芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    カテゴリ: 芸能


    カイヤ (カイヤ川崎からのリダイレクト)
    カイヤ(Caiya、1962年[要出典]5月25日 - )は、アメリカ合衆国シカゴ出身のタレント(外国人タレント)、元ファッションモデル。旧芸名、キャロリン・ハイガー、カイヤ 川崎(カイヤ かわさき)。本名、Carolyn Kawasaki。 アメリカ・イリノイ州ジャーマンバレー出身。所属事務所はスカイコーポレーション。夫
    9キロバイト (805 語) - 2017年10月1日 (日) 09:52



    (出典 portal.st-img.jp)


    なんだかんだここまでよく続いたほうだよ
    ・ω・;

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/14(日) 16:41:17.00

     俳優の川崎麻世(55)と離婚訴訟中のタレントのカイヤ(56)が14日、自身のブログを更新した。

     「皆さん、私事で世間を大変お騒がせしております。麻世のことを1人の人間としても、大切な子供たちの父親としても大切に想っていましたが、このようなことになり、困惑しております」と心境。2014年8月にはテレビ番組で交際男性が11人いると告白したが「私も本当は友人なのに12人の彼氏がいると言って、麻世の心の中に私がまだいるかを確かめたかった」と、その理由を明かし「私もしっかりと心を整理し、向き合い、落ち着きましたら、皆さんにまたご報告したいと思います。愛してるよ」と締めくくった。

     前日13日には、東京都内で行われたデヴィ夫人(78)が理事長を務めるNPO法人のチャリティーパーティーに出席。左手薬指に指輪はなく、報道陣の質問に答えることなく会場を後にした。

     川崎が離婚を求めて東京家裁に提訴していたことが今月10日に判明。離婚調停が決裂し、裁判にまで発展。30日に本人の尋問が行われる。スポニチ本紙の取材によると、川崎が約2年前に離婚調停を家裁に申し立てたというが、条件面で合意に至らなかった。夫婦間で都内の自宅の賃貸料などをめぐる金銭トラブルに発展している。

    [ 2018年10月14日 16:20 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/14/kiji/20181014s00041000249000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【カイヤ『マヨ離婚はイヤダヨ!12人の彼氏はマヨの気持ち確かめたダケヨ!』】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    バイタリティと行動力が凄いんだろうな…こうゆう人

    1 風吹けば名無し :2018/10/15(月) 10:00:30.08 ID:Gpa9rLof0.net

     元アイドリング!!!でタレントの菊地亜美(28)が14日、大阪市内で2月に結婚した5歳年上の一般男性と挙式・披露宴を行った。
     共通の知人の食事会で知り合い、17年初頭から交際。同年11月にプロポーズを受け、今年2月1日に入籍した。夫は大阪在住で、菊地は東京と行き来する生活を続けている。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/10/14/0011732465.shtml

    (出典 i.daily.jp)

    夫(一番左)

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【挙式】菊地亜美(28) お相手は年収4000万一般男性(33)】の続きを読む


    小倉 優香(おぐら ゆうか、1998年9月5日 - )は、日本の女優、モデル、グラビアアイドルである。 2013年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルを選出するオーディション「ミスセブンティーン」でファイナリストに選出され、数社のスカウトから水原希子がエイジアクロスの所属であること
    17キロバイト (1,877 語) - 2018年10月11日 (木) 16:23



    (出典 kyun2-girls.com)


    確かにリアル峰不二子は言い過ぎとは思うけど…

    1 ストラト ★ :2018/10/10(水) 00:10:47.48 ID:CAP_USER9.net

    グラビアタレントで女優の小倉優香が10日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)45号の表紙&巻頭グラビアに登場する。

    1st写真集「ぐらでーしょん」を発売し、TVドラマ「チア☆ダン」にも出演と、活躍ぶりを見せる彼女。
    今回は、先月20歳になったばかりの彼女を撮り下ろし。
    16Pのボリュームでその魅力を楽しめる。

    セクシーな表情を浮かべるバスタブでのシーン、プールサイドで眩しい笑顔を咲かせる元気なショットと様々な姿を見せた。

    http://mdpr.jp/news/detail/1797572

    「週刊少年マガジン」(講談社)45号 小倉優香

    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    【“リアル峰不二子”小倉優香 更に色気増すもネットではアンチの嵐か…】の続きを読む


    抱きしめてFall in love(2002年7月30日、エヌプランニング、NYCK-00009) ※川崎麻世 with 三美名義 抱きしめてFall in love - 作詞:川崎麻世・山下直美、作曲:山下直美 愛を確かめましょうネ - 作詞・作曲:山下直美 無条件(2015年7月1日、徳間ジャパン、TKCA-90714)
    30キロバイト (3,662 語) - 2018年10月11日 (木) 01:52



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 Egg ★

    泥沼の裁判に突入したタレントの川崎麻世(55)カイヤ(56)夫妻の離婚問題で、川崎が裁判してでも早期の離婚を強く望む理由として
    「自分が住んでもいない自宅の家賃を延々と払い続けるのはもうイヤだ。限界だ」と周囲に話していたことが11日、分かった。

    本紙の取材では、都内にある夫妻の一軒家は、不倫問題とカイヤへの不満が募っていた川崎が家出し、2000年ごろから母子3人で生活してきた。
    不動産業者によると、家賃は30万円以上。名義人は川崎で、別居してから18年ほどたっているが、滞納せず全額支払われてきた。

    そんな川崎が離婚調停を起こしたのが2年前。子供が2人とも成人したタイミングだったが、カイヤ側の出席が一度もないまま1年後に不成立となった。
    ただ「仕事上すぐには離婚できない」というカイヤ側の希望があり、川崎は1年間待ったが、状況が変わらなかったため裁判に踏み切ったという。

    この離婚調停の不調に合わせるように、水面下で勃発していたのが、自宅家賃を巡っての金銭トラブルだ。川崎はこれまで支払ってきた家賃とほぼ同額の5000万円を、カイヤに支払うよう求めているという。

    別居中の住居費は婚姻費用として川崎にも支払う義務があるが「子供が成人した今は“もう勘弁してほしい”というのが本音。
    この夫婦関係のまま、この先も延々と家賃を払い続けるのはさすがにおかしいと思っている」(知人)。5000万円の請求は強い姿勢を示すためのブラフ的な要素もありそうだが
    「婚姻関係が破綻している中での長期にわたる家賃負担に決着をつけたい」という思いが、離婚裁判に踏み切った背景にあるという。

    「別居ビジネス」ともいわれた夫婦だったが、18年間の長すぎる別居期間に積み重なった自宅家賃は、もはやビジネスが生む“うまみ”を上回ってしまったのか。
    カイヤはこの日、自宅前で本紙などの取材に「家族が大変。話すことはないです」とし、涙を浮かべた。一方、ブログでは「後日改めてご報告ができると思います」と主張したい内容があることをうかがわせた。

    10/12(金) 5:33配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000003-spnannex-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【川崎麻世 カイヤよ早く離婚してくれ…「家賃払うのはもうイヤだ」...】の続きを読む


    1925年) 3月19日 - 青木裕、日本のミュージシャン、downyのメンバー(* 1970年) 3月23日 - 大本萌景、日本のアイドル、愛の葉Girlsのメンバー(* 2001年?)活動自粛 3月25日 - ミヌ、韓国のアイドル、100%リーダー(*1985年) 3月28日
    118キロバイト (13,731 語) - 2018年10月3日 (水) 21:24



    (出典 kanadeto.com)


    ありえない…自分たちはどんだけ儲けてやがる…

    1 nita ★

    2018年10月11日 朝刊

     愛媛県が拠点のアイドル「愛(え)の葉Girls(ガールズ)」メンバーとして活動し、三月に自殺した大本萌景(ほのか)さん=当時(16)=の遺族が、自殺は所属会社「Hプロジェクト」によるパワハラや過酷な労働環境で精神的に追い詰められたためとして、代表取締役らに計約九千二百万円の損害賠償を求める訴訟を松山地裁に起こすことが十日、分かった。

     遺族側の説明によると、愛の葉Girlsはアイドルとしての活動以外に農作業もして農業の魅力を発信するグループ。大本さんは中学生だった二〇一五年にオーディションを受け、同社に所属した。しかし、物販などのイベントが一回に平均十時間以上あり、早朝から深夜まで拘束されるなどの過重労働。十分に休みも与えられず、脱退を申し出るとスタッフから暴力的なメッセージを受けるなど、パワハラを複数回受けたと主張している。

     遺族側はさらに、高校の進学費用を会社が貸し付ける約束だったが、今年三月、脱退の意向を持ち始めたことを知ったスタッフが貸し付けを撤回。その日の夜、代表取締役はLINE(ライン)の通話で大本さんに謝るよう求め、大本さんは「一億円を支払え」とも言われたと友人に打ち明けていたと主張している。

     大本さんは翌日、母親に対し代表取締役に会うことが「怖い」と発言。出席予定のイベントに現れず、自宅で自殺しているのを母親が発見した。

     代表取締役は十日、取材に対し「一億円の件は話をしたことはない」と否定。六月に取材した際は、スタッフが高圧的なメッセージを送ったことは認めていた。

     遺族は十一日、東京都内で記者会見し、十二日に提訴する。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201810/CK2018101102000146.html


    【【自殺】ご当地アイドル“愛の葉Girls”『パワハラあった』遺族が所属先を提訴】の続きを読む

    このページのトップヘ