芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 女子アナ


    田中 みな(たなか みなみ、1986年11月23日 - )は、日本の、女性フリーアナウンサー・タレント。元TBSアナウンサー。 1986年11月23日(午前10時54分)に、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にて出生、出身は「埼玉県朝霞市」である。 アメリカ合衆国にて出生したのでミドルネー
    22キロバイト (2,829 語) - 2018年8月8日 (水) 06:11



    (出典 auctions.afimg.jp)


    こんな可愛い子と付き合ったら男も狂うよな・ω・;

    1 湛然 ★

    2018.10.17
    田中みな実 極端な人間不信と警戒心を告白 共演者は苦笑

     フリーアナウンサー・田中みな実が17日、日本テレビ系で放送された「今夜くらべてみました 豪華女子会SP」に出演。極端な人間不信ぶりで共演者をどん引きさせた。

     社会学者の古市憲寿、渡辺直美らとのロケ。古市が約100人を集める自身の誕生日会を自ら主催した話題に関連し、意外な素顔を明かした。

     田中は「私は逆に(食事などは)2人でしか行かない。友達とかも。3人とか4人とか(人数が)増えれば増えるほど、不信感が募っていくから」と2人でしか出かけない理由が“人間不信”であることを告白。
    例えば、3人以上で食事などに行ったとして、誰かが「○○ちゃんって、すごい嫌だよね」と言ったことに「そうなんだ」と返すと、「同調だと思われる。『嫌だ、って言ってたよ』って(なっちゃう)。女の子ってそういうのあるんですよ」とすさまじい警戒心をあらわにした。

     田中のこの発言に、古市は「今、田中さんがすごい上手だなー、と思ったのが、2人で食事行った時の悪口も、自分でなくて、相手が言った、っていう体(テイ)にしてるじゃないですか」と指摘。
    田中は「だって、言わないもん!信用できないから」と即座に切り返し、古市らを苦笑させた。

     同席した古市の親友の編集者は「どんなつらい人生送ってきたんだろう、って思いました」とつぶやいていた。


    田中みな実

    (出典 i.daily.jp)


    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/17/0011739744.shtml


    (出典 auctions.afimg.jp)



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    【【田中みな実】共演者を引かせるほどの極端な人間不信と警戒心…過去のオトコの影響か?】の続きを読む


    有働 由美子(うどう ゆみこ、1969年3月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。ナチュラルエイト所属。 鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)で生まれ、兵庫県、大阪府で育つ。両親は熊本県の出身。妹が1人いる。趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。中学・高校
    43キロバイト (5,711 語) - 2018年10月10日 (水) 01:09



    (出典 joshiana-room.com)


    村尾キャスターのときはいくつだったんだろ…そこと比べないとなんとも…

    1 ひかり ★ :2018/10/16(火) 00:14:02.82 ID:CAP_USER9.net

    10/15(月) 19:26配信 デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000114-dal-ent
     今年3月でNHKを退職したフリーアナウンサー、有働由美子(49)がキャスターを務めることで注目を集め、今月1日にスタートした日本テレビ系
    「news zero」の視聴率が、大方の予想に反して下降線をたどっていることが15日、分かった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ)

     1日の初日は10・0%と高視聴率をマーク。2日目も10・4%と2日連続で10%の大台を超えたことが話題になったが、その後は下降傾向が続き、
    12日は4・6%と新生「zero」では最低を記録。もともと金曜日の数字が低かった同番組だが、初日の数字の半分にも届かないことを想像した人は
    少なかっただろう。

     スタートから2週間を終えた時点での平均視聴率は7・67%(デイリースポーツ集計)と低迷している。

     新しくなった「zero」は、これまでの夜のニュース番組とは趣を変え、どちらかといえば「あさイチ」的情報番組の色合いがみられる。

     ◆有働「zero」の視聴率推移◆ 1日 10・0%、2日 10・4%、3日 7・9%、4日 8・4%、5日 6・6%、8日 8・4%、
    9日 8・2%、10日6・3%、11日5・9%、12日4・6%。

     一方、同時間帯のTBS系「NEWS 23」は1日 3・8%、2日 4・5%、3日 4・5%、4日 4・5%、5日 5・1%、8日 4・8%、
    9日 3・4%、10日3・6%、11日4・4%、12日 3・8%(※視聴率は前半46分間のもの)となっている。

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539599458/


    【「NEWS ZERO」2週間で視聴率が“半減”で有働さんピンチ⁉ 】の続きを読む



    (出典 chichan323.xsrv.jp)


    日曜日の癒やしを返せー(´・ω・`)⁄

    1 Egg ★

    10月7日、日曜日の夕方6時頃、東京・渋谷の人混みを仲睦じく歩く男女の姿があった。ボーダー柄のTシャツにハーフパンツ姿の男性が手をつなごうとするが、小柄な女性は笑顔で振り払う。さらに男性は肩や腰に手を回そうとするものの、女性が「ダメよっ、もうっ」とばかりに振り払うが、その表情はにこやかそのもの。

     女性は「日曜朝のメガネ美女」として知られるフリーアナウンサー・唐橋ユミ(43)だ。この日の午前中は、キャスターを務める『サンデーモーニング』(TBS系)の出演を終えたばかり。リラックスした様子の唐橋は、白いTシャツにジャンパースカートというラフな服装で、トレードマークのメガネを外し、出演時とは雰囲気がガラリと違う。

     本人は自著で〈メガネを外すことは下着を脱ぐのと同じくらい恥ずかしい〉(『わたしの空気のつくりかた』より)と綴っていたが、テレビでは見せることのないメガネなしの表情も魅力的だ。

     お相手の男性は、映像監督・脚本家の成瀬活雄氏(55)である。1997年に映画『不機嫌な果実』で監督デビューし、ドラマ『嫌われ松子の一生』『小さな巨人』(ともにTBS系)などの脚本も手掛けてきた。

     この日は、渋谷の大衆居酒屋で食事をした後、歩いて帰路についた2人。帰り道になると、成瀬氏が唐橋の腰に手を回したり、頭や首を撫でたりしても、彼女が拒む様子はなかった。そして2人は同じマンションへ寄り添いながら吸い込まれていった──。

    「成瀬さんのトークイベントで唐橋さんが司会をしたり、ツイッター上でやりとりをしたりと、以前から2人は親しかった。昨年12月頃、唐橋さんの住むマンションに成瀬さんが引っ越す形で同棲生活が始まったようです」(芸能関係者)

     冒頭のデートの2日後の夜、2人がマンションに帰ってきたところを直撃した。

     この日も唐橋はメガネを外しており、お酒が入っているのか、少しトロンとした表情。記者が交際について質問すると、唐橋は「ごめんなさい」と2回繰り返し、かばうように彼女に寄り添う成瀬氏に促されながら、マンションに入っていった。

     その後、唐橋は所属事務所を通じて「チャンスを逃すのはまずい年頃なので、そっと見守ってください!」と回答。成瀬氏の事務所は「プライベートなことは関知しておりません」と答えた。

     この“初ロマンス”、きっと番組のスポーツコーナーで隣に座る張さん(張本勲氏)も、“あっぱれ”を贈るはず。

    ※週刊ポスト2018年10月26日号

    2018年10月13日 16時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15439563/

    写真
    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<日曜朝の癒やしのメガネ>唐橋ユミにオトコがいた! 中年男性ファン落胆】の続きを読む


    有働 由美子(うどう ゆみこ、1969年3月22日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ジャーナリスト。元NHKアナウンサー。ナチュラルエイト所属。 鹿児島県日置郡郡山町(現・鹿児島市)で生まれ、兵庫県、大阪府で育つ。両親は熊本県の出身。妹が1人いる。趣味は読書、旅行、料理など。剣道2段。中学
    42キロバイト (5,667 語) - 2018年10月3日 (水) 07:33



    (出典 image.news.livedoor.com)


    タモさんの言うとおり〜
    亀の甲より年の功(^^)

    1

    https://myjitsu.jp/archives/63693
    まいじつ
    2018.10.03 11:00

    10月2日に放送された『NEWS ZERO』(日本テレビ系)で、10月からの新キャスター・有働由美子がタモリと対談。タモリが「有働は人を小バカにしたようなところがある」と評する一幕があった。

    対談は「テレビについての考え方」がテーマ。フリーになった有働アナは「何か変える必要があるか」と聞くと、タモリは「そのままでいいんじゃないですか。変える必要はない」とアドバイスした。

    番組開始初日に「みなさんと一緒にニュースについて考えたい」と話していた有働は「自分(のこと)は置いておいて、視聴者の方が『何が分からないか』を考える癖をつけている。自分が面白いかはわからない」と悩む有働に、タモリは「自分が面白いからやっている。他人が面白いかどうかは分からない」と、まずは自分がテレビに出演することを楽しむことを重視すべきと説いた。

    有働由美子、初日に続き進行を止める場面も

    話題は有働がNHKに在局していた時代の思い出話に移った。「以前、VTRでタモリさんからメッセージをいただいたことがある」と切り出した有働は、タモリから「有働はゲストが来ても人を小バカにしたようなところがある。一度、僕の人生を全否定してほしい」との言葉をもらったという。タモリは「男というのは女の子から叱られたい」とその言葉の真意を語った。

    この日のタモリと有働の対談は番組中盤に設けられ、その前後にニュースを入れる構成だった。前後のニュースに対する有働のコメントを耳にした視聴者は、タモリの「小バカ」発言に同調。

    《有働アナの言葉選びが少し気になる。タモリさんが有働さんは相手を小馬鹿にするでしょ、と言ってるとことリンクする》
    《タモリさんとのVTRみてしっくりきた。小馬鹿感がしゃくにさわる》

    といった批判的な声を上げている。タモリは褒めるつもりで言っていそうだが…。

    またこの日は、対談のVTR後に有働が進行を止めてしまう一幕も。初日に続く「失態」に「すいません、まだ日本テレビさん(の進め方)に慣れていない」と謝る場面も見られた。これには一部視聴者から

    《VTR明け以降の有働さんの空回り感やばいな…やっぱ民放は慣れませんかね》
    《新人じゃないのに不慣れな感じを出しすぎでちょっと疲れる》

    など冷ややかな声が多数。

    まだ番組はスタートしたばかり。少しずつ慣れていってほしい。


    【【タモリ】,迷走する有働由美子に助言『まずは自分が楽しむこと』】の続きを読む



    (出典 aikru.com)


    確かに、男が歌に浸るって時点でもう軽く引くけどね…

    1

    9月30日に放送された『関ジャム』(テレビ朝日系)にタレントの高橋真麻がゲスト出演。
    番組では男女別に支持されている「泣ける歌」を紹介したが、そこで展開した恋愛に関する「持論」がネットユーザーから批判される展開となった。

    この日は高橋と古田新太のゲスト陣に加え、作詞家のZOPP氏や音楽家の冨田ラボ氏ら音楽の専門家も出演。
    音程や歌詞を分析しながら男女別に「泣ける歌」を調査することに。ランキングが紹介される前に高橋は「失恋したときに聴いた曲とか、ストーリーがあると(女性にとっては泣ける)」と前置きした。

    ?
    高橋真麻、『シングルベッド』を「引く」と批判
    番組内で、男が泣ける歌として『シングルベッド』(シャ乱Q)などが紹介されると、高橋は「これを歌って男性が泣くと聞いたら引く」と切り出す。
    ランキング入りした楽曲のうち『家族になろうよ』(福山雅治)こそ「未来のことを歌ったもの」と評価したものの、
    高橋は『シングルベッド』の歌詞は「過去の栄光と過去の思い出にこだわるな! と思ってしまう」と男性に対して痛烈にダメ出しした。

    一方、女性が泣ける歌として『LEMON』(米津玄師)、『瞳をとじて』(平井堅)などが紹介されると高橋は一転、ランキングを称賛。「女性は『上書き体質』。
    恋愛も(過去の記憶を消しながら)上書きしていく。男性はフォルダ(に別名保存)」と説明しながら、暗に男性の恋愛に対する考え方を批判していた。

    ランキングのトップ10の顔ぶれを見た高橋は、ランキングすべてを男性アーティストの楽曲が占めたことに「女性が1人も入らないなんてこと、あり得ます?」と腕を組みながら不満顔。
    ZOPP氏から「社会人になってから、男性は男性と付き合う時間の方が長い」などと説明されると、納得いかなそうな顔をしながらもうなずいていた。

    高橋が延々と男女の違いや恋愛観を口にしたことについて、ネットユーザーは高橋を口々に批判していた。

    《高橋真麻に恋愛うんぬん、女は上書きうんぬん、言われるとイラッときて内容が入ってこない》
    《高橋真麻が女性の代弁者みたいな感じで話しているのを見て「苦手だな」と思った》
    《男女に分けて対比させる企画で女性ゲストがひとり。しかもそのひとりが高橋真麻ってなんなの》
    《『シングルベッド』は女でもわかるよ。女性の代表面しないで》

    36歳でいまだ独身の高橋。恋愛を語るにはまだ早かったかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1531049/
    2018.10.01 15:30 まいじ


    (出典 Youtube)

    シャ乱Q「シングルベッド」(MV)


    【【シャ乱Q】高橋真麻が『シングルベッド』を批判して視聴者から反発喰らう】の続きを読む

    このページのトップヘ