芸能一本道

ジャニーズ、アイドル、グラビアから、はたまた女子アナまで、管理人の趣味の下に幅広く取り扱っております('ω')

    2018年09月


    『半分、青い。』朝ドラ史上稀に見る“特異な”盛り上がり 現代ならではSNSとのマッチング
    9月29日、ついに最終回を迎えたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』。永野芽郁、佐藤健ら俳優陣、同枠や作品の人気はもちろんだが、より注目度を上げたのが、リアルタイムで毎朝飛び交う視聴者による感想ツイートだった。そこには脚本の北川悦吏子氏も参戦し、結果本作は、朝ドラの中で歴代1位と言えそうな一種独特な盛り上がりを見せた。再放送含め1日計4回放送される特性も生かした朝ドラ。SNSとの驚異のマッチングを見せた同作をロールモデルとする事で、SNS時代におけるドラマの在り方が見えてくる。
    (出典:ORICON NEWS)


    半分青い。』(はんぶん、あおい。)は、2018年度上半期放送のNHK「連続テレビ小説」第98作目の作品である。2018年4月2日から9月29日まで放送された。 2017年2月22日に制作発表され、脚本は北川悦吏子の書き下ろしによるオリジナルストーリー。本作の企画は5年ほど前に遡る。北川が
    214キロバイト (29,167 語) - 2018年9月30日 (日) 02:58



    (出典 agora-web.jp)


    でもここまて視聴率とれたってことは成功『当たりドラマ』でいいんじゃないか?

    【【終幕】賛否両論?『半分青い』に様々な意見…】の続きを読む


    岡村 隆史(おかむら たかし、1970年7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者であり、お笑いコンビ・ナインティナインのボケ、ネタ製作担当である。相方は矢部浩之。 大阪府大阪市東淀川区出身。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)の第9期生。
    39キロバイト (5,197 語) - 2018年9月20日 (木) 02:30



    (出典 img.jisin.jp)


    ナイナイも歳とったなぁ…とか思わされる今日このごろ

    1

    「ナインティナイン」の岡村隆史
     お笑いコンビ「ナインティナイン」が29日放送のフジテレビ「ENGEIグランドスラムLIVE」(土曜後7・57)に生出演。今週デート報道のあった岡村隆史(48)が相方の矢部浩之(46)にイジられる場面があった。

     矢部はオープニングで週刊誌「女性セブン」に掲載された、岡村の一般女性とのデート報道について触れ「今夜は豪華な顔ぶれで。岡村さん、これは『ULTRA JAPAN』より盛り上がるんじゃないですか?」とデートで訪れたライブ名を挙げて笑いを誘った。

     岡村は「ありがとうございます!もうちょっとね、世間がざわつくかと思いましたが、ざわついてんのはアローン会だけで、」と反応。矢部が「きょうは美女連れてきてないんですか」と続けると「今日お台場に連れてきたらパパラッチさん凄いことになりますから、自宅待機で…」とコメントした。

    9/29(土) 20:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000155-spnannex-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【『ナイナイ矢部』番組生放送で相方岡村の“デート報道”に切れ味鋭いツッコミ⁉】の続きを読む


    テリー伊藤(テリー いとう、1949年12月27日 - )は、日本の演出家、テレビプロデューサー、タレント、司会者、評論家、著作家。本名は伊藤 輝夫(いとう てるお)で、芸名の「テリー」は本名の輝夫を捩ったもの。東京都中央区築地出身。本籍地は千葉県山武郡横芝光町。身長174cm。血液型はO型。
    46キロバイト (6,001 語) - 2018年8月19日 (日) 11:35



    (出典 www.asagei.com)


    なんつーか、この人もまたパフォーマンスの人だよね

    1

    28日放送、BS日テレ「深層NEWS」に、コメンテーターのテリー伊藤氏が出演。
    元横綱・貴乃花親方の引退について語った。

    相撲協会との対立から引退という道を選んだ貴乃花親方。
    テリー氏は「一兵卒」になると話していた貴乃花親方に「耐えることも一兵卒」「なんで耐えられなかったのか」と批判的な見解を示した。

    さらに、テリー氏は元横綱・日馬富士の貴ノ岩暴行事件以前から、貴乃花親方が協会内で孤立していたと指摘。
    兄や母親と揉めた過去を引き合いに出し、「敵をつくることによって自分のパワーをつくっていく」と、貴乃花親方が“仮想敵”をつくる考え方ではないかと述べた。

    貴乃花親方が望んでいた改革の中身が分からなかったというテリー氏は、協会側も改革しようと努力していたはずだと主張。
    そこから距離を置こうとしていた貴乃花親方が「野党っぽい感じがする」と表現した。

    また、テリー氏は貴乃花親方が会見で「弟子を守るため」と繰り返していたことにも疑問を投げかけ、「弟子を盾にしている」と指摘。
    「僕が弟子だったらプレッシャーに感じる」「会見で何度も弟子という言葉を使うのは弟子に対して失礼」と述べ、弟子たちが自由に選ぶのではなく、貴乃花親方が千賀ノ浦部屋を“移籍先”に決めたことも批判した。

    一連の話を受け、読売新聞編集委員の吉田清久氏は、貴乃花親方が政治家の小沢一郎氏に似ているとコメント。
    「理念・政策・改革志向」を持ち、自民党を飛び出したが、仲間たちとのコミュニケーションがなくなり、小さな勢力になってしまったとの見解を示した。

    テリー氏は、貴乃花親方を浅野内匠頭になぞらえ、「松の廊下で我慢すればよかった」とコメント。
    忠臣蔵のように美談にしてはいけないとし、忍耐が足りなかったと批判を続けた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15373789/

    テリー伊藤

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【テリー伊藤氏 貴乃花親方を「野党っぽい」「忍耐足りない」辛口批評】の続きを読む


    神田 愛花(かんだ あいか、1980年5月29日 - )は、日本のフリーアナウンサー。セント・フォース所属。元NHKアナウンサー。身長156cm。本名:日村 愛花(ひむら あいか、旧姓:神田)。夫はお笑いコンビバナナマンの日村勇紀。 大妻中学校・高等学校を経て学習院大学理学部数学科卒業。中学・高校時代には生徒会長を務めた。
    16キロバイト (1,754 語) - 2018年9月22日 (土) 11:20



    (出典 oreno-trend.biz)


    離婚まではしないだろうと思ってるんだけど甘い?

    1

    1
    26日に放送されたテレビ東京系『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~』に神田愛花が出演し、普段の生活について話す場面があった。

    番組内で神田は、秋の味覚について栗が好物だと言い「疲れきった自分を癒やしてくれるような」と、話した。

    これにMCのオードリー・若林正恭が「結構疲れてるんですか?普段」と話をふると、神田は「口には出さないですけど、ストレスがすごい溜まっちゃう方なんで」と、告白。

    続けて、その理由について「笑顔で『家事を私が全部やってます』って言ってますが、もうちょっとこう手伝ってくれたらいいかな…でも手伝わしちゃいけないのかな芸人さんに、っていう葛藤で日々暮らしてまして」と、夫であるバナナマン・日村勇紀と暮らす中で迷うことがあると不満を吐露した。

    すると、小藪一豊が「吉本の後輩芸人やったらすぐに電話するんですけど」と、同じ事務所の後輩だったら注意していると話し、周囲の笑いを誘っていた。

    神田は過去の別番組でも日村との結婚生活について話しており、夫の後輩芸人らについて「ずっと敬語で今でもしゃべってます」「私の実力じゃないですし、皆さんに“姉さん”って呼ばれるのは」ことと、戸惑いがあると明かしていたことがあった。

    2018年9月27日 20時40分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15366870/


    【バナナマン日村の妻『神田愛花』の不満が一気に爆発⁉】の続きを読む


    りゅうちぇる(1995年9月29日 - )は、日本の男性読者モデル、タレント、歌手、実業家。本名は比嘉 龍二(ひが りゅうじ)。スターレイプロダクション所属。妻は、ファッションモデルの「ぺこ」ことオクヒラテツコ。 1995年、沖縄県沖縄市コザで生まれる。5人兄弟姉妹の次男で末っ子。姉はシンガー
    18キロバイト (2,358 語) - 2018年8月29日 (水) 15:53



    (出典 img.thenews.ne.jp)


    高感度が、みるみる下がるりゅうちぇる氏…
    男気はあると思って見てたんだけど

    1

    タレントのりゅうちぇる(23)とぺえ(26)が28日放送のTBS「今夜解禁!ザ・因縁」(後8・57)に出演。ぺえがりゅうちぇるにSNS用のおもしろ動画を強要されていることに激怒した。

     年上だがデビューが遅かったため芸能界では後輩にあたるぺえ。りゅうちぇるのSNSに投稿するための動画の撮影を強要され、20回以上撮り直させられたこともあるという。「結構無茶ぶりも多いじゃん。『急に歌って』とか『何かの真似して』とか。先輩だから何でもいいってことじゃない。普段テレビに出るときは笑顔で幸せキャラですけど、結構冷酷」と怒りをぶちまけた。

     続けて「単刀直入に言うと、あなたが私にしてたことはパワハラです」と語り、「王様なのかよ、りゅうちぇるは。私、りゅうちぇるの何なのかな」と静かな声に怒りを込めた。これにりゅうちぇるは「そんなこと思っているなんてびっくりした」と驚きの表情。「ぺえが『なかなかゴールデンに出られない、夜中の番組しか呼ばれない』って言ってて、こんなに面白いんだよってことをSNSだからこそ拡散できる。面白い動画を上げたらぺえのこと好きって思ってくれる人も増えるのかな(と思って動画を撮影していた)」と理由を説明すると、ぺえも「今のは初めて知ったからちょっとうれしかった。ただイイネの数が伸びるから載せられていたと思っていた」とうなずいていた。

    9/29(土) 8:40 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000076-spnannex-ent


    【【裏の顔】りゅうちぇるが ついに本性を現す⁉ “パワハラの王様”」】の続きを読む

    このページのトップヘ