗うっていうサイクルで生活してた」からだという。

     だが、「熱狂と興奮のなか、歓声を浴びて、『みんなまた会おう、バイバイ』って帰って、すぐ全裸になってパンツを洗ってるギャップに耐えられなくて」
    と、それ以降ライブではノーパンにしているそうだ。

     11月1日公開の映画『マチネの終わりに』に主演している福山。さまざまなこだわりも、そのスター性をより引き立てる。

    FLASH
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00010008-flash-ent.view-000


    (出典 grapee.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【潔癖】きれい好きな福山雅治さん、飛行機やレストランのトイレを毎回掃除していた】の続きを読む


    松村 雄基(まつむら ゆうき、本名;松村 憲幸〈まつむら のりゆき〉、1963年11月7日 - )は、日本の俳優である。オールスターズ・カンパニー所属。身長178cm、体重63kg。 東京都文京区出身。「どこか遠くの世界のようだった」と思って元々俳優にはあまり興味がなかったが、中学生時代、同級生の母
    21キロバイト (2,563 語) - 2019年10月8日 (火) 10:08



    (出典 www.nikkansports.com)


    めちゃくちゃハマり役だったけどな・ω・

    1 フォーエバー ★

    ラグビーW杯に、いま日本中が沸いている。時をさかのぼり1984年、同じくラグビーが大きな話題を呼んだ。荒廃した高校のラグビー部が日本一になる、実話をもとにしたドラマ『スクール☆ウォーズ』がお茶の間の人気をさらったのだ。

     同作で、“高校イチのワル” から熱血ラグビー部員になった少年を演じていたのが、俳優の松村雄基(55)だ。

    「台本に『歌いながら殴る』と書いてあって、カルチャーショックを受けました。現場入りすると、『みんなマジなんだ』というのがひしひしと伝わってきて、これが大映ドラマか、と」

     当時は、全国的に不良ブームで、テレビ制作会社「大映テレビ」が作る青春ドラマが、ツッパリ文化の隆盛にひと役買っていた。

     松村は1984年、21歳のときに『少女が大人になる時 その細き道』(TBS系)で大映作品に初出演を果たして以来、『不良少女と呼ばれて』『スクール☆ウォーズ』など、同社のドラマには欠かせない存在になった。とくに松村が演じてきた不良少年役は、「カッコいい不良」の代名詞になり、絶大な人気を集めた。

    「初めて不良役を演じた『不良少女~』のとき、放送翌日には、電車のなかで僕のセリフのマネが聞こえて来るんですよ。セリフの言い方も独特で、名前を呼ぶんです、『〇〇、オマエが好きだぜー!』って(笑)。

     対面して僕を見ながら、『笙子~!(いとうまい子が演じたヒロイン役)』とマネを披露してくれる人もいました。セリフから覚えてもらえることは、嬉しかったですね」

    『不良少女~』で松村が演じた西村朝男は、オールバックに、白いダボダボのスーツ、黒のサテンのシャツという、ほぼワンパターンに統一されたファッション。

    「現場入りすると、その姿でずっといて、オールバックのままご飯を食べに行くわけですよ。だから、飲食店に居合わせたお客さんから、非常に好奇な目で見られていました。

     いま思えば、セリフも衣装も、現代で『2.5次元』の舞台がやっていることを、大映ドラマで劇画チックにやっていたのかなと。『大映ドラマは劇画だ』と言われていましたし。

     僕は『大映トリップ』と呼んでいますが、大映ドラマに触れて、その世界観に飛び込んだ瞬間、日常を忘れて旅をしたような感覚に陥ります。『日常にないものを見るのがドラマの醍醐味だ』と思ってやっていましたが、10年超のあいだで10作以上に出演していると、だんだんその世界が普通になって、無いと生きていけなくなっていました(笑)」

     大映イズムが色濃くあらわれた松村のツッパリ役は、世間のリアル不良少年たちからも尊敬を集めていた。

    「20歳を超えたぐらいのころです。ある日、高速を車で走っていたら、渋滞につかまりまして。止まって動かない状態から、ようやくノロノロ動き出したんですけど、僕のまわりが、みんな暴走族車だったんですよ。よく見渡してみると、料金所に10列ぐらいで並んでいる車も、全部そう。

     そのなかの1台に見つかって、『おい、松村だぜ!』って。それで、トロトロ走る僕の車に、10代後半の不良少年たちが次々にハコ乗りして近づいてきて、『握手してくれよ!』って手を出してくるんです。しょうがないから、運転しながら握手しましたね」

     その渋滞は、警察が暴走族車の「シャコタン(車高を落とす違法改造)」に検問を敷いたためにできたものだった。

    「不良少年たちの車と一緒に料金所を出ると、彼らはみんな、『はい、こっち寄って』と警官のほうに吸収されていくわけです。僕はふつうの車なので、別の道を行くんですが、道が分かれた彼らから、『松村さーん!』と大声で呼ばれまして。よく聞いてみると、『立派な不良になりまーす!!』って言ってるんですよ。

     もちろん改造車は良くないんですが、ドラマの僕を見てシンパシーを感じてくれたところに純粋さが見えまして、『かわいいな~』と思いましたね。僕はそのとき、彼らより少し年上でしたし」

     求められて握手をすると、「やった! ケンカ強くなった!!」と喜ばれることも。そうした少年たちを、温かい目で見ていた松村だが、困った状況になることも……。

    「ニコニコしながら『ケンカしてください』と言われたこともありました。どう対応したらいいかわからなくて、『いやいや、できないよ』と答えると、『お願いしますよ、ケンカしてくださいよ』って食い下がられて。

     そういう子たちは、プロレスラーや相撲取りにチャレンジするような感覚で来るんですよ。だから、悪気はない感じでしたね」

    10/11(金) 11:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191011-00010003-flash-ent

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 kaku-san.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【本当は優等生】「松村雄基」歌いながら人を殴る不良役に愕然】の続きを読む


    横浜 流星(よこはま りゅうせい、本名同じ、1996年9月16日 - )は、日本の俳優・モデル・歌手である。 神奈川県横浜市出身。スターダストプロモーション制作2部所属。 小学校6年生のとき、家族と一緒に初めて行った原宿でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属する。同事務所の男性タレント集団EBiDANの元メンバーである。
    31キロバイト (3,845 語) - 2019年10月4日 (金) 12:33



    (出典 fc.stardust.co.jp)


    最初はそっち方面進むかと思ってたけど、完全俳優さん志望なんだね。

    まぁそのほうが安定して稼げそうだしいいとは思う・ω・

    1 砂漠のマスカレード ★

    女優の吉高由里子(31)と俳優の横浜流星(23)が映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督、来年秋公開)で初共演することを、一部スポーツ紙が報じた。

    記事によると、2011年公開の韓国映画「ただ君だけ」が原作。吉高が演じるのは不慮の事故で視力と家族を失うも、明るく生きる明香里。
    そして横浜が演じるのは将来を期待されていたものの、過去の事件から心を閉ざしたキックボクサー・篠崎塁。そんな2人の純愛を描くという。

    そんな格闘家役に挑むことになった横浜だが、中学3年生の時に極真空手の世界大会で優勝した経験があることが知られている。

    劇中で横浜演じる塁は明香里の手術代のために、高額賞金が出る賭博試合への出場を決意するという。そのため役作りでは“本気モード”の横浜が見られそうだ。

    「横浜さんは小学6年生の時にスカウトされて現在の事務所へと入りました。しかしその後も、中学時代は極真空手の練習を熱心に続けていたそうです。
    将来的に世界王者も目指せるほどの逸材だったと聞きました。今回は極真空手ではなくキックボクシングですが、種目が違ったとしてもその才能は行かされるはず。
    その肉体美も相まって、迫力のあるシーンが期待できそうです」(芸能関係者)

    得意の格闘技を武器に、さらに俳優としてステップアップしそうだ。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17183724/
    2019年10月4日 19時41分 女性自身


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 toshitoshi.info)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【逸材】横浜流星が新作で見せる極真空手の実力が世界レベルだった!】の続きを読む


    城田 (しろた ゆう、スペイン語:Yu Shirota Fernández、1985年12月26日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、シンガーソングライター。IMYのメンバー。 東京都出身。私立堀越高等学校 卒業。同級生に上戸彩、蒼井、山下智久らがいる。身長190cm、靴のサイズ29
    67キロバイト (8,364 語) - 2019年9月20日 (金) 13:04



    (出典 eiga.k-img.com)


    芸能人は自分の私生活を切り売りして稼いでるようなもんだから、ある程度致し方ないんじゃないの?

    それが嫌なら芸能界やめればいいと思う(*_*)

    1 ひかり ★

    俳優城田優(33)が、盗撮する一般人に対し「次回から撮り返すことにする」と警告した。

    城田は29日、ツイッターを更新。「隠し撮りする人って、相手に気付かれてないと思って撮ってるんだろうけど、撮られてる側はめっちゃくちゃわかるからね。
    大体の場合は、撮るのに必死で携帯の向きとか不自然だから笑」と書き出した。

    「撮りたくなる気持ちはとても良くわかる」と一定の理解を示した上で、「でも”撮られる気持ち”もわかって欲しいから、次回から撮り返すことにする」と
    宣言した。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09300383-nksports-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    にほんブログ村 芸能ブログへ
    にほんブログ村 【【警告⚠️】城田優、盗撮する一般人へ「次回から撮り返す!」】の続きを読む

    このページのトップヘ