芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    2018年11月


    徴用工問題(ちょうようこうもんだい)とは、第二次世界大戦中日本の統治下にあった朝鮮および中国において、日本の企業によって徴用された市民による訴訟問題。元徴用工は奴隷のように扱われたとし、日本の複数の企業を相手に多くの元徴用工が訴訟を起こしている。2018年10月30日、韓国の最高裁にあたる大法院は
    3キロバイト (520 語) - 2018年10月31日 (水) 15:44



    (出典 ryuko1998.com)


    そうなんかー…結局払うのかな…日本人だから仕方ないかー・ω・

    1 Toy Soldiers ★

    ※韓国はオールフリー

     韓国最高裁が元徴用工裁判で原告の請求権を認め、日本企業に賠償を求める初の確定判決を出した。日本政府と対立する結論だが、摩擦がこれ以上拡大しないよう、関係者の歩み寄りを促したい。

     原告は朝鮮半島の植民地時代に強制労働をさせられたとして補償を求め、日本国内で提訴。敗訴したため、韓国で裁判を起こした。
     日本政府は、元徴用工の対日賠償請求権問題に関しては一九六五年の日韓国交正常化に伴って結ばれた請求権協定で「完全かつ最終的に解決した」ことを確認している。
     ただ、日本政府は国会答弁で、個人が賠償を求める「請求権」自体は残っているとも説明してきた。個人が賠償を求めて提訴はできるが、日本側には賠償責任はない、との考え方だった。
     韓国の政府、司法も同じ解釈を取っていた。ところが韓国大法院(最高裁)が二〇一二年五月、元徴用工の請求権を初めて認める高裁差し戻し判決を言い渡し、問題が再燃した。
     この日の判決も、「賠償請求権は、協定には含まれない」と踏み込んでおり、日本側からは、請求権協定を否定したものだとの批判が出ている。

     河野太郎外相も確定判決を受けて、外務省に韓国の李洙勲(イスフン)駐日大使を呼び、「国際社会の常識では考えられないことが起きた」と抗議した。韓国政府は司法の判断に従う方針だが、日韓関係を踏まえた慎重な対応を求めたい。
     一方で、元徴用工による裁判は新日鉄住金、三菱重工業など約七十社を相手取って計十五件にのぼり、原告は千人近くになる。
     戦後七十年以上たって、いまだに訴訟が続く背景も考えたい。過酷な環境で働かされたことを法廷で証明し、謝罪を受けたいという原告の切実な思いがあるのだ。
     原告の一人は「一日十二時間働かされた」と証言した。国家間の協定の陰で後回しにされてきた心の痛みを、無視できるだろうか。
     日韓間では、最近も自衛艦旗や、竹島問題をめぐりぎくしゃくが絶えない。しかし、北朝鮮問題をはじめ両国の協力は欠かせない。
     原則論をぶつけ合うだけでなく、原告と被告企業をつなぐ接点はないか、政府レベルでも探る必要があるだろう。例えば基金をつくって賠償をする方式も、専門家の間で論議されているという。
     摩擦を拡大させず、冷静に和解策を探ってほしい。

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018103102000163.html


    【【んなアホな】韓国徴用工問題…専門家の間では『基金をつくって賠償をする方式』も論議(東京新聞)】の続きを読む


    花田 (はなだ まさる、1971年1月20日 - )は、東京都中野区(出生地は杉並区)出身で二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属の元大相撲力士、第66代横綱・若乃花 勝(わかのはな まさる)、3代目若乃花となる。父は元大関の貴ノ花、母は女優の藤田紀子、弟は第65代横綱の貴乃花、伯父は第45代横綱
    52キロバイト (6,471 語) - 2018年10月30日 (火) 23:20



    (出典 news.nifty.com)


    ステーキは顎との勝負・ω・;

    1 砂漠のマスカレード ★

    大相撲の元横綱・若乃花でタレントの花田虎上が、30日に自身のアメブロを更新。
    ステーキ専門の飲食店チェーン『いきなり!ステーキ』に行き、600gのステーキを完食したことを明かした。

    花田は「疲れてる、元気が出ない。という事でまた来ました!いきなりステーキ!結局毎日肉を食べています」と明かし、
    ハイボールを飲んでいる写真や大根サラダの写真を公開した。

    また、ブログでは「国産リブロースステーキ600グラム」をナイフで切って頬張っている動画なども公開、
    「今日の肉は脂身が多かった」としながらも「もちろん完食」と食べ終わった皿の写真を公開し、
    「600グラムでも足りなかった 次は700グラムにしようかな?」とまだまだお腹に余裕がある様子。

    これに対してファンからは「お兄ちゃんいい顔してますね。」「600って、スゲェーです」「たくさん食べて元気になって下さいね」「めちゃ美味しそう~!!」などのコメントが寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15526950/
    2018年10月31日 17時29分 アメーバニュース


    (出典 tblg.k-img.com)


    【花田虎上『いきなり!ステーキ』で肉600g完食ドヤ顔も「いやいや少なすぎるだろ」の声】の続きを読む


    今田 (いまだ みお、1997年3月5日 - )は、日本の女優。福岡県福岡市出身。株式会社コンテンツ 3(旧 BIGFACE)所属。身長:157cm。スリーサイズ:B80cm,W60cm,H83cm。シューズ:S23.5cm。 高校2年生16歳の時に福岡の天神でスカウトされ、福岡のモデル事務所に所属。
    39キロバイト (5,087 語) - 2018年10月30日 (火) 03:05



    (出典 pbs.twimg.com)


    かんなに顔と身体が両立するなんて…・ω・✱

    1 ストラト ★

    女優の今田美桜(21)が、11月1日発売の『週刊ヤングジャンプ』48号(集英社)の表紙に登場。
    この1年で大きく飛躍したブレイク女優が、普段は見せない「素顔」を披露した。

    地元・福岡で芸能活動していた今田は、昨年4月にスポーツ紙で「福岡で一番かわいい女の子」と紹介されて話題に。
    上京後に芸能活動を本格化させ、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』ではメインキャストの真矢愛莉を演じて一気にブレイク。
    インスタグラムのフォロワーは120万人を超えるなど、男女双方から注目を集めている。

    今回のグラビアは、浴衣ではしゃぐ一面や公園でのんびり過ごす姿など、プライベート感がたっぷり。
    発売中の1st写真集『生命力』では初のランジェリーカットに挑戦し、現在放送中の月9ドラマ『SUITS/スーツ』、さらにテレビCMへの出演も相次ぐなど、さらなる飛躍を期待させる美女が、等身大の美しさを見せつけた。

    また、同号のセンターグラビアには元アイドルグループ・チーキーパレードの関根優那(24)、巻末グラビアにはタレントの出口亜梨沙(26)が登場。
    巻頭カラー漫画は新連載『リビドーズ』(笠原真樹)。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00000303-oric-ent

    『週刊ヤングジャンプ』48号 今田美桜

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    【「福岡で一番かわいい女の子」今田美桜「ヤンジャン」で魅せた! 反則級のカラダ♡】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    整形整形言われてるけどホントのところはどうなんでしょうか・ω・;

    1 砂漠のマスカレード ★

    40代の音楽出版会社代表取締役男性と結婚した杉原杏璃(36)が発表から一夜明けた27日、都内でイベント「HAPPYWOMAN BUNKASAI 2018」出演前に取材に応じた。

    相手は10年以上前からの友人で、交際期間は約1年。「周りを見たとき、10年も応援して『大好き』と言ってくれる人は彼しかいなかったので、これは逃してはいけないと思った」と笑顔で話した。
    大粒のダイヤがあしらわれたカルティエの婚約指輪も披露し、「1カラット以上はあるんじゃないですかね」。子どもについて聞かれると「できればいいな」と答えた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15509763/
    2018年10月28日 7時47分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 www.sofmap.com)



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    【【ドンの息子?】杉原杏璃、交際1年で結婚「逃してはいけない」その相手がスゴかった!】の続きを読む

    このページのトップヘ